ミスティ 第9話(1) 妻の逮捕

gaden3.jpg
(先週の春の庭)

ミスティ 第9話(1) 妻の逮捕

ヘランに逮捕令状

900_20180324145059b2f.jpg

「さあ、一緒に行きましょう」

「先輩!」

「…」
900a_20180324145057cdf.jpg

「局長、私ではありません。
 私は殺してはいません」

刑事たちの手を振り切って毅然とした態度のヘランでした。

900aa_20180324145056137.jpg

局長は、

「速報だ!
 コ・ヘラン、“ケビン・リーの殺害容疑で逮捕された”…」

「え?!」

「…」

「局長!」

エレベーターの中で、カン刑事は、

「弁護士に連絡しますか?」

テウクはヘランからの電話に出ません

# SIMチップの記録を見て、ショックが隠せない中です。
(ヘランの逮捕を知ることができませんでした)

900b_201803241450559ba.jpg

青瓦台の補佐官

「コ・ヘランは諦めて、次の候補者を選ぶべきだ。
 明日、報告しよう」
900c_20180324145054d61.jpg

カンナム警察署

「まずは簡単な調べです。
 直立して両手を上げて下さい」

「…」
900d_20180324145053788.jpg

ヘランの逮捕を知らずに飲むテウク

911_20180325090850726.jpg

<逮捕後1時間20分経過>

検察のピョン検事が事務長に電話

「すみません。急ぎの用事で外出中です」

「カン弁護士に連絡がつかないならば、
 こちらは弁護士なしでの取り調べを進める」

ハ・ミョンウは事務所に仕掛けた盗聴器の声を拾っています

「!」
911a_201803250908493f4.jpg

JBC報道部

「殺人?!」

「…」

「コ・ヘランがケビン・リーを殺したと言うのか?
 何でもやる女だとは思ってはいたが、まさかこんな…?
 サスペンスやスルラ―じゃあるまいし…」

「…」

「もっと調べましょう、チーム長!」
(クァク記者)

「いったい、何を調べると言うのか?」
(チーム長)

「みんな静かにしろ!勝手に動くな」
 (局長)
911b_201803250908489e2.jpg

<逮捕後3時間経過>

「ご主人は諦めたのではないのでしょうか?」

「…」

「逮捕状に従い、取り調べしましょう」

「…」
911c_2018032509084719e.jpg

ウィスキーを飲み続けるテウク
テウクはブラックボックスのSIMチップに残されたヘランの声にショック…。
ケビン・リーの「愛しているのか?」の質問に、ヘランはただ、

「彼が必要。必要だわ…」と答えただけでした。

911d_201803250908462c4.jpg

そして、テウクの握力でグラスが割れます。

「!」
911dd_2018032509084589a.jpg
# この時間の流れの中で、チ・ジニは普通の男として、しかし、夫として弁護士としての自分を見つめる姿を演じ分けているようです。

「…」
911e_20180325091908a47.jpg

<第9話 孤立>

ソウル中央検察局の家宅捜査(翌朝)

「ケビン・リーの殺害容疑でコ・ヘランが逮捕された」

「逮捕令状?
 妻が逮捕されたのですか?!」

「令状により、事件当日の容疑者の衣類、靴などを押収する」
911f_20180325091907952.jpg

「事務長、何が起きたのですか?」

「どうしたのですか?!
 みんなが連絡を待っていました!
 こんな時間になるまで!
 私が奥さんの立場ならば、弁護士を解雇しています!」

「理由は何なのか?」

「ソ・ウンジュさんです。
 彼女の裏切りです
911ff_2018032509190628b.jpg

ピョン・ウヒョン検事のオフィス

「昨夜は電話にも出ずに、何をしていたのですか?」

「ソ・ウンジュが何を言ったとしても、
 これは正常な状態ではない者からの訴えだ」

「コーヒーは要りますか…?」

「あれは法的な根拠もない家宅捜査だ」

「“法的”ですと?
 私にに法の説教をするつもりなのですか?」

「…」

「ではなぜゴールデンドアクラブに、彼女を連れて行ったのですか?」

「…」

「そんな男じゃなかったはずですよね?
 あんな態度でもって、クラブで挨拶して回る検事ではなかったのに…」

「…」

「容疑者を見つけるのが、むしろ簡単でした。
 ギルティコンシャス(罪の意識)を見せるのが容疑者だからです」
911g_20180325091904c9c.jpg

「お前は気分で行動すべきではない。
 事が起きたらどうするのか?」

「俺のことは心配いらない。
 俺は俺のことを解決するから、
 カン・テウク弁護士さんは自分で自分のことを解決すべきだ」

「やあ、ピョン・ウヒョン!」

「カン・テウク弁護士!」

「!」
911gg_20180325091903e24.jpg

<逮捕後10時間経過>

911h_2018032509190237e.jpg

JBC報道部

「ハン・ジウォン。
 ウォーミングアップの時間はない。
 今夜のニュースナインのアンカーだ。
 ただし、コ・ヘランのニュースは1分だけだ。
 まだ何も確証が得られていない。
 事実が判明次第に、少しずつニュースを流す」

「たったの1分ですか?
 他の放送局では5分以上の時間を割くはずですが…?
 ケビン・リーの情報源もあって、
 しかもここでコ・ヘランが逮捕されたのです」
(オ・チーム長)

「物語を作るのですか?!」
(クァク記者)
911k_2018032509260744e.jpg

「ニュースは事実だけを流す!
 事実ではないことは一切放送してはならない!」
(局長)

「…」

「ただコ・ヘランが逮捕されたという事実だけだ。
 もしもコ・ヘランが犯人だと判明したならば、
 その時はそのニュースを流す。
 我々は事実だけを放送する!
 解ったか?!」

「カンへ建設の入札は今日です。
 どうしますか?」
(ハン・ジウォン)

「…」
911kk_20180325092606874.jpg

ハン・ジウォンとクァク・ギソク記者

「オ・チーム長は行き過ぎじゃないか?
 好き嫌いじゃなくて、7年もの同僚だぞ?!」

「…。そこまでにして、あんたのカメラのことだわ」

「どのカメラなのか?」

「あんたのカメラでカンへ建設の映像を撮るのよ」
911m_20180325092605d58.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

現状への不満が成功した者への嫉妬に変わり、過去にまでもこだわるので、ソ・ウンジュとケビン・リー(イ・ジェヨン)の二人は、異常な行動と異常な言葉を発してきました。
二人には品位を感じません。

他方、上を目指して常に前向きなコ・ヘラン。
彼女にとっては仕事への情熱が半分、テウクは“必要な人”だとの割り切り。
テウクにとってのヘランは愛と所有欲の対象なのでしょう。
「愛している」と「必要だ」の言葉が何度か出てきました。
こんな“片思いの夫婦生活”を7年間も続けていたのには驚きなのですが、
さすがにテウクは“離婚届”を用意していました。
しかし、
なぜか二人とも、見ているとすがすがしく(清々しく)思います。

コ・ヘランの現在だけでなく過去をも抱え込むことになったカン・テウク。
応援しながら視聴していきたいです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose