逆賊 第21話(下) 母からの伝言


12345.jpg
(2017.04.16)

逆賊 第21話(下) 母(廃妃・尹氏)からの息子への伝言

弟を救いたいものの手が出ないギルヒョン

…ギルドンや、生きるんだ。
俺が必ず救ってやる。

2133a_2017041412464785d.jpg

牢獄

「ギルドンが生きていることだけでも良いことさ。
 良かった…」

「…」
2133b_201704141246461b0.jpg

「私は生きていたいと思った。
 もしもギルドンが負けたら私は生きていられると思った。
 しかし、私は何と馬鹿な男だ…、アイゴ~。
 なんて馬鹿な…」
(イム・ジャチ)

「…」

「アイゴ~、何て馬鹿なことを思ったのか…、アイゴ~」
2133c_201704141246454fa.jpg

「…」
2133d_201704141246442d2.jpg

「…」
2133e_20170414124643df6.jpg

城門の外

2133g_2017041412511117b.jpg

「ホン・チョンジの身体はバラバラだ。
 俺はホン・チョンジは万能の子だと思っていたが、
 そうではなかった…」

「ええ、万能の子なんてこの世にはいないのよ」
2133f_201704141251125a0.jpg

ギリ山の巫女の言葉

…この世に英雄が産まるのかということではない。
天がこの世に英雄を遣わすというわけでもない。

「…」

…そなたは血の気が無くなるほどの強い望みを持つ男だ。
その強さがそなたの身体を砕くことにもなる…。

アモゲの言葉

…ギルドンや…、お前は普通に死んでいくとでも思っているのか?

「…」
2133h_20170414125110cfe.jpg
# 自助努力をしろとの巫女とアモゲの励ましの言葉だと思います。

財政難

官僚たちは、
「もしも戦争や内乱でも起きたら、
 それに対応するだけの財政資金がない」

「しかし、チョナには聞く耳がない…」
2133k_201704141251092d7.jpg

堂上会議

2133m_2017041412510858a.jpg

「チョナ、盗賊を首尾よく逮捕されました。
 しかし、盗賊の逮捕と祝宴での費用のために、
 国庫が厳しくなっています」

「しかも、楽士たちへの褒章が多くて、
 賄いきれません」

「庭園には狩りに使う鷹と猟犬が多すぎます」

「外部の者や宦官(内侍)ではなくて、
 もっと官僚たちの言葉を聞いて下さい」
2133n_20170414125107fa3.jpg

ソン・ドファンと隠密

「何だと?
 私のことを部外者だと言っているのか?
 彼らには部外者がどんなものかを見せしめる」
2134_201704141259578c1.jpg

水を与えようとする庶民たち

「クンオルシン!
 どうか目を開けて下さい!」
2134a_20170414125956593.jpg

「クンオルシン…」
2134b_20170414130326b0b.jpg

「ホン・ギルドンは死んだのですか?」

「いやまだ生きているが、あのままでは死んでしまう」

「私が連れ戻すわ」
2134c_2017041413032562f.jpg

ノクスは雑用係の二人を呼んで

「あんた達はホン・ギルドンが生きているのか確かめて来なさい」
(ウォルハメ)

「なぜ、盗賊に興味を持っているのですか?」
2134d_20170414130324353.jpg

「早く行きなさい!」
2134e_20170414130323326.jpg

「怖い」というオンランですが、「生きているわ…」
2134g_20170414131702c7f.jpg

「…」
2134gg.jpg

燕山君に師匠が合わせるのはパク夫人

「私のオモニの手紙を持っていたのか?」

「手紙は不貞のやからに持ち去られましたが、
 この夫人の記憶ははっきりしています」
2134f_20170414131659005.jpg

パク夫人は覚えていた記憶で手紙の内容を伝えます。

「“私はチョナのご寵愛を受けて、王子を出産しました。
しかし、側室の陰謀によりチョナの心が変わり、
私はチョナに捨てられた。

しかも、私が宮廷に残した大君(元子)は不可思議な事件で死んだ。
ではいったい誰がこの王子を守ってくれるのだろうか?
宮中の逆賊たちが王子の命を守ることができるのだろうか?

私は王子を守るために立ち上がろうと思う。
王子は世子となるべきであり、
将来はこの国の1000年の安泰のために王になるべきだ”」
2134h_20170414131658335.jpg

「手紙も持たずに、
 私に罠をかけるつもりなのか?」

「チョナ。私は手紙は持っていません。
 記憶だけです。
 しかし、私の夫はチョナの母君を救おうとしたのです」

「…」

「だからこそ、
 私の記憶をチョナにお伝えしたかったのです」
2134p.jpg

「手紙の最期には、
 “ペクドルの母”と書いてあり、
 “尹氏”との母君の署名がありました」

「ペクドル…なのか…」
2134k_20170414132124c6e.jpg

「そうか…、
 ペクドルと言うのが私の幼名だったのか…」
2134m.jpg

水を与えるオリニ

「水も与えられないなんて可哀想だわ。
 きっと喉が渇いているはずだわ」
2135_20170414132444887.jpg

「喉が渇いたまま水も飲めずに死んでいく人は、
 とても悲しいわ」

「…」
2135a_201704141324436b3.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

「…」
2135b.jpg

(第21話のおわり)
2136_20170414132441e8d.jpg

第9代王・成宗(燕山君の父)の2番目の正室・尹氏(廃妃)は名家から側室となり、先の正室が亡くなったその年に正室に冊封されて、燕山君を産んでいます。
今回のドラマでは元子(ウォンジャ:王の最初の息子)がいたとのこと。
つまり、燕山君には兄(尹氏の側室時代の息子)がいたということです。
廃妃・廃位の母と息子なので、その記録には多くの謎があるものの、「朝鮮王朝実録」には兄の存在の記録はありません。
ただ、KJS“三つ子の魂百まで(http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3179.html)”に書いたように、燕山君はすべて何も知らされずに成人しています。

「ペクドル」という幼名には母親の愛、そして無念を込めて“百歳まで生きますように”の意味だと思います。

ちなみに、燕山君に何人の子供ができたのか不明で、記録に残っているのは5人の名前と、ノクスの連れ子の男子一人だけです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose