青い海の伝説 第16話(下) 危険な花

711a_201612131335142a9.jpg
(第7話より)

青い海の伝説 第16話(下) アンタッチャブル

ジュンジェはナムドゥに、“盗みに入る”と、カン・ソヒの家に侵入する計画を伝えます。
(証拠探しだとのことで、裏で支えるのはホン刑事

シンチョンはその話を聞いて、
「ホジュンジェのアボジの家ならば、私も助けるわ」
1624d_20170115234256d79.jpg

モ・ユランも、
「カン・ソヒを2時間ほど外に連れ出して欲しい」とアン・ジンジュに依頼。

「できないこともないわ!」
1624e_20170115234255753.jpg

チヒョンとイルジュン

「寝ているのか、アボジ?」

「あ~、クスリが効きすぎているようで目眩がする…」

チヒョンは、
「アボジの息子はジュンジェじゃないといけないのか?」

そしてジュンジェは詐欺師だと伝えます。

「酔っているようだな。 早く寝ろ」

「…」
1633_201701160004268a3.jpg

侵入作戦開始

…家の中の害虫駆除
嫌な虫もイチコロ!

1633a_201701160004248b5.jpg

シンチョンはホ・チヒョンを誘い出す役目
(ナムドゥの依頼)

1633b_201701160004230b9.jpg

「いったいどこに行くつもりなのか?」

「あなたは?」

「俺たちは仕事だ」

「後で話そうな。宜しくチョン!」とナムドゥとシンチョンはウィンクし合います。

「その服装は寒いぞ。
 それにスカートが短い!着換えてから外出しろ」
(ジュンジェ)

「そんなに短くもないじゃないか?!」
(ナムドゥ)
1633c_20170116000422944.jpg

「しかし…、その…、
 可愛すぎるじゃないか?!
 着換えろ!」

…そうだわね。
 今日はあまりにも可愛すぎてはいけないわ。

1633d_20170116000421cc0.jpg

ホン刑事からは「不法なことはするなよ!」との支援も得て、家宅侵入

「アリの駆除の2週間が過ぎましたので訪問しました」
1633e_201701160004191d2.jpg

チヒョンを呼び出したシンチョンは、ダイレクトに「マ・テヨンという人と、ホ・チヒョンさんとチヒョンさんのオンマとの関係は?」と質問。

「どうして突然そんな質問をするのですか?」

「マ・テヨンさんがうちの家の周りをいつもうろついているので、
 あなたにはそれを止めて貰いたいからだわ」

「俺とマ・テヨンとの関係はないから、何もできない」

しかし、レストランには後を付けていたマ・テヨンがいました。

1633f_20170116001014f1d.jpg

テオはCCTVなどのセキュリティシステムをシャットダウン
ナムドゥは、
「アリだけでなく、ゴキブリ駆除もやります」
1633g_2017011600101293a.jpg

ジュンジェはカン・ソヒの部屋から薬剤などをサンプルとして盗み出し、トリカブトの花の写真
そして、盗聴器を設置します。

1633ff.jpg

2階には、ほとんど視力を失いかけているイルジョン

「アボジは、ここで何をしているのか?」

「ジュンジェなのか?」

「どうしてこんなところでまた会うなんて…?!」

「…」

「自分の息子すら見分けられなくなって、
 オンマと別れたばかりに、こんなことになるなんて!」

「…」
1633h_20170116001010403.jpg

家政婦が2階での異常を察して、上がろうとするところをナムドゥが誤魔化しますが、声が大きいジュンジェ
「とにかくこの家は危険だ」とイルジュンを連れ出そうとしますが、理由が解らないのでイルジュンは従いません。

「ナム秘書のことは知っているだろう?!
 それは継母が絡んでいるからだ」

「10年後にここに来て、私が選んだ道を責めるのか?」

「ああ、アボジが最初から最後まで間違っていたんだ!
 全部だ!」

「なぜお前が判断するのか?!
 これは私の人生だ!
 俺の選択は間違ってはいなかった!
 俺は幸せだった」

「は~」

「ただ、目が眩むからといって、私の人生を批判するのか?!
 この目は手術で元に戻るんだ。
 体調さえ回復すれば手術は問題ないんだ」

「アボジには前に立っている俺だけじゃなくて、
 全てが見えていないんだ!」

お前は解っていないと言うイルジュンに、
「カン・ソヒの本名はカン・ジヒョンで2度結婚している。
 そしてその二人の夫は目が悪くなって、
 それぞれが事故で死亡しているんだ」

そう言って無理にも連れ出そうとするジュンジェでしたが、「お前は詐欺師だ!」と、ジュンジェのことを信用できないイルジュンでした。

1633k_201701160010093fb.jpg

家政婦からの電話を受けて、「何があっても警察に連絡して下さい」とシンチョンを送るでもなく、帰るチヒョン

1633m_2017011600100853e.jpg

駐車場に残されたシンチョンに迫るマ・テヨン
事情を把握していたので、覚悟していたようにシンチョンの方から近寄ります

1633n_20170116015004af0.jpg

「…」
1633p_201701160104000fa.jpg

マ・テヨンが持っていたハンマーは防火用のスプリンクラーを作動させます。

1633pp.jpg

逃げるシンチョン

1634_2017011601035758e.jpg

非常階段

1634a_201701160103562e8.jpg

屋上まで逃げたシンチョンは、待ち構えてマ・テヨンの手を取って

1634b_201701160103555f9.jpg

「あなたの記憶を消すわ。
 そしてあなたは逮捕されるわ」

「…」

「あなたが何を覚えていようといまいと、
 あなたがこれからは地獄の苦しみを受けることを祈るわ」
1634c_201701160155481a2.jpg

ここでシンチョンが過去のマ・テヨン(ヤン・センギル)の犯罪を知ります。

「…」
1634d_20170116015546555.jpg

ただし、ジュンジェが言った“二人は子供に恵まれて幸せに年老いていった”という話が嘘だったと思います。

1634e_2017011601554589e.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# 放送は既に進んでいるので、リアルタイムでのご視聴の方々には、指輪の男がホ・チヒョンだと解っていると思います。
このことよりも大切なのは、“幸せに老いていく”と、ジュンジェはシンチョンに嘘を言ったのではありません。
ジュンジェの脳裏から出てきた子供の頃の“オンマの語り話”だったのだと思います。

今夜の最終話の放送を前に、参考までにどうぞ。
第19話でユランがシンチョンに聞かせた物語が出ます。

シンチョンが『人魚公主』は泡となって消えるというので

「私はそうだとは思わないわ」
1911d_20170123180952995.jpg

「どうして?」

オンマが話して聞かせたのは、
# 物語風に編集しています
「…昔々のこと。
海に出た若者が乗った船が、嵐のために転覆しました。
そのために若者は海に投げ出されました。
しかし、その若者を救ったのは人魚です。

その若者は人魚に恋して、結婚して二人は幸せに暮らし、
たくさんの子供たちに恵まれました。
子供たちは、海に帰ったり陸に残ったりしましたが、
その中の一人はとある村の恩人にもなりました。

人魚たちとも連絡ができるので、
“また嵐が来る”と解ったら、
村人には“海に行っていけない”と知らせることができたからです」

「これは人魚が何かの欲のために海岸に上がった物語ではなくて、
 人魚は愛のためだったのよ。
 こんな物語もあるのよ
(ユラン)

「もちろんどんな物語もハッピーエンディングだと良いけど、
 そうでないこともあるわよ」
(シンチョン)

シンチョンが病院で昏睡状態の時に、
ジュンジェにもモランが話して聞かせた時のシーンでした。

「彼女はそんなことを言ったのか?」
(ジュンジェ)

ジュンジェが幼少の頃、しばしば寝付かれない夜があった時のことでした。
そんな時にオンマはジュンジェが好きな「人魚の物語」を話したとのこと。

1911h_20170123180950b09.jpg

そして、第19話の終わりでのシンチョンのセリフ
(これの次のセリフが第20(最終)話に続きます

1934gg_201701240352140eb.jpg

「一つだけ約束してくれ」

「…」

「ここを去るにせよ、俺の記憶は消さないでくれ」

「なぜ?」
1934n_201701240352136de.jpg

「お前だってそうだろう。
 たとえ痛みを伴っても、
 愛することを選ぶと言ったじゃないか」

「…」

「はぐくんでいく愛があればこそ、
 俺だって君を送り出すことができるからだ」

「でも私が戻って来ないならば、
 あなたはずっと苦しみ続けることになるわよ。
 だから、
 あなたは私が生きているとか死んだとかは知らないまま、
 私を待つことになるわ」

「お前が戻って来ることができないならば、
 俺は再び生き返ることにするから、君もそうしてくれ。
 これが俺の愛だと言ったはずだ。
 俺の人生よりもずっと長く生き続ける愛だ」

「あなたには苦しんでもらいたくはないわ」

「いいや。
 俺たちが俺たちの記憶を持っていれば、
 俺たちが戻る道も場所も解るさ。
 だから、俺たちは再び会うんだ」

「…」
1934p.jpg

「チョア。
 これは君が決めてくれ。
 記憶を消すか残すか…」

「…。 決めたわ…
1934pp.jpg

「…」
1935_20170124035210b1d.jpg

# シンチョンの目に浮かぶ美しい涙
pink.jpg
これがピンクのパール(嬉しい涙)に変わることを期待して、
今夜の最終話を待ちたいです。

衛星ロケットではありませんが、
脚本では、
発射台を下げて、
より高いハッピーな結末を描こうとします。
第19話の終わりがその技法だったと思います。

(Pink Pearls & Pink Octopus Baby-girl:photo by APB)
chon baby
ドラマ『青い海の伝説』が、
私たち大人のファンにだけでなく、
無邪気な子供たちが悪夢に陥らないように、
新しい、
より大きな童話「人魚公主伝説」となりますように…。
そして、
これまでの私たちの想像以上に、
(ミクロネシアの)美しい画像と、
ジュンジェとチョンの明るいセリフがエンディングにあることを期待しています。

水平線の向こうが未来
Sail On(出帆)~(光進丸:加山雄三)
https://www.youtube.com/watch?v=g83uVGzBVww
(# 学生時代はヨットやクルーザーを滑らせていました)

# ジュンジェに言いたい事
「お前がシンチョンを引っ張って行って欲しい!
 シンチョンに判断をゆだねるのではなくて…」

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose