逆賊 第22話(中) クンオルシン!立つのだ!

margalet.jpg
(早朝のマーガレット:2017.04.23)

逆賊 第22話(中) クンオルシン!立つのだ!

守貴単

「チョナには今回、我々のことを聞いて頂いた。
 これもご夫人のお陰だ」

「いいえ、師匠のお言葉のとおりです」

「これからが大切だ。 我々の忠誠心を示そう」
2222_2017041503541294d.jpg

チュウォン君

「なぜギルドンを殺さなかったのか?」

「一度は命を救ってくれたからです」
2222c_201704150354110d2.jpg

強制収容

「これからここの村がチョナの狩場となる。
 村人は出ていけ」
2222d_201704150354109cc.jpg

反論する村人はこん棒で殴られます。

2222e_2017041503540946f.jpg

監獄

「私は他人を信用しない。
 しかも人はもともと悪人だから、
 力で抑え込まないといけないと思う。
 私は政治家だからだ」

「…」

「人は私が幼い時に母親を失くしたからだと言うが、
 そうだな…。
 やはり母のことは哀れに思う。
 しかし、ただそれだけの理由ではない。
 人は権力で抑え込まないと統治できないことが現実だと気付いた。
 2000年も前の孔孟の思想を説教して、
 私に進言する者たちはおかしいと思う」

「…」

「みていろ。
 これから私がどうやってこの国を治めるのかを…」

「…」
2222f_20170415035408f84.jpg

看守もギルドンに同情します

「ギルドンが目を覚ましたということは本当なのか?!」

「ああ、この目で確かめた」

「ギルドンは生きているぞ!」
2222g_20170415035407269.jpg

「ホン・ギルドンが目を覚ましたそうです」
2222kk.jpg

話を聞いてノクスも駆け出しました。

燕山君は矢をつがえて…、

「ははは、こうして生かしておく方が面白い」

「はい、チョナ」

「これまではトラやクマを檻にいれて狩りを楽しんだが、
 これからは奴を使う」
2222m_20170415040043c2d.jpg

「!」
2222n_20170415040042c5e.jpg

与えられた粥を手で食べるギルドン

2222p_20170415040041e17.jpg

ノクスは木のスッカラク(スプーン)をあげます

「コンファ…」
2223_20170415040040a20.jpg

涙を見せますが、
「コンファはもういないわ。
 あの人が去ってからは、コンファは死んだ…」

ギルドンはソブリが作った銀の髪飾りを見て、チャン・ノクスだと解ります。

「…。
 イング二ムの女になったのだな…?」

「生きていて良かったわ。
 チョナは今、とても怒っている。
 しかし、あなたが害を与えないなら、いつか救うわ」

「…」

「もうこれからは、お互いに知らないことにしましょう」
2223a_20170415040034a34.jpg

強制労働を課せられている仲間

「生きているなら、そのうちにここに来るさ」
2223c_2017041504133266f.jpg

「みすぼれた奴が来るぞ…」

「…」

「ギルドンじゃないか…?」

「…」
2223d_2017041504133158e.jpg

「イルチョン兄貴…」

「クンオルシン!立つのだ!早く!
 立ち上がって下さい!」

「…」

「俺たちのクンオルシンに触れるな!」

「…」
2223g_201704150419081c6.jpg

「立ち上がって下さい! 
 クンオルシン!」

「…」

「泣くな、みんな! 
 きっとギルドンは再起するさ…」

「…」
2223e_2017041504132076f.jpg

堂上に犬

「誰が連れて来たのか?」
2223n_2017041504190753a.jpg

「ところで、先日は庭園にイノシシが出たそうだが、
 誰もそのことには触れなかった。
 なぜなのか?」

「チョナ。 どうかその者を処罰してください」

「不忠です!」

「…」
2223p_20170415041906eee.jpg

イノシシが出たということで、庭園の管理者は晒し首

2224_2017041504190534c.jpg

「…」
2224a_201704150419040c3.jpg

王命

「最近はどうも妓生や楽師に優秀な者がいない。
 国中の美人を集めろ」

町に集められた妓生たち。

「チョナが歌と踊りが上手な妓生を集めているからよ」

「…」

「あんたにも才能が有れば宮中に上がれるわよ」
2224b_20170415042328469.jpg

「ソバニム、私はイング二ムに会うわ。
 もしも王があなたを殺したのなら、
 必ず仕返しするわ」
2224c_20170415042327235.jpg

「これだけなのか?」

「ええ、官妓を国中から集めましたが、
 まだ足りませんか?」

「…」

「両班だって妓生だって、
 王の者という点でには何も変わらないわ。
 誰だって楽士になることはできるわ」

「そうだな」
2224e_20170415042326b3d.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 早くギルドンにバイオニックパワーが戻って来てほしいです。

Give and Take

ネットから得られる情報は、いつも無料でテイク&テイクなのでありがたいです。
しかし、私たちの人間関係ではテイク&テイクとギブ&ギブではいかにもバランスが悪い。
人間関係が崩れる時だと思います。

この『逆賊』での燕山君は、国の富も百姓も食料も全部自分の物だと、その絶対王権を振りかざしています。
これも“テイク&テイク”だと思います。

しかし、第4代王・世宗(セジョン)は、民のためにほぼ独自でハングル文字を研究・創製して、国民に“ギブ”を行いました。
国民から税金を取り立てる一方、国民への慈しみでの還元でした。
“テイク&ギブ”の徳政だったと思います。
人とは結局は実利的なので、恩を仇で返す王は存命できないと思います。

そして、ギルドンの兄・ギルヒョン

パク・ハソンの名で科挙に合格し、1498年の「戌午士禍」で功績を認められました。
あれから6年が経った(「甲子士禍」)ことになります。
ブルーの官服を着ているので、たぶん正三品の令監(ヨンガム:堂上官)にまで出世したのだと思います。
しかし…。
すでに忠誠心は薄れ、燕山君とはどのような決別が描かれるのかが楽しみです。

# 第23話は5月1日からアップする予定です。
https://www.youtube.com/watch?v=dnIidhH4kPY

2233n_2017041217471300a.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose