ビューティインサイド(後編) プラハの恋人

Xmas77.jpg

merry Xmas
(12.20@tokyo)
Merry Christmas & Happy New Year !
aqua44.jpg
<幸せなホリデイシーズンでありますように!
 :撮影2016.11.24@63ビルディングin Seoul>

(『青い海の伝説』第11話より)
………俺は彼女との約束を守りたい。
(ホ・ジュンジェ)
1139_20161223022001554.jpg

『ビューティインサイド』 (後編) ストレス~プラハの恋人
(先に綺麗な画像でどうぞ)
https://www.youtube.com/watch?v=GKF53oOAxC8

「今日はアジョシなの?」
666_20161107170731a87.jpg

今度は子供

「イスや~」

「パンマル(ため口)は止めてくれない?」
555a_20161107170417bb6.jpg

「いいじゃないか」
555_20161107170418fca.jpg

マッコリを飲んで…

555b.jpg

「これで払ってくれ」と財布からクレジットカード。

「変わってますねぇ。 お子さんですか?」

「あ~、友達…、友達の子供です」
555c.jpg

毎日会うたびに違う人のように思える…。

「どうしたのか?」
555d.jpg
<イ・ヒョヌ>

「ちょっと…、毎日変わるから、
 何か見えること以外に感じるものはないかと…」
555e.jpg

「こうして手をにぎるから…。
 最初に僕の方から見つける」
555f.jpg

“MAMA STUDIO(ママスタジオ)”の創立記念日の夜

555g.jpg

遅れて参加するウジン

「ヤバかったんだ。
 2時間前はお婆ちゃんだったんだ」
555gh.jpg

「なんだ?
 この美しい瞳…。
 格好良すぎて吐き出しそうだ」
555h.jpg
<イ・ジヌク>

そしてふたりだけの夜

555k.jpg

ただ、ある日のことウジンのいたずらは、「自分を探してみてくれ」と。
イスの方はストレスが増します

777c.jpg

「ごめん、ちょっと驚かせたくて…」
777d.jpg
<ソ・ガンジュン>

ママスタジオの室長

「毎日、毎日、男をとっかえひっかえ会っていると、
 噂を聞いたわ」

「…」

「社長からも聞かれたけど、
 そんなことはありませんと答えておいたけど…」

「…」

「元気が取り柄だったけど、
 毎日薬を飲んでいるようだし…」

「…」
666a_2016110717073021b.jpg

ウジンは指輪を作ります

777e.jpg

「結婚しようか?」

「…」

“考える時間が欲しい”と、イスは答えを出しません。

666b_2016110717082590e.jpg

睡眠不足になり、精神科医からは精神安定剤を勧められます

999_20161109075908848.jpg

イスの携帯を覗きこむ姉

777_20161108142528776.jpg

「やあ、これはなに?」

「ホン・イス!
 男たちの写真が多すぎない?!」
777a_20161108142527395.jpg

ウジンの母親とイス

「うちのウジンと付き合うの、大変じゃないの?」

「…」

「私は大丈夫だけど、
 ただ、二人が傷つき合わないかと…?」

「…」
777b.jpg
<ウジンの母親は、ムン・スク>

母親からイスの苦悩を聞いたウジン

「少し、合わない方が彼女のためになる。
 実はあなたのお父さんもそうだったわ」
999a_20161109083217c88.jpg

そしてある雪の日の夜

abc1.jpg

ウジンは椅子のために特別に椅子を作ってプレゼント

「どうかな?」
abc_20161109082401aae.jpg
<キム・ジュヒョク>

イスを送るウジン

「きれいな雪だわ…」

「…」
abc2.jpg

「イスや、俺たち別れよう」

「急にどうしたの?」

「その方が良いようだ」

「…」

「薬を飲むのも止めた方が良いから…」

「…」

「風邪ひかないように早く家に入って…」
abc3.jpg

<10か月後のこと>

健康を取り戻したイス

…今でもあなたを近くに感じる…。
でも気付かない振りをする…。
あの日あなたから別れを切り出された時、
内心ホッとした…。

「アッパはお母さんに会いたくない?」

「会いたいも何も…」

「もしもお母さんが傍にいたら、何をしたい?」

「そうだな…、一緒に年老いていくことかな…」

「?」

「父さんはどんどん年取るのに、
 母さんはあの(写真)ままじゃないか」
999d_201611090839379dc.jpg

…毎日違う人はあなたではなくて、
あなたに会う私ではなかったのか…?


999e.jpg

イスにチャンスを与えたのはママスタジオの室長でした。
ネットで販売されている家具のデザインが気に入ったので、「仕入れ先の調査をして下さいね」と。

イスはネットの画像からウジンだと気付き、ALEXの工房を尋ねます

しかし、2人が別れたことを知っているサンベクは多くを語りません。

999c_20161109083216952.jpg

海外からの木箱

「チェコ…、そんな遠くに…」
999b_20161109083215825.jpg

<チェコ・首都のプラハ>

…私は何かを恐れていたのだろうか?
周りの人の視線だろうか?
あなたと一緒に耐えるはずの混乱や傷も、
あなたがいないということで、辛くはなかったのに…。

999f.jpg

「こんにちは」
999g.jpg

「こんにちは。 何か用でしょうか?」
999h.jpg
<ユ・ヨンソク>

「…、キム・ウジンさんに会いに来ました」

「何かのお間違えではないでしょうか?
 ここにはそのような人はいません」

「ここだと思ったのですが違いますか?」

「ええ、違います。すみません」

「待って下さい。
 ここはLEA家具の工房ですよね?」

「…」

「失礼でなければ、
 ちょっとだけ工房を見せてもらえませんか?」

「…」
999kk.jpg

「韓国で家具のエージェントをしている“ママスタジオ(mama studio)”から来ました」

「一人で仕事しているのですか?」

「はい」

「私の会社はあなたの作品に興味があるので、調べて来ました」

「…」

「韓国でも好まれると思います。
 ただ、Eメールだけで連絡しても良かったのですが、
 直接お会いして話がしたかった…。
 だから来ました…」

「…」
999k.jpg

「ウジナ…」

「…」
999m.jpg

「私はもう大丈夫だわ…」

「また、辛い思いをするだけだ…」

「うん。
 でもそれよりも、あなたがいないことの方が辛いのよ

「…」

「ごめん、ウジナ…」
999n.jpg

「私はあなたと一緒にいる」

「…」

「あなたのように口数がすくない人がどうやって一人で暮らしていくの?」

「…」

「私はあなたが変わる姿を見たことがあるわ。
 あなたよりも先に目覚めて、正直怖かったわ」

「…」

「でもあの日はありがたかったわ。
 本当のキム・ウジンを見たんだもん」

「…」

「どんな姿をしていても関係ないわ。
 毎日違うあなたでも、全部あなただもん」

「…」

「私はキム・ウジンを愛しているんだから」
999p.jpg

「…」
999pp.jpg

「ウジナ、遠回りしてゴメン。
 …結婚してくれる?」

「どうかな…、
 “考えることがたくさんあって、時間も必要だ…”と、
 誰かが言っていたけど…」

「心が狭いわね!」

「…」

「嫌なの?!」

「…」
1000a_20161109093125ad2.jpg

ウジンは木箱から指輪を取り出してイスに…。

1000c_201611090935171ce.jpg

「…」
1000d_20161109093123ac1.jpg

「あなたの方からプロポーズしてよ!」

「…」
1000e_201611090935160c7.jpg

(END)

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

とても温かくしてくれる映画でした。
(映画の終わりの字幕が途切れるころ。
 ウジンの両親の次のシーンが出ます)

「こうして私たちが終わるのが怖かった」

「…」
1000f_20161109094958cc0.jpg

「ただちょっと、私と一緒にいてくれない?」
1000g_20161109094959d5d.jpg

「…」
1000h_20161109094957ffc.jpg

最後の最後のシーンを見ると、この映画ではDIDが遺伝性のように誤解するかもしれません。
しかし、既にKJS『ハイド・ジキル、私』で説明しましたように、DIDは幼児期の激しいショックとストレスから、自分以外の他の人格を求めるために起きる非常に稀な症候群です。
同じく紹介したように、これは催眠治療法により、多重な人格を融合させることで治療できます。
多重な人格の衝突により患者は苦痛を強いられるものの、精神科医に早く相談すべきですね。

さらに重要な点は、人間の個体・肉体は一つです。
子供から青年、大人から老人に至るまでに人格が変わろうとも肉体は一つ。
映画ではバラバラでした。
でも、プラハで再開した2人は愛に溢れて、とても温かくしてくれました。

# 普段は自分の視聴記録のためのKJSブログなのですが、今回は訪問して戴いている皆様へのクリスマスプレゼントとしてアップを準備していました。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose