逆賊 第15話(中) 財政と禁酒令

逆賊 第15話(中) 王族の財政とアルコール販売

「ジャウォンや。
 私は中国の皇帝を尊敬するような者には反感を抱いている。
 私は私なりに、この国の君主として、
 品格と権限を持つ王へと邁進したい。
 たくさんの色合いを持つ孔雀の羽根を集めてくれ。
 宴席では国王に恥じないように豪華な飾り付けを見せてやりたい」
1522_201703231634040b3.jpg

やはり財政の負担が問題
ソブリを呼んで、ギルドンとの面会をすることにします。

1522b_20170323163403e25.jpg

「実は私もチュウォン君のことを嫌っていたからだ。
 あのような欲心と汚れた者は、
 チョナの傍に置いてはいけないと思っていたからだ」

「…」

「しかし、チョナはまだ優しすぎて強くなれないからだ」

「…」

「だからそなたを解放した。
 分かるだろう?
 そなたのお陰で悩みが解消できた」

「…」

「私にも質問がある。
 なぜ銀山をチョナに差し出したのか?
 どんな考えがあるのか?」

「チョナに仕える両班たちからは捥ぎ取る。
 民百姓から搾取している両班たちの財を奪い、
 国王に差し出すのも忠誠心だと思っているからです」
1522d_201703231634018a9.jpg

「ははは、は~ははは」

「…」

「王族に反抗すると何もできなくなるな。
 そなたには本当に国王への忠誠心があるのか?」

「…」

「私と共に国王の尊厳を保つために加担してくれるか?」

「…」

「国王の財政を助けてくれるような、
 新しい計画があるなら教えて欲しい。
 そうであれば、これまでのことはすべて忘れよう」
1522c_20170323163402094.jpg

酒の製造・密造

「国王には禁酒令を出してもらおう」

そして、独占販売による利益を国王に捧げるという計画

「禁酒令の前に大量の清酒を醸造しておく」
1522dd_201703231634002b2.jpg

試行錯誤の禁酒令

「では特定の例外を除いて、禁酒令を制定せよ。
 民百姓のためにもなるはずだ」
1522f_20170323165537eba.jpg

禁酒法で清酒の値段が吊りあがります

「両班には病気の薬として販売します」
1522e_20170323163359f86.jpg

活況を呈する醸造所(妓楼でも変化はなし)

1522k_20170323165535ad1.jpg

収益が上がるギルヒョンの投資

「どうも俺たちも金持ちになれそうだ」

「両班たちが薬だと言っているからな!」
1522m_20170323165534fc1.jpg

しかし、暗行御史(アメンオサ)からは「禁酒法が守られていない」との報告
町では「無実の(薬の)清酒と罪の白酒(マッコリ)」などと言われます。

1523_2017032317154469a.jpg

「酒や肉を密かに飲み食いする者たちは成敗せよ!」
1523a_2017032317154325f.jpg

清酒の生産を続けます

「心配するな」
1523c_2017032317154140f.jpg

禁酒令によって密造者間での抗争が起きたようで、ギルドンの醸造所が被害を受けます。
「俺たちも町のチンピラですが、
 町の真ん中での争いは避けたいものです。
 取り締まりの小役人たちのことも、
 どうか宜しく監視を…」

「…」
1523d_2017032317541354c.jpg

抗争

1523f_20170323175411d89.jpg

手に傷を負って帰ったギルドン

1523g_20170323175408822.jpg

「…」
1523h_20170323180252f9c.jpg

医者を呼びに駆け出したカリョンでした。

夜になって…、

「ケガしちゃダメよ…。
 オラボニがケガばかりしていると…。
 私の方が死んでしまうわ…」
1523k_20170323180251418.jpg

「…」
1523m_201703231802506a7.jpg

「…」
15x.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」
1523ff.jpg
次のシーンがありました。

ギルドンの手の傷を見て、
医者を呼びに行くカリョン。

その場を陰から見ていたのはモリでした。

…奴の女か…。

ホ・テハクを始末した後に行方をくらましていたモリは、
第16話ではチュウォン君の護衛として再登場。
教条主義的なパク夫人と師匠と呼ばれる老人+
チュウォン君、そしてモリ。
テロリストのような存在になるのでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose