FC2ブログ

ミスティ 第16話(1) 私の愛

misty ending2

ミスティ 第16話(1) 私の愛

ヘランのブローチを手にしたテウクでした。

1611_20180409110401abe.jpg

…あの時、私は目が眩んでいた。
それに、何も聞こえなかった。

1611a_20180409110400692.jpg

ケビン・リーの車の横に付けて、先に誘導します。

1611aa_20180409110359ed9.jpg

「何なのか?」

「手短にしたい。
 ヘランには二度と会って欲しくない」

「…」

「家族がいる人だ。 私は夫で、彼女はワイフだ」

「その前は俺の女だった。
 確かにあなたの妻だが、なぜ俺を忘れなかったのか?
 なぜ俺の前に現れたのか?」

「…」

「良家の出の立派な夫がいる。だから彼女はあなたを選んだ」

「…」

「しかし、ヘランには十分じゃなかった。
 愛が不足だったからだ。
 俺に会いたくて、俺を抱きたかった」

「止めてくれ!」
1611b_2018040911035891c.jpg

「家族? 妻? 
 いいや、彼女には結婚がビジネスだった」

「止めてくれと言った!」

「単に書類だけの結婚だったのじゃないか?
 あなたはヘランから、
 “愛している”の言葉を聞いたことがあるのか?」

「…」

「“妻だ”と…?
 馬鹿な…」

「!」
1611bb_20180409110357fe1.jpg

テウクはケビン・リーをコンクリート壁に向かって押しやってぶつけます。

「止めろと言ったじゃないか!」

ケビン・リーは気を失いました。

…すべては一瞬のことだった。

1611c_20180409110356b84.jpg

ケビン・リーの車を運転して…。

…あの時、私は一緒に死のうと思ったが、思い通りにはならなかった。

1611cc.jpg

テウクは振り返って…。

…すべてが現実ではないようだった。

1611d_20180409110818f43.jpg
(# 割れた窓ガラスの中で、ブローチを見失ったのでしょうか?)

バス停
(# バスとタクシーを使って自分の車の所まで戻ったようです)

放送では
…6センチの積雪です。
運転には気をつけて下さい。

1611e_20180409110817325.jpg

「なぜ話してくれなかったの?
 自分で始末できるとでも思っていたの?」

「…」

「あなたは私を罠にかけるつもりだったの?
 私が石を投げつけられるのを見たかったの?」

「辛かった。
 どうしたら良いのか分からずに、私も辛かった」
1611f_20180409110816f60.jpg

「私に話をして欲しかったわ、カン・テウク!」

「…」

「いつでも話ができたはずなのに…、
 ここまで…、なぜ黙って?!
 私が質問しなかったらこのままずっと、
 ずっとこのままにするつもりだったの?!」

「見つかりたくはなかった。
 できればそのままにしておきたかった。
 誰にも知られずに…」

「イ・ジェヨンではなくて、私を殺したのよ!」

「ヘランや」

「触らないで!」
1611ff_201804091108155f2.jpg

…何も言えなかった。
何を言ったとしても、言い訳にしか聞こえなかっただろう。
たとえ、偽善や言い訳に聞こえたにせよ、
これだけは確かだ。
私にとっての君は、…
愛だ


1611gg.jpg

「…」
1611g_201804091108140a6.jpg

<第16話 濃霧>

ウンジュは室内の後片付けと荷造り

「0626の予約番号です」

パソコンを捨てます。

1622_20180409111229bec.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

視聴していた英文字幕サイトに寄せられていた視聴者からのコメントをいくつか拾いました。

<英文字幕サイトへのコメント>

One thing i loved about this drama is because we saw a character like Tae Wook, loving Hye Ran for who she truly is, respect her ambitions and always try to help her go up the ladder. I admired their relationship at some points and sometimes i felt he was too perfect!

ヘランを愛し、彼女の上昇志向を尊敬したテウクの人柄が好きだった。
時に、あまりにもパーフェクト過ぎたと思った。


MISTY "A GREAT DRAMA WITH A SAD ENDING "
(悲劇ではあっても、とても凄いドラマ)

"IT'S NO ONE'S FAULT
WE'RE JUST LIVING OUR OWN LIVES, THAT'S ALL."
(HA MYUNG WOO)

ハ・ミョンウのセリフは次のシーンです:明日)

「お前は何も間違っていない。
 誰の間違いでもない。
 人には自分の人生がある。
 ウンジュだって俺だって…」

「…」

「それにカン・テウクだってな…」

「ミョンウや…、あんた…」
1622e_2018041120092872a.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose