愛してる、愛してない (1) 降り出した雨

# ヒョンビンが除隊後に「演技がしたかった…」と言った姿が思い出されます。
肉体的にも精神的にも海兵隊は辛かったのだと思います。
職業人としてのヒョンビン…、今度は2011年制作の入隊“前”の映画『愛してる、愛してない』を再度アップします。
結婚5年目のちょっと“けだるい”倦怠期の映画でしょうか?
第61回ベルリン国際映画祭(2011年2月)にノミネートされた(世界の映画)15作品の一つです。

aisiteru.jpg

イム・スジョン(ヨンシン)とヒョンビン(ジソク)の
『愛してる、愛してない 』(1) 降り出した雨

<プレリュード>

金浦空港に向かう道路


222_2015010208345810b.jpg

「間に合うかな?」

「ここから何分くらい?」

「たぶん30分くらい」

「んん~、金浦空港だから大丈夫だわ。
 手続きも簡単だから」

「昼は? お腹すいていないか?」

「飛行機の中で食べるわ」

「機内食はイマイチだから、空港で食べろよ」

「適当にね」

「明後日帰るのか? 土曜日だな
 何時なのか? 迎えに行くから…」

「珍しいわね。アイゴ~」

「…」

「どうしたの? 迎えはいらないわ」

「週末は時間があるからさ」

「道が込むからいらないわよ」
222b_2015010208345616d.jpg

ラジオ放送

…週末は穏やかな天気が続きます。
 日曜日は南部の方から台風の影響が出ます。

「東京から大阪に向かって…、2泊3日は短いな。
 せっかくだから遊んでゆっくりしてきたら良いのに…」

「どうだろうね。
 皆が帰るのに私だけ残るのも変だわ」

「あ~、あの…、写真家のキム・ソンフンさんも一緒?」

「んん~、でもなぜ?」

「この前、写真資料を貸して貰ったから…、
 お礼を言っておいて欲しい」

「んん~」

「いい写真だった。 特に人物写真が…」

「何か飲む?」

「あるのかな?」

「コーヒーとジュースだわ」

「コーヒー」

「でもカフェラテだから甘いわ。
 これは私が飲むわ」

「…」

「牛乳が入ったのは嫌いでしょう?
 大丈夫なの?」

「ケンチャナ」

カップにストローをさしてあげて、

「甘い?」

「ああ、少し」
222a_201501020834574c8.jpg

「スタジオを家に移そうかと…」

「どうして?」

「市内は落ち着かない。
 作業が始まると徹夜も多くなるから…。
 毎日の家とスタジオとの往復は遠すぎる」

「だけど…、そうね。
 仕事に支障はないの?」

「先輩たちも賛成してくれた。
 共同作業も毎日じゃないから、打ち合わせにだけ行く」

「じゃあ…。 ひと部屋空けないとね」

「いいや、地下の仕事場を使うさ」

「狭くないかしら? 荷物で一杯だわ」

「ケンチャナヨ。 少しずつ片付ける」

「でも…」

「僕には地下が似合う。
 君もほとんど家にいるから、一緒の時間も増える」

「私を退屈させないために、
 家を仕事場にするわけね?」

「そうでもないけど、家の方が気楽だし、
 それにスタジオの賃貸料も要らない」

「そうね」

「…」

「あのね。 私は出て行くわ

「出るって何の話なのか?」

「家を出るってこと」

「どういう意味なのか?」
222c_2015010208345617e.jpg

「決めたの。 あなたと別れるって…

「…?」

「ややこしくなる前に、荷物をまとめて出て行くわ」

「…」

「面倒はかけないわ」

「…」

「私としては、良く考えて決めたの」

「理解できないと思うけど…」

「もう一度、考え直してくれないか?」

「ミアネ」

「出て行った後は?」

「あなたは心配しないで良いのよ」

「誰か好きな人がいるのか?」

「んん。 気付いていたしょう?」

「…」

「誰だか気にならないの?」

「何て言ったら良いのか…?」

「…」

「ひとまず分かった(アラッソ)。
 アラッコ(分かって)…」

「ケンチャンケッソ(大丈夫なの)?」

「クッセ…(どうかな)。 大丈夫だと思う」
222d_20150102083455c3e.jpg

# いきなり別れ話の長い序奏(プレリュード)でした。
 この映画に出演するのは4人の俳優だけです。
 本編はヨンシンの出張帰りの週末から

<本編>
(ふたりの家の屋上)


223_20150102083454c0a.jpg
(サランハンダ、サランハジ アヌンダ: 
 『愛してる、愛してない』)

外は雨

ヨンシンは窓から外を見ながら、タバコ。
そこに、電話。

「んん~、オンマ」

…何してるの?

「片づけているわ」

…荷物は多いの?

「まあね」

…。

「もしもし? どうして話の途中で黙り込むの?
 オンマの方から電話してきたのに。 
 ヨボセヨ~」
223a_20150102085127eed.jpg

…そっちも大雨?

「んん、ずいぶん降っているわ」

…雨も降っているし、今日出て行くこともないでしょう?
 今日は止めといて、あと何日か考えてみたらどうかしら?

「後でかけなおすわ。 先に荷造りするわ」

…夕食はどうするの?

「オンマったら…。
 こんな時にご飯のことを心配するなんて」

…料理する余裕があるのか気になって…。

「ジソクさんと外食する予定だわ」

…あんたたち夫婦って、とても理解ができないわ。

「片づけてからまた電話するから」

…アラッソ…。

「…」
223b_20150102085126f4c.jpg

サッカーの試合を見ているジソク

食器の梱包を手伝い始めます。

223d_201501020851254d6.jpg

天気予報

…現在中部地方では発達した雨雲により
 1時間に30ミリの大雨が降っています。
 気象庁では明日の午後まで豪雨が続くと見ています。

223c_2015010208512625c.jpg

ヨンシンが2階から降りて来るので、

「土砂降りだな」

「そうね」

「7時に店を予約したけど、この調子なのかな…?」

「予約したの?」

「んん。
 この前は予約しないで行ったから、ずいぶん待った。
 覚えているか?」

「お~、でもこの雨よ」

「何かにつけて、雨だな。
 子供のころ、遠足の日も雨だった」

「サッカーは?」

「前半が終って、0対0だ」

「つまらない試合だわね。
 何していたの?」
223e_201501020851241e0.jpg

「お~、ちょっと…」

「アイゴ~、どうして?」

「持っていくだろう?」

「手伝ってくれるの?」

「他にはすることもないから…」

「置いといて」

「持っていかないのか?」

「面倒だわ。すぐに使うこともなさそうだわよ」

「…。一回も使わないで大事にしていたのに…」

「…」

「段ボールに入れて、分けておくから。
 後で取りに来たらいい」

「それでも良いの?」

「もちろん。 いつ見ても可愛いな」

「雨が振り込んでくるから2階の窓を閉めて頂戴」

「そうなのか?」
223f_2015010208512493d.jpg

「どうして私なら閉まらないのかしら?」

「そんなに難しいのか?
 ここで引っかかったら、一端引いて、
 それから…閉めれば…」
223g_20150102090136702.jpg

「無理だわ。すぐに忘れるわ」

「力は要らない。 要領がいるだけだ。
 慣れても良い頃なのに…」

「片づけなくっちゃ。
 サッカーの後半戦を観ていてね」

「…」
223h_20150102090135782.jpg

「力仕事が必要なら手伝うから」

「いいえ、一人でできるわ」

「後でコーヒーを入れておく」
223k_20150102090135777.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

ランキング@「にほんブログ村」
『愛してる、愛してない』


223m_201501020907095b4.jpg

はじめは、それぞれの仕事で成功した夫婦の大きな家のキッチンが舞台です。
結婚5年目(子供なし)のカップル。
この時期になると恋愛期間の幸せを十分満喫して、パッションが薄れていく時期でしょうか?
けだるいアンニュイな空気が流れるキッチンでした。

“別れ”を切り出されても夫のジソクは静かに受入れるだけ…?
浮気した妻が出て行くにあたり、食器などの梱包を手伝うジソク。
どういった心境で手伝いが可能なのでしょうか?

2011年の映画(105分)をこれから5回に分けてアップします。
そして、終わりに監督とヒョンビンとイム・スジョン(二人は未婚の俳優)のこの映画に対するインタビュー記事をアップします。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose