怪しいパートナー 第27話(上) 退院

dandy lion
(Dandy Lion in July)

怪しいパートナー 第27話(上) 退院

# チョン・ヒョンスを撥ねて、逃げたのはチョン・ヒョンスの学生時代の仲間でした。

2700a_201706300913348d8.jpg

「チョン・ヒョンスはサンホ病院に運ばれたわ。
 すぐに外科手術でしょうね」

「それで?」

「?」
2700c_20170630091331acb.jpg

「情報提供者は誰だったのか?」

「…」

「答えられない質問なのか?」

「…」

「つまり、バン係長の血が付いたナイフを、
 わざとチョン・ヨンスの家に置いた者のことだ」

「その質問をするために、
 車に乗るように頼んだわけだわね?」

「質問に早く答えてくれ、チャ検事」

「匿名の通報だったわ。
 知っていたとしても個人情報は渡せないわ」

「あ~、では匿名の通報で捜査令状を取って、
 チャン・ヒョンスの家に行ったというのか?
 そんなことを俺が信じると思っているのか?」

「信じるか信じないは関係ないわ」

「その証拠は不法に取得したものだ。
 つまり、毒が入った果物のようなものだ」

「いいえ、
 正式な捜査令状を持って捜査した結果だわ」
2711_201706300913304a7.jpg

こちらはクギル病院

2711b_201706300915269e5.jpg

ピョン代表が「指が動いたのを見た」と…。
みんなが集まりますが、バン係長はまだ意識不明…。

「?」

「医者も間違いだと言うが、私は確かにこの目で見たんだ!」
2711a_20170630091329bdc.jpg

デスクの引き出しから消えた包丁のことでウンヒョクを疑うジウク。

「俺に隠し事をすると刑務所に送りこむぞ」
2711c_20170630091525544.jpg

「え?!何か悪いことをしたか?
 いつになったら親しみを持ってくれるのか…?」

「…」
2711cc.jpg

「さあ、握手でもするか?」

バシッ!と手をはらうボンヒ。

「?!」
2711d_201706300915238ef.jpg

「どうも嫌な雰囲気だ。
 少しはみんなで微笑みを持つべきだ。
 ことは良い方向に向かっているんだから…」

「久しぶりにウニョクのまともな言葉を聞いた…。
 そのとおりだ。
 みんながポジティブ思考をすべきだ」
2711e_201706300915225b6.jpg

ジウクが「チョン・ヒョンスのことで話が…」

そこで、バン係長が自分の力で呼吸を回復します。

「私が解るか?!」

「ああ勿論だ、分かる…」
2711f_20170630091521c60.jpg

「ヨンヒ…」

「やあ!そうだ私の名はヨンヒだ!
 そうだ、こいつめ!
 パンマルで話してくれた!」

「…」
2711g_201706300917320fc.jpg

「チンチャ…、チンチャ カムサへヨ 
 バン クェジャンニム…。
 コマウォヨ」

「んん…」

「良かった…」
2711h_20170630091731aa0.jpg

テレビでは検察の捜査について批判

…検察は今日の午後、殺人容疑のチョン・ヒョンスがオートバイで逃亡するところを追跡し…。
しかし、当て逃げされて現在は意識不明です。
警察が容疑の車の捜査に当たっています。
人々の中には検察の強硬な捜査について疑問の声もあがっています。

2711k_201706300917307a5.jpg

「なんという皮肉なのか…。
 一人が生き返ったと思ったら、一人が意識不明だとは…」

「逮捕のために追跡が行われたということは、
 何か証拠が見つかったということですか?」

「そうだろうな…」

「チョン・ヒョンスさんに何があったのですか?」

「容疑者を逮捕する際にアクシデントで意識不明…」
「意識不明の間は起訴ができない」
2711m_20170630091729a9c.jpg

ユジョンが来て、
「当て逃げの車は見つかったけど、運転者が行方不明だわ」

医者は脳内出血があるから回復には時間がかかるということと、脳障害が出る可能性があるとのこと。

「大丈夫なのか?」

「いいえ。
 上司たちからは厳しく非難されたわ。
 やあ、もしも検事をクビになったら、
 みんなの仲間に入れてくれるかしら?
 弁護士として働くわ」
2711n_2017063009172789a.jpg

「…」(顔を見合わせるだけ)

「そうね、いいわ。
 頼まれても行かないわ」
2711p_20170630091726593.jpg

「これは、バン係長がコ・チャンホとチョン・ヒョンスを調べていた時に作ったリストだ。
 俺たちはこの中の誰かが当て逃げしたのではないかと睨んでいる」

「どういうことなの?」

「つまり、チョン・ヒョンスはこの中の誰かに、
 復讐を計画していたのではないかということだ」

「では、チョン・ヒョンスからは、
 後を付けられていたことを知っていたということだわね?」

「ああ。リストの一番上の男が一番怪しい。
 俺も一度会っている」
(ウンヒョク)
2711pp.jpg

「あなたには聞きたいことがたくさんあるわ。
 それにたくさんのことで怒っているわ。
 回復したら法の力で罰を与えるわ」
2712_20170630091917c4b.jpg

バン係長

「確かにチョン・ヒョンスだったはずだが、
 顔をまっすぐ見ることはできなかった。
 マスクを上手く外せなかったからだ」

「そうか…。
 ともかくチョン・ヒョンスは現在意識不明だから、
 起訴猶予だ」
2712b_201706300919121e1.jpg

「ところで、
 どうしてみんながいつも病院にいるのか?」
(バン係長)

飲み食いしながら、
「俺たちはいつも会議中だ

「この件は小さなことだけど、
 とっても意味が深いということですよね」

「そのとおりだ」

「ダメだ。 この件では金が取れない」

「こんな小さなことが大きな訴訟に繋がるんだ」

「うるさい!」

「ノ弁護士こそなぜ黙っているのですか?」
2712c_20170630091910dc1.jpg

そして順調に回復…、歩行もできるようになり、

2712d_20170630091908901.jpg

退院

「おめでとうございます、バン係長」
2712e_20170630092048723.jpg

「コマプスムニダ、ウン・ピョノサニム!」

「本当におめでとうございます」
2712f_20170630092046cd5.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

「あまり泣かないで下さい、ノ弁護士。
 すべてが大丈夫ですから…」の予言を信じてはいたものの、刺し傷は脾臓にも達していたようで、出血は思いもよらず多かったようです。

男性たちは交代で24時間看護をしていたようで、温かいパートナーズのハートに触れましたね。
やはり、子供の頃からずっと知っているピョン代表の“親心”が特に良かったです。
そしてバン係長の笑顔…、でした。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose