一人酒男女 第4話(上) 麗水(ヨス)分校

一人酒男女(ホンスル ナンニョ)
400_201609231216239aa.jpg

“オールパス”の名の予備校。
キム院長がジョイントクラスの編成に1000万ウォン(約100万円)のボーナスを提供すると励ましたものの、ハナには難関。
ジョンソクとの間では“ジョイントクラス”の言葉を2度と使わないと約束していたハナなので、その道はないと諦めていました。

「チン教授は冷たいから…」

300b_20160918020814490.jpg

一人酒男女 第4話(上) 麗水(ヨス)分校

ジョンソク

400a_20160923121622e7d.jpg

…私は一人で飲むのが好きだ。
一日中仕事でしゃべっているから、
こうして静かに一人で、孤独を楽しむのが好きなんだ。
俺には一人酒のルールがある。
まず、ゴージャスな雰囲気を作ること。
次は、豪華な酒のつまみを食べること。

400b_20160923121621762.jpg
(# サムギョプサルのようです)

3番目は、酒の良さを探し求めること。
4番目は、アルコール濃度は0.080%までにすること。
この時間が心底癒される時間だ。

それが気分の良さを保つ一番のスポットだからだ。
私は酔って自分を見失うような人は嫌いだ。

400c_201609231216204c3.jpg
(毎日の食事をHPにアップするジョンソク)

ハナがチン・ジョンソクのHPを開くと…、

「美味しそうだわ。 私も食べたいわ…」
400d_20160923121620e82.jpg

そこでスナックを並べて…

400e_20160923121619237.jpg

「カ~ッ!」
400f_20160923122346c9e.jpg

コンミョンは教室を撮ったビデオで学習中(?)…

「あ~、見れば見るほどに可愛い先生だ~」
400g_201609231223461e8.jpg

ジョンソクが帰宅して
「やあ、チン・ゴンミョン。 何しているのか?」

「勉強で疲れたから一杯飲んでいるんだ」

「何だと?!飲みながら勉強しているのか?!
 それで勉強といえるのか?!
 それに、私のワインには手を付けるな!
 それだけじゃない!
 私の所有物には触るな!」
400h_20160923122345849.jpg

週末は仕事で出かけるというジョンソク

歓喜するのはコンミョン!

「俺だけになる! 最高の週末だ!」

それを見ていたジョンソクは、
「問題を起こすと殺すぞ!」

「はい、確かに…」
400k_201609231223441bc.jpg

ジニとハナ

ソウルの普通の学校の先生たちが予備校に転職する理由を話しています。
ソウル公立の学校で教鞭をとるよりも、予備校の講師として働く方が、ボーナスなどなどでより収入がアップするというシステムになっているからです。

「ようやくあんたも、
 ついにジョイントクラスに参加できるようになったから、
 これからだわ!」

「いや、私は単なる新人だから…」

「あの嫌いな連中に仕えなくてはならないけど、
 これも生き方だわ。
 あんたのことが好きなのは、いつも前向きだからだわ」
400m_20160923122342c54.jpg

今日は、麗水(ヨス)の分校での出張授業のようです

「オンニ、今はカンジャンケジャン(#)の季節だわ」

それで一杯飲もうと言うハナですが、ジニは妊娠したようで、たくさんは飲めないと。

「え?!結婚は?!」

「これで結婚ができるってことよ!
 私のミノさんは経済的に不安だったから結婚には躊躇していたのよ」

そして、昨夜見た夢は海辺でたくさんの貝を取ったので、
「きっと女の子だわ!」

「…?」
400n_2016092312234374f.jpg

朝のカフェ

「電車の時間になってもまだ来ない」という院長。
その前に現れたのは『インサイダー』のイ・ビョンフンの役柄でジヌン

400p_2016092312304339f.jpg

さてKTXに乗車

しかし、カフェにラップトップを忘れたキム院長。
新人のハナがカフェに走ります。

411_20160923123042c40.jpg

あと5分
ハナがダッシュしますが…。

411a_20160923123041c54.jpg

駅員の話では、
「すみませんが16時まで全席満席です」

「…」
411b_2016092312304144f.jpg

いつも一人を好むジョンソクは出張も一人旅
2台持っている高級車のうちでもポルシェを選びます。

411c_20160923123039ab9.jpg

院長からジョンソクに緊急連絡が入り、ハナをピックアップすることに…。

「なんで私がノグレを…?」

「すみません。
 一人で行きたかったのでしょうに…?」

「もういい。 問題は院長だ。
 ラップトップを置き忘れた院長が問題なんだ」

「すみません。 静かに座っています…」

「…」

「…」
411d_20160923123038060.jpg

「ところで、これまでのことをなぜ黙っていたのか?」

「え?! 何を…?」

「あのウェットティッシューの件と、
 商品券のギフトのことだが、
 ノグレさんは知らなかったようだな?」

「…」

「私が怒ったのに、どうして言い訳をしなかったのか?
 謝って欲しい」

「え?!なぜ私が謝るのですか?」

「当たり前だ!
 お陰で何も知らなくて、私が誤解したからだ!」

「あ…、ええ、すみません。
 でもなぜ…?
 なぜなのですか?」

「何だと?!」

「でもなぜジョイントクラスに参加を許してくれたのですか?
 とても理解が出来ません」

「理由はない。
 ただ、少しだけノグレさんには少し潜在能力を感じたからだ

「え?!私に?!」
411e_20160923123826487.jpg

「なぜそんなに嬉しいのか?」

「いえ、潜在能力なんて…、何か幸せな気分です」

「そんなに感動して欲しくない。
 ただ単に“ちょっとだけの”能力を感じたと言っただけだ。
 いい加減にして欲しい」

「すみません。嬉しくて…、口が閉じらせません…」

「…?」
411f_201609231238259a4.jpg

麗水(ヨス)までは時間がかかるので休憩

「コーヒーでも買って来る」

「チン教授! いいですよ。
 お疲れでしょうから、私が買って来ます」
411g_201609231238248ae.jpg

「アイゴ~、低所得者には頼めない」

「いいえ、私だって時給3万ウォン(約3000円)ですから!
 それに潜在能力があるならもっと稼げます」

「チッ!」

「どんなコーヒーですか?
 アメリカンですか? カフェラテですか?」

「何でもいいから!」

「では、ちょっとだけの能力者が買い付けに参ります!」
411gg_20160923123823f8b.jpg

予備校生向けのアパート

チョン・チェヨンも住んでいるようで、共用の厨房ではキボムとの間で、残っていたラーメンの取り合い

411h_201609231238227c4.jpg

チェヨンがラーメンを胸に隠すので、キボムは手を出せません。
そこで、ドンヨンの部屋に忍び込んでベッドの下からラーメンを発見するのですが、置手紙も発見

ジヨンと兵役を挟んで5年も付き合っていたものの、別れを告げられたドンヨンは絶望

…俺は…、麗水に…、海に身を捧げる…。

411k_201609231238215d8.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

2012年の春から夏にかけて万国博(海洋博)が開催された麗水(ヨス)
KTX.jpg

その際に建設されたKTXの新線の終着駅です。
ソウルからは、
韓国半島を縦断することになります。

全羅南道・麗水市、
それに、
全羅南道・木浦(モッポ:道庁所在地)までは、
KTXで3時間半くらいかかります。

いずれも海産物で有名な韓国最南端の町です。
なお、全羅南道は佐賀県との姉妹関係です。

# これは先日食したケジャン
生のワタリガニをヤンニョム(薬念:タレ)に一晩漬けます。

kejyan_20160923131631bbe.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose