逆賊 第27話(下) ソバニム!

shobu3.jpg
(2017.04.29@nagasaki)

逆賊 第27話(下) ソバニム!

ノクスと獄中のカリョン

「どういうことですか?
 私が使い物になるということですが、なぜですか?」

「…」

「私を切り刻んで、フンチョンたちの前に晒し者にしますか?
 ええ、そうして下さい」

「いいえ、そうではない。
 あなたを生かすかどうかはあなたの夫次第だわ」
2733_20170504192826511.jpg

2733a_2017050419282342a.jpg
「ソバニム…?」

「カリョンや。
 あなたの夫は生きているのよ。

 チョナが、
 周りのフンチョンにも知らせなかったのは、
 宮中外に漏れないようにするためだった」

「淑容(スギョン)…」
2733aa.jpg
「カリョンや。
 あんたの夫は生きて、
 逆賊たちと一緒にいるわ」

「…」

「チョナは、
 あなたを戦場に引き連れて行き、
 あなたの夫の前に立たせるわ」

「…」

「ギルドンがあなたを本当に愛しているなら、
 正気を失って、戦争には負けるわ」

「…」

「愛していないなら、あなたは彼の手で殺されるわ。
 私はどちらでも構わないけど、それが終わりだわ。
 あなたの立派な愛というものが、
 結局はあなたの夫を追い詰めて死に至らしめることになる」

「淑容(スギョン)…、スギョン!」
2733b_2017050419282243a.jpg

涙を浮かべて出て来たノクスにウォルハメは、
「何と言ったのですか?」

「…」

「なぜ涙を…?」

「…」

<香州城(ヒャンジュソン)>

「ヒャンジュモクの者ども、よく聞け!
 ヒャンジュモクへのすべての道は遮断した!
 武器を捨てて降参しろ!」

「…」

「中に住んでいる者ども、よく聞け!
 四つの道はすべて塞いだ!
 武器を捨てて降参しろ!」
2733c_201705041940054c3.jpg

村の一人の女性から歌が流れます。
すると小さな声が徐々に大きな大きな合唱に変わります。
https://www.youtube.com/watch?v=-iLNmb-0xTg
(イクァリの春 #)

♪ 春が来た喜びも我々は言葉にしない
 氷の卿が怖いから微笑むだけ
 太陽が昇っても夜明けの喜びは口にしない
 夜の怒りが怖いから微笑むだけ
 へへ~や
 ホホ~や
 表の扉を大きく開けて…
 へへ~や
 ホホ~や
 身を切る寒風は吹き止むさ…

2733d_20170504194004c53.jpg

この歌を聞いて、官軍の兵士も口ずさみました。

♪ へへ~や
 ホホ~や
 表の扉を大きく開けて…
 へへ~や
 ホホ~や
 身を切る風は吹き止むさ…

2733e_2017050419400205e.jpg

官軍の大砲が火を放ちます

2733f_20170504194001041.jpg

「!」
taihou1.jpg

「!」
taihou6.jpg

taihou 4

taihou7.jpg

taihou10.jpg

2733h_20170504195704cf9.jpg

# ギルドン軍団に加担する無防備の女性たちも、男性と同じく官軍に切られていく戦いのシーンが悲しいです。

taihou8.jpg

パク・ウォンジョン(朴元宗)

「逆賊たちの激しい抵抗のために、
 官軍はまだヒャンジュモクには入ることができません」

「まだ門を開けないのか?」

「…」

「私も狩りに行きたいから、8道から徴兵しろ」
2733m_201705041957036a2.jpg

<香州(ヒャンジュ)>

「門の前で、もう数日も待っている!
 なぜだ?!」

「私たちは百姓たちを甘く見ていたようです。
 良く訓練されています」

「だからどうなのか?!」
2733p_20170504195700b62.jpg

そこに燕山君が近衛兵たちを連れて

「まだ門を開いてはいないようだな。
 ちょっと持って来たものがあるから見てくれ」

「…」

「血の匂いが気持ち悪いですね」

「そうだな…」
2734_20170504195702c87.jpg

モリとカリョン

「!」

「…」
2734a_201705042002081b0.jpg

モリがカリョンの縄をほどくと、カリョンは自害しようとします。

「気でも狂ったのか?!」

「どうか…、どうかお願いですから殺して下さい」

「…」

「ソバニムには私がここにいることを教えないで下さい」

「…」

「どうかここで殺して下さい」

「…」
2734b_20170504200207411.jpg

一休みするギルドンの瞼にはカリョンが浮かびます。

「すぐにソバンに会えるわ。
 でも驚かないで、私の言うとおりにしてよね」

「…」

「だって、私が泣くのを見る方が怖いとソバンは言ったわよね」

「…?」

「あなたは私を泣かせないように精一杯頑張ってね」

「カリョンや…」
2734c.jpg

「…」

「オリニや…」

「…」
2734d.jpg

「オラボニ…、なぜ汗かいているの?」

「どうもこのところ弱気のようだ。
 オリニの友達のオンランたちも救わないといけないのに…」

「オンランの他にも助けたい仲間がいるわ」

「他にも?」

「私の友達になりたがっている人もいるのよ。
 私を見ると涙ぐむのよ。
 彼女は亡くなったご主人のために仕返しをしたいのよ…」

オリニはオンランと同様に会いたい女性がいることを…。

2734e.jpg
# カリョンのことです。

そこにクッセが来て…。
「ギルドンや…」
2734gg.jpg

「!」
2734g.jpg

木に縛られたカリョン
(このシーンの動画)
https://www.youtube.com/watch?v=IMyLeaCLeVU

2734k.jpg

「お~い、ホン・ギルドン。
 久しぶりだな」
2734f.jpg

「!」

「…」
2734n_20170505032815bc9.jpg

「私のために引き下がるなら、
 もう会ってはあげないわ!
 もう、決して会わないわ!」
2734m.jpg

「カリョン…」

「…」

「カリョンや!」
2734p_201705050328145e4.jpg

「ソバン…」

「…」

「ソバン…」

「…」

「ソバン!」
2734pp.jpg

「…、カリョンや…」

「あ~」

「カリョン…」

「ソバ~ン!」
karyon1.jpg

「…」
2735.jpg

(第27話のおわり)
2734z.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

<第1話でのドラマ全体のプレリュード>

「最後の通告だ! 門を開けろ!
 さもなければお前の女を殺すぞ!」
100h_20170202121057935.jpg

「私のために止めるなら、
 私は二度と会わないわ」

「…」

「私はもう会わないわ」

ギルドンは矢を向けます。

100m_20170202121054fd1.jpg

「ギルドな~」

「ギルドン!」
100k_20170202121055acc.jpg

「…」
100n_201702021210534cf.jpg

「…」
100p_20170202121052258.jpg
# ギルドンの矢は、カリョンの胸に…。

# このドラマ・OSTの作詞・作曲およびプロデューサーのアン・イェウン
動画の中から彼女を探してみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=-iLNmb-0xTg
an yeun

「匿禑里(イクァリ)の春:익화리의 봄」
https://www.youtube.com/watch?v=c5BBuqCgcGk
https://www.youtube.com/watch?v=zriRcKnlU5g

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第27話(中) 人々の選択

kankuu.jpg
(関西空港からの夕陽:2017.04.29)

逆賊 第27話(中) 人々の岐路と選択

パク夫人とチョンハク

「アモゲの子供たちを捕まえるまでは帰らない覚悟で行きなさい。
 あの子たちが生きている限りあなたの父には顔向けもできないし、
 私も安らかに死ぬことはできない。
 捕まえて首をはねることができるかしら?」

「オモニ、必ず奴らを捕まえます」
2712d_20170504164842598.jpg

「逆賊を捕らえて、チョナに忠誠を示すのだ!」
2722_20170504164840f40.jpg

香州へ

2722a_20170504165234dea.jpg

村では討論会

「逆臣の心とは何か?
 国の根底を覆すことだ。
 しかし、我々はそれを望んではいない。
 我々は単にチョナの課税を抑え、
 娘たちがさらわれていくことを阻止することだけが望みだ」

「…」

「反乱軍とは何か?
 反乱軍がこんなことを言ったのか?」

「…」

「この香州だけを救ったとしても、
 官軍を阻止はできないのではないか」
2722b_201705041652335dc.jpg

「俺もひとつ話したい。
 俺たちは戦いを望んではいない。
 人を殺すことは望まない。
 ただ生きていきたいんだ。
 みんなは生きていきたいだろう?!」
(セグル)

儒学生の母親が立ち上がって、
「私の息子は殺されました」

「…」

「何が一番の後悔なのか解りますか?
 私は息子が幼い時から読み書きを教えました。
 そして、子供は“小学”から“大学”まで、儒学を学びました。
 孔子や孟子の思想は、
 高貴な人は民百姓と国のために尽くすと書いてあります。
 だから、息子は高貴な人になろうと努力しました。
 しかし、民百姓たちが殺されていくのを見て、
 耐えられなくなったのです」

「…」
2722c_201705041652328e4.jpg

そこに官軍が向かって来たとの知らせ

2722e_201705041652301c6.jpg

「隠れていないで出て来い!
 話をしよう!」
2722f_20170504165229aec.jpg

「さ~て、昔の奴婢たちが集まったな。皆
 は知らないだろうが、
 こいつらは私の父親が指導して、ムチ打った者たちだ。
 しかし、どうも教えに従わなかったようだ」

「…」

「その上、今や逆賊だ」
2722g_2017050417094047f.jpg

「アイゴ~、スハク若旦那。
 いまだに弱虫のボンボンだな。
 ここの年寄りたちを捕まえるために、
 全国軍を率いてきたのか…?」
(ギルドン)

「おい、チョンハク。
 チョナはこんな大きな仕事を任したということだな。
 これまでは俺の周りをずっとうろついていただけなのにな…」
(ギルヒョン)
2722h_20170504170938df8.jpg

モリに刀を向けて
「またまた悪い奴らに仕えているのか…?」
(ギルドン)

「…」
2722m_201705041709364bf.jpg

「俺たちは血を見るのは嫌だ。
 俺たちがここで戦ったら、4人とも死ぬことになるぞ」

「…」

「また会おう」
2722k_2017050417093702e.jpg

ノクスとカリョン

「ギルドンがどんな相手と結婚したのかと思っていたわ」

「…」

「相手があなただと分かったけど…、
 ギルドンがタンヘジョン(以前の妓楼)から出て行った後、
 いったいどこで再会したの?」
2722n_20170504172551c9f.jpg

「ギルドンオラボニムがタンヘジョンを出る時に、
 帰って来ると言っていました。
 だから私は待っていました」

「待っていた…と?」

「ええ、ギルドンオラボニムが帰って来ると言ったので、
 きっとそうだと信じていました

「…」

「ギルドンオラボニムは、
 淑容(スギョン)に会うために帰って来ると思っていました。
 私がギルドンオラボニムと結婚できたのはスギョンのお陰です」
2722p_20170504172550457.jpg

…あれは私への約束だったが、
信じてはいなかった…、それをあの子が…。

2723_20170504172549608.jpg

…ソバン…、私は今…嫉妬しているわ。

2723a_2017050417254848c.jpg

香州

「さあさあ、俺たちはお役所を占拠したが、
 人を傷つけることはできない」

「そうだ」

「私たちの香州は封鎖されたから、
 食べ物が不足するから、みんなで分け合いましょう」
2723b_20170504173000dc9.jpg

「傷の手当のために、もっと綿布が必要です。
 それに薬草も必要です。
 手分けして集めましょう」

「見てみろ。
 官軍がいなくなっても、誰一人も役所から盗もうとはしないで、
 分け合っている」
2723c_20170504172959410.jpg

ノクスとカリョン

「花のいい香りだわね。
 でも一つの季節だけだわ。
 恋だって一つの季節しか続かない。
 むなしいわ」
2723f.jpg

…だから、ギルドンオラボニムが殺されても、
イング二ムの傍にいるのですね?
なぜギルドンオラボニムと一緒に過ごした時のことを軽く思うのでしょうか?
でも、ギルドンオラボニムはスギョンのことをずっと思っていましたよ。
だから、私はスギョンを憎みます。
ええ、でも恋慕は一つの季節だけだった…。

「チョナは寝所に入ることを拒否したと聞きました」

「あなたは…、
 心の中では私を笑っているわね…?
 我が身の危険を知って初めて解ることもあるわ」

「私は夫の死を知ってからは、
 死ぬことすら恐れてはいません」
2723e_20170504172957298.jpg

「チョナはギルドンを殺してはいないし、
 私を捨ててもいないわ。
 ギルドンとの関係を知ったとしても捨てはしない。
 あなたには解らないの?
 チョナは殺す計画も捨てる計画もありません。
 私のことを確かめているからです」
2723d_20170504172958a7c.jpg

ノクスはウォルハメに言います

「今日は私が逆に確かめます。
 たとえ、周囲が悪女とか妖女と言ったとしても…。
 そんなことは何百回言われても気にはしないけど、
 これまでの私の選択が間違っていたとは言わせない
2723g.jpg

無視する燕山君に、
「チョナ。
 どうか私のことを信じて下さい。
 信じることができないなら、殺して下さい」

「ふん」

「ええ、確かに私はホン・ギルドンとは親しい関係でした。
 男と女として心を通わせました」

「!」

「しかし私はホン・ギルドンを捨てて、
 チョナを選んだのです。
 私がホン・ギルドンを捨てたのです」

「…」

「あの男を捕まえることに加担できれば、
 私の言葉を信じてもらえますか?」

「…?」
2723h.jpg

カリョンが呼ばれます

「不思議な話を聞いた。
 お前の夫を野獣が殺したと言ったのか?!
 その野獣とは誰のことか?」

「…」

「ホン・ギルドンという男とはどういう関係なのか?!」
2723m_20170504173639dcb.jpg

「チョナ、全ての真実をお話しします…」

「…」

「お近くでお話しさせて下さい」

「…」
2723mm.jpg

耳元で…、

2723p.jpg

「あ! あ~!」

耳を噛んだカリョン

「そうです! 
 私の夫は野獣から殺されたホン・ギルドンです!
 そうです。
 あなたが私の夫を殺した野獣です!」

「…」

「どうぞ私を切り刻んでください。
 私は死んだとしても、
 その後は幽霊として毎晩あなたの夢枕に現れます」
2724a.jpg

「…」

「あなたは99人の前で、
 一人を暴力で殺して見せしめにするといいましたよね?!
 しかし、何人もの人を見せしめで殺しても、
 この朝鮮の国の民はあなたの強迫には決して屈しません!」

「…」
2724_20170504191139a1e.jpg

刀を抜く燕山君
制するノクス


「チョナ! 
 この女には注意するようにと言いましたよね」

「…」

「この女は重要なカギを持っているということです」
2724b.jpg

「!」
2724c.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ドラマ『結婚の女神』の作家がインタビューに答えていました。
“何度も岐路が訪れる。そして何度も後悔する。でも、否定しては生きていられない。肯定しながら生きていく”と。

第7話より

# この頃の3人は本当に仲良しでしたが、今はすっかり歩いている道が違ってしまった…。

ギルヒョンとカリョン

「タンへジョンでは(お前が)一番可愛い」

「?!」
723pp.jpg

鏡で見るカリョン

724_20170227113445165.jpg

「本当に私が可愛いと思うなら、具体的にどこが良いとか…」

「…」
724a_2017022711344408a.jpg

何も言わないギルドンのことを、
「パボめ!」
(カリョン)

「…」
724b_201702271136285be.jpg

コンファとギルドンの掛け合いが始まります

♪山に…

♬山に…

724c_20170227113627588.jpg

♬私の愛は青い山のように…
私の愛はノクス(緑の水)のように…

♪ノクスは流れていく…
しかし、山は不動だ…

♬ノクスは青い山のことは忘れない…
青い山の周りを幾度も回って流れていく…
人はいつまでも流れ続けることはできない…

♪この長く曲がりくねった道には…
老若男女はいない。

724d_20170227113626e24.jpg

♬生きている私たちは…
一緒に座って素敵な時を過ごしましょう…
二人だけで…

724e_20170227113625e50.jpg

「美しいわ…」
724f.jpg

♪♬ あ~、山に…

724g.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第27話(上) 朝鮮の民のための軍

# 今夜と明日で放送は終わる予定ですね。
すでに幸せな結末が見えて来たようです。
昨日のコメントからまずはご視聴下さい。
第29話の予告です。
https://www.youtube.com/watch?v=VCf8gFQf9EI
(info. by APB)

tutuji_20170505090734f25.jpg
(2017.05.07)

逆賊 第27話(上) 朝鮮の民のための軍

香州攻撃の報告

「反乱軍だと?
 そんな言葉は聞いたこともない。
 私の軍以外にそんなものがあってはならない!」

「チョナ、反乱軍は武装しています。
 盗賊のホン・ギルドンが反乱軍を率いています」
2700_201705030130273c9.jpg

パク・ウォンジョン(朴元宗)

…盗賊…、ホン一族…

2700a_201705030130252c9.jpg
# 正二品の武官出身の官僚

「ありがとう」と言って亡くなった村人を埋葬するギルドンたち

2700b_20170504160421b47.jpg

…ホン将軍。
今日はこれまでの望みだったことを達成しました。
コマプソ…。

「忘れない、決して…」
2700bb.jpg

ギルドンとギルヒョン

「やあ、忠臣だった兄貴が逆臣になったんだな…」

「ああ、未熟な弟のためにこうなった」

「ははは…」
2700d_20170504160657368.jpg

「ヌグゲ(誰~れだ)?」
2700e_20170504160656564.jpg

「アイゴ~、醜い顔の妹…」

「ブスじゃないわ」
2700ee.jpg

「さあ、オリニも座れよ」

「…」
2700g_201705041606520fc.jpg

「アボジ、これが見えるか?
 俺たち3人が揃ったんだぞ」
2700f_20170504160653cbc.jpg

ソブリやジャチたちも来て、
「や~、アモゲ。
 俺たちも集まったぞ」

「さあ、俺たちの名前を名乗ろう」とそれぞれがホン一族としての挨拶

2700h_20170504160651a0c.jpg

失脚するソン・ドファン

「チョナ、どうかご心配なく。
 守貴単(スギダン)の結束がありますから」

「頼みたいことがある」

「ええ、チョナ。どうぞ何でもお話し下さい」

「しばらく、私の前には現れないでくれ」

「?!」
2700k_20170504161207a65.jpg

そこにチュウォン君

2700m_2017050416120670a.jpg

「チュウォン君。
 いったいどういうことですか?」

「チョナは、守貴単の領袖を私に任せてくれた」

「チュウォン君!」

「声を荒げないで下さい。
 私は王族です」
2700n_20170504161204349.jpg

守貴単(スギダン)の両班たち

「ソン師匠は最近の混乱により、チョナの信任を失った。
 このまま何もしないでおくと我々もチョナのお叱りを受ける」

「では何か方策が…?」
2700p_2017050416120352c.jpg

「まずはソン師匠とは距離を置く。
 そして、逆賊のホン一族を捕らえて大きな手柄を立てることだ」

他方では、反政府(重税問題)の貼紙(ハングル)をして、官軍から追われる成均館の儒学生たち

2711_20170504161202820.jpg

儒学生の母親は、
「どんなにイング二ム(王)が悪いことをしても、
 反論してはならないわよ!」

しかし、儒学生は見つかってすぐに逮捕されます。

2711a_20170504161200e4c.jpg

儒学生たちを匿った町の人々も連行されます

2711b_20170504161700f51.jpg

香州(ヒャンジュ)の村人を救おうとの会議

「官軍は訓練が行き届いているから、
 ギルドンの怪力でもっても何百の官軍には立ち向かうことはできない」
2711c_20170504161659ea9.jpg

弱虫だったヨンゲが今度はリードします

「このまま引き下がるのか?
 昔のことだか俺のアボジは、窃盗罪で処刑された。
 だから、俺は盗賊家業でお金を溜めた後の老後は、
 盗賊を止めてゆっくり暮すのが夢だった。
 幸いにもソブリ兄貴に出会って、
 そしてクンオルシンに出会って夢が叶った」

「…」

「そして、両班たちが王に貢いでいる物はすべて、
 この民百姓から盗み取ったものだということも分かったからには、
 俺はこの村で死ぬ覚悟だ。
 その前に、まずは借りを返す時が来たと思っている」
2711d_20170504161658a99.jpg

官軍の検査が厳しくなっていて城門の通行が難しくなっているため、ギルドンは「女性たちがチマ(スカート)の中に武器を隠して欲しい」、「一緒に通行して欲しい」と。

2711e_20170504161657937.jpg

「オリニや! 
 お前はまだ若い娘なのに危険を冒すなんて…!
 みんなも何とか言ってくれ…」

「嫌よ。
 私もなんとか仕返しの助太刀をしたいわ」
2711ee.jpg

「オリニは言うことを聞くような子じゃない」

「ああ、最悪の妹だ」

「いったい誰に似たのか…?」

「ああ、俺たちのアボジだ」
2711f_2017050416165432e.jpg

城門の中へ

2711g_20170504162651054.jpg

逮捕された儒学生や村人たち

「誰が主導者なのか?!
 名前を言えば命は助ける」

「私が主導者です!」

「いや、私が主導者です!」
2711h_201705041626507be.jpg

外にいた町や村の人たちは、
「官軍こそ逆賊だ!」

「あなた達は誰のための軍なのですか?!」
2711k_201705041626490a2.jpg

そこにギルドン軍団

「いったい誰のための官軍なのか?!

「お前たちは何者か?!」

「俺たちはこの朝鮮の民のための軍だ
2711m_20170504162647ed6.jpg

「みなさん!逃げて下さい!」
2711p_20170504163104e1b.jpg

「この香州には民を殺す官軍は不要だ!」
2711n_20170504163105fff.jpg

しかし、犠牲を強いられた村人たち…、儒学生も殺されました。

2712_201705041631034a9.jpg

王宮

「香州の官軍が反乱軍に追い出されたと?!」

「…」

「ははははは~」

チョンハクが来て

「チョナ、逆賊を捕えることができませんでした。
 どうか死してお詫びを!」

「そうか、ではそうしよう」
2712a_20170504164339f52.jpg

チョンハクに刀を向ける燕山君

「チョナ…」

しかし、
「お前を許すのは、
 お前の両親が私の母に尽くしてくれたことからだ。
 それだけだ!」
2712c_20170504164337736.jpg

「チョナ。
 ここで私の命を救って頂いた限り、戦場で死ぬ覚悟です。
 私は必ず反乱軍を全滅させて見せます」

「パク・ハソン…。
 いや、逆賊のホン・ギルヒョンは…、
 奴に忠誠を誓った兵士たちを連れて逃亡した。
 お前には忠義を尽くす兵がいるのか?!」

「私に忠義を尽くす兵はいませんが、
 兵たちはチョナに死して忠義を尽くす者たちです」
2712b_20170504164336442.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ハングル文字と漢字

第4代王・世宗(セジョン)がハングル文字を創製したのが、1443年。
その3年後に訓民正音(フンミンジョンウム:1446年)という名で公布されました。
創製から公布までのことは『根の深い木』のとおりで、朱子学の急進派(ドラマでは「密本:ミルボン」)は被支配者階層が文字を持つことを恐れて酷い妨害をしました。
『逆賊』は、それから約50年後の第10代王・燕山君の時代。

ドラマにあるように圧政に反抗する儒学生だけでなく、庶民がハングル文字を使って、反政府の“檄文”を官僚の家の壁や街角に貼りつけていました。
つまり、既にハングル文字が庶民にも十分に広まっていたということ。
これは史実で、立腹した燕山君はハングルを使うことに禁止令を出すという暴挙をなしました。

2333m_20170424035536cbd.jpg

ドラマを見ていて気付いたこと。

・兄のギルヒョンは科挙試験にパスしたくらいに漢文能力十分。
・ギルドンは漢文ではなく、兄への手紙にはハングル文字を使っています。
・カンパニーの中ではイルチョンが漢文を読めます。
・守貴単(スギダン)の車人(コリン)リストの中で、“オリニ”の名前だけはハングル文字でした。

(従って、ギルヒョンの返信はハングルでした)
2334c_20170424035534193.jpg

そして、宮廷からの公示は全部漢文です。
被支配者階層の町や村の人々には理解できなかったでしょう。
とくに、賤民(奴婢)にはギルドンやオリニのように生まれてからの姓はなく、また名前も“音(おん)”だけなので、ましてや漢字での名前はありえない。
ちなみに、小説『洪吉童伝』のオリジナルはすべてハングル文字です。
また、カリョンが書いている「ホンチョンジデン(伝)」もハングルです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

国際派だった二人の王

jeju1_201704102020095c1.jpg
(光海君が見た海:2015.09)

ouibogam.jpg
(「東医宝鑑:トンイボガム」@済州島・民族自然史博物館;2015.09)

国際派だった二人の王

大陸では、モンゴルから“元”が13世紀(1260年)に起きました。
そして、そのおよそ100年後には南宋からの流れを引く“元祖”漢民族が1368年には“明”を建国。
しかし、また250年後の明の弱体化が進む頃、北方民族のアイシン(後金:女真族の国)が1616年に起きました。
明が後金に屈し、大陸の国号は“清”となったのが、1636年。
この400年の歴史の流れの中で、大陸が“元から明へ”、“明から清へ”と動く頃。
大陸での政治の変化の節目に、半島には二人の王がいました。

まずは、高麗の第31代・恭愍(コンミン)王(生1330年 ~没1374年:在位期間1351年 ~ 1374年)。
恭愍王はいち早く“明”との関係を重視し、自らも“元”時代のファッションを変える姿がドラマ『信義』で描かれました。
彼の妃は“元”の魯国公主(ノグクコンジュ)でしたが、妃も“元”を捨てます。
恭愍王が妃をとても愛したことはドラマだけでなく、史実として残っています。

konmin.jpg
(恭愍王と魯国公主:『信義』より)

次いで、<朝鮮王朝>の第15代王・光海君(クァンヘグン)(生1575年~没1641年:在位期間1608年~1623年)です。
彼は親明から親清へと、微妙な外交の舵取りをしました。
これはドラマ『華政』のとおり。

kuanhe_20170410204750163.jpg
(光海君:『華政』より)

しかし、恭愍王は暗殺され、光海君はクーデターで廃位されました。
2人とも保守的な側近(官僚)たちとは違って、大陸の新しい国との外交関係を築こうとしたからです。
周囲はいかにも国際関係に疎いドメスティックな官僚たちだった…。

今日はこの二人の王にまつわる二つの“こぼれ話”+αです。

1.光海君と御医ホ・ジュンのこと
(ホ・ジュン:生1539年 ~ 没1615年)

先に、<王朝絵巻>にて、これまで何度も取り上げた光海君(クァンヘグン)と御医ホ・ジュンのこと。
ドラマ『亀巌ホジュン』から“こぼれ話”をひとつ。

第15代王・光海君の母の恭嬪(コンビン:第14代王の側室)は、胸の病気のために二人の息子を残して仏門に入りました。
心臓病のために仏教寺院に帰依していくのですが、彼女はホ・ジュンに、
「御医としてではなく、子供たちとは友達として話し相手になって下さい」と言い残します。

子供は慣例により正室が“王の子”として引き取られます。
そうですね…、王からの寵愛を失くした時、側室の影も薄れる…。
それだけでなく、子供たちも父親の愛から遠ざかる…。

(『亀巌ホジュン』のビハインド)
konbin.jpg

上の写真は恭嬪の長男と次男(光海君)。
恭嬪(コンビン)は御医のホ・ジュンに大人の会話として、
「(正室への)嫉妬をしないと決めた時に、肩の荷が降りました…」と。

そして、後に王となった光海君は、“先王が死んだというだけで流刑にされていた”ホ・ジュンを呼び戻して、滞っていた漢方の医学書の編纂を完成させます。
こして大陸の医学をベースとして、半島版の薬学・薬草の知識の集大成ができました。
これが現在では世界遺産となっている「東医宝鑑(トンイボガム)」です。

2.恭愍王と崔榮(チェ・ヨン)将軍のこと
(チェ・ヨン:生1316年 ~没 1388年)

ドラマ『信義』と『六龍が飛ぶ』のチェ・ヨン将軍。
ドラマ『信義』では、高麗時代の末期の王の特殊部隊として歴史の裏で倭寇と戦った赤月隊がありました。
その後継部隊として、30代で于達赤(ウダルチ)の隊長を務めたのがチェ・ヨン。
チェ・ヨンは廃位された先王(まだ10代の忠定君)に仕えていたために、忠義について一時悩みました。
逆に、恭愍(コンミン)王も同じくヨンの“忠義”について一時は疑問を抱きました。

時代は変わり、後のドラマ『六龍が飛ぶ』では武官のトップ、あるいは首相クラスの重鎮となっています。
李成桂に対して、王と共に鴨緑江(アムノッカン)を渡れと命を出したのがチェ・ヨン将軍でした。
そして、アムノッカンの威化島からリターンした李成桂に死罪にされます。
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3180.html
しかし、李成桂が追尊して現在でも軍人+忠誠心の鑑となっています。
ちなみに、近年でもソマリア沖での韓国漁船の救助などで活躍している巡視船の名前に「チェヨン」があります。

kutikukan.jpg
(この写真と以下もウィキペディアより)
少年のころから活力に満ち溢れ、威厳があった。
16歳の時に「黄金を石ころのように思う人間となれ」と崔瑩の家系に伝わる家訓を遺言として父は死んだ。
崔瑩は生涯この教えを守り、清く私欲のない人生を送った。
剛直にして忠臣、なおかつ清廉という最上級の評価をなされている。

(『信義』ではウダルチのトクマンを演じたユン・ギュンサンでした)
tokuman.jpg

singi.jpg

3.流刑の地

高麗の恭愍(コンミン)王と朝鮮王朝の光海君は、外交政策を巡る反対派により、それぞれ暗殺と流刑となりました。

済州島
toruharuban_20170410202006f52.jpg
古くは沖縄にあった琉球王国と同じように、
済州島には耽羅(タムナ:탐라)王国がありました。
後に編入されるとしても、
それぞれの出身の人々の誇りでもあると感じます。
(写真は魔除けのトルハルバン)

史劇で良く出て来る流刑地は
江華島(カンファド)が定番。
そこは王族や官僚などの政治犯がまずは流刑になった島。
ただし、ここは漢江(ハンガン)の河口の島で、戦略上の要衝でもあり、また漢陽から遠くはない。
しかも、設備が整っていました。
ドラマ『逆賊』でのチュウォン君はいとも簡単にカムバックしました。
変わって、燕山君は中宗反正により江華島に島流しとなりました。
満30歳の時です。

kanfa 33

しかし、究極の流刑地(島)となれば、済州島(チェジュド)。
個人的にはこの島の温暖な気候が好きなのですが、<朝鮮王朝>当時は江華島とは違って、もう帰れない過酷な地だったようです。
済州島の北海岸には“恋北亭”という名の東屋があります。
ここに多くの政治犯たちが集い、遠く“北の漢陽”を思い、語り合ったそうです。
光海君もこの東屋から北の海を見つめたのだと思います。

jeju2_20170410202007609.jpg

(韓国で一番高い山は済州島のハルラ山:1950mの山全体が世界遺産です)
jeju3.jpg
(2年前の9月の登山でした)

済州島でのお勧めはウニとワカメのスープ。
jeju1_20170413103822f39.jpg
(北の海岸に並ぶ鮮魚のレストラン:2015.09)

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# さて、気になるのは第28話のこと。
そして明日と明後日に放送される第29話と最終話。

まずはギルドンの矢を胸に受けたカリョンの容態

3122e_2017051001391995f.jpg

「不思議なことに、もう死んでいてもおかしくないのに…?」

「…」

「急所にもっと近かったら…。しかし、もう体力が限界だ…」

「…」
3124c.jpg

そして、しばしばアップになる朴元宗(パク・ウォンジョン)です。
彼がクーデターを起こし、燕山君を廃位に追い込みます。

28y.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第26話(下) Unknown Soldier

nobara.jpg
(原種のバラ:2017.05.05)

逆賊 第26話(下) Unknown Soldier~名も知らぬ恩人

「守貴単(スギダン)の名簿の一番上に王の名がある。
 以前に消えていった家族たちの話をしたことを覚えているだろう?」

「この国の支配者たちに不満を持つ者たちで溢れている」

「ところで、イング二ムはどうするつもりなのだろうか?」
2624_20170504111141356.jpg

町の壁には貼紙

…王は狩りにうつつを抜かし、民百姓の村まで狩場にした。
盗賊たちとは何の違いもないのでは?
王がこのままだと、長生きはできないだろう。
イ一族に代わってホン一族が王家になってもおかしくない。
王こそが盗賊だ。

2624a.jpg

町では
♪ホン将軍が来た
万能の子のホン将軍…

などと子供たちにも噂が広まっています。

2624b.jpg

堂上会議

「いったいどこでこんな張り紙をしているのか?!
 貼紙の多いところはどこなのか?」
2633_20170504131809d10.jpg

チョンハクは香州、揚州の他、数か所を指摘します。

2633a_20170504131804db6.jpg

「ヒャンジュ(香州)なのか?
 では香州に住む者たちを殲滅しろ。
 そして、官軍と宮廷に仕える者たちに住まわせることにする!」
2633b_20170504131807d37.jpg

「我々の辛い生活を伝えるのだ!」と抗議集会

2633c_20170504131806bfc.jpg

それを潰す官軍

2633d_20170504131805774.jpg

「香州が反乱者たちの住み家になっているとされて、
 村人たちが皆殺しに遭っています。
 助けて下さい」
2633e_20170504131803daa.jpg

「恐れていたことが起きた。
 チョナは全国の見せしめにするために、
 今度は一つの城下町を潰す気だ」
(ギルヒョン)

「イ・ユン!」
(ギルドン)
2633f_201705041322122c8.jpg

「ここは私が安全な場所として守るから。
 香州に行ってくれ」
(ジャチ)

「まだ準備が不足しているが時間がない。
 できる限りのことで、急ごう」
(ギルヒョン)

「官軍の数が分からない」
(イグル)
2633h_20170504132210aa8.jpg

そこに女性も含めて百姓たちが、
「ホン将軍!
 人手が足りないなら我々も一緒に行きます!」
2633k_20170504132209e2c.jpg

「…」
2633g_2017050413221122b.jpg

こちらは雅楽を楽しむ燕山君

「チョナ。
 香州への第2陣がすぐに到着するようです」
2633m_20170504132457883.jpg

「ふふふ…、
 朝鮮の民たちはよく見ていろ、聞いていろ。
 朝鮮で一番の権力がどこにあるのかを…。
 これが恐怖というものだ…」
2633n_2017050413245693e.jpg

官軍の第2陣

「どこに行くのですか?」

「いったい誰だ?」

「官軍は外敵から百姓たちを守る代わりに、
 民百姓を殺すのですか?」
2633p_2017050413245444b.jpg

「お前たちは…」

「そこを引き下がってくれ。
 香州に行くのなら俺たちが身を挺して止める」

「お前がホン・ギルドンか?
 盗賊が官軍に歯向かうつもりか?」
2634_20170504132453d0b.jpg

一歩も引かない官軍に挑むギルドンたち

2634a_20170504132810712.jpg

しかし次々にギルドンカンパニーも傷を負い、多勢の官軍に取り囲まれます。

2634b.jpg

決死の覚悟で、
「俺とギルドンで道を切り開く」

「いや、死ぬ時はみんな一緒だ!」

「…」
2634c.jpg

そこに駆けつけた村人たち

2634e.jpg

2634d.jpg

「!」
2634h.jpg

勢いを盛り返すギルドン軍団

2634k.jpg

2634m.jpg

「ホン将軍!」
2634f.jpg

「ギルドン!」
26y.jpg

「ホン将軍! 
 今度は俺たちが救ったぞ!」
26x.jpg

急報

「チョナ。香州に向かう官軍が待ち伏せに遭って、
 反乱軍からの大きな被害を受けたようです」

「反乱軍だと?」
2634n.jpg

官軍を退けたギルドン軍団
しかし、最初の犠牲者が出ます。

2636.jpg

「ホン将軍…」

「なぜ戦場に来たのか?」
2635_20170504135132cae.jpg

ちょっとな…(#)、ホン将軍。
 俺はこれまでの人生でこんなに楽しく、
 生き生きとしたことはなかった。
 こんな日は初めてだ。
 今日こそがこれまでやりたかったことを成し遂げた日ですよ」

「…」

「コマプソ…」
2634p.jpg

「ちょっと…、名前は…?
 名前くらい言ってくれ…。
 俺は名前も知らないんだ…」

「…」

「少なくとも名前を教えてくれ…。
 名前も知らないだ!起き上がって下さい!」
2634pp.jpg

「…」
2635a.jpg

「俺は香州を解放する!」
2637.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 「ちょっとな…」
ギルドンが守貴単の両班退治をしていた頃。
「なぜ俺たちを救うのですか?」

「ちょっとな…」

「?!」
26z.jpg

# ギルドンの言葉
「なぜ民百姓を殺すのか?!
 官軍とは外敵から民百姓を守るためのものではないか?!

# こぼれ話

hikouki.jpg
(羽田から遠くないところに住んでいるので、しばしば飛行機雲を見ます:2017.01.19)
大きな空に科学者たちの夢が叶った航空機…。

新年になって、パスポートの切り替え(更新)しました。
それで、パスポートナンバーについて調べていると、アルファベット2文字と7桁の数字の組み合わせ。
“M”が5年パスポートの頭のアルファベットで、“T”が10年ものとのこと。
(私は“TR+7桁数字”でした)
ちなみに、在外公館での取得の場合はアルファベットの頭は“Z”だそうです。
皆様はいかがですか?
747_20170111035713584.jpg
また、昨年秋には、羽田から九州に向かう際に、2機の政府専用機を見かけました。
ボーイング社のいわゆる“ジャンボジェット(B‐747‐400型)”です。
この型の飛行機は既に日本の空から退役してしているので、「まだ飛んでいるのか?!」と驚きました。
777_20170111035712c1a.jpg
調べてみると、次期の政府専用機が試験飛行や内装の整備を残して、もう完成したようです。
写真はニュース記事から引用したボーイング社のB‐777型機です。
首相が乗る1号機と、報道陣などを乗せる他、スペアとしての役目の2号機があるはずなので、2機発注していると思います。
(シアトルのボーイング社の工場)

sky1_20170317105923048.jpg
(3年前の日米親善航空ショー@iwakuni)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第26話(中) 冷たい水の中の小さな太陽

syobu1.jpg
(2017.04.29@nagasaki)

逆賊 第26話(中) 冷たい水の中の小さな太陽

夜になって洞窟を出て行くオリニ

オリニはギルドンと別れた時に手にした留め紐のことを思い出します。
しかし、その後の記憶はまだ取り戻しません。
「違うわ。
 彼らは私を騙そうとしている…」

思い出すのは薬を飲まされた(洗脳された)時の記憶
「お前は何者でもない。
 ただ信じるのは我々(守貴単)だけだ」
2622a_20170504104538379.jpg

後を付けるのはギルドンとオプサン

…オリニや。
いったいどこに行くつもりなのか…?

2622b_201705041045377b1.jpg

宮中では燕山君

「宮廷内での出来事は外には漏らすなと命じたのに、
 なぜ口外したのか?」

「チョナから、私の夫の名前を書くようにと命じられましたので、
 夫の名を書きました。
 するとすぐに夫は逮捕されて投獄されました」

「…」

「チョナ。なぜあんなことをなさるのですか?!」

「私に向かって怒りをぶつけるのか?」

「…」

「どうするかな…?」
2622c_2017050410453666c.jpg

オリニは師匠の屋敷の前

そこにソン師匠ともう一人の守貴単の巨頭が現れます。

「!」(洗脳された時の記憶がはっきりします)
2622d_20170504104535dc8.jpg

「その薬を飲みなさい。
 これからは新しい人生が始まる」

「…」

「もう一度聞く。
 お前の名前は?」

「私の名はオリニ…」

「違う!
 もう一度、聞く! 名は?!」
2622e_20170504104534961.jpg

「私の名は…」

オリニが本名だと思い出します。

2622g_201705041045339d0.jpg

「私の名はオリニ。
 ギルトン兄さんに会わせて下さい…」

「…」

「…」
2622gg.jpg

気を失いかけて倒れるところにギルドン

「オリニや…」
2622h_20170504105147807.jpg

「オラボニム…」

「!」
2622m_201705041051458a8.jpg

「どこに行っていたのですか?」

「…」

「私が水を汲みに行っていた時…」
2622k_20170504105146830.jpg

背負われて洞窟に戻るオリニ

「オリニや…」

「クン オラボニム(大きな兄さん)。
 ギルヒョン オラボニム」
2622p_2017050410561542e.jpg

「私のような孤児や、夫に捨てられた妻たち、
 両班に盾突いた奴婢たち、税金を納めない百姓たち。
 私たちはこの国のために死ぬことを教えられました」
2622n_201705041056163d4.jpg

燕山君

「私はこの朝鮮に不要な者たちを罰しているのだ。
 王の噂をした者、王を諫めようとする者どもは、
 一人ひとり、残る99人たちの見せしめにするのだ。
 こうして何万もの民を治めるのだ」

「…」

「だからお前はこの朝鮮のために死ぬのだ」

「…」
2623_20170504105613a13.jpg

カリョンに、

「カリョン、そなたのことを格上げする。
 今夜も寝所に来て話の続きをしてくれ」

「…」
2623d_20170504110241dcb.jpg

「不思議な村の話を続けてくれ」
2623e_2017050411011374e.jpg

「その村の北の一部に閉じ込められていた若者は…」

そこで寝入った燕山君

「…」

…そうだわね。
見せしめのために、ムサナを殺して…、
私の夫も吊るして、切り刻んで晒し者にした…。
今夜は私がその見せしめの一人を作るわ…。
民百姓を殺したイング二ム(王)がどのように罰せられたか、
これを見せしめにするわ。

2623f.jpg

カリョンはカンザシをかざします。

2623g.jpg

止めるのはノクスでした。

2623k.jpg

「!」
2623h.jpg

「気でも狂ったの?!」

「なぜ止めたのですか? なぜですか?!」

「私が気付いて良かったと思いなさい。
 尚膳が見たらあんたは殺されるわ!」

「私は何も怖くはありません。
 いや、私は王を殺して私も死ぬために宮中に来ました」
2623m.jpg

「あんたは私に嘘をついたわよね。
 あんたの夫は野獣に噛み殺されたのではない。
 あんたの夫は誰なのか?!
 ホン…」

「私は嘘はついていません。
 私の夫は野獣に殺されました。
 野獣とは王のことです」

「…」

「ええ、
 私の夫はホン一家のギルドンオラボニムです」

「…」
2623n.jpg

「私はこの目で、
 ギルドンオラボニムが吊るされて、
 身体中から血を流しているところを見ました」
2623p.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

妓楼・タンヘジョンの頃、ノクスはコンファの名で、カリョンとギルドンを連れて両班の宴席では歌と踊りの出張サービスも行っていました。
明るい3人でした。
そのころ、旅商人だったギルドンの話の中で、“アムノッカン(鴨緑江)の透き通った水”のことを聞いて、緑水(ノクス)と名乗るようになりました。

(第7話より)
「アムノッカン(鴨緑江)では透き通った緑の水も見た。
 アムノッカンの人々は川の水をノクス(緑水)と呼ぶ」
(ギルドン)

そして燕山君には、“冷たいアムノッカンの緑の水”の意味だと自己紹介をしました。

ドラマが進むにつれて、どうも“冷たい水”だけが彼女の底流を流れているように感じるようになりました。
もちろん、カリョンとの温度差も大きくなった…。

# 温かくなります。
「匿禑里(イクァリ)の春:익화리의 봄」
https://www.youtube.com/watch?v=Mwu6Jm7qYlg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第26話(上) 山と森の秘密

20170429_112220.jpg
(天然記念物の八重桜です 2017.04.29@nagasaki)

逆賊 第26話(上) 山と森の秘密

「何だと?!
 パク・ハソンがホン・ギルドンの兄だと?!」
2600_20170504095912808.jpg

「ご夫人。怒っている時ではありません」

「どうしろって言うのですか?」

「これは良い機会だ。パク・ハソンが誰なのか…。
 ソン師匠の一番弟子でしたよ。
 これこそ、息子さんのチョ・チョンハクが昇進する良い機会です」

「…」

「そうすればチョンハクには大きな手柄となります」
2600b_201705040959113d4.jpg

「パク・ハソンをチョナの側近にしたのは、
 師匠の一番弟子だったからです」

「…」

「しかし、盗賊ホン・ギルドンの兄だった。
 チョナはパク・ハソンに裏切られたのではなく、
 ソン師匠に裏切られたのです!」
2600d_2017050410002038b.jpg

「本当に、パク・ハソンが誰だか知らなかったのか?」
2600a_20170504100021f91.jpg

「まったく知りませんでした。
 私もパク・ハソンに辱められました」
2600c_20170504100351e74.jpg

みんながオリニを説得しようとしていますが…。

「私はオリニではありません!」

「オリニや…」
2600e_20170504100019b41.jpg

それでも寝ている時はいつも留め紐を手にしています。

2600ff.jpg

ギルドンはその留め紐と自分が持っている片方とを合わせます。

2600h_20170504100804b44.jpg

「オラビが、どれほど待っていたのか分かるか?
 どれほど探したのか分かるか?」

「…」

「兄貴と俺が…、いやみんながどれほど探して、
 待っていたのか分かるか?」

「いったい何のことでしょうか?」

「どうだ? 
 これもぴったり符合するだろう?」
2600g_20170504100805be8.jpg

「俺がお前の兄だぞ。
 お前が俺のたった一人の妹だ」

「何をするのですか?!
 私はオリニではありません!」

「そうだな、落ち着こう」
(ギルヒョン)
2600k_20170504100803546.jpg

「オリニには時間をあげよう」

…なぜ私がこの人たちと一緒にずっと…?
怖いわ。

2600m_20170504100802af9.jpg

にぎり飯が喉を通らないギルドン
カリョンのことを思っています。

「カリョンや。 俺は怖い」

「何が?」

「この人たち…、
 この人たちを悲しませることがないようにと思うと怖いんだ」

「パボ(馬鹿)だわ。
 なぜ将来のことを心配するの?

「…」

「さあ、たくさん食べて…」
2600n_20170504100801d4d.jpg

「カリョンや…、いったいどこにいるのか?」
2600nn.jpg

チョンハクにはギルヒョンの後任人事
チュウォン君がモリを連れて来ます。

「捕盗庁の長官に任命する。
 このモリを側近に付けよ」

「しかしチョナ。
 この男は奴婢です
2600p_20170504101732d6a.jpg

「…」

「そなた一人でホン・ギルドンと戦って勝てるとでも思っているのか?
 そうではないだろう」
2600pp.jpg

「今度も単独で動くだろうな」

「しかし…」

「そうしよう」
2611_201705041017314c1.jpg

第一陣

2611a_201705041017297d6.jpg

「官軍がやって来ます」

「心配は要らない。
 山は自らの秘密を明かすことはしない」

「ええ、それでも我々は計画を進めます」
2611b_201705041017289f1.jpg

深い霧の中、チョンハクたちは洞窟の傍まで捜索に来ます。
赤ん坊の泣き声

2611c_20170504101727d8e.jpg

「私たちはチョナの命令で盗賊を捜査しているが、
 県令はここで何を?」

「ええ、毛皮を取るために狩りに来ています」

「ここで兵士を見ませんでしたか?
 変な声が聞こえました」

「ここにはたくさんの野獣がいて、
 様々な声を発します。
 毎日見回っているものの、兵士の姿を見たことはありません」
2611g_201705041023041b1.jpg

ギルドンが来て、
「ありがとうございました。
 ところでなぜ、あんな危険なことを言ったのですか?」

「私も百姓たちのことを心配しているからです。
 あなた達は宮廷に侵入して、
 どうしようもない官僚たちを罰しましたよね。
 首根っこをつかまえて…」

「ははは…」
2611h_2017050410230313f.jpg

「何て気分の良いことか…」
2611hh.jpg

「ははは、何て気分の良いことか…」
2611k_20170504102300756.jpg

眠れない燕山君

…俺をこのようにしたのはあなただ…
(ギルドンの声)

「チョナ。なぜ眠れないのですか?」

「…」
2611m_20170504103256a15.jpg

「チョナは、またカリョンを呼んだようです。
 どうしてカリョンがスギョン(淑容)を裏切るようなことを…」

「ギルドンが捕まるまでは仕方ないわ。
 今は怒っているけど、すぐに私の所に戻るわ」
2611n_2017050410325501f.jpg

オンランを呼んで、
「あなたとカリョンはいつから親しくなったの?」

「カリョン姉さんがサンファと私を見間違った時からです」

「なぜなのか?」

「サンファはいつも濃紺の留め紐を握っています。
 それが私の物だと思い込んでいたからです」

「どういう意味なのか?」

「あの留め紐は半分で、
 残りの半分は血の繋がった誰かが持っているとのことです」
2611p_20170504103253baf.jpg

ノクスはここでその残りの半分はギルドンが持っていたことを思い出します。
そして、その留め紐はカリョンが見つけたことも思い出します。

2612_201705041032525ec.jpg

カリョン

「チョナ。今夜は不思議な村の話をします」

「…」
2612a_201705041036483af.jpg

カリョンは、
「綺麗な水が野山を囲む村がありました。土地は肥えて…」と、
「しかし、その村には秘密があり、
 北側の一部には木も生えない場所がありました」

「そなたの話は面白いから青玉(サファイア)か真珠を授けよう」

「いいえ、代わりにサンファのことを許してあげて下さい」

「…」
2622_2017050410365078f.jpg
# カリョンは、サンファが宮廷から追い出されたと誤解しています。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

仲良しのサンファとオンラン

サンファ(オリニ)には生母はいませんが、
“育ての母がいる”と言っていました。
しかし、
これは宮中から外出する時の口実だったようです。
外出は師匠たち守貴単との連絡のため。

オンランには幼い時に行き別れた兄がいる。
オンランの兄とは?
鍵を握るのは①ソン・ドファンのお付きの密偵と、
②モリだと思っています。

第17話より
「私の名前はオリニです。
 オラボニムに会わせて下さい」

「…」
orini2.jpg

# あえて配役を変えた演出なのでしょうか?
ribon1.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第25話(下) 仁愛

doogwood.jpg
(花水木:2017.05.02)

逆賊 第25話(下) 仁愛

官軍の兵士たち

「宮中の噂話をしただけなのに、
 今度は楽師を百叩きにしたり、追放したりしたようだ」

「噂を流した楽師の両親まで殺されたと聞いているぞ。
 みんな口には気を付けよう。
 俺たちだってどうなるのか分からない」
2533_20170504092726092.jpg

ギルヒョン

「ここで何をしているのか?」

「い、いや…その…」

「チョナの命令を知らないのか?」

「どうかお許しを!」

「いや、お前たちに会いたい人がいる」
2533a_20170504092725890.jpg

ギルドンが現れて

「まさか…、ホン・ギルドンでは…?
 死んだと聞いていましたが…?」

「俺の骨が砕かれたことを知っていると思う。
 しかし、この通りで元気だ」

「では、仁政殿に侵入したのは…?」

ギルドンは「この国から見捨てられた百姓たちには、守ってやる者が必要だ」と、ギルドン軍団に入ることを勧めます。
「このままチョナの命令で民百姓たちを叩き、殺すのか、
 それとも民百姓を守るのか?
 人間らしく生きていくためだ」
2533c_201705040927248d4.jpg

近所で墓堀などをやっていた男が連れて来られて、チョンハクは、
「パク・ハソンは祖父のパク・ウォンイルの孫だが、
 何か知っていることはあるか?」
2533d_20170504092723f02.jpg

「パク・ハソンと言う孫は山林で野獣に襲われて死にましたよ」

「あれがパク・ハソンでないとすれば、いったい誰なのか…?」
2533e_201705040927229aa.jpg

「この者たちが精鋭なのか?」

「ええ、チョナ。
 選りすぐった忠誠心の者たちです」

ギルヒョンの計画は進みます。
「さあ、盗賊を必ず逮捕してチョナに差し出すのだ!」
2533f_20170504092721b3b.jpg

ギルヒョンはチョンハクの母親・パク氏に別れを告げに来ました。

「チョナの命令によって遠征しますから、
 チョンハクに挨拶に来ました」

「でもチョンハクは急な調査の仕事で今はいないんですよ」

ギルヒョンは「弟が折ってしまったムチです」と、過去の奴婢時代のことを思い出させる木の枝を差し出して帰ります。

「どうか長生きを…」

「?!」

「長生きして、この世のことを見ていて下さい」
2533k_20170504093224bce.jpg

入れ違いにチュウォン君

「チュウォン君、媽媽二ム」

「私を知っているのか?」

「ええ、よく知っています。
 暗くて冷たく怖い場所でお会いしました」
2533m_2017050409322213b.jpg

杏子の枝のムチを見て、子供の時のホン・ギルドンを思い出すパク夫人

2533n_20170504093221127.jpg

「チョンハク!」

「オモニ。 今は急いでいるんだ」

「パク・ハソンが来たわ」

「!」

「なぜこの杏子の枝のことを知っているのか…?
 パク・ハソンがギルドンのことをなぜ知っているのか…?」

ここで、全てが分かった3人。
「パク・ハソンではありません。
 あの男はホン・ギルドンの兄のギルヒョンです!」
2533p_201705040936260e6.jpg

パク・ハソンは既に死んでいて、ギルドンの兄のギルヒョンだと報告。

「何を言い出すのか?」
2533pp_20170504093625a19.jpg

そこに矢文

2534_201705040936246e1.jpg

チョナへの手紙

…イング二ム、私が口先だけの脅しをしたと思いますか?
あなたが止めないと、私は増々強く、増々力を蓄えます。
私は官軍をわずか一刻で退けた。
わずか一刻だ。

2534a_20170504093623f1e.jpg

矢文を食いちぎって!

「急いで後を追え!
 漢城府(ハンソンブ)の兵も連れて、
 この漢陽から逃げ出す前に捕まえろ!」
2534b_201705040936219dc.jpg

しかし、すでにギルドンたちは姿を消していました。

2534c.jpg

怒り心頭に…

「ホン・ギルドンの…、
 あいつは兄なのか!」
2534m.jpg

官軍の精鋭を引き連れてギルヒョンが洞窟に

2534d_20170504094111d88.jpg

「!」
2534e.jpg

ギルヒョンの合流を喜ぶカンパニー

2534f.jpg

「ところで?」

「我々も加担させて下さい」と元官軍の兵士たち
2534g.jpg

「よく来てくれた。
 今からは俺たちは皆、兄弟だ」
2534h.jpg

「ギルドンや。
 みんながお前のためにやって来たんだ。
 解るだろう?」

「ええ、ヒョンニム」
2534k.jpg

しかし

「オリニや…」

「宮廷を追い出されて、ここに来ました」

「オリニや!」
2536_201705040945290eb.jpg

「オリニではありません」

「オリニや、ミアナダ。
 どんなに寂しい思いをしたのか…」

「?」

「すまなかった…」

「?」
2534n.jpg

「…」
2535_2017050409453071e.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

英語のBenevolenceを辞書で調べると、
“博愛、慈悲心”そして仁愛とあります。
孔子が王道には最も大切なこととした“仁”のことです。

次の写真はギルドンが兄・ギルヒョンと官軍を待つシーンだったかと思います。
足元にはギルドンが使っているロゴマークの“仁”。
彼こそが王にふさわしい資質を持っていたことを象徴するようです。

jin1_20170505044923ded.jpg

jin2.jpg
(info by APB)

# オリニの記憶はすぐに戻ります。
orini.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第25話(中) 消された記憶

jinchou_20170423082851bc1.jpg
(こでまり:2017.04.25)

逆賊 第25話(中) 消された記憶

燕山君

「私が逃げ出すのを女官や宦官だけでなく、
 忠臣たちも見たはずだな?」

「チョナ。
 大切ことは、あのようなことが起きないように、
 警備を強化することです」

「あのことは誰にも知られないように、
 口外しないように口止めするのだ」
2522_20170504082138edf.jpg

堂上官たちに札を配します。

2522a_20170504082137e7a.jpg

「口には気を付けろ。口は禍をもたらす。
 心は静かに、平穏にして、
 その札はいつも身につけておいてくれ」

…口は禍をもたらす…(札の文字)

2522b_20170504082136378.jpg

さらに、
「この宦官は宮中のことを外に漏らしていた!
 晒し首にして見せしめにしろ」

「…」
2522c_20170504082135422.jpg

官軍の兵士たちも、「このままでは俺たちにも災難があるかもしれない」と。

2522d_20170504082134c8d.jpg

ギルヒョンからは宮中での処罰の模様が伝わって来ます。
「チョナ。言ったはずだ。
 暴政を止めないと俺は増々力を蓄える」
2522e_20170504082132496.jpg

ノクスの前にお詫びに来たオンラン

「長く仕えてくれたお前のことを、
 私は死罪にするつもりは毛頭なかった」

「スギョン(淑容)…」

「しかし、心に刻んでおきなさい。
 誰のお陰で生きているのか…」
(ウォルハメ)
2522f_20170504083120284.jpg

女官が来て夜の準備をと…。

2522g_201705040831199d9.jpg

「いい香りだな」

「…」
2522gg.jpg

「ホン・ギルドンが会いに来た」

「…」

「宮中に来る前は知り合いだったそうだな」
2522h_20170504083116f44.jpg

「…」
2522k_20170504083115a84.jpg

「ええ、チョナ。
 ホン・ギルドンのことは知っていました。
 妓楼に来た時に一度会いました」

「一度会ったくらいで、奴の死を望まないのか?
 それが本心か?」
2522m_20170504083114042.jpg

「チョナ…」

「愛したのか?
 愛した男がホン・ギルドンだったのか?」

「…」
2522n_2017050408353837d.jpg

カリョンは留め紐を持って寝ているサンファを見つめて、

2523_20170504083537ffc.jpg

…あなただったのね。
あなたがソバニムの妹だったのね。
ここで会えるなんて、ありがたいわ。
なんて幸せなことでしょう…。
まるでソバニムに再会したような気持ちだわ。
オリニや…、心配しないで。
私がここからきっと連れ出すわ。

2523a_20170504083536257.jpg

ギルヒョン

「チョナ。どうか、どうかお許しください。
 盗賊を捕まえるように命じられていたものの、
 宮中に招き入れる結果となってしまいました」

「…」

頬を自分で叩きながら、ギルヒョンは、
「どうか殺して下さい。 罰して下さい」
2523b_20170504083535e3d.jpg

「もういいから止めろ。
 信じているのはお前だけだ。
 他には誰もいない」

「…」

「尚膳(サンソン)も一度は裏切った…」
2523c_2017050408353423e.jpg

「チョナ…」

「誰も私を守ってはくれない」

燕山君はギルヒョンに大きな軍を与える約束をします。
そして、ギルヒョンは数ではなくて優秀で忠誠を持った兵力となるようにすると。

2523d_201705040835331b5.jpg

ソン・ドファン師匠

「なぜホン・ギルドンが生きていることを言わなかったのか?」

「これはチョナの厳しい命令でした」

「いや、話すべきだった!」

「すみません、師匠。
 命令が怖くて言えませんでした」

「まあ良い。
 チョナのことを、身を挺して救ったそうだからな。
 それで武装兵を配下に貰ったそうだな」
2523e_20170504084120779.jpg

そこでギルヒョンは、「ホン・ギルドンが疑わないような女の密偵を私に与えて下さい」と、サンファ(オリニ)を潜伏させることを提案。

2523f_2017050408411986e.jpg
# これからギルヒョンのシナリオが動きます。

ソン師匠の「ウンピョンの女を一人宮中から追い出して下さい」との申し出に答えて、燕山君は「しょっちゅう母親に会うと言って、宮中から出るそうだな」とオリニを追い出します。

2523g.jpg

他方のカリョンも、
「外の世界を知りたいので、サンファと共に追い出して下さい」と申し出ますが、これは「正直者はもっと丁寧な扱いをする」と、拒否されます。

2523h.jpg

従って、誰もサンファの行き先は知りません。

2523k.jpg

オリニとソン・ドファン

「盗賊たちのことで、上手く情報を集めて来るならば、後は自由に暮らせるようにしてやる」と、オリニは密偵としてギルドンたちとのコンタクトを命じられます。

2523m.jpg

屋敷を出るオリニ、屋敷を見張っていたギルドン軍団

2523n.jpg
# すべてがギルヒョンが描く筋書きどおりに進みます。
しかし、オリニ本人には問題がありました。

オリニが「水も飲めないままに死んでいくなんて可哀想」とオンランに言っていた罪人こそギルドンでしたが、オリニは兄である記憶を消されていました。

2523p.jpg

「あなたは…」

「!」
2524_20170504085624f3c.jpg

「宮廷から追い出されたと聞いていますよ」

「…」

「心配はない。
 これからは俺が守りますからね」

「…」
2524a.jpg

「オリニや…」
2524b.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

放送は第28話まで進んでいますが、この話はまた週末にでも…。
次の第27話のシーンを先にどうぞ。

2733c_201705041940054c3.jpg

村の一人の女性から歌が流れます。
すると小さな声が徐々に大きな大きな合唱に変わります。
https://www.youtube.com/watch?v=-iLNmb-0xTg
(OSTのタイトルは「匿禑里(イクァリ)の春」)

♪ 春が来た喜びも我々は言葉にしない
 氷の卿(大監)が怖いから微笑むだけ
 太陽が昇っても夜明けの喜びは口にしない
 夜の怒りが怖いから微笑むだけ
 へへ~や
 ホホ~や
 表の扉を大きく開けて…
 へへ~や
 ホホ~や
 身を切る風は吹き止むさ…

2733d_20170504194004c53.jpg

この歌を聞いて、官軍の兵士も口ずさみました。

♪ へへ~や
 ホホ~や
 表の扉を大きく開けて…
 へへ~や
 ホホ~や
 身を切る風は吹き止むさ…

2733e_2017050419400205e.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

逆賊 第25話(上) 生い立ち

# GWの横浜中華街は身動きができないほどの人口密度でした。
cyukagai2.jpg
(左は媽祖廟 右は朱雀門)
人、人…、人
tyuukagai.jpg
(2017.05.06)

逆賊 第25話(上) それぞれの生い立ち

宮廷の随所に煙幕を張り、ホン・ギルドン参上!

2500_20170503123050b2f.jpg

祝宴が台無しになり…、

2500a_20170503123049ed4.jpg

宦官に助けられて逃げる燕山君

2500b_2017050312304893a.jpg

逃げる燕山君の前に現れたギルドン

「お~い、イ・ユン!
 怖いのか?」

「…」

「大変な騒ぎになったな…」

「ホン・ギルドン…。 捕まえてやる…」

「また会おう」
2500c_2017050312304435a.jpg

仁政殿(インジョンジョン #)で騒動が起きた!
 チョナがいるから急げ! 門を閉めろ!」
ギルヒョンは半時ほど後に部下たちと合流することで、北の狩場で会うことにします。

2500d_201705031238045b6.jpg
# 昌徳宮(チャンドックン)の正殿

ギルヒョン

「何が起きたのですが?」

「急いで下さい。
 我々はホン・チョンジの仲間たちです」

「ホン・チョンジ…? 本当ですか?
 本当に救ってくれるのですか?」

「急いで下さい」
2500e_20170503123047185.jpg

「!」
2500f_20170503123045daf.jpg

元海賊たちは官軍の制服をまとって牢獄を開放します

頭領は赤ん坊とは切り離された妓生たちを救い出し、
「赤ん坊たちは俺たちが保護しています!」
2500g_20170503123802471.jpg

「本当ですか?
 ホン・チョンジの仲間の人たちなのですか?」

「はいそうです」
2500ff.jpg

カリョンはオンランを連れ出し
「一緒に行きましょう。
 このままではチョナに殺されるわよ」

しかし、サンファがいないことに気付き、
「サンファを探してくるわ」

「急いで下さい!
 北門に四半時後に来てください」

「!」
2500h_20170503123801679.jpg
# サンファは師匠のところに行っていて、何が起きたのか知りませんでした。
# オンランもサンファのために残ります。

仁政殿の前の広場

2500k_201705031238001c9.jpg

倒れた官僚たちの背には貼紙が…。

…王を正しく諫めなかった罰だ。

…暴君を作った罰だ。

…言葉だけで無責任だった罰だ。

2500kk.jpg

ギルドンの後を追って来た燕山君

「そこで止まれ!」

「…」
2500m_20170503130742a5f.jpg

「質問がある。正直に答えろ」

「…」

「お前は滅亡した高麗時代の王族の最期の末裔だと聞くが、
 本当か?」

「…」

「でなければ、
 王家の妾の息子でそれを怒っているとも聞くが…」

「…」
2500n_2017050313074057d.jpg

「でなければ、
 お前は自分のことを何だと思っているのか?」

「俺は高麗の王族の末裔でも、妾の息子でもない。
 それに落ちぶれた貴族の末裔でもない。
 俺は、アボジの息子、奴婢のアモゲの息子だ。
 朝鮮の最下層の身分だった」
2500p_20170503130739811.jpg

「ははは、まさか…?
 そんな下層の子供だと?
 ありえない」

「では、貴様はなぜだ?
 太陽の子とも言われる高貴な王の元に生まれたのに、
 そんな下劣な男になったのか?」

「…」

「言っておくが、俺はアボジとオモニから命を貰った。
 そして、誰かがこのような男にした」

「…?」

「誰かとはあんたのことだ」

「…」
2511b_20170503130738219.jpg

「俺は活彬亭(ファルビンジョン)の接待係で踏み台、
 酒造をして、腐敗した両班を叩きのめしたホン・ギルドンだ。
 他の何者でもない」

「…」

「あんたは俺の骨を砕いたが、
 民百姓の血と涙が俺の身体に流れて来た。
 百姓たちの血と汗と涙が俺の骨と肉体を甦らせたのだ」

「…」

「だから、イ・ユン。
 俺を止めたかったら、お前が暴政を止めるのだ」

「…」

「お前が止めたら、俺も元の客引きに戻る」
2511_20170503131135958.jpg

「貴様は…、そこまで…」
2511a_20170503131137bdc.jpg

仲間が待ち構えるところに燕山君をおびき寄せるギルドン

「!」
2511ee.jpg

間にギルヒョンが入って来て

「お前たち、まず俺を殺せ!
 俺を先に殺せ!

「…」
2511c_20170503130737a9a.jpg

兄弟での打ち合わせどおりでした。

「…」

「…」
2511e_201705031325090c6.jpg

「どうも貴様は王の忠臣のようだな。
 また会おう!」
(ギルドン)

「チョナ!」
(ギルヒョン)

「…」
2511d_20170503130736911.jpg

息絶え絶えの燕山君でした。

2511f_20170503132508ffd.jpg

宮廷に戻って、ソン師匠ギルヒョン

2511g_201705031329199f0.jpg

「チョナ。
 なぜホン・ギルドンが生きていることを知らせてくれなかったのですか?
 私が何とか…」

「なぜ私が?
 そなたに宮廷でのことをいちいち話さないといけないのか?」

「あいつは…」

「ではなぜだ?
 そなたはどこに行っていたのか?
 ホン・ギルドンから私を守ったのは国軍でも宦官でもない!」

「…」
2511h_20170503132241c01.jpg

「守ってくれたのはパク・ハソンだ。
 パク・ハソンだけだ!
 いったいどうやって宮中に入って来たのか…?」

「チョナ、きっと内部に密通している者がいるからです。
 チョナに近く、チョナが信じている者です」

「…」

「チョナ、淑容(スギョン)張氏を信じていますか?」

「…」
2511k.jpg

ウォルハメ

「なぜチョナはスギョンまで寝所に入るのを禁じたのですか?」

「…」
2511m_201705031329186fb.jpg

燕山君

…まさか…、奴婢の子ではあるまい…
ノクスが奴婢の子と…

2511n_201705031329174ce.jpg

ソブリやヨンゲたちは牢獄に入れられていた百姓たちを、宮廷で働く女官や薬官の衣服に着替えさせて、大きな洞窟に案内しました。

「久しぶりだな。 一度会いましたよね」

「ま、まさか…、
 イング二ムに殺されたと思っていました…」

「…」
2511p_20170503140156386.jpg

「みんな!ホン・チョンジだぞ!」

「…」

「ホン・チョンジが生きている!
 俺たちは助かったんだ!」
2512_20170503140154c8f.jpg

そして、保護されていた赤ん坊たちが母の手に戻ります。

「この赤ん坊たちは、あんたたちの子供なのよね?!」

「!」
2512a_20170503140153cb4.jpg

荒らされた後宮

…ソバン…、あなたが亡くなっても、
あなたの遺志を継ぐ者たちがいるのよ。
私はサンファを探して、
ソバンの名前を継ぐ人たちと合流するわ。

2512b_201705031401511c9.jpg

そこにオンラン

「オンニが一緒じゃないのに、
 私だけ行くことはできなかったわ。
 そうでしょう?」

「でも、チョナは…?」

「チョナとスギョン(淑容)には膝をついてお詫びしたいわ。
 それでサンファは見つかったのですか?」
2512c_201705031401527cb.jpg

ソン師匠の屋敷から帰って来たサンファ

「いったい、何の騒ぎが起きたの?」
2512d_20170503140150e02.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 張緑水(チャン・ノクス)は第25話ではスギョン(淑容)と呼ばれています。
最初に側室になった時は淑媛(スグォン)でした。

側室の序列

正一品…嬪(ピン:빈)
従一品…貴人(クィイン:귀인)
正二品…昭儀(ソウィ:소의)
従二品…淑儀(スグィ:숙의)
正三品…昭容(ソヨン:소용)
従三品…淑容(スギョン:숙용)
正四品…昭媛(ソウォン:소원)
従四品…淑媛(スグォン:숙원)

# モリの不思議な言動

第23話では燕山君から、宮中で生まれた赤ん坊を埋めるように指示されました。
埋めるところには煙幕で、その後に官軍の兵士たちが倒れているシーンでした。
あれはギルドン軍団が赤ん坊を救ったのか?
また、モリは何をしていたのか?
単にすべて埋葬したと嘘の報告をしたのか?

私はモリとオンランが兄妹ではないかと思って期待しています。
美男美女ですから…。

第23話より>

「ただし、私は子供まで呼んだつもりはない。
 子供が生まれ次第、別れさせよ。
 赤ん坊は埋めてしまえ」
2300c_20170418052803004.jpg

山中に連れられて行く母親と赤ん坊

2300d_20170418052802211.jpg

「…」
2300dd_201704180528011be.jpg

「仕事は終えたか?」

「ええ、新生児はすべて埋葬しました」
2300ddd.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose