西の空から3題

# KJSでの『青い海の伝説』が終わりました。
ちょっと実利的ではあるものの、
これからの生活を思うと、残った遺産があって良かった。
ジュンジェは莫大な遺産の相続人となりました。
しかし、全てオンマ(モ・ユラン)に任せて、公務員の道を選びました。
そして、ジュンジェの夢と希望だった“オンマの家”が実現しましたし、
そこでユランは、10代の孤児のためのファンドを創設。
童話「テ~バク(大きな瓢箪)」のように、
いわば“無欲の勝利”でした。

mouhitu_20170202165535f9a.jpg

ソウルと関西からの3題

<ソウルより:打上げ>

1月25日午後には、ソウル論硯洞(ノンヒョンドン) の飲食店では打ち上げ。
K-Styleエンタメニュースでは、「イ・ミンホ、チョン・ジヒョン、イ・ジフン、CROSS GENE シン、イ・ヒジュン、ファン・シネ、ホン・ジンギョン、子役シン・リナらが出席した」とのこと。

写真を見ていると様々なシーンが思い浮かびます。

シンチョンへの“人生よりも長い愛”を誓ったジュンジェは、
給与は低くても地方検事へと、尊敬される職業選択。
mino_20170130045358b2c.jpg

生活が苦しくなっても「“真珠の涙”があるわ」
オンマの物語によればたくさんの子供に恵まれそうですね。
jihyon.jpg

同じく詐欺師トリオだったナムドゥは税務コンサルタント、
テオはシステムエンジニアへの道。
teo_20170130045354a70.jpg

「オンマがオンマだったから…」
太陽はすべての人の影まで照らす。
運命に見放された二人の役でした。
sohi.jpg

ホームレスアジュマの人生論とユナの結婚観。
チングたち二人とシンチョンとの3人での会話が良かった。
ユナは、
「私が一生懸命に勉強するのは、オンマからの愛を貰うため」でした。
これも伏線だったのかも…?
yuna.jpg

<京都より>

『青い海の伝説』は夏のスペインから冬のソウルと、季節は2シーズンでした。
みなさまには様々な思いがあると思います。
D s 1

最終話の冬の束草(ソクチョ)の海岸を歩く二人の会話を聞き、二人の新居を見ていると、
“輪廻転生”だけでなく、「欲望」という言葉を考えさせられていました。
質素ながらも心豊かに生活できれば良い。
そう思えば、金銭的な欲望は一定のレベルを必要と考えるだけで、それ以上の欲望は消え去ると思います。

京都には大雪山「龍安寺」という石庭で有名な禅寺があります。
tukubai.jpg
ウィキペディアで、
“龍安寺の知足の蹲踞(つくばい)”のことを調べると次でした。
蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水鉢のこと。
水戸藩主徳川光圀公の寄進によるものと伝えられている。
一見「五・隹・疋(但し、上の横棒がない)・矢」と読めるが、水溜めに穿った中心の正方形を漢字部首の「口」と見れば「吾れ唯だ足ることを知る」となる。
「知足のものは貧しといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し」という禅の格言を謎解き風に図案化したものである。

“高麗の時代”を生きたチェ・ヨン将軍の家訓は「黄金をも石と思え」でした。

また、『青い海の伝説』ではジュンジェが3年待ちました。
ドラマ『信義』の最終話ではチェ・ヨンは5年ほど待ちました。
(『信義』より)
https://www.youtube.com/watch?v=Q8OUqK2qQhU
感想は次の通りでした。
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-1342.html

<紀州・和歌山より>~美味しい三昧
シンチョンが好きな麺やスイーツなど(絵と文;APB)

大阪府と県境を接する葛城山系の東麓に沿って走る山麓線(さんろくせん)。
和歌山から走っていくと、高度を増し、左手に金剛山・葛城山、右手前方に奈良盆地・大和三山、右手後方には幾重にも重なる紀伊山地の山々が見えてきます。
うっすらと見える遠景の山々は神々しいほど白く輝いています。
おっと、脇見は禁物。前方注意。安全運転。

途中、御所市高天(たかま)地区は、日本神話に登場する「高天原(神々がおわした土地)」という伝承があるほど、古い歴史が残る地域です
ヒーリングスポットという言葉がありますが、この辺りは私にとってヒーリングロードです。

目的地は一言主神社と当麻寺。
当麻寺は以前にご朱印をいただいているので、今回はパスして、その近くで「瓦そば」と「中将餅」を食べました。
これが本当の目的ね。

瓦そば;焼きあがるまで時間がかかります。
待ち時間に 揚げたて熱々のねり天をいただきます。
瓦そば到着! 
茶そばの上には甘辛く煮た細切れの牛肉、錦糸卵、海苔。
紅葉おろしと、レモンを絞ってつゆでいただきます。
瓦付近のそばは焼けてパリパリ。
食感が異なり美味しいこと。
息子は、ねり天エッグバーガーをテイクアウト。
わさびがきいて「うまい!」
kawara.jpg
apb3_20170202231754310.jpg
玉ねぎ天とれんこん天も購入
このれんこん、
厚さが1㎝以上あってさくさく
存在感たっぷり

一言主神社の門前の無人販売の里芋(↑)
やわらかく茹でて粗くマッシュ
ツナ・マヨ・風味つけの醤油・ワサビをいれた
里芋サラダ
http://www.ajino-hashimoto.com/index.htmlapb4_20170202231753d0a.jpg

伝説の中将餅
http://www.chujodo.com/
私は「つぶ餡派」なのですが、
ここのこし餡、
さっぱりして、
でも小豆の味がしっかりして、
さすが老舗です。
お急須の煎茶(大和茶)は、
湯のみにたっぷり2杯。
感激するおいしさで、
最後の一滴まで絞り切ってしっかり味わいました。
これで300円。
次回は「きなこがけ草餅」を食べたいわ。
apb5_2017020223175263d.jpg
APBの“おすすめあずき”
・叶匠寿庵「あも」 
・「御座候」
 (阪神間で有名な今川焼or回転焼) 
・和歌山新宮 松葉屋「天の川」 
・塩五の「村雨」 
・中将餅も追加です。

大和盆地(左) 遠く紀伊山地を望んで(右)
apb6_20170202233224641.jpg

ふろく* 灯油ストーブを使う理由
apb7_20170202233223143.jpg

# 美味しく焼き芋を頂きました。
明日は小説「ホンギルドン」を紹介します。
そして、
本編となるMBCの新しい月火ドラマ『逆賊~民を盗んだ盗賊』を明後日からテイクアップします。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose