内部者たち ~インサイダーズ(4) Hit the Target

iris.jpg

内部者たち ~インサイダーズ(4) 復讐の標的

ジャンフンに協力することになったサング

まずは、クラブに仕掛けていた録画と盗聴のチップですが、証拠になるようなことは写っていません。

「やあ、裏金のファイルはどうしたのか?」

「だから、
 取られてしまったと言っているじゃないか?」

「そこまでイ・ガンヒを信じていたのか?」

「つまり兄貴と俺とは特別な義兄弟だったからだ」

「ジャーナリストとゴロツキにはありえない!
 何かを与えて何かを貰う特別な関係だからだ」

「とにかくこの世は危険だから、
 俺にも保険が必要だった」

「保険だと?!
 コピーも撮らない抜け作の保険か?!」
345a.jpg

「検事。
 そんなに怒らずに場所を変えましょう」

「どうしてか?!」

「モーテルに男が3人だけですから…」

「それがどうした?!」

「チャン・ピルも血眼で探しているはずですから、
 ソウルは危険です」
345b.jpg

ソウルを離れて

光州には知り合いがいるものの、パク社長も知っているからと、サングには行き場がないので、ジャンフンは父親の家に匿うことにします。

411_201610311740397aa.jpg

ジャンフンの父親は2人に食事を出して、
「検事となると、
 夕飯もゆっくり取れないほどに忙しいのか?」
411a_2016103117403792c.jpg

「明日も早いんだ」

「バカ息子め、車に気をつけるんだぞ」
411b_20161031174036213.jpg

「息子が使っていた部屋だ。
 ゆっくりしてくれ」

「お世話になります。
 この借りは必ず返します」

「え~い、大げさだな…。
 それよりも息子のことを宜しく頼む。
 あいつは世間知らずだからな」

「アイゴ~、世間知らずというよりも、礼儀知らずですが、
 そこは私にお任せ下さい」
411c_20161031174035f37.jpg

ジャンフンが使っていた部屋にはメモ

“地獄の道なら歩き続けろ!”

411d_20161031174034d05.jpg

ジャンフンと野党党首

411f_20161031175044bbb.jpg

野党の党首に会うジャンフンですが、
「これだけでは足りない。
 やはり裏金のファイルが必要だ。
 コピーはないのか?」

「奴はないとは言っていますが…。
 最近の教授はいかがですか?」

「何が?」

「教授のような人が政界にいるのが心配なんです」

「野党暮らしは甘くないな。
 何か大きな手柄が必要だ」

「提案なのですが、アン・サングの記者会見を開いて下さい」

「ファイルは?」

「それは俺が何とかします」
411e_2016103117403372e.jpg

サングとウネ

前回はアウディ、今回はベンツでやって来ます

「良い車だな」

「残金を頂戴」
411h_20161031175043f02.jpg

「結局はウネだけが儲けたな。
 俺が望んでいる映画は公開ができないままのようだ」

「それは女優のせいじゃなくて、監督が悪いからわ」

「ほとぼりが冷めるまでどこかに隠れているんだぞ」
411m_20161031175041ac8.jpg

「オッパ~。
 復讐なんか止めて、一緒にモルジブにでも行って、
 モヒートでも飲まない?
411k_201610311750425a1.jpg

「思い出は胸の中にしまって、過去の未練は忘れてくれ」

「…」

「え~い」

「元気でね、会長さん! バイバイ」
411n_20161031175040dff.jpg

「…」
411p_20161031175038f73.jpg
# 頬に口紅を残してウネは帰ります。

サンギョップサル

412_201610311759348d6.jpg

「ずいぶん勉強したようだな。
 普通なら、検事になったら出世はまっしぐらだろう?
 逆玉の輿だろう?」

「涙ぐましい努力をした。
 ソゲッティング(見合い)でもアレンジしてくれるか?」
412a_20161031175932bd7.jpg

「何でチャン・ピルを捕まえたいのか?」

「警察でも手柄を立てたが、
 警察大学を出ていないので出世は無理だった」

「だから検事になった…」

「ああ、しかし、
 今度はコネが必要だということが分かったという訳だ。
 コネがない奴は実績をあげるしかない」

「んん~」

「しかし、手柄も横取りされる。
 コネも後ろ盾もない俺のような者は使い捨てにされる。
 あ~、大韓民国というのは何とも偉大な国だ」
412b_20161031175931092.jpg

「せっかくここまで来たんなら、
 もっと出世しないといけないな」

「大韓民国憲法第2章11条には、
 国民は法の前では性別、宗教、社会的地位による、
 政治、経済、文化生活では
 “あらゆる分野で差別を受けない”と書いてある」

「あ~」

「話を聞いてくれ。
 俺たちの子供たちはそんな国で育てたいんだ。
 …、コピーは持っているんだろう?」

「…」

「おい、ゴロツキ。
 チャン・ピルの支持率が上昇している。
 お前はそれでも良いのか?」
412c_20161031175930896.jpg

「俺のアボジが死ぬ前に言った。
 “サングや、正直に生きろ。
 お天道様はみているぞ”とな」
412d_201610311759295c9.jpg

「これがムン元財務部長の資料のコピーだ」
412ee.jpg

「俺はモヒートに行って、モルジブでも飲んでいるから
 好きなようにしてくれ」
412e_20161031181804a93.jpg

「一人でやれっていうことなのか?」
412f_201610311804317cb.jpg

「ファイルの出所を明かさないといけない」

「じゃあ、俺だってブタ箱に入れと言うのか?」

「お前の逮捕は避けられない」

「…」
412g_2016103118180363e.jpg

「何だと?!
 俺の目的は復讐だけだ!」

「チャン・ピルを捕まえるためには犠牲もある」

「検事だからといって、俺をなめるのか?!
 なにが“正義”か?!
 単に出世のためだけじゃないか?!」
412h_20161031181801e07.jpg

「それがどうした?!
 コネなし検事が悪党を捕まえて出世することの、
 どこが悪いのか?!」

「…」

「よく考えろ!
 お前の復讐の相手はチャン・ピルじゃない!
 お前のその手も全てがイ・ガンヒが仕組んだシナリオ通りなんだ!」
412k_20161031182252be9.jpg

「!」
412m_201610311822501d9.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

地獄の道を歩き続ける…、つまりネバーギブアップなのでしょう。
2人の不屈の精神を象徴するかのようです。
これからジャンフンのシナリオが動き始めますが、容易な道ではありません。
しかし、
映画の終盤はサングのシナリオが成功することになります。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose