内部者たち ~インサイダーズ(6) モヒート

(モヒート)
mohitoo.jpg

『内部者たち ~インサイダーズ』(6) モヒートに行って、モルジブを飲もう

拘置所から刑務所に移送されるサング
この際に、ジャンフンとサングが作った第2の計画が用意されています。

5523.jpg

手下に護送車を停止させて…、

633a_20161101035759282.jpg

サングは脱走します。

633aa_20161101035759b45.jpg

停職処分のジャンフン

「検事! 
 アン・サングが脱走したそうです!」

「…」

「検事! どこに行くのですか?」

「…」
633_201611010357583a5.jpg

脱走したサングは、(裏切った部下)パク・ジョンピルからこれまでの経緯を聞きます。

「ウネを殺したのは誰なのか?」

「イ・ガンヒの指示でチョ常務が殺しました」

「なぜなのか?」

「兄貴を救うために、ウネさんがイ・ガンヒを脅したからだそうです」

それからイ・ガンヒのオフィスに侵入

イ・ガンヒが入って来てオ会長に電話

「アン・サングがどうなろうと関係はないでしょう。
 勝手なワンマンショーのようです。
 は~ははは」
633b_201611010357573c4.jpg

「…」

「!」

「そんなに愉快ですか、ヒョンニム?」
633c_20161101035756854.jpg

「どうしてここに…」

「一つ聞きたいことがあるからです。
 兄貴とは20年の付き合いですよね。
 世間は冷たいですが、
 兄が弟を刺すようなことはありません」

「…」

「俺を裏切ったのは良いとして、
 なぜウネを殺したのか?!
 なぜムン部長を買収したのか?」

「私は何もしらない」

「最後の質問だが、
 “世紀の詐欺師”、
 “委託殺人”、
 “性的暴行を繰り返す悪党”…、
 これは兄貴のアイデアの記事だったのか?」

「すべてがチャン・ピルの指示だ」
633d_20161101035755d31.jpg

全てがチョン・ピルの指示だと言いつつ、殺気を感じたイ・ガンヒは鉛筆でサングの左腕を刺します。
2人はもみ合いになり…、

633e_2016110104071652b.jpg

サングは持ってきた斧でガンヒの右手首を切り落とします。

「物は書けなくなっても、ケツは拭けるだろう…」
633f_20161101040715f41.jpg

そして自首

「お忙しいところをすみませんが、自首しに来ました」
633g_201611010407152da.jpg

サングはイ・ガンヒとの会話を録音していました。
それをサングの部下から手渡されて、内容を聴くジャンフン

633h_201611010407147c6.jpg

初めて敬語を使うジャンフン

「聞いただろう?」

「ええ、この件は私に任せて、体を大切にしてください」

「おい、俺に初めて敬語を使ったな…」

「…」
633k_20161101040713118.jpg

「アボジは大丈夫か?」

「…」

「親孝行しろよ。
 俺みたいな親不孝の息子にはなるなよ」

「…」
633m_20161101040712d92.jpg

次のシナリオに移行
ジャンフンはイ・ガンヒを見舞います

633p_20161101042757ba8.jpg

「脅された上での自白は証拠にはならないことは分かっているが、
 これをチャン・ピルが聞いたらどうなるだろうかな…?」

「…」

「人の心というものは疑い始めたら切りがない。
 ましてや、裏切りだと分かったら、もう絶対に信用しなくなる」

「…」

「そっちの力で俺をひとまず、
 最高検察庁の中央捜査部に配属して欲しい」

「…」

「“敵でなければ友になれ”って言いますからね」
633n_20161101042757ca9.jpg

配属

634_20161101042755844.jpg

ジャンフンとガンヒとの2人の取引の末、
イ・ガンヒの仲介でジャンフンはオ会長とチャン・ピルらの接待に応じることになります。

634a_20161101043335e5d.jpg

「初顔合わせなので、手ぶらでは参れません」

「酒ならたくさんあるが…」

「会長がお好きな銘柄です」
634b_2016110104333440b.jpg
# シーバスリーガルの高級銘柄のロイヤルサルート
(ここに仕掛けあり)

チャン・ピルは与党の大統領候補に選出されます。

「国民の皆様を愛しています。
 サラハンダ ヨロブン!」
634c_20161101043333e66.jpg

高級銘柄のロイヤルサルートには盗撮カメラが仕組んでありました

「画像は手に入ったか?」

…ええ、鮮明に映っていますよ!

「派手にネットでまき散らせ!」
634e_20161101043950d82.jpg

…全国に広がった画像はオ会長とチャン・ピル大統領候補の性接待の模様です。

634f_2016110104394946d.jpg

「…」
634d_20161101043951f0f.jpg

この動画での告発者が誰なのか全国での注目を浴びます

634g_201611010439485d5.jpg

<ここで留置所でのサングがジャンフンへ指示した計画が描かれます>

「ゴロツキの言葉は誰も信じないだろうが、
 検事の言葉なら誰もが信じるはずだ。
 映画を作ろう。
 今日、俺は脱獄する。
 俺の話をよく聞いてくれ…」

「…」

「命の危険を前にしての自白が無効だとは分かっている。
 まずは俺が録音した記録でイ・ガンヒと取引してくれ」

その後は潜入捜査をして画像を撮って欲しいと、オ会長が好きなのはロイヤルサルートだと…。
(瓶に隠しカメラを入れて盗撮)

634p_20161101045811248.jpg

「“虎穴に入らずんば、虎児を得ず”って言うだろう?」

「つまり、内部者になれって言うことか?」

「ああ、そうでないといつまでも田舎暮らしだぞ」

「…」
634n_20161101045643068.jpg

そして記者会見

634h_20161101043947e77.jpg

「私は内部より告発を行うことにしました。
 彼ら3人は何の躊躇もなく全国民を騙し続けたからです」
636_20161101050342d98.jpg

「アン・サングは過去の罪を悔いて、
 全ての皆様に真実を伝えるために記者会見を頼んできたのです」

「…」

「ミレ自動車のムン元財務部長の証言も全て虚偽です」
635_20161101050343fb0.jpg

「あなたの名前を聞いても良いですか?」

「私はウ・ジャンフン。
 大韓民国の検事です
666_20161101050341d4a.jpg

「…」
634m_20161101045810e51.jpg

「…」
634k_2016110104564565b.jpg

<そして半年後のこと>

ウ・ジャンフン弁護士事務所

「ええ、弁護士が戻り次第、連絡します」

「…」

「すみません! ここは禁煙ですよ!」
666a_2016110105180557f.jpg

事務所に戻って来たジャンフン

「もう今年で姦通罪は廃止になったんですよ…」
と、電話しながら…、

「!」

「…」

「おい! ゴロツキや!」

「相変わらず礼儀知らずだな!」
666b.jpg

「臭い飯も体には良さそうだな。
 顔色が良いな」

「お前はこんなとこで食っていけるのか?」

「ああ、個人事務所ではカツカツの生活だ」

「何で政界に入らないのか?
 “孤独な正義の勝負師”って噂なのに…」

「チャン・ピルの二の舞か…?」
666d_2016110105180259c.jpg

「“蝶になるか蛾になるか”は、
 やってみないと分からないさ」

「臭くない飯を食いに行こう!」

「臭い飯も悪くはないぞ。
 でなければ、モヒートに行って、モルジブでも飲もう!
666c_20161101051803201.jpg

「ははは、
 ところでモヒートはどこなのか?」

「分かっているくせに!」

「いやいや、日本なのか?」

「ははは」

「では中国か?」

「ははは…」
666e_20161101051801d6e.jpg

<END>
666f_20161101051800bbd.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

当然ながら、チャン・ピルは失脚、オ・ヒョンス会長とイ・ガンヒは逮捕されます。
しかし、流れるシーンはほんの少しだけでした。
それよりも、
内部告発の後、ジャンフンとサングがそれぞれの場所から空を見上げるシーンが良かったです。

サングのアボジが残したという言葉、「お天道様は見ている(# そして、皆を照らしてくれる)」
そして、”モルジブに行って、モヒートを飲もう”ではなくて、「モヒートに行ってモルジブを飲もう」と言うサング。
ウネへの愛情を隠すためのごまかしのセリフだったと思います。

元ゴロツキと元検事…、
あ~、映画も良いですね。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose