逆賊 第25話(上) 生い立ち

# GWの横浜中華街は身動きができないほどの人口密度でした。
cyukagai2.jpg
(左は媽祖廟 右は朱雀門)
人、人…、人
tyuukagai.jpg
(2017.05.06)

逆賊 第25話(上) それぞれの生い立ち

宮廷の随所に煙幕を張り、ホン・ギルドン参上!

2500_20170503123050b2f.jpg

祝宴が台無しになり…、

2500a_20170503123049ed4.jpg

宦官に助けられて逃げる燕山君

2500b_2017050312304893a.jpg

逃げる燕山君の前に現れたギルドン

「お~い、イ・ユン!
 怖いのか?」

「…」

「大変な騒ぎになったな…」

「ホン・ギルドン…。 捕まえてやる…」

「また会おう」
2500c_2017050312304435a.jpg

仁政殿(インジョンジョン #)で騒動が起きた!
 チョナがいるから急げ! 門を閉めろ!」
ギルヒョンは半時ほど後に部下たちと合流することで、北の狩場で会うことにします。

2500d_201705031238045b6.jpg
# 昌徳宮(チャンドックン)の正殿

ギルヒョン

「何が起きたのですが?」

「急いで下さい。
 我々はホン・チョンジの仲間たちです」

「ホン・チョンジ…? 本当ですか?
 本当に救ってくれるのですか?」

「急いで下さい」
2500e_20170503123047185.jpg

「!」
2500f_20170503123045daf.jpg

元海賊たちは官軍の制服をまとって牢獄を開放します

頭領は赤ん坊とは切り離された妓生たちを救い出し、
「赤ん坊たちは俺たちが保護しています!」
2500g_20170503123802471.jpg

「本当ですか?
 ホン・チョンジの仲間の人たちなのですか?」

「はいそうです」
2500ff.jpg

カリョンはオンランを連れ出し
「一緒に行きましょう。
 このままではチョナに殺されるわよ」

しかし、サンファがいないことに気付き、
「サンファを探してくるわ」

「急いで下さい!
 北門に四半時後に来てください」

「!」
2500h_20170503123801679.jpg
# サンファは師匠のところに行っていて、何が起きたのか知りませんでした。
# オンランもサンファのために残ります。

仁政殿の前の広場

2500k_201705031238001c9.jpg

倒れた官僚たちの背には貼紙が…。

…王を正しく諫めなかった罰だ。

…暴君を作った罰だ。

…言葉だけで無責任だった罰だ。

2500kk.jpg

ギルドンの後を追って来た燕山君

「そこで止まれ!」

「…」
2500m_20170503130742a5f.jpg

「質問がある。正直に答えろ」

「…」

「お前は滅亡した高麗時代の王族の最期の末裔だと聞くが、
 本当か?」

「…」

「でなければ、
 王家の妾の息子でそれを怒っているとも聞くが…」

「…」
2500n_2017050313074057d.jpg

「でなければ、
 お前は自分のことを何だと思っているのか?」

「俺は高麗の王族の末裔でも、妾の息子でもない。
 それに落ちぶれた貴族の末裔でもない。
 俺は、アボジの息子、奴婢のアモゲの息子だ。
 朝鮮の最下層の身分だった」
2500p_20170503130739811.jpg

「ははは、まさか…?
 そんな下層の子供だと?
 ありえない」

「では、貴様はなぜだ?
 太陽の子とも言われる高貴な王の元に生まれたのに、
 そんな下劣な男になったのか?」

「…」

「言っておくが、俺はアボジとオモニから命を貰った。
 そして、誰かがこのような男にした」

「…?」

「誰かとはあんたのことだ」

「…」
2511b_20170503130738219.jpg

「俺は活彬亭(ファルビンジョン)の接待係で踏み台、
 酒造をして、腐敗した両班を叩きのめしたホン・ギルドンだ。
 他の何者でもない」

「…」

「あんたは俺の骨を砕いたが、
 民百姓の血と涙が俺の身体に流れて来た。
 百姓たちの血と汗と涙が俺の骨と肉体を甦らせたのだ」

「…」

「だから、イ・ユン。
 俺を止めたかったら、お前が暴政を止めるのだ」

「…」

「お前が止めたら、俺も元の客引きに戻る」
2511_20170503131135958.jpg

「貴様は…、そこまで…」
2511a_20170503131137bdc.jpg

仲間が待ち構えるところに燕山君をおびき寄せるギルドン

「!」
2511ee.jpg

間にギルヒョンが入って来て

「お前たち、まず俺を殺せ!
 俺を先に殺せ!

「…」
2511c_20170503130737a9a.jpg

兄弟での打ち合わせどおりでした。

「…」

「…」
2511e_201705031325090c6.jpg

「どうも貴様は王の忠臣のようだな。
 また会おう!」
(ギルドン)

「チョナ!」
(ギルヒョン)

「…」
2511d_20170503130736911.jpg

息絶え絶えの燕山君でした。

2511f_20170503132508ffd.jpg

宮廷に戻って、ソン師匠ギルヒョン

2511g_201705031329199f0.jpg

「チョナ。
 なぜホン・ギルドンが生きていることを知らせてくれなかったのですか?
 私が何とか…」

「なぜ私が?
 そなたに宮廷でのことをいちいち話さないといけないのか?」

「あいつは…」

「ではなぜだ?
 そなたはどこに行っていたのか?
 ホン・ギルドンから私を守ったのは国軍でも宦官でもない!」

「…」
2511h_20170503132241c01.jpg

「守ってくれたのはパク・ハソンだ。
 パク・ハソンだけだ!
 いったいどうやって宮中に入って来たのか…?」

「チョナ、きっと内部に密通している者がいるからです。
 チョナに近く、チョナが信じている者です」

「…」

「チョナ、淑容(スギョン)張氏を信じていますか?」

「…」
2511k.jpg

ウォルハメ

「なぜチョナはスギョンまで寝所に入るのを禁じたのですか?」

「…」
2511m_201705031329186fb.jpg

燕山君

…まさか…、奴婢の子ではあるまい…
ノクスが奴婢の子と…

2511n_201705031329174ce.jpg

ソブリやヨンゲたちは牢獄に入れられていた百姓たちを、宮廷で働く女官や薬官の衣服に着替えさせて、大きな洞窟に案内しました。

「久しぶりだな。 一度会いましたよね」

「ま、まさか…、
 イング二ムに殺されたと思っていました…」

「…」
2511p_20170503140156386.jpg

「みんな!ホン・チョンジだぞ!」

「…」

「ホン・チョンジが生きている!
 俺たちは助かったんだ!」
2512_20170503140154c8f.jpg

そして、保護されていた赤ん坊たちが母の手に戻ります。

「この赤ん坊たちは、あんたたちの子供なのよね?!」

「!」
2512a_20170503140153cb4.jpg

荒らされた後宮

…ソバン…、あなたが亡くなっても、
あなたの遺志を継ぐ者たちがいるのよ。
私はサンファを探して、
ソバンの名前を継ぐ人たちと合流するわ。

2512b_201705031401511c9.jpg

そこにオンラン

「オンニが一緒じゃないのに、
 私だけ行くことはできなかったわ。
 そうでしょう?」

「でも、チョナは…?」

「チョナとスギョン(淑容)には膝をついてお詫びしたいわ。
 それでサンファは見つかったのですか?」
2512c_201705031401527cb.jpg

ソン師匠の屋敷から帰って来たサンファ

「いったい、何の騒ぎが起きたの?」
2512d_20170503140150e02.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 張緑水(チャン・ノクス)は第25話ではスギョン(淑容)と呼ばれています。
最初に側室になった時は淑媛(スグォン)でした。

側室の序列

正一品…嬪(ピン:빈)
従一品…貴人(クィイン:귀인)
正二品…昭儀(ソウィ:소의)
従二品…淑儀(スグィ:숙의)
正三品…昭容(ソヨン:소용)
従三品…淑容(スギョン:숙용)
正四品…昭媛(ソウォン:소원)
従四品…淑媛(スグォン:숙원)

# モリの不思議な言動

第23話では燕山君から、宮中で生まれた赤ん坊を埋めるように指示されました。
埋めるところには煙幕で、その後に官軍の兵士たちが倒れているシーンでした。
あれはギルドン軍団が赤ん坊を救ったのか?
また、モリは何をしていたのか?
単にすべて埋葬したと嘘の報告をしたのか?

私はモリとオンランが兄妹ではないかと思って期待しています。
美男美女ですから…。

第23話より>

「ただし、私は子供まで呼んだつもりはない。
 子供が生まれ次第、別れさせよ。
 赤ん坊は埋めてしまえ」
2300c_20170418052803004.jpg

山中に連れられて行く母親と赤ん坊

2300d_20170418052802211.jpg

「…」
2300dd_201704180528011be.jpg

「仕事は終えたか?」

「ええ、新生児はすべて埋葬しました」
2300ddd.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose