一人酒男女 第11話(上) 爽やかな一線

nana1_20161015014408199.jpg
(photo by nana)

アルコールの血中濃度が0.08%を超えてしまったジョンソク
ようやく自分の本心・本音がアルコールによって浮かび上がったようです。
ただし、もともと成熟していない男なのでどうなるか…?

一人酒男女 第11話(上) コンミョンのさわやかな一線のようです

ハナの講義のビデオを見ながら、チキンとラーメンと何か酒を飲んでいるコンミョン

1100_20161013140025b41.jpg
(# パプリカなどの野菜の“甘煮”をフライドチキンにかけているようです。
ジュージューと音がしています)

…みなさん、単語のシラブル(音節)をご存知かしら?
 一つ一つの音のことです。

「…」

…海の“パダ”は、“パ”と“ダ”の二つに分かれています」

「…」
1100a_20161013140024d3d.jpg

「君が好きだと言ったように、私も好きになった」と、突然のジョンソクに、ハナはいきなり抱きつかれたので寝つきが悪いようです

「ちょっと前の日には、
 ハンガンの橋の上で私を車から放り出しておきながら…?
 昨日のお医者さんとのソゲッティングに行かなかったのかしら?
 きっと酔っぱらっていたからだわ…」
1100b_20161013140023c39.jpg

翌朝

「なぜお前は…?
 チン・ジョンソクだぞ!
 お前は自分の感情もコントロールできる賢い男だ!
 では、あの行動はやはりノグレのことが好きだからなのだ。
 …、ノグレめ…。
 なんと幸運な女だ」
1100c_20161013140023c06.jpg

「まてよ、夢だと思っているかもしれない。
 酔った上でのことだと思っているかもしれない…?
 いや、私はクオリティが高いチン・ジョンソクだ。
 あんな、ノグレのことには心配は無用だ」
1100d_201610131402020da.jpg

ジョンソクからの電話
「昨夜のことだが…」とハナに電話。

「酔っぱらった後の話だと思いますので、
 全て忘れることにしました」と切ります。

電話が切られると、ジョンソクは、
「喜んでいると思ったのに、なぜか?
 どうしてこんな品のない返事なのか?」

「朝一番から電話して来るなんて、
 何だか変な気持ちだわ。
 今日はクラスがなくて良かった。
 会うのが怖いわ。
 今日は国語の試験問題作りをしないといけないわ」
1100e_20161013140021b14.jpg

アカデミーに残したパソコンの中のファイルを取りに行くハナ
コンミョンがチェヨンが作ったメモを読みながら歩いています

1100f_20161013140357781.jpg

通る人に身をかわしながら歩くコンミョンでしたが、バイクに撥ねられてしまいます。

1100g_2016101314035606e.jpg

明日の母親の葬式まで、授業はキャンセルのジヌン

1100h_2016101314035568a.jpg

義理の妹との見合い(紹介+ getting でソゲッティング)の成り行きが心配な院長

1100k_20161013140354dd5.jpg

「私がなぜ詳細を話す必要があるのですか?」
1100m_20161013140354398.jpg

ソゲッティングが不成功で、院長の義理の両親は落胆しているとのこと

「ハイクオリティの女性を求めていたくせに、
 どうしてダメだったのでしょうかね?!」
(ジニ)
1100n_20161013140353852.jpg

ジョンソクはハナが予備校に来ないので、

…今日はノグレとの話があったのだが、
来ないのか…。
二日酔いなのか…?
授業がない日も来ていたのに…?

「ははは、
 わざとこんな恋の駆け引きのゲームをやっているんだな。
 ははは、今夜は気分良いデートにして見せる」
1100p_20161013140528638.jpg

病院のコンミョン

医者が言うには気を失っているだけなので、一日休養すればすぐに良くなるとのこと。

1111_20161013140527fd0.jpg

「家族に連絡したの?」

「いいえ、今日中に退院できるからオンマには心配させたくないです。
それに病院代もバイクの運転手の保険で支払ってもらえます」

「あんたはお兄さんと一緒に暮らしていた筈だわよね?」

そこにジョンソクからの電話

「…」
(電話を切るハナ)
1111a_20161013140526a57.jpg

「じゃあ、帰るわ」と、病室を出ていこうとするハナに、
「あ~、痛い!」と右手を。

「左手が痛いと言っていたんじゃない?!」

「あ~!」

コンミョンは痛くもない手足と頭を抱えてハナを引き留めます。

1111b_2016101314052534b.jpg

こちらは考試院(予備校)のトイレ

トイレで紙がないドンヨンは誰かが入って来るのを待っていました。
そこにジョンソク

「ペーパータオルはあるが、予備のトイレットペーパーが置いてない」

「ペーパータオルで良いので下さい」

「2枚しかない」

「それでも良いので下さい」
1111c_20161013140524525.jpg

「いや、これは私の手を拭うためだ」

誰かに連絡するように頼むドンヨンですが、

「いや、授業まであと2分しかない」
1111d_20161013140523fc4.jpg

コンミョンがいないのでメールを入れるチェヨン

…私の宿題は終わったの?
午前の授業が終わったら見てあげるわ。
カフェテラスで会いましょうね。

1111e_2016101314065502b.jpg

そしてチェヨンは化粧しますが、

…サブ。 ゴメン。
今日はサブとは一緒に勉強できない。
また明日にしよう。

キボムを見つけてコンミョンのことを聞きますが、誰にもまだ連絡は入っていません。

キボムは、
「今日の口紅は鮮やかだな~」

「唇が乾燥しているからだわ」
1111f_20161013140655d85.jpg

トイレから出るのが遅く、ちょっと授業に遅れたドンヨン

キボムが、
「どうして靴下を履いていないのか?!」

「あの“コス”が原因だ!」
1111h_20161013140653a9b.jpg

「そこの学生! 授業中にうるさいぞ!
 撮影係のくせに、授業には遅れるな!」
1111g_20161013140654f29.jpg

コンミョンの看病をするハナ

「セン! 今日は一緒に食べよう」
1111k_2016101314065222d.jpg

寝不足だと聞いてコンミョンは、病院食だけでなくハナの栄養を気にして、サムゲタン(参鶏湯)を外で食べることにしました。

1111m_201610131406518b7.jpg

「いいの?
 だって、歩いていても勉強していたからこんなことになったのでしょう?
 あんたの方が栄養付けないといけないわ。
 無理してはいけないわ」

「無理じゃないですよ。
 勉強して受験に通ったらセンの彼氏になれるのですからね!」
1111n_20161013140849411.jpg

「…。
 あんたは本当に私との約束のために勉強しているの?」

「…」

「コンミョンや。
 あんた自身のために勉強して欲しいわ」

「…。 セン。
 でも約束のことを負担には思わないで下さい」

「え?」

俺は馬鹿ではありません
 先生が約束してくれたのは、
 俺が勉強するためのものだということは解っているんです。
 でも、俺にはこれしか俺の心を示す方法がないんです。
 俺はセンのことが本当に好きなんです。
 だから頑張ります


「コンミョンな…」

「先生が自分のために勉強しろと言うなら、
 自分のために勉強します
 俺はこれまで、こんなに幸せな気分になったことはありません」

「…」

「セン。
 食べたら、家に帰ってゆっくり休んで下さい」

「いえ、これまであんたにはたくさん助けて来てもらったわ」
1111p_201610131408491b0.jpg

熱い参鶏湯を裂くことができないハナ。

1112_20161013140848098.jpg

「セン。 これは男がやる仕事ですよ」

コンミョンはサムゲタンを裂こうとして、
「!」
1112a_201610131408474d4.jpg

# さわやかなケミの二人でした。

1112b_20161013140846d67.jpg

突然、新しい登場人物 クォン
同じ考試院(受講生のためのアパート # )に入居するとのこと。

1112c_201610131410215cd.jpg

「ソウルの9級公務員試験の倍率は128.3倍だぞ~」

「え?!」
1112d_2016101314102058a.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

いつも人前では微笑みを見せる男性が好きです。
他方、会議中に自分の発言を笑ってごまかす自信のない男性は好きになれません。
このドラマのキム・コンミョンは笑顔が素敵な青年ですね。
コンミョンこそ9級公務員に早く合格して欲しい資質だと思います。

公務員試験の難関をパスするまでは恋も停止。
今日はハナとの爽やかな笑顔で一線を画したと思います。
試験勉強、ファイティン!

それにしてもいつになったら“チン・ジョンソクとチン・コンミョンが兄弟”だということをハナが知るのでしょうか?

# 突然の新しい登場人物は2AMのチョ・グォン(조권)
Kstyle News より
10日、韓国ではケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「一人酒男女」(脚本:ミョン・スヒョン、演出:チェ・ギュシク) 第11話が放送された。
この日、チョグォンがサプライズ出演して視線を引き付けた。
チョグォンは国家公務員を準備するため、ギボム(SHINee キー) とドンヨン(キム・ドンヨン) が暮らしている考試院(コシウォン、受験生が住むことを想定した住宅形態の一つ) に荷物を移した。
この姿をギボムとドンヨンが発見した。

チョグォンはギボムとドンヨン、コンミョン(5urprise コンミョン) も自身と同じく9級一般職の行政一般担当を準備していると思い「4人が皆同じ試験を準備しているなんて、面白いね」と話し、最も志願者が多いという話に「では競争率も高いだろうね」と心配する姿を披露し、笑いを誘った。

1116_20161013161018f66.jpg
元記事配信日時 : 2016年10月10日23時29分
記者 : キム・ミリ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose