一人酒男女 第2話(中) チンサン(진상)


wine1.jpg

一人酒男女 第2話(中) チンサン(진상)

ジョイントクラス

「ファーストクラスの教授と組んで、
 ジョイントクラスを開設すると、
 たくさんの予備校生を集めることができるからだわ」
と、ジニ。

院長もチン・ジョンソク教授とのジョイントクラスで予備校生を獲得することで、予備校の収益を上げる作戦です。
ジニ、ジヌンはすぐに大賛成なのですが、ハナはジョンソクの普通ではない性格を知っているので、チームの結成に疑問符…。

212n_20160911073919b1d.jpg

キボムは月々の生活費が送金されたからと、またスポーツ店で買い物

「全部使ってしまうんだ。
 そうすればドンヨンのように貧乏になって、
 ハングリー精神が湧くはずだ」

「?!」
212pp_20160911073918f23.jpg

たくさんトレーニングパンツとシャツを買い込むキボムを見て、コンミョンは、
「お前はノリャンジンのパリス・ヒルトンのつもりなのか?」

「トラックスーツは予備校生のファッションだ」と言って、通りを歩く予備校生のスポーツシャツの毎年の発表ファッションから、

「あの学生は3年前のファッションで、
 あの予備校生は5前からのファションだ」

「?!」

「あれを見ろ。
 今年の秋のデザインだ。
 つまり、ノリャンジンやって来たばかりという訳さ」
222_2016091107391763b.jpg

さて、ジョイントクラスの提案

「いいや、私ははっきり言っておくが、
 こんな講師たちとは一緒には、
 ジョイントクラスの編成なんかしたくはありません」

「どうしてチン教授はいつも…?」

「理由を言いましょうか?
 この講師たちは200人以下の生徒しか集めることはできませんよね。
 なぜ私が彼らのために犠牲を払わないといけないのでしょうか?!」

「契約内容ではジョイントクラスもOKだとサインしたじゃないですか?」

「いいえ、私は自分が選ぶ講師とだけだと、
 契約に詳細を付記しています。
 つまり受講生が私の名前でクラスを選択する以上、
 私が講師を選びます」
222a_20160911073916850.jpg

「は~、あいつはやっぱりHigh Quality Trash だわ」

「コス…。 何とか追い出す方法はないか…?」

「何言ってるのよ、
 1年で100億ウォンくらいも収益をあげる教授なのよ。
 追い出すより仲間に引き入れるべきだわよ!」

そこでジニはジョンソクのHPへの書き込みコメントを思い出します。
あの学歴詐称を持ち出して脅すつもりか…?
ジニはハナに、ジョンソクの履歴の調査を依頼します。

223_201609120111319a8.jpg

チン・ジョンソク

…チン教授の略歴の疑惑。
ソウル国立大学を卒業してはいない。

…このメッセージを消去しますか?

222y.jpg

「…!」(消去)
222x.jpg

ハナはネットでソウル大学の卒業生リストから“チン・ジョンソク”を検索しますが、リストには“チン・ジョンソク”の名前がありません。

…検索の結果はありません。

223a_20160912011130ef5.jpg

すぐに院長に詐称の件を伝えるというジニですが、ハナは、

「このことは本人に告白させる方が良いと思うけど…?」

「いや、ではこの件ではパク教授はかかわらない方が良い」
223b_20160912011130d75.jpg

「弱気なのかしら?」とハナはいつものように、単語(音声)検索

…弱気なら、次のサイトを検索して下さい。
弱虫(無能:wimp

「いや、先輩たちは良くしてくれる。
 私も黙っていてはいけない!」
223c_20160912011129975.jpg

ジョンソクはジニとジヌンはまだしも、パク講師は問題だと、ジョイントは嫌だと強硬姿勢。
もめているところに、ハナ

「また、私の学歴を議論しているのですか?!
 学歴がそんなに大切なのですか?!」

「!」
223e_20160912011127ee4.jpg

「パク教授、何を言い出すのか?
 チン教授はソウル大学の出身なんだぞ!」

「皆さんは知らないのですか?!
 チン教授には学歴詐称の疑いがあります!」
223d_20160912011128704.jpg

ハナは強気に出ました。

「この検索結果をご覧下さい。
 ソウル大学の卒業者名簿には、
 “チン・ジョンソク”の名前はありません!」
223f_20160912011923f43.jpg

チン・ジョンソクではなくて、“チン・サン”という名前を自分で検索して、ソウル(国立)大学の歴史学科を卒業したことを証明します。

223g_2016091201192362c.jpg

さらに、自分のIDを提示。
鎮商…
223h_201609120119228c7.jpg

# 진상 チンサンには、迷惑な行為、無理な言い掛かりの意味があります。
または、お酒を飲んで暴れたりする人のことをいいます

「王朝時代には“チンサン”と言うのは、王家の食事のことだった」
と、庇うキム院長。

しかし、周囲は失笑

「ええ、私の本名はチン・サンです。
 ノリャンジンに来てからは、
 チン・ジョンソクの偽名を使っていました」

「ま、まさか…名前がチンサンなのですか?」

「ええ、前の塾の院長が名前が良くないから、
 偽名を使うように強要したんです。
 あまり考えてはいなかったので、これは私の失態です」

「なぜ、チンサンが良くないのですか?
 なんで名前を変えるなんて…」

「…」

「さあ、これで良いのか? ノグレさん?!」

「すみませんでした、チン教授」

「いいさ。これで、気持ちも固まった。
 こんな講師たちとはジョイントクラスは開けない」

「…」

「他人の過去を暴くような人は、
 むしろ実力がない無能だということだ。
 そんな講師とのコラボはお断りだ」
223k_2016091201192138a.jpg

「なんでこんなことに…、
 君たち二人もこの件を知っていたのか?!」

「いいえ知りませんでした」
(ジニ)

「ええ、私も初めて聞きました」
(ジヌン)
223m_201609120119202bd.jpg

「イカの刺身で夕食だ」とドンヨンを呼び出すコンミョンたち二人

…ジヨンに週末に会うからそれまでに勉強を終わらせたい。
(ドンヨン)
223n_20160912012928a1a.jpg

「あいつとジヨンは、
 2年の兵役を挟んで、5年の付き合いだからな…。
 早く結論を出さないといけないんだな…。
 これまでもジヨンはまるでオンマのように支えてきている」
223p_20160912012930c5e.jpg

「それだ。
 俺がハングリーになっても勉強しないのは、
 ガールフレンドがいないからだ」
222z.jpg

「え?!」

「そうなんだ。 目標がないからだ!」
224_20160912012929509.jpg

ジヨン

…オッパ、ジヨンです。
レジデンスの下まで来ています。

そこで二人は参鶏湯

224a_201609120129279f1.jpg

「ゆっくり食べてよ」

「いや、早く食べて勉強に戻らないといけない」

「オッパ、今日は私ともう少し一緒にいてくれない?」

「え?!」

「オッパは忘れたの?
 今日は出会ってから5年目の日だわよ」

「あ…。 ゴメン。
 勉強で忙しくて、すっかり忘れていた…。
 だから急に来たのか…?」

「んん。だからもう少し一緒にいたんだけど、
 ダメかしら?」
224b_20160912012926ffc.jpg

困ったキム院長

「これからは実名でやっていきたい」というジョンソクに院長は困惑。
これまでのチン・ジョンソクのブランドの名声に傷がつくからです。

「どうして急にそんな…。
 学生たちが困惑すると、生徒数が減るではないですか?!」

「ちょっと時間を要しますが、何とか切り抜けます」

「何で、私までもが一緒に耐えないといけないのですか?!
 最初の約束とは違いますよ、チンサンや~!」

「?!」

「きっとチンサン教授は“謝るべきか…?”
 それとも“告白すべきか…?
 そんな状況だな」
224c_201609120133572d6.jpg

ひたすら謝るハナ

「チン教授、すみませんでした」

「いいさ、もういい」

「すみません。
 どこかで少し話を…?」

「なぜなのか?
 君が学生に媚びを売っていたように、
 今度は私を食事に招待するのか?!」
224d_201609120119190e2.jpg

裏切り者の二人から、むりやり飲みに連れ出されるハナ

224e.jpg

こちらはドンヨンとジヨン

「オッパ、この曲覚えている?」

「んん」

「カラオケに最初に行った時に、
 オッパが私に歌ってくれた歌だわよ」
224f_201609120125213f2.jpg

「んん、もちろんだ。
 あの日は実は緊張しまくっていたんだ…。
 あ~、あれから5年だな…」
226_201609120125193b6.jpg

「そうね…、時が経ったわね…」
225_20160912012520ea1.jpg

「…」
227_20160912012518db7.jpg

ジヨンはポロシャツをプレゼントします。

228_20160912012517eb9.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

韓国の映画・ドラマ(音楽も)産業の実力はそのプロダクションの数や、輸出力のとおりだと思います。
ただし、あまり知られていないこととして、脚本家の8割以上(脚本家協会への登録者数)は女性です。
その理由の一つとして、ある脚本家は“男性の場合は兵役があるから”と述べていました。
20か月の軍務のためにブランクが空き、考え方も変わるのかもしれませんが、脚本家として成功する人の数も限られているからかもしれません。
作家として生計を営むことは簡単ではないからだとも思います。

今回の『一人酒男女』では国家公務員試験という難関を突破するために、就活浪人が多々いることも分かります。
コンミョンが言うには、キム・ドンヨンは約2年の兵役を挟んで、ジヨンとの付き合いは5年間も経ているとのこと。
大学在学中、または卒業後に兵役に就くのが一般的なので、その後の就職活動も大学受験同様に厳しい面が色濃く映し出されているようです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose