逆賊 第27話(上) 朝鮮の民のための軍

# 今夜と明日で放送は終わる予定ですね。
すでに幸せな結末が見えて来たようです。
昨日のコメントからまずはご視聴下さい。
第29話の予告です。
https://www.youtube.com/watch?v=VCf8gFQf9EI
(info. by APB)

tutuji_20170505090734f25.jpg
(2017.05.07)

逆賊 第27話(上) 朝鮮の民のための軍

香州攻撃の報告

「反乱軍だと?
 そんな言葉は聞いたこともない。
 私の軍以外にそんなものがあってはならない!」

「チョナ、反乱軍は武装しています。
 盗賊のホン・ギルドンが反乱軍を率いています」
2700_201705030130273c9.jpg

パク・ウォンジョン(朴元宗)

…盗賊…、ホン一族…

2700a_201705030130252c9.jpg
# 正二品の武官出身の官僚

「ありがとう」と言って亡くなった村人を埋葬するギルドンたち

2700b_20170504160421b47.jpg

…ホン将軍。
今日はこれまでの望みだったことを達成しました。
コマプソ…。

「忘れない、決して…」
2700bb.jpg

ギルドンとギルヒョン

「やあ、忠臣だった兄貴が逆臣になったんだな…」

「ああ、未熟な弟のためにこうなった」

「ははは…」
2700d_20170504160657368.jpg

「ヌグゲ(誰~れだ)?」
2700e_20170504160656564.jpg

「アイゴ~、醜い顔の妹…」

「ブスじゃないわ」
2700ee.jpg

「さあ、オリニも座れよ」

「…」
2700g_201705041606520fc.jpg

「アボジ、これが見えるか?
 俺たち3人が揃ったんだぞ」
2700f_20170504160653cbc.jpg

ソブリやジャチたちも来て、
「や~、アモゲ。
 俺たちも集まったぞ」

「さあ、俺たちの名前を名乗ろう」とそれぞれがホン一族としての挨拶

2700h_20170504160651a0c.jpg

失脚するソン・ドファン

「チョナ、どうかご心配なく。
 守貴単(スギダン)の結束がありますから」

「頼みたいことがある」

「ええ、チョナ。どうぞ何でもお話し下さい」

「しばらく、私の前には現れないでくれ」

「?!」
2700k_20170504161207a65.jpg

そこにチュウォン君

2700m_2017050416120670a.jpg

「チュウォン君。
 いったいどういうことですか?」

「チョナは、守貴単の領袖を私に任せてくれた」

「チュウォン君!」

「声を荒げないで下さい。
 私は王族です」
2700n_20170504161204349.jpg

守貴単(スギダン)の両班たち

「ソン師匠は最近の混乱により、チョナの信任を失った。
 このまま何もしないでおくと我々もチョナのお叱りを受ける」

「では何か方策が…?」
2700p_2017050416120352c.jpg

「まずはソン師匠とは距離を置く。
 そして、逆賊のホン一族を捕らえて大きな手柄を立てることだ」

他方では、反政府(重税問題)の貼紙(ハングル)をして、官軍から追われる成均館の儒学生たち

2711_20170504161202820.jpg

儒学生の母親は、
「どんなにイング二ム(王)が悪いことをしても、
 反論してはならないわよ!」

しかし、儒学生は見つかってすぐに逮捕されます。

2711a_20170504161200e4c.jpg

儒学生たちを匿った町の人々も連行されます

2711b_20170504161700f51.jpg

香州(ヒャンジュ)の村人を救おうとの会議

「官軍は訓練が行き届いているから、
 ギルドンの怪力でもっても何百の官軍には立ち向かうことはできない」
2711c_20170504161659ea9.jpg

弱虫だったヨンゲが今度はリードします

「このまま引き下がるのか?
 昔のことだか俺のアボジは、窃盗罪で処刑された。
 だから、俺は盗賊家業でお金を溜めた後の老後は、
 盗賊を止めてゆっくり暮すのが夢だった。
 幸いにもソブリ兄貴に出会って、
 そしてクンオルシンに出会って夢が叶った」

「…」

「そして、両班たちが王に貢いでいる物はすべて、
 この民百姓から盗み取ったものだということも分かったからには、
 俺はこの村で死ぬ覚悟だ。
 その前に、まずは借りを返す時が来たと思っている」
2711d_20170504161658a99.jpg

官軍の検査が厳しくなっていて城門の通行が難しくなっているため、ギルドンは「女性たちがチマ(スカート)の中に武器を隠して欲しい」、「一緒に通行して欲しい」と。

2711e_20170504161657937.jpg

「オリニや! 
 お前はまだ若い娘なのに危険を冒すなんて…!
 みんなも何とか言ってくれ…」

「嫌よ。
 私もなんとか仕返しの助太刀をしたいわ」
2711ee.jpg

「オリニは言うことを聞くような子じゃない」

「ああ、最悪の妹だ」

「いったい誰に似たのか…?」

「ああ、俺たちのアボジだ」
2711f_2017050416165432e.jpg

城門の中へ

2711g_20170504162651054.jpg

逮捕された儒学生や村人たち

「誰が主導者なのか?!
 名前を言えば命は助ける」

「私が主導者です!」

「いや、私が主導者です!」
2711h_201705041626507be.jpg

外にいた町や村の人たちは、
「官軍こそ逆賊だ!」

「あなた達は誰のための軍なのですか?!」
2711k_201705041626490a2.jpg

そこにギルドン軍団

「いったい誰のための官軍なのか?!

「お前たちは何者か?!」

「俺たちはこの朝鮮の民のための軍だ
2711m_20170504162647ed6.jpg

「みなさん!逃げて下さい!」
2711p_20170504163104e1b.jpg

「この香州には民を殺す官軍は不要だ!」
2711n_20170504163105fff.jpg

しかし、犠牲を強いられた村人たち…、儒学生も殺されました。

2712_201705041631034a9.jpg

王宮

「香州の官軍が反乱軍に追い出されたと?!」

「…」

「ははははは~」

チョンハクが来て

「チョナ、逆賊を捕えることができませんでした。
 どうか死してお詫びを!」

「そうか、ではそうしよう」
2712a_20170504164339f52.jpg

チョンハクに刀を向ける燕山君

「チョナ…」

しかし、
「お前を許すのは、
 お前の両親が私の母に尽くしてくれたことからだ。
 それだけだ!」
2712c_20170504164337736.jpg

「チョナ。
 ここで私の命を救って頂いた限り、戦場で死ぬ覚悟です。
 私は必ず反乱軍を全滅させて見せます」

「パク・ハソン…。
 いや、逆賊のホン・ギルヒョンは…、
 奴に忠誠を誓った兵士たちを連れて逃亡した。
 お前には忠義を尽くす兵がいるのか?!」

「私に忠義を尽くす兵はいませんが、
 兵たちはチョナに死して忠義を尽くす者たちです」
2712b_20170504164336442.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ハングル文字と漢字

第4代王・世宗(セジョン)がハングル文字を創製したのが、1443年。
その3年後に訓民正音(フンミンジョンウム:1446年)という名で公布されました。
創製から公布までのことは『根の深い木』のとおりで、朱子学の急進派(ドラマでは「密本:ミルボン」)は被支配者階層が文字を持つことを恐れて酷い妨害をしました。
『逆賊』は、それから約50年後の第10代王・燕山君の時代。

ドラマにあるように圧政に反抗する儒学生だけでなく、庶民がハングル文字を使って、反政府の“檄文”を官僚の家の壁や街角に貼りつけていました。
つまり、既にハングル文字が庶民にも十分に広まっていたということ。
これは史実で、立腹した燕山君はハングルを使うことに禁止令を出すという暴挙をなしました。

2333m_20170424035536cbd.jpg

ドラマを見ていて気付いたこと。

・兄のギルヒョンは科挙試験にパスしたくらいに漢文能力十分。
・ギルドンは漢文ではなく、兄への手紙にはハングル文字を使っています。
・カンパニーの中ではイルチョンが漢文を読めます。
・守貴単(スギダン)の車人(コリン)リストの中で、“オリニ”の名前だけはハングル文字でした。

(従って、ギルヒョンの返信はハングルでした)
2334c_20170424035534193.jpg

そして、宮廷からの公示は全部漢文です。
被支配者階層の町や村の人々には理解できなかったでしょう。
とくに、賤民(奴婢)にはギルドンやオリニのように生まれてからの姓はなく、また名前も“音(おん)”だけなので、ましてや漢字での名前はありえない。
ちなみに、小説『洪吉童伝』のオリジナルはすべてハングル文字です。
また、カリョンが書いている「ホンチョンジデン(伝)」もハングルです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose