逆賊 第29話(中) さざ波から大波へ

maruga.jpg
(2017.05.15)

逆賊 第29話(中) さざ波から大波へ~動き出した世論

王と官軍を敗走させて

「ここに残るかどうかは自分で決めてくれ」
(ギルヒョン)

「オンランは私と一緒だわ。 ネ!」

「ええ、受け入れて下さるならば…」
3222_2017051917513307c.jpg

「私は…」

「全員がここに残らないというわけなのか?!」
(ヨンゲ)

「宮中で働くのは、まるで薄い氷の上を歩くような辛さでしたから、
 受け入れて頂ければここで働きます」
3222a_20170519175132b51.jpg

ウォルハメは、
「私は宮廷に帰ります」

「でも、この危険です!
 このところのチョナは厳しいですよ」

「帰らないといけないわ。
 私の大切なテンギチング(琵琶の名前)が待っているし、
 ノクスが孤独になるから…。
 お願いします。ホン将軍…」
3222b_20170519175131ed6.jpg

ノクスは駆け足で…

「!」

「淑容(スギョン)…」

「へへへ…」

「…」

「…。
 実は…、もう会えないかと…」
3222bb.jpg

「馬鹿ね…、あなたを置いてきぼりで、
 私がどこに行くと言うの?」

「…」
3222c_20170519175128398.jpg

堂上官のパク・ウォンジョンはこの時までは忠実

「このところ、馬はよく食べて肥えています。
 すぐにでも狩りに使えます」

「そうか、それだ。 その言葉が聞きたかった。
 奴らに負けたとしても、
 我が国が健全だということを見せつけてやりたいのだ。
 邪魔する者たちは全部殺せ!全部だ!」
3222d.jpg

ヒャンジュモク(香州)

「チョナは再び兵力を集めて我々を攻撃するように命令した。
 すぐには攻撃ができないものの、準備をしておかないといけない。
 香州は標的だ」

「本当に…?
 では、王に対してどのように説明するのですか?
 この香州は決して反乱軍の砦ではないということを説明しないといけません」
3222ee.jpg

そこでギルドン

「何も王に納得をしてもらう必要はない。
 我々が国王をすげ替えるのです」
3222f.jpg

騒然となる中、

「…」
3222ff.jpg

「確かにこの香州の人々のことが、
 “反乱軍”と呼ばれることを恐れていることは解っています。
 しかし、
 王が勝手に反乱軍だと決めつけて官軍を送り込んだだけです」

「確かに…」

「そうか…」

「そうです。
 このままでは王はまた名目を立てて反撃に出るだけです。
 それであれば、我々は心を決めて、
 むしろ“逆賊”であると覚悟を決めるべきなのです。
 これこそが香州が生き延びる道です」

「…」

「私たちは新しい王を擁立すべきです!」
3222g.jpg

「そうだ! 新しい王を迎えよう」の声を聞いて、

「…」

…もうこの人は私のソバニムを超えた。

3222h.jpg

二人になって、
「ソバン…」

「言いたいことがあるだろう?」

「何を?」

「言ってくれ」

「ちょっと…、王と戦うと言うから、
 ソバンは凄いと…」

「それで?」

「素敵だわ」

「それで?」
3222k.jpg

「ちょっと怖くなったわ…」

「何も恐れるな。
 俺たち二人は決して、もう決して離れることはない」
3222m.jpg

「…」
3222n.jpg

夜の宮殿

# 戦場での敗北の屈辱は、燕山君のことを恐怖やストレスとして、大きな波のように襲って来ます。
自分をコントロールできなくなり、逃げ場を失い、酒に浸るだけ…。
耳に響くのは“イクァリの春”の大合唱…

3222p.jpg

「静かにしろ! 黙れと言ったぞ!」
3223_20170519180437760.jpg

刀を振り回す燕山君

「チョ~ナ~、どうか我を忘れないで下さい!
 チョナは偉大なる亡き成宗の子供です!
 この国の尊敬を集める高貴なお方です!」

「…」

「恐怖を与える者たちをチョナの手で一掃して下さい!
 何を恐れるのです!
 何を心配するのですか?!」

「…。は~はははぁ~。そうだな!
 私は奴らの舌を切って、
 この国に恐怖を与えるつもりだったな…」
3223a_20170519180436114.jpg

「そのとおりで、それを成したのです」

「しかし、甲子(カプチャサファ:2年前の1504)に、
 反対する者たちを一掃したというのに、
 まだ私を嘲る奴らがいる…」

「…」
3223b_20170519181612b77.jpg

「どうやって奴らを封じ込めるのか?!
 私の恐怖をどうやって払うのか?!」

「チョ~ナ~!」

「…」
3223aa.jpg

ノクスはチマの中に入れます

「!」

「チョナ、もう…。
 何も聞かないことです」

「ああ、ああ~」

「今夜はここまでにして、皆さんはどうかお帰り下さい」

「…」
3223c_20170519051845065.jpg

帰宅したソン・ドファン

「トゥクチェや」

「…」

「解っているだろうが、
 私は理想の王を作るために人生を尽くした。
 しかし、わずかな下賤の者たちのために台無しのようだ。
 こんなことが…?」

「…」

「香州を何とかできる者は誰なのか…?」
3223d_201705190518442c8.jpg

「?!」

「ピョンソン君…」
3223e_20170519051843bbd.jpg

カンパニーの戦略会議

「“王の暗殺は前代未聞ではない。
 私に従う民百姓は集まってくれ”と書いてあるが、
 こんな檄文が広まっているのか?」
3223f_20170519051842a8b.jpg

「それだけじゃないぞ、
 全羅道や慶尚道ではもう決起の準備があるそうだ。
 既に香州での噂が全国に広まっている」
3223g_20170519051841c66.jpg

「さあ、もう不可能はない。
 我々の手で王を降ろそう。 
 無血の革命だ」

「ああ、俺が間違っていなければ、
 必ず王に近い功臣が我々を訪ねるはずだ」

「民心があれば俺たちは勝てる」
3223h.jpg

…余 平城(ピョンソン)君 朴元宗(パク・ウォンジョン)は…

「ピョンソン君がギルドンに会いたいそうだ。
 もしも民の心が我々に賛同するならばだが、
 彼も強い味方になる」
3223k_20170519052614df5.jpg

矢文

「来ました!
 手紙の返事が来ました!」
3223m_201705190526133ee.jpg

「ピョンソン君・パク・ウォンジョンが会いたいそうだ。
 ピョンソン君は正論を述べていたために京畿道に流されていたが、
 そこでは慕われている人だ。
 ピョンソン君の姉が燕山君に暴力を受けたとの噂もあって(#)…」
3223n.jpg
# 野史に残る背徳行為で、姉とは月山大君(成宗の兄)の妻です。
つまり燕山君は伯母を宮中に呼びつけたそうです。

その前にソン・ドファン

「我々でチョナを守ろう」

「…」
3223p_20170519052611c19.jpg

ギルドンとウォンジョン

3224_20170519052610444.jpg

「チョナは、再度ヒャンジュモク(香州)に兵を出すと命じた。
 この前の戦いには驚かされたが、
 正規の訓練を受けていない者たちが再度官軍に勝てるとは思えない。
 分かるだろう?」

「…」

「私に強力な兵力だけを渡して、
 その他の者たちには船を用意するから逃げてくれ。
 そなたも朝鮮から逃れてくれ」

「…」

「これが流血を最小限にする道だ」

「嫌だな」

「では再度戦争するつもりなのか?
 香州の者たちが殲滅されるぞ」

「しかしその前に、
 あなたの兵が全滅するとは考えないのですか?」
3224a_20170519052609a8c.jpg

イルチョン

「ここでの戦いは国中に広まっていて、
 官軍がどのように敗北して、
 国王がどうやって逃げ出したかを知らない者はいない。
 民百姓たちの間での噂では、
 “香州の民がひとたび立ち上がると国中の民が、
 まるで野火のように広がり、立ち上がる”と言っている。
 つまり、国王に従う者たちも排除されるということです」

「…」
3224c_201705190554318a1.jpg

「民百姓たちは賢い。決して暴君には屈しない。
 よく考えて欲しい。
 今の王と共に狩りを楽しんでいた者達、
 詩を朗読していた者達、
 王に媚を売っていた者達が生き延びられると思いますか?」

「俺も付け加えておくが、あなた達が生き延びる道はただ一つ。
 王を廃位に追い込むことだけだ
3224d_20170519055430b80.jpg

「何だと?!」
3224f_2017051905542798e.jpg

「良く考えて欲しい。
 あなたは生きたいのか死にたいのか…」
3224e.jpg

士林派(サインバ)の逆襲を恐れる高官たち

「全羅道のユ・ビンから連絡が入った」

「慶尚道のチョ・ユンソンからもだ」

「イ・ジャンゴンは脱獄したぞ」
3224g_201705190601056fb.jpg

「みんなきっと香州に向かったはずだ」

「2度の士禍(サファ)で流刑の者達が集結し始めたよおうだ」

「その1498年と1504年で生き延びた我々が次に狙われる。
 チョナに知らせよう」

「あれ以来狩りもせず、宴席も開かずに隠れているようだが…」
3224h_20170519060104029.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 返信の矢文には、「朴元宗」の名に「平城君」と冠が付いています。
しかし、世宗(第4代)まで遡っても平城君という名前(記録)はありません。
追尊またはフィクションだと思います。
ただ、朴元宗の姉は世祖の長男の月山大君の妻なので、名家だったのでしょう。
もともと朴元宗は武官です。

# 2度の“士林派”の士禍(サファ)

(1)戌午士禍(ムオサファ:1498)の結果

故・金宗直(キム・ジョンジク)
「剖棺斬屍刑」(# 字のとおり棺を開けて首をはねる刑)

金馹孫(キム・イルソン)
権五福(クォン・オボク)
権景裕(クォン・ギョンユ)
李潟(イ・モク)
許磐(ホ・バン)
「陵遅処斬」(# 処刑後、体を切断)

その他
姜謙(カン・ギョム)、鄭汝昌(チョン・ヨチャン)、李守恭(イ・ソゴン)他6名が流刑。

1134b_20170310014514be3.jpg
李守恭(イ・ソゴン)

1134a_20170310014515a56.jpg
(士林派の若手のチェ・ムンなどが進出していました)

なお、李克墩(イ・グクトン)と魚世謙(オ・セギョム)は既に史草を既に目にしていながら報告していなかったとして、他の2名と合わせて責任を取らされ、免職・左遷されています。

(2)甲子士禍(カプチャサファ:1504)」の結果

死罪;
成宗の側室だった、巖(オム)氏と鄭(チョン)氏(および2人の王子)
官僚の尹弼商、金宏弼たち10余人

「剖棺斬屍刑(墓を暴いて斬首)」;
韓明澮、鄭汝昌、南孝温など

尹氏の廃妃に賛同した者;
洪貴達、金処善、李元など26人

その他、燕山君の行動を諫めた者:
2名が斬首と流刑

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose