逆賊 第21話(上) 花冷えのころ

yamasakura.jpg
(ヤマザクラ)

逆賊 第21話(上) 花冷えのころ

# 内侍府(ネシブ)は王の秘書である宦官が総監督。
大監クラスの従二品は尚膳(お膳の字)とあるように、大切な王の御膳の毒味をする女官が付いています。

燕山君とキム・ジャウォン

「尚膳(サンソン:秘書役)。
 私が王子だった頃、
 そなたは朝鮮国内中を旅して面白い出来事を話してくれた」

「…」

「不死鳥や龍のことだった。
 それに背骨に羽根の骨が付いている万能の子供のことだが、
 ありえないことばかりだ」

「もちろんです。
 すべては民百姓たちの空想の話です」

「解っている。
 しかし、百姓たちが万能の子を期待しているのはなぜか?
 なぜ、盗賊と万能の子供との関係があるのだろうか…?」
2100_20170414151753892.jpg

盗賊の首領として自首したギルドン

「チョナ。この男が盗賊のホン頭目です」とのギルヒョンの皮切りで尋問が始まります。

燕山君は興味深々なので、ギルドンの周りを歩いて直接対話

2100b_20170414151750bfd.jpg

肩に触れて、
「お前は強い男だと聞いている。
 しかし、なぜ親近感を覚えるのだろうか?」

「ええ、以前は“足踏み台”のパルパンという名前で、
 活彬亭(ファルビンジョン)の摂待係としてお会いしました。
 私はホン家のホン・チョンジというチョナの国の民百姓です。
 本名はホン・ギルドンです」

「…?」

「チョナにはお渡したいものがあります」
2100a_20170414151751438.jpg

「…」
2100c_20170414151748fc4.jpg

ギルヒョンが用意していたものは「行録」

「行録…?」
2100d_201704141517476e2.jpg

官僚たちも知らない秘密の記録…

「?」
2100e_20170414151746738.jpg

「何でこんなことをするのか?!」

「いや、この国のためです。
 女や庶子に思い知らせるためです」

「しかし、庶子の踵を切るなど、けしからん!」
2100f_201704141532025dd.jpg

ギルヒョン

「ホン・ギルドンが成敗しているので、彼らは怯えています。
 それに外敵から国を守ってくれたから、
 (ギルドンには)少しの猶予は与えても良いのではないでしょうか?」

「確かに評価すべきだ…」

「…」
2100g_20170414153201fbf.jpg

牢獄にはカンパニーの面々が繋がれています。

「俺がここから出してやるから、兄貴たちは心配するな」
2100gg_20170414153200b01.jpg

ギルドンとギルヒョン

「ソン!」

「聞いてくれ。
 臣下たちが記録(行録)を読んで問題視してくれている。
 チョナも外敵から守ったことを評価してくれた」

「兄貴のお陰だ」
2100ggg.jpg

「それで、チョナが“行録”に怒るのは良いものの、
 お前がパルパンと言ってチョナを偽ったことが後を引くぞ」

「兄貴…、チョナが“行録”に載っている者たちを罰してくれて、
 それにオリニを探し出してくれさえすれば、
 俺はどんな罪も受けるつもりだ」
2100h_20170414153158419.jpg

「ギルドン…」

「しかし、チョナが行録に載っている両班たちを処罰しないようならば、
 俺はこの国の王としては認めない」
2100k_2017041415315631f.jpg

ギルヒョンは行録のリストから調査を進める一方、銀山を提供したギルドンたちのことを国家への忠臣として認めるように要請しています。

「ですらか、チョナ。
 ホン・ギルドンには剣を与え、
 我々の国境の守備をやらせて下さい」

「そうか…。
 国境の守備隊として死んでもらうということなのか…?」

「そうです、チョナ。
 先王の成宗も罪人を国境の警備に当たらせました」
2100m_20170414153731abb.jpg

再び臣下を外して直接対話

「私を騙した上で今度はホン・チョンジと偽っている。
 これでは普通なら生かしては貰えないだろうに…?」

「…」

「しかし、なぜ危険を冒してまで自首して来たのか?」

「ええ、私は賤民として、
 踏み台として生きることから始めました。
 そして今は盗賊で、いわば“虫けら”です」
2100n_20170414153956bc1.jpg

「しかし、チョナはこの美しい国の頂点に即位して、
 輝かしい光の元にいます。
 私のような虫けらは、
 チョナにお話しをすることなど不可能でした。
 命を懸けてお話しをします」

「命を懸けるのか…?」

「国内を歩いてまわり、スギダン(守貴単)のことを知りました。
 彼らと両班は庶子の踵を切り、奴隷の民百姓の目を突き、
 舌を切り取るような集団です。
 これがこの国のためだという言い訳です」

「…」

「それだけでなく、仕事に送れた奴婢たちや、
 食べ物を調達できなかった百姓を百叩きの刑にして死なせました」
2100p_201704141537300d2.jpg

ギルドンはこれまでの義賊としての活動の理由を話しました。

「チョナは最高の地位を得て、
 光で目が眩むような高い地位を得ています。
 しかし、民百姓の生活を理解していないと思います。
 最下層のことが見えれば、どうするのかが分かると思います」

行録を読む燕山君

2111_2017041415372935f.jpg

「ギルドンや。
 チョナは行録を細かく読んで下さっているぞ」

「チョナはきっと俺たちの味方をしてくれるさ!」
2111a_20170414153728ed3.jpg

ソン・ドファンを呼んで

「チョナ。
 私は末裔たちの勇気ある行動の記録を残したつもりです」

「…?
 私は“徳”ということを解いたつもりだ。
 決して、つまらない“恨みつらみ”の仕返しのことを意味したのではない」

「…」

「しかし、そなたは盗賊の逮捕に協力してくれたから見逃そう」

「ソングニマング…」

「いや、こんな記録は文章には残すな!
 ここまでにしろ!」

「…」
2111b_20170414153727d4e.jpg

新しい行録のコピーを貰うギルヒョン。

「お前がいかにして盗賊のホン・ギルドンを逮捕したかを書いている。
 ホン・ギルドンは我々“守貴単”の敵だからだ」

「…」
2111d_20170414154805cce.jpg

「それにチョナの敵でもある。
 孔子が2000年も前に書いた内容を人々は理解していると思うか?」

「…」

「私は、そのためにも記録を残す。
 これから1000年もの将来のためだ」

「…」
2111cc_201704141548067a2.jpg

ノクスと燕山君

「まさか盗賊と直接に対話されるとは思いませんでした」

「そうしたかったからだ」

「それで、今はどのようなお考えで…?」

「…」

「忠臣たちの話を聞くと、たとえ盗賊だとは言え、
 外敵から国を守ったから命だけは救おうとのことですが…?」

「死ぬべきだ」

「…!」
2111f_20170414154803984.jpg

「外敵から国を守ったし、銀山を提供したが、
 チュウォン君の件では私を騙した。
 しかも奴は私に、命題を課したようだ」

「…」

「盗賊のくせに民百姓のことを大切に思っている」

「…」

「だから百姓たちは奴のことを、
 “万能の子が現れた”として尊敬している」

「立場をわきまえない人ですね」

「…」

「しかし、簡単に殺すのはもったいないですね?
 例えば、彼には本当に力があるのか、
 大衆の目前で確かめてみたらいかがですか?」

「?!」

「爪があるトラなのかどうかを…」

「…」
2111e_20170414154804f24.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# ノクスは10歳以上も年上です。
しかしどうも、燕山君(ヨンサングン)には愛のレッスンが届かない気配です。
さらにはギルドンからの課題も解けないようです。

次は紀州・和歌山からの春の温度を感じるお便りです。
(以下、by APB)

<紀州の花便り>

慈尊院
  
1_201704141606411dc.jpg

高野参詣道の入口に建つ、
弘法大師の母公ゆかりのお寺。





2_2017041416064028a.jpg








3.jpg








7月にはジューシーな甘い桃が特産。

今はその花盛り。

桜よりピンクが濃く可愛いです。

車窓に次々にピンクに染まる桃畑が現れます。
遠景のソメイヨシノ。

そして大石早生などのスモモでしょうか。

すこし緑のかかった白い花。
手前は桃。
停車して道路わきから撮りました。

桃源郷

4.jpg

5.jpg

6.jpg

紀の川の堤防に沿って
紀の川市桃山町
「安楽(あら)川の桃」で有名です

7.jpg

ファーマーズマーケットふうの丘にある“ムリーノ”の「野菜で旅するランチプレート
今日の行先は韓国。

フルコギごはん・紀の川野菜キムチ・季節の野菜揚げ・農園サラダ(チョレギサラダ)・スパイスを使ったカラフルピクルス・野菜スープ(春菊,セロリ、玉ねぎ,黒ゴマ)&ドリンク

8_2017041416174668f.jpg

9_20170414161745297.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose