青い海の伝説 第12話(下) Because of You

# 年末年始のためか、放送予定に変更があったようです(脚注)

清渓川
chon12.jpg
(2016.11.25)

青い海の伝説 第12話(下) Because of You

悪夢、そして電話を無視するマ・テヨン

1233_20161227143019da5.jpg

カン・ソヒは、「早く電話取りなさいよ…」

チヒョンが来て、「僕の父親は誰なのか?」

「あなたの父親はいつでもあなたの幸せを願っているわ。
 だからむしろ顔を現さないのよ」

「…」

「だから、むしろあなたは知らない方が良いのよ」

「…」

「この世の人たちは誰でも信頼できると思っておけば良いのよ。
 それにこの世には私たちだけ二人だけだわ」

「ああ、そのようだな…」
1233a_201612271430180ab.jpg

ジアはテオを呼び出して屋台
自分の写真を渡して、
「私はあなたの心は受け入れられないと言ったわよね」

「は~」

「でも、愛を馬鹿にしてはいけないわ」

「…?」
1233c_20161227143016e4b.jpg

「だから、私には胸の痛みも隠さずに相談してね」

「は~、全然痛くもない」

「テオや…、私は大学に入ったその年、
 つまり7年前にジュンジェに会ったわ。
 その時から遠くからジュンジェを見てきたわ」

「は~」

テオはキュウリをかじって…困った顔

「?!」

「この距離感を維持するのは…、
 成熟した大人の愛というものは…」

「?!」
1233b_2016122714301704f.jpg

ジアは酔ってジュンジェに電話

「ジュンジェや~、電話を切らないで…。
 私は婚約式なんて挙げたくないから、す
 ぐに結婚式にしましょうよ~。
 済州島とかで…」

「…」

「子供の100日のお祝いはせずに、
 UNICEFに寄付しましょうよ…、
 これが最近のトレンドだわ~」
1233d_20161227143015955.jpg

「通りで大声を出していると、警察に通報されるぞ…。
 テオと一緒なのか?
 ああ、じゃあテオに送ってもらえ」
1233e_201612271430130bf.jpg

ナムドゥ

「どうもジアとの最後の年になりそうだな」

「…」

「しかし、最後までしっかり見届けるべきだ…」

「…」
1233f_20161227143714a16.jpg

チョンとジュンジェ

「なぜここで寝ているのか?」

「…」

「上にあがってくれ」

「…」

「どうしたのか?」
1233g_20161227143713f9b.jpg

…ホジュンジェ…。
 私を魚だと見ているの?

「?!」

…あなたは養殖場の管理者なの?

「上にあがらないのか?」

…どういう心情なのかしら?
私が彼のベッドにいることが嫌なのかしら?
上にあがるべきかしらね。
私が負けなのかしら?

「いやいや、もういいから…」

「?!」

「今日も俺が上にあがるから…」

「…」

「ここで寝てくれ。それに、夜まで考えてばかりいないで、ゆっくりと深く眠ってくれ」

「…」

「お願いだ」
1233h_20161227143712eb2.jpg

…また心が痛むわ…。
この養殖場から逃げ出すことは不可能なのかしら…?

「あ~、眠い…。
 ゆっくり眠りたいのに、
 こんな日がいつまで続くのか…?」
1233k_20161227143710601.jpg

アン・ジンジュ
「きっとあれは夢だったんだわ」
(中華料理店でソヒへの暴言のこと)

ジア
「あ~!」
(酔って何度もジュンジェに電話したこと)

モ・ユランは、
「今日は血圧の薬を貰いに病院に行ってきます」
1233m_2016122714370997b.jpg

アンジュンジェはカン・ソヒが通うネイルサロンへ

「キム秘書に聞いてここに来ました。
 どうか私を殺して下さい」

「本当に殺して欲しいの?」

「ええ、そうです。
 酒癖が悪いので昨夜はあんなことを…」

「どうしたの?
 カンナムのゴシップ誌の件をもっと細かく話して頂戴な」
1233n_20161227143708830.jpg

シンチョンファンのテオ

「あなたの青白い顔は、元は赤かったの?」

「…」(首を横に)

「私を見る時は赤くなるわ。
 ところで教えてくれる?」

「何を?」

「コンピューターだわ。
 テレビではもう限りがあるわ。
 みんながPCのことならあんたが一番だと言っているからだわ。
 釣られた人間がどうなるのか知りたいのよ」
1233p_20161227145631bda.jpg

「そこで何をしているのか?
 つぶやいていないで、考えろ!
 テオの耳が赤いのはなぜか?!」

「テオがPCを教えてくれるのよ」

「それなら、俺にだってできる!」

「嫌だわ」

…あなたが本当に私を好きなのか、
 単に“おもてなし”なのかを調べるのよ。

「やあ、そんなことを大声でしゃべるな!」
1233pp.jpg

「?!」
(シンチョン)

「?!」
(テオ)

「私が何かしゃべったというの?」
1233ppp.jpg

カン・ソヒとイルジュン

友人の医者は、
「薬をきちんと服用していればこんなには悪化しない。
 このままなら手術しかない」
1234_20161227145628c40.jpg

高血圧の薬を貰いに来たモ・ユランは元の夫のイルジュンを見ます。
しかし、
徐々に視力を失うイルジュンにはモ・ユランの顔が見えません。

「!」
1234a_20161227145626dcb.jpg

クラスメートだったモ・ユランとカン・ソヒ
(ソヒはカン・チヒョンと言う名でした)

「学生時代はそんなに近い友達でもなかったけど、
 こうして甘えに来たわ」
1234c_20161227151333e7c.jpg

「夫が亡くなってからは、生活が苦しくて、
 息子の保険料(#)が払えないのよ」

「いいわよ。
 夫の仕事が成功しているから、あなたの分も合わせて、
 保険は二つ加盟しておくわ。
 夫の職場に行って貰っておいて頂戴」
1234b_20161227145625dce.jpg
# 普通の国民健康保険だと思います。
生命保険だとすれば、保険金詐欺の可能性も…?

次第に自分の母親の過去と現在の悪行に気付いたチヒョンからの電話。

「酔っているのか?」

「ジュンジェや…、
 俺はお前のアボジを守ることができそうにない…」

「?!」

「お前がお前のアボジを守ってくれ。
 俺はオモニを守らないといけないから…。
 最後の警告でもあり…、プレゼントだ」

「え?!」
1234d_20161227151332659.jpg

疲れたジュンジェとジュンジェのベッドのシンチョン

「この部屋を占拠するつもりなのか?」

「話があったから待っていたわ」

「…?」

「だから…」
(心の話に変わります)
1234e_20161227151331b13.jpg

…なぜ、“好きになる計画”があると言ったの?
なぜ、私を救いに来てくれたの?

「…」

…なぜ、私を抱きかかえてくれたの?
 なぜ、私の髪に触れたの?
 私のことが好きなの?
 それとも、ジアが言うように、
 単に“おもてなし”で私のことを扱っているの?
 インターネットで一日中調べていると、
 この世のことは何でも理解できるけど、
 あなたの心が解らないわ

「…」

…あなたが私を好きなのか嫌いなのか、
 それが解らないわ。

「…」

「もういいわ…」

「質問を続けてくれ」
1234f_2016122715332333d.jpg

「良いわ、答えは出そうにもないわ」

「じゃあ、諦めるのか?
 そんなスタイルの人間ではないはずだ」

「いいわ。
 今夜はゆっくり自分で考えてみるわ」

「また夜中に考えるつもりなのか?」

「んん…、一晩考えて、明日には結論を出すわ」

「あ~…」

「ちょっと待ってくれ」

「?」

「どれくらい“考える計画”なのか?」

「今晩中だわ」

「ああ~、今晩もか…」

「…」
1234g_20161227153321b27.jpg

「君の頭の中のことは分からないが、
 その考えを中止できないか?」

…どういうことかしら?
 彼のことを考えるなということかしら?
 私のことを怒っているのかしら?
 その目は…?

「ようやく静かになって良かった。
 もうあれこれ考えないでくれ。
 それに何もしないでくれ」

「…」

「…」
1234h_201612271533208b9.jpg

「…」

「…」
1234k_2016122715331945b.jpg

♬ I want you, I miss you, I need you,
I love you.
ずっとあなたの腕の中で…

1234m_20161227153318b96.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

“ロメンチッカジ アナヨ?”
ハングルでの
“(なんとも)ロマンチックではありませんか?”です。
一生に一度だけ恋をするという人魚。
人魚が陸にあがった時に、運命の導きによって出会ったのはジュンジェでした。

先日は映画『ビューティインサイド』を紹介しました。
多重人格の男を愛して恐怖を覚えたものの、内面の美しさが同じだと気付いて、彼女の心は“揺れから確信へと”変わりました。
なぜなら、“あなたは、あなただから”。

人魚は、人間からの愛を失った時に泡となって消えていく…。
シンチョンの命を懸けた愛に、ジュンジェの反応はスローですが、スロー・アンド・ステディに進行していくようですね。

ドラマ『ハイド、ジキルと私』は二重人格の男を愛した女性でした。
しかし、内面の美しさはロビンと同じだった…。

♪Because of You
Now, I can say I love you.

“良い人と詐欺師”…、でも内面は同じ。

撮影の場所、季節は同じカンナムの水族館、それにマフラーと傘…、それだけでなくペンダントの意味…。
ご覧ください。
(『ハイド、ジキルと私』から♬)
https://www.youtube.com/watch?v=n3rXhDPS1Bs
(OSTより「Because of You」)

# 『青い海の伝説』ファンの皆様へ

昨日は第16話をRAW(英文字幕なし)で視聴しました。
最後に後続ドラマの『サイムダン』が紹介されていましたが、放送開始が1月26日(木)と、1日延期されたようです。
つまり『青い海の伝説』の第20話(最終)は1月25日のようで、今週と来週と再来週まで楽しめそうで、嬉しいです。

なお、第16話での最後のシーンは、次のカットにあるようにシンチョンはマ・テヨンの記憶を消すにあたって、セファの時の悲劇を知ることになりました。
さらには、チョ・ナムドゥとホ・チヒョンは共に、<王朝時代>は悪代官のヤン・センギルの部下でした。

sakujituno.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose