ミスティ 第11話(2) 目撃者

shidarezakura.jpg
(枝垂れ桜:2018.04.01)

ミスティ 第11話(2) 目撃者

ラーメン

「俺も少しおかしいと思います。
 カン刑事の直観は大切なのですが、
 これまではあまり固執はなかったはずです」

「…」

「なぜこだわるのですか?先輩?」

「…」
1122_2018040221124371e.jpg

そこに電話

「もう一度言って下さい。
 何を目撃したというのですか!?」
1122a_2018040303071021f.jpg

JBC放送を見て

…チョン・デハン議員は未成年者売春の件で検察の捜査を受けています。
捜査内容が公開されるとのことで…。

…市民からは怒りの声が届いています。

「…」
1122aa_2018040303070930b.jpg

副社長

「コ・ヘランから背中を刺された。
 彼女はメディアの力を信じて、反乱を起こした」

「選挙中でなくて良かった」

「そうですね。
 チョン・デハン議員はこれまで功績をあげたから、
 少し休養が必要なんでしょうね」

「しかし、あなたもあなたの家の中を掃除すべきです」

「あ~、コ・ヘランを…」

「チャン・ギュソクですよ。
 彼女と局長とを、合せて注意すべきです」

二虎競食(イホキョンシク)の計”です
(肉片を巡って2頭の虎が争うこと)

1122b_20180403030708113.jpg

ヘランを呼んで

「なぜ突然のお話なのでしょうか?」

「チョン・デハン議員の件からは離れて欲しいからだ」

「それは、カン・インハンCEOからの話でしょうか?」

「チャン局長はすでにあの席には長くいるから、
 ニュースルームにも新風を送りこまないといけない」

「チャン局長は何と言ったのですか?」

「まだ知らない。
 知っても何にもならないだろう。
 コ・ヘランさんには野心がある」

「…」

「局長だろうが、その上も約束する」

「ということは…」

「ああ、君も私も同じ仲間になるということだ」
1122c_201804030307070e7.jpg

JBC

「チョン・デハン議員は3か月の停職処分だ。
 健康休暇だ」

「え~!
 現場を録画したのに、たった3か月の停職ですか?!」
1122d_20180403030706675.jpg

局長は、
「春の放送企画はどうなのか?」

「文化とドキュメンタリーでしょうか」
(オ・チーム長)

「では暗い冬に君は何をしてきたのか?」

「すみません」

「我々は70分のニュースを作っているが、
 今のにはもっとインパクトを加えたい」
1122e_2018040303070562d.jpg

ヘランは会議に出ずにニュースルーム

「席を離れるのが寂しいのか?」

「時々はそう思うけど、時々はそうでもないわ」

局長のポストについて副社長からはチャン局長にもあったようです。

「もしも私が局長のポストを得たとすれば、
 局長はどうしますか?」

「そうだな~、何ができるか、できるだけのことをするだろう」

「後輩に席を譲る気はないのですか?」

「まだだ。もう数年はやってみたいことがある。
 だから、言いたいことは、あまり欲張るなってことだ。
 もう少し私の陰に隠れていて欲しい」

「…」

「まだ昇格するタイミングではない。
 この意味が解るか?」

「そうですか?」

「70分のニュース素材があるが、加えて新しいやつを探してくれ」
1122ee_20180403031630201.jpg

テウクの母親

殺人容疑者で逮捕者で、家族への迷惑千万だということで、
「義理の父親は法曹界で恥のない人生を送り、
 あなたの夫は大手の弁護士事務所を断って、
 弱者のためにと国選弁護士になっているわ。
 それなのにあなたは辱めることばかりだわ」

「すみません」

「待てないわ。テウクから離れて欲しいわ」

「…」

「テウクがその気でないなら、あなたの方からそうするかしら?」

「オモニ…」

「テウクは私が育てたのよ。見ていると可哀想になるわ」

「…」

「何もあなたからは聞きたくないわ。ただ終わらせて欲しいだけだわ」
1122f_20180403031629e15.jpg

事務長

「あ~、何で今日の空気は重いのか…?」
1122g_20180403031628c7d.jpg

テウクはミョンウに会うことにします。

「ヘランが君のことを全て話してくれた。
 一つだけちょっと聞きたいことがある」

「…」

「なぜ私の事務所に来たのか?
 出所してから、なぜすぐに来たのか、知っておきたいから」

人を好きになる時、人と別れる時、
 その気持ちは小さなことからです

 愛だからだと思います。
 だから、俺は悲惨に思いました。
 しかし、19年もの刑務所生活を送っていた時に、
 “あ~、あれは愛だったから悲惨ではない”と気付きました。
 きっと、プライドだからでしょう」

「…」

「知りたいです。
 カン・テウク弁護士にとってはどちらですか?」

「どういう意味なのですか?」

「俺の気持ちは分かっているでしょう?
 愛を守る時、もうそれは愛でなくて、男の無駄なプライドです。
 あなたはヘランを守るのでしょうか?
 それともカン・テウクという弁護士のプライドを守るのでしょうか?」
1122gg_201804030316279de.jpg

テウクはJBCを訪れて、ヘランのみすぼらしい執務室に案内されます。

「テウクさん! 
 あなたはいったいどうしてここまで…?」

「ここが…、ここが君の“デスク”なのか?」
1122h_201804030316268ee.jpg

「みっともないところだけど、心配しないで良いわよ。
 1階にカフェがあるから、そこに行きましょう」

「…。ヘランや」

「どうしたの?!」
1122k_20180403031625810.jpg

「ちょっと…、ちょっと…」

「…」

「どんなに考えても、俺には不可能だ。
 これまでの全部、たとえ7年前に戻ったとしても、
 俺は君のことを諦めることはできない。
 君の夫として生きて来た7年間だが、いつも気持ちは同じだ。
 君が欲しい」
1122kk.jpg

「…」
1122m_20180403032327d04.jpg

「…」
1122n_20180403032326a8c.jpg

「…」
1122p_20180403032324530.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

(ミョンウのセリフ)
 「愛を守る時、もうそれは愛でなくて、男の無駄なプライドです。
 あなたはヘランを守るのでしょうか?
 それともカン・テウクという弁護士のプライドを守るのでしょうか?」

固執+プライド…、男女に限らないと思います。

(ミョンウのセリフ)
人を好きになる時、人と別れる時、
 その気持ちは小さなことからです

 愛だからだと思います」

好きなセリフでした。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose