FC2ブログ

ミスティ 第11話(3) ソウル中央検察局

1133_20180403033940a8b.jpg
(ウンジュ)

ミスティ 第11話(3) ソウル中央検察局

ウンジュとペク・ドンヒョン
(ドンヒョンの姉ペク・ソンヒの位牌を前に)

「あいつら…。
 メールは送るなと言ったのに…。
 ごめんよ、ウンジュさんには言いたくなかった」

「あんたも辛かっただろうね」

「本当にゴメン。
 ジェヨンのことを思うと、あんなことはやるべきじゃなかった」

「…」

「ヌナのために、治療費が欲しかったからだ。
 コ・ヘランにはお金があると思ったから、
 ジェヨンとのバンコックでのことで脅してお金を巻き上げられると思った」

「…」

「本当にすまない」
1133a_20180403034201c35.jpg

「泣かないでよ、あんたの責任じゃないわ、ドンヒョンや。
 ただ、私たちは弱者だからだわ。
 夫も赤ん坊も失ったけど、誰も憐れんではくれないわ。
 死にそうなくらいに傷んだけど、この世には誰も同情する人はいない。
 みんな自信たっぷりに、何もないかのように暮らしているわ。
 なぜ、私に謝るの?
 何も悪いことをしていないのに、謝るの?」

「ウンジュ奥さん…」

「泣かないでよ。 泣かないで、ドヒョンや」
1133aa.jpg

ヘランには裁判所からの召喚状

「…」
1133b_20180403034200913.jpg

JBC

「なぜコ・ヘランが戻るのか?」

「副社長からの指示で、もうデスクに戻って…、
 荷解きをしています」

ヘランと局長

「副社長の仲間入りしたのか?」

「…」

「後悔はないのか?」

「自信はありません」

「ではなぜこんなことをするのか?」

「他には選択肢がないからです」

「これ以上追い詰められると、私は君には慈悲はかけない」

「解っていますから、私も準備しています。
 これまで以上に真摯に努力して競争します」
1133c_20180403034159527.jpg

ヘランは副社長に中央検察局からの召喚状を渡すと共に、副社長に従う条件として、カンヨル法律事務所に処理をゆだねることを条件としました。

「無条件の勝利が私からの条件です」

「…」
1133e_20180403034510f7e.jpg

そして、カンヨル法律事務所のカン・インハン代表が受けました

「コ・ヘランめ…。
 ゲームを知っているようだな…」
1133d_20180403034158bdf.jpg

ヘランとイ・ヨンジョン(モーニングニュースのアナウンサー)

「久しぶりだわね?」

「?」

「局長になろうという噂だわ。本当なの?」

「噂を流しているのは先輩ではないの?」

「わ~、凄い。殺人容疑者の身分で…?」

「凄いのはピョン・ウヒョン検事も同じだわ。
 きっと困ったことになるでしょうね?」
1133ee_20180403034509c37.jpg

「やあ、コ・ヘラン!」

「無実の人を48時間も拘束した上で、
 何の証拠も集められなかったからだわ。
 自分の間違いを隠すために起訴するのでしょうね?」

「あんたは、ご主人を使って同情を集めているようだわね。
 彼は聞かないし、知らない振りで、良き妻を務めているだけだわ」
1133f_2018040303450872b.jpg

事務所

「法務サイトでは、ピョン・ウヒョン検事が基礎に踏み切るとの情報です」

「?!」

「裁判所からは召喚状が出ていると思います。
 奥さんは何も言わなかったのですか?」
1133g_20180403034507413.jpg

「今、法務のウェブサイトを見たが、ピョン・ウヒョン検事が…」

「ええ、その通りだわ」

「なぜ言わなかったのか?
 2週間後に証人喚問が始まるというのに…?」

「あなたには迷惑を掛けたくないわ」

「ヨボ(お前)…」

「新しい弁護士をカンヨル法律事務所から得るから、
 あなたは心配しないで欲しい」

「ヘランや」

「忙しいから、切るわ」

「…」
1133gg_201804030345066e6.jpg

「何と言われたのですか?」

「他の弁護士を付けるらしい」

「あ~、え?!
 どういう意味ですか?」

「きっと起訴には何か裏があるのだろう。
 何が決定的な要因だったのか調べて欲しい」

「ええ」
1133h_2018040303450585c.jpg

ウンジュとドンヒョン

「黙っていないで…。
 食べてよ」

ウンジュはお金を出して、
「生活費だわ。
 エージェントにも連絡しておいたわ」
1133k_201804030347359b3.jpg

赤ん坊用に用意した靴や衣類を見ながら、
「心配しないでね。私は元気に生きていくわ。
 最後まで元気に、元気な振りをしても生きていくわ。
 心配は要らないわよ」
1133kk.jpg

しかし、ドンヒョンはお金を貰わずに出て行きました。
涙を浮かべて出て行くドンヒョンを見ているのはミョンウです。

1133m_20180403033941d51.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

裁判が始まることになりました。
カンヨル法律事務所からの弁護士?
これはヘランが仕掛けたゲームでしょうか?

ドンヒョンは独自で恐喝を行っていたようで、
ウンジュからの指示かと思っていましたが、違いました。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose