愛してる、愛してない (5) クェンチャナ

datch slope
(オランダ坂:2016.09.20 @ nagasaki city)

(坂の下のホテル)
monter.jpg

monter2.jpg
(ホテル・モントレ:2016.09 @ nagasaki)

『愛してる、愛してない』(5: おわり)

「大丈夫?」

「ああ、僕は大丈夫だ(ケンチャンケッソ)」

「作ってくれる?」

とレストランを諦めてパスタを作りだすふたり

ヨンシンはまずタバコ

333_201501020755038be.jpg

ジソクはパスタをお湯と塩で茹でるところから

333a_201501020755025ef.jpg

ナスとズッキーニをカット

333b_20150102075502b84.jpg

彼女は2階のベランダ
# 降り注ぐ雨が助演です。

333c_20150102075501dd2.jpg

ジソクは熱したフライパンを手に

オリーブオイルを入れて、スライスしたニンニクを入れて、ニンニクがキツネ色になったところで、ナスとズッキーニ。

333cc.jpg
# フライパンにはニンニクと先にズッキーニ、その後にナスとトマトです。

ヨンシンは皿を用意して

333d_201501020755009b8.jpg

茹でたパスタを運び、オリーブオイルを足して、

「仕上げるからタマネギを切って…」
333e_201501020801332f4.jpg

「何に使うのか?」

昨日、茹でたポテトに混ぜてサラダを作るわ」

「ああ」

「…」
333g_20150102080131f37.jpg
# 彼女の手さばきも良いです。

タマネギを切り始めるジソク

333f_2015010208013268c.jpg
# 玉葱だけのせいではないようです。

「目にしみるのね」

「ああ。これはきつい」

「ロウソクを忘れていたわ」

「もう終りだから大丈夫」

「じゃあ、目を洗ってきてね」

「…」
333h_20150102080130f09.jpg
# 最後の共同作業だと思うと辛いはず。

ジソクは洗面所で目を洗います…。

333k_201501020801308ba.jpg

ヨンシンがパスタを仕上げる頃

333m_20150102080129c7c.jpg

「!」
333p_20150102080935103.jpg

子猫が出てきて、アンチョビの缶に口をつけます

333n_201501020809352d3.jpg

洗面台のジソクに、水の音、雨の音
嗚咽に変わります。

「…」
334_201501020809340a4.jpg

キッチンのヨンシン

「大丈夫だわ(ケンチャナ)」
sarann4.jpg

334e_20150102081349a21.jpg




「クェンチャナ…。
 すべてが上手く行くわ。
 きっと…」






「…」

「…」
334f_2015010208194256c.jpg

<おわり>

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」
『愛してる、愛してない』


ヒョンビン(ファン・ジソク)とイム・スギョン(ヨンシン)の『愛してる、愛してない」でした。

出て行けないのは雨のせいなのか?
子猫のせいなのか?
雨と子猫が助演の映画だったようです。

そうですね…、んん~、
終わりの言葉の「クェンチャナ~」って、とらえにくいのですが、「そうよ、いいのよ、これからもきっと上手く行く」と、ヨンシンは二人の生活をもう一度やり直すのだと思います。

結婚5年目。
仕事の関係もあり、ふたり一緒の時間が少なかったようです。
でも、愛はまだ残っていた。
いや、この5年間が「根の深い木」のように、見えない地中で太い根を育ててくれたのではないでしょうか?

先の『遠い路』も、この『愛してる、愛してない』も、主演の2人だけのセリフが9割のドラマと映画でした。
しかし、助演の父親や隣人のハルモニ、隣人の医者夫婦などが、若い夫婦に対して、新しい生活の始まりと、なにげない“やり直し”の機会を作ってくれたんだと思います。

コラムの終わりに、“ヨンシンの心は?”
なぜ仕事で出会ったカメラマンと一緒になろうとしたのか?
これは女性のみなさまの方がよく分かると思います。
でも、その一歩を踏み出すには、もとても大きな勇気が必要だと思います。
この一歩にヨンシンはまだ躊躇。
ジソクのことが好きだからです。
ジソクが静かなのは、おそらく結婚しても“相手の心”は所有できないからだと思います。
明日、二人の俳優へのインタビュー記事をアップしますが、
まだ未婚の二人には理解ができていないようでした。

この映画では“新しい一歩への勇気”よりも、“過去を捨てる勇気”の方がエネルギーを要するのではないかと考えています。

a1.jpg

a2.jpg
(梱包の際に2人が取り合ったのは、
 工芸作家としてのジソクがヨンシンにプレゼントした陶器の小さな犬の置物でした)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose