逆賊 第13話(上) ギルドンの一芝居

yoko.jpg
(寒桜との交配種の“陽光”という名のサクラ:2017.03.20)

逆賊 第13話(上) おとぼけギルドンで一芝居

ギルドンはアモゲの教えに従い“敵を知る”に徹しました。
まずは、チュウォン君の“馬子”を務め、そして、燕山君“逆鱗”に触れることは何か?
考えていたように筋書きどおりに動き、結果が出ます。
また、
チュウォン君を恨みに思っていたギルヒョンの直言が効果を高めました。

1311a_201703180650557ff.jpg

「誰か証人がいるのですか?」

「“踏み台(パルパン)”を呼んでくれ!」

「…」
1311d_201703180655455e7.jpg

証人として呼び出されたギルドンも牢屋

「媽媽ニム、いったいどうしてこんなことになるのですか?!」

「パルパンや…。
 宮廷は厳格なはずなのに、なぜ王族を軽んじるのか…。
 奴婢と同じ牢獄に入れるなんて…」

「なぜ媽媽ニムがこんなところに…」

「寒くて汚くて、眠れない。
 なぜなのか?!汚名を晴らしてくれ!」

「…」

「ホ・テハクは怖くなって、
 きっと逃げ出したはずだから…」

「…」

「だから、お前が宴席でのことを証言してくれ」

「ええ、少しは覚えています」

「イ・ジョンスが招待客の中にいたが、
 なにか悪いことを行ったに違いない」

「いったい何の悪さをしたのですか?」

「金宗直が書いた批判の文のことだ。
 『弔義王文』…、
 私が指示するとおりにしてくれ。
 尋問が始まったら必ず金宗直の話がでるはずだから、
 お前が全部否定してくれれば良いのだ」

「でも、黙っていたらムチ打ちになりますよ」

「いや、私は王族だから打たれはしない」

「…」

「お前は打たれるだろうが、耐えるんだ」

「はい、媽媽ニム」
1311b_201703180655436b5.jpg

実録庁

「チュウォン君の尋問は明日からだ。
 証人には“パルパン”と呼ばれる男を出廷させる」

「…」

「王族を尋問するのは非常に稀なことだから、
 チョナは宮中の警備を強化して、
 出入りは厳しくなる。
 それに記録は禁止された」

ギルヒョンだけは一緒に参加するようにと大監から言われますが、王命でない限り参加はしないと断ります。

「その忠誠心が好まれるんだよな」
1311c_20170318070406cb9.jpg

宮殿前での尋問

「王族を尋問することは罪だ!」と叫んでいるチュウォン君です。
燕山君が登場して尋問始まります。

1311e_20170318065054172.jpg

「金馹孫(キム・イルソン)を筆頭に、
 金宗直(キム・ジョンジク)の門下生25人の取り調べを進めている際に、
 イ・ジョンスが“チュウォン君が世祖への批判をした”との告白を行いました」

「…?!」

「王族であろうとも、
 チョナの地位を危ぶめる者は例外ではありません。
 今日はチュウォン君の尋問を行い、
 真相を明らかにするものです」
1311k_20170318073123aeb.jpg

「尋問を始めよ」

「チョナ!
 私はチュウォン君ですよ!
  チョナを尊敬、崇める者ですよ!」
1311f_20170318073126c89.jpg

チョ・チョンハクとギルヒョン(パク・ハソン)

1311g_201703180731253ea.jpg

「チュウォン君の尋問が始まった」

「そうか…」

「王族の尋問に参加できないのが残念だ。
 しかし、チョナは本当に罰する気なのかな?」
1311h_20170318073124772.jpg

「私のハラボジは、世祖を尊敬していた謙寧大君だ。
 私が批判などするわけはない!」

イ・ジョンスが呼ばれると
「私の宴席での食事と酒に不足があったのか?!」

「…」

「イ・ジョンスはなぜチュウォン君の歌会の宴席に出席したのか?」
(大監)

「科挙試験に受かりたいという友人の、
 パク・ジョングンから
 “チュウォン君が親しくしたいらしい”との誘いがあったと聞いたからです。
 断りきれなかったから出席しました」

「チュウォン君は本当に世祖大王の批判をしたのか?」

「すべてを復唱はできませんが、
 確かに世祖大王の批判がありました」

「嘘を言うな!」

「いつ聞いたのか?!」

「チョント山を見ている際に聞きました」
1311m_20170318073122712.jpg

「チュウォン君は何も言わなかったかもしれませんが、
 私は何度も世祖大王批判を聞きました。
 チョナはチュウォン君から貰ったタカで、
 山で“鷹狩”をするのが好きとのこと。
 そのチョント山を展望していた時です」

「私がタカを貰ったことは、
 チュウォン君と私だけしか知らないのに、
 その話をしたのか?」
(燕山君)

鷹狩りが趣味だという情報は事前にギルドンが吹き込んでいました。

1311n_20170318073121c39.jpg

「違います!
 どうか他の証人も呼んで、両者から聞いて下さい」

「ホ・テハクと“踏み台”と呼ばれる証人を召喚するようにと言われておりますが、
 ホ・テハクはまだ来ていませんので、
 “踏み台”から先に喚問してもよろしいでしょうか?」
(大監)

ギルドンが引き出されます

「私は客引の“パルパン(踏み台)”です」

合図を送るチュウォン君

1311p_20170318074541695.jpg

ノクスとウォルハメ

「あんたがチョナに噂のことを話したの?」

「…」

「違うでしょう?」

「…」

「やっぱりそうだわよね。
 まさか…」

「ええ、噂をそのままお伝えしたわ」

「大変なことが起きているようだわよ」

「私には何の関係もないわ。
 人の噂話を伝えただけだわ」

「どれだけの人が尋問されるのか、分かっているの?!」

「チョナを批判する人は罰せられるべきだわ」

「ノクスや!」

「…」
1312a_2017031807453925a.jpg

「オンニ…、私は一度結婚したわ。
 そして、子供を置き去りにしたわ。
 そんな女がどうやってチョナの寵愛を受けると言うの?」

「…」

「でも私は、あらゆる手を尽くすわ。
 そしてこの世から貰えるものは全部手にするわ」

「ノクスや…」

「ギルドンと一緒の時は夢のようだった。
 男を愛し…、幸せだった。
 でも、あれは私じゃなかった…(#)。
 これから違う私になるわ」
1312b_20170318074538d87.jpg

心配なカリョン

「上手くいきますよ。
 私がギルドンオラボニには、
 “ケガするようなことがあったら、叩くわよ”って言っておきましたから」

「…」

「へへ…」

しかし、
「ギルドンオラボニは大丈夫でしょうか…?」

「んん」
1312c_2017031807453736c.jpg

ギルドン

「お前がチュウォン君のお供でチョント山に行ったのか?
 世祖への不忠義を聞いたか?」

「不忠義とは…、意味が解りません」

「世祖の悪口のことだ」

「あ~、アイゴ~。
 チュウォン君はそんなことは言いません」

「ではチョント山での宴席で、
 イ・ジョンスに何か言ったか?!」

「チュウォン君媽媽は“世祖大王は偉大な人”と言いました。
 ハラボジの“ヤンニョン大君が世祖大王の即位に手を貸した”
 とのことでした」
1312e_20170318080525a4c.jpg

「そうです。証言どおりです」
(チュウォン君)

「それで、私が肉を焼いている時に、
 チュウォン君と他の客が大声の喧嘩になりました」

「…」

「覚えていませんか?」

「…」

「酔っていましたからね…」

「チュウォン君はイ・ジョンスを叱りつけたのか?」
(大監)

「ええ、とても大きな声で怒鳴っていましたが、
 イ・ジョンスは王族には反論できず、
 声も出せませんでした」

「どんなことなのか?」

「私が肉を焼いているときに、聞こえたのですが、
 世祖大王は偉大な人だから、
 ユンとクォンとかいう女性に乱暴したものの、
 それは大きな問題ではないとか言っていました」

「!」

「…」
1312g_201703180811279af.jpg

ギルドンはイ・ジョンスに振付をしていました

「チュウォン君は実は世祖のことはほとんど知らないのです。
 しかし、自尊心の強い人ですから、
 知らないことも知った振りをするはずです。
 誰かが世祖のことを話しに出せば、
 分からないことでも言いだすはずです」
1312h_20170318081126ba3.jpg

「…」

「パルパラ…」

「!」

「…」
1312f_20170318080524857.jpg

「王様ですから、
 好きな女には手を出しても良いのでしょう?
 そんなことで飛びかかってケンカでした」

「本当か?」

口を開くイ・ジョンス

「ええ、チュウォン君は謙寧大君のお孫ですから、
 世祖のことは当然ご存知だと思っておりました。
 世祖大王が息子の側室のユン氏やクォン氏へ乱暴したことで、
 罪になるかならないかとのことで口論になりました」
1312m_20170318081124052.jpg

「本当か?」

「ユン氏とかクォン氏とは…、
 世祖大王の…、
 義…義理の娘なのですか?
 ア~ッシ、私は何も知りませんでした」
1312ff.jpg

「チョナ。私が詳しく説明します!
 そんな意味で言ったのではありません!」

「チュウォン君…、
 本当に世祖大王が息子の妻たちに乱暴し、
 魯山君の遺体を遺棄したと信じているのか?」
1312k_201703180811252ea.jpg

「チョナ、そんな意味では…」

「チュウォン君…、私を失望させる気なのか?」

「チョナ!」
1312n_20170318081123bab.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

燕山君は「もういい…」と席を立ちました。

そこで、
「媽媽ニム…、
 私が何かいけないことを言いましたか?」

「!」
1322_2017031809063822e.jpg

ギルドンのおとぼけ芝居でした。
それだけでなく、ギルドンは春画に「弔義王文」を忍ばせて、証拠作りもしていました。
なお、
「魯山君の遺体を山に捨てて、鳥や獣に食わせた」
という町の噂は史実と違います。
世祖による賜薬で亡くなり、王陵に埋葬されました。
後に第19代王・粛宗に追尊されて、魯山君は端宗となります。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose