一人酒男女 第9話(中) シンデレラストーリー


park.jpg

一人酒男女 第9話(中) シンデレラとは?

模擬試験の結果

キボムは不合格ラインで、コンミョンは「試験問題は読まなかった」と。

ドンヨンは、
「容易い出題ばかりだった」

「え?!」

「去年は395点が最低ラインだったが、
 401点は取ったから、9級公務員は大丈夫さ。
 2~3年くらいはかかるから、新人にはまだ無理だ」
911n_201610050312280ec.jpg

「帰る…」
(コンミョン)

「いったい何点くらいだったのか…?」
(ドンヨン)

「252点くらいだ」
(キボム)

「わ~、新人にしてはなかなかの点数だ」

「それは俺の点数だ。
 2~3年勉強したという俺はどうなるのか?!」
911p_201610050312279d9.jpg

ロッカールームで「よくやったドンヨン!」と、満足のドンヨン。

912_20161005031226b35.jpg

屋上でのコンミョンは、廊下でのハナの言葉でショックのまま。

“試験に合格したら真面目に付き合う”とのハナの約束の言葉を聞きながら、
「そうだな…、勉強しよう」
912a_20161005031225380.jpg

予備校講師の結婚式

「どうしたのか? 呼び出して…」

「さっきは私のことを言ったのですね?
 単なる女性とは付き合わないと…」

「ああ、そうだ。ノグレさんのことを差したんだ」

「…」

「私はチン・ジョンソクだからだ。
 ノリャンジンのファーストクラスの講師のチン・ジョンソク!
 何でノグレさんのことを好きになるのか?!」

「昨日は酔ってました。 どうか忘れて下さい」

「ノグレさんはテレビドラマの見過ぎじゃないか?」

「え?」

「金持ちの男が貧乏な女を好きになるような、
 シンデレラストーリーの番組のことだ。
 目を覚ましてくれ。
 私は同レベルの高クオリティの人としか付き合わない」
912b_20161005031224abc.jpg

コンミョンとチェヨン

「羨ましい…。
 模擬試験はトップの成績だったな」
912c_20161005031224425.jpg

「だって早くノリャンジンから脱出しないといけないからだわ」

「でも強いから安心した」

「え?!」

「あの事件でショックだったはずだからだ」

「時間が残されていないわ。
 ノリャンジンに長くいるほど、私は危険な目に遭うわ」

「勉強ができる者は勉強の仕方を知っている…。
 しかし、俺はその経験がないから、
 どこから始めたら良いか分からない…」
912d_20161005032347912.jpg

実はハナからの言葉で落ち込んだコンミョンに、

「教えてあげるわ」
912e_2016100503234733a.jpg

「え?!チョンマル?!」

「クレ!」
912f_2016100503234664e.jpg

「本当か? ありがとう」

「だって私を盗撮犯人から救ってくれたからだわ。
 でも、知って欲しいことがあるわ。
 このノリャンジンでは誰もが自分のことだけで、
 他人のことはお構いなしだわ。
 私にも教えるだけの自信はないわ。
 でも、
 教えると決心した以上、あなたも勉強に集中することにしてね。
 私の指示には全部従って欲しいわ」

「ああ、もちろんだ!
 これからはサブ(#)と呼ばせてくれ。
 宜しくお願い申し上げます、師匠様!」
912g_20161005032345f8c.jpg
# サブ:…キボムと違ってコンミョンは言葉が豊富!
「사부님(サブ二ム:師父님)」という単語は普段は使いません。
韓国人の知人は“冗談めいた時”には使うとのこと。
ちょうど日本語の「お師匠様」のようなニュアンスなのでしょうか。
また、
「사모님(サボ二ム:師母님)」は、本来は「師匠の妻」の意。
目上の他人の妻に対する尊称らしいです。

披露宴の始まり

ジヌンは司会
「ではイ・ミョンバク(李明博)大統領の口調で」と…。
912h_20161005033657220.jpg

院長やジニはジューシーなステーキに舌鼓…。
ですが、ステーキに文句を付けるジョンソク

912k_201610050336565c4.jpg

「私がステーキを焼く時はプライムリブのような、
 ハイクォリティの韓国牛の肉ですからね」
912m_2016100503365519f.jpg

「!」
912nn_20161005040638ffa.jpg

「…」
912n_201610050406380e4.jpg

コンビニCU(シーユー)の前のテラスでキボムが弁当にラーメンを食べているところに、ドンヨンは箸だけ持って、
「多すぎるだろうから、分けてくれ」
922_20161005040754b47.jpg

チェヨンとコンミョン

チェヨンのランチはキムチチャーハン

933a_20161005104853f22.jpg

通りかかったコンミョン

「アジュマ! キムチサンギョップサル!」
933b_20161005104852a62.jpg

「食事中も勉強なのか?」

「これを読みなさい」
933c_201610051048516ab.jpg

「あ?!俺は食事中は食事に集中する」

「私に従うと約束したでしょう?!」

「ア~ッシ、食べ物が見えないじゃないか。
933d_20161005104851924.jpg

「サブ、歩いている時だって勉強なのか?」

「…」

チェヨンは飛んで来たサッカーボールを足で受けて蹴り返します。

933e_20161005104850a61.jpg

工事現場の鉄パイプもくぐり…。

「そうだわ。
 瞬間、瞬間が大切なのよ。声かけないで!」

「あ~」
933dd_20161005104849fa0.jpg

本屋

「公務員試験では、文章力の国語と英語と、
 韓国の歴史のテキストが大切だわ」
933ee.jpg

本の入れ替え中の店員

高い棚から本が落ちてきます。

「!」
933f_201610051055188f7.jpg

「すみませんでした。大丈夫でしょうか?」

「ええ、大丈夫です」
933g_20161005105517f28.jpg

「!」

「ケガしたら教えることができないだろう?」

「…」
933h_20161005105516685.jpg

引き続きいつもの授業パターンでの司会

933kk.jpg

「あ~、つまらない司会が続くもんだ」

「…」

「パク教授はまだ若いから結婚は早いが、
 チン教授はもうそろそろだろう?」

「ええ、ハイクオリティの女性が見つかれば結婚したいです」
933k_20161005105514a84.jpg

「どんな女性が条件なのか?」

「んん~、
 まずはソウル大学のような望ましい学歴ですね。
 将来の子供のことを思うと教育のレベルが低いと問題です。
 それに、職業も高給取りですね」

「では、弁護士とか判事とか、医者ですね?」
(ジニ)
933m_2016100511032321a.jpg

「ええ」

「私の少なくとも1割以上の給料を貰っているなら、
 その方が幸せですね。
 ルックスはモデルのように背が高い人が良いですね」

「簡単に言えば、
 ソウル大学出身の高給取りでモデルのような女性だな。
 あ~、なんて欲張りなのか?」

「私はチン・ジョンソクですよ、
 チン・ジョンソク!」
933n_2016100511032285d.jpg

耐えられなくなってハナは、
「先に帰ります。 仕事が残っていますから…」
933p_20161005110321292.jpg

追いかけるジニ

934_20161005110320b48.jpg

出たジョンソクとぶつかったジニ

「あ~、すみませんね。
 私はソウル大学出身の高給取りでもスーパーモデルでもありませんからね!」

「何だと?!」
934a_201610051103194f1.jpg

「チン教授はハナを傷つけたことが解らないのですか?!」

「?」

「彼女は恋に落ちた…」

「え?!」

「あ~、私って何を言い出すのか…」

「え~?」

「ハナが酔っぱらって、
 チン教授のことが好きだと言ったんです」

「え?!」
934b_20161005110319887.jpg

バスの中

…そうだわね…、
私はそんな女性じゃないわ…。

934c_20161005110849c61.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

今日のジョンソクのセリフに、
「金持ちの男が貧乏な女を好きになるような、
 シンデレラストーリーの番組のことだ。
 目を覚ましてくれ。
 私は同レベルの高クオリティの人としか付き合わない」

映画『プリティウーマン』にあったように、韓国ドラマでもシンデレラストーリーが流行しました。
財閥の御曹司に見初められる女性の話。

コンミョンの母親は、
「兄さんのことは“王様”だと思って一緒にここに下宿しなさい」と、
ジョンソクのことを評しました。

ジョンソクは、
おとぎ話の『シンデレラ』の外面・学歴ではない、内面の美しさを知っているのでしょうか?
単に金持ちと貧乏人のストーリーではありませんでした。
例えコメディであっても、
簡単に“シンデレラストーリー”という言葉を使っては欲しくありません。
ジョンソクこそ、ロー・クオリティかつ低俗だと思います。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose