FC2ブログ

『大君』 世宗の子供たち

tegun11_20180417141356008.jpg

『大君』 世宗の子供たち~王朝実録 第7代王

ドラマ『大君(テグン)』で、チュ・サンウクが演じる第7代王・世祖(セジョ)は1417年生まれ。
38歳で即位し、在位は13年間でした。

少し遡ります。
<朝鮮王朝>初期の王は正室・側室からたくさんの子孫を作りました。
“ハングルの創製者(『根の深い木』など)”の第4代王・世宗(セジョン)にも、正室から8男2女、その他にも側室から12人の子供がいました(合計22人:歴代5位の数)。
今回のドラマは世宗の正室からの息子(大君:テグン)たち(長男・次男と3男)のストーリーから始まります。

1.大君たち

これまでのKJSでは、
ドラマ『六龍が飛ぶ』にて、<朝鮮王朝>の初代から第4代王・世宗(セジョン)までのことを、
また、ドラマ『逆賊』では第10代王・燕山君(ヨンサングン)を紹介しました。
今度紹介するドラマは、以上の間に在位した第7代王・世祖(セジョ)なので、
自分でも知識を広げる良い機会を得たと思っています。

(1)
世宗の長男の第5代王・文宗(ムンジョン)は病弱でした。

(第1話より)
宮殿(景福宮:キョンボックン)

「アバ媽媽…」

「…」
100e_2018041514561834c.jpg
# 第5代王・文宗(ムンジョン):(世宗の長男)

「王(チュサン)のご病気の噂が広がらないように…。
 周囲を騒がせてはならない。
 噂を口にした女官は死罪だ」

「アバ媽媽~」
(文宗の長男)
100ee_20180415145617217.jpg
# 文宗(ムンジョン)の長男の世子(第6代王・端宗

「チュサンは数年もずっとお病気に耐えておられますから…」

「きっと回復します。世子はまだ幼すぎます」
100f_20180415145616804.jpg
# (左)文宗の中殿(王妃):顕徳(ヒョンドク)王后・権(クォン)氏
 (右)世宗の妻・大妃(テビ):昭憲(ソホン)王后・沈(シム)氏

(2)
そして、世宗の次男の首陽(スヤン)大君
(成人してからチンヤン大君→スヤン大君で、後の第7代王・世祖

「いったいどうしてこんなことに…?
 チョナの傍には、一番近い者を招き入れるべきなのに…?
 いったい誰が遺言を聞くと言うのですか?!」

「…」
122ee_20180417094158f45.jpg

(3)
世宗の3男が安平(アンピョン)大君

チン・セヨンが演じるドラマのヒロイン(ソン・ジャヒョン)は、3男の安平(アンピョン)大君を愛します。
安平大君は首陽大君の1歳年下で1418年生まれ。
兄の武臣勢力と対立することになります。

123a_20180417095442e32.jpg

「…」
123b_20180417095942582.jpg

손승연 (Son Seung Yeon) - 사랑 참 못됐다 (Love Is So Mean)
https://www.youtube.com/watch?v=vre9NMV4-Co&index=5&list=PLQoB4-k6sSGbYJLItZ_NBJ_FEnvUXOWgE

2.フィクションの登場人物

実在したとはいえ、フィクションとしての2人の重要人物

“ハングルの創製者”として今でも人気が高い、第4代王・世宗の正室は大妃・昭憲(ソホン)王后・沈(シム)氏
大君たちの母親です。
彼女は1395年生まれ、1446年に世宗よりも4年早く51歳で亡くなりました。
つまり、ドラマにあるように文宗(長男)が亡くなる1452年には存命ではありませんでした。
ドラマの彼女は主人公の次男(フィ)の資質を大切に思う人。

もう一人は第3代王・太宗(李芳遠:イ・バンウォン)の長男ということで、ヤンアン大君
つまり彼は3人の大君の伯父であり、大妃・沈氏の対抗勢力を作ります。
彼が甥である首陽大君の後ろ盾です。

「世子の座を脅かして、世継ぎになる資質を持つ者はあなたです。
 心配することはありません。
 この叔父が傍に付いています。
 王族での年最長者は私ですから…」
133z.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

史劇はファクト+フィクション(ファクション)ですから、
これまでのようにKJSでは史実とフィクションを明確に区別しつつ、
2人のラブラインを楽しみたいと思います。

まだ視聴を始めたばかりですが、史劇ですので、興味ある背景を2点。
一つはクーデターのことです。
<朝鮮王朝>では「君(クン)」のままに廃位された王は二人だけで、第10代王・燕山君(ヨンサングン)と第15代王・光海君(クァンヘグン)は、それぞれ反正(パンジョン:クーデター)により追放されています。
しかし、実はもう一度の事実上のクーデターが記録されており、それは第7代王・世祖(セジョ)によるものです。

もう一つの興味は、裏にいた官僚たちの暗躍のこと。
第4代の世宗から第7代までの世祖までと、4代~7代へと、その間が飛んでいるように思えますが、
第4代王・世宗の退位と第7代王・世祖の即位までの間はわずか5年しかないからです。
何があったのか…?

なお、史実に関しては、
朴永圭(パク・ヨンギュ)『朝鮮王朝実録』キネマ旬報社(2012年3月)を参考にしています。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

PLS Stay in Tune, on KJS !(最新記事はこちらから↓)
http://jumong007.blog133.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose