ドクターズ 第17話(中) 不誠実な人たち

catch.jpg
(上野公園: 2016.07.07)

ドクターズ 第17話(中) 不誠実な人たち

ジホンが裏で進める取引とは?

「二つ目のニュースの良い部分は、
 キム・ジヒョンが取引を求めてきたことなんだ」

「麻酔外科医の報告と引き換えに何を求めたんですか?」

「彼が持っている麻酔医の報告書のことだけではなくて、
 別のことも要求しておいた。
 二つのどちらかになるのか、回答を待っているところだ」

「あの人が断ってきたら、私が何とかします」

「いいや、俺がやるから、君はただ待っていて欲しい。
 麻酔医の報告を貰った時には、
 チン院長に見せて謝罪させればいい。
 それで君の手も離れる…」

「…」
1712m_2016081903491392d.jpg

ヘジョンは元より、この件ではジホンを巻き込みたくなかったことでもあったので、また気分を害します。
先に帰ろうとします
追いかけるジホン。

1712n_20160819034912cb7.jpg

「ハルモ二が俺の前で膝をついて…」

「…」
1712p_201608190349116ec.jpg

「君のことを宜しくと、頼んだんだ。
 もしも、ハルモニに会えるなら、
 どうですか“良くやったと思いますか”と聞きたい」

「んん、良くやったと思います」

「…。 これは何か知っているか?」
1713_2016081903491032a.jpg

「いつも先生のカバンに付いていましたね」

「あの事故の時までは家のキーチェーンだった」

「…」

「両親はあの時、死ぬまでには至らなかったはずだ。
 つまりゴールデンタイム(#)を逃したんだ。
 俺はあの時にこの世を恨んだ。
 とても幸せな家族だったからだ」

「私とハルモニも、あの手術の前までは幸せだったわ」

「俺は死ぬかもしれない明日のことは信じない。
 ただこの瞬間だけを大切にして、今を信じている」

「…」

「ハルメが求めているのは君の幸せだから、
 手術の時の真実を掴むために、
 今日を無駄にすることではないはずだ」

「でも、私にとっては真実を暴くことが今日を生きる力です」

「そうだ。 だから君の手助けをしているんだ。
 君の闘いもそろそろ終わりじゃないか…」
1712pp.jpg
# 脳外科手術で蘇生できる数時間のこと。

問題はガンス

ジュンテには「暇でしょうがない」、ギョンジュンには「何かやることはありますか?」と。

「ない」

ジュンテは言います、
「昨日お前のCTスキャンを見てから変わったようだ」
1713b_20160819034909e90.jpg

ジホンはガンスの容態を知って、「これまでどうしてはっきりと言わなかったのか?!」と怒ると共にきっと「完治させる」との気持ちを伝えます。

1713c_20160819035616fa9.jpg

ユンドも心配して完全に腫瘍を除去する」手術すると。

「もしも、手術の最中に神経に傷がつくと、
 視力はどうなりますか?」

「まだ物が二つに見える症状(diplopia)じゃないと言っているじゃないか。
 今週は時間が作れるから俺が手術する」

「…」
1713d_20160819035616f5c.jpg

ガンスはジホンに頼るかユンドに頼るか…?
二人ともベストの医者ですが手術の方法で悩みます。

それでキム・テホに相談

「私は全部の除去よりも部分除去の方が良いと思う」

「科長は手術しないのですか?」

「私に手術して欲しいのか?」

「いいいえ、ただ相談したくて来たんです」
1713e_20160819035615479.jpg

ジホンはキム・ジヒョンに電話

早く結論を出して欲しいものの、キム・ジヒョンにとっては「これからの20年ほどの経歴にかかわることなので」と時間を与えます。

1714_20160819035614554.jpg
# 13年前の医療ミスは公訴時効なので、現在に係る裏金とか、その他の内部告発のことだと思います。

ガンスについては、ジホンが既に手術の予約済み

スジンから話を聞いて、驚くのはユンドとギョンジュン。

1722_201608190356134de.jpg

ヨングクからも、
「ホン先生は、MRIを見てすぐに手術の予定を指示されました」

ギョンジュンはガンスを正面から見ることができません

「すまない。 
 これまで何度も頭を叩いたからな…」

「…」
1722a_2016081903561293b.jpg

ガンスが知りたかったのは執刀医ではなくて、助手となるレジデントたちの反応

# とても悲しいです。

ギョンジュン(4年目)、ヨングク(3年目)、ジュンテ(2年目)はガンスを前にして手を挙げませんでした。
確かに、決して失敗してはいけない同僚の手術ですから…。

# 私は悲しいのはヨングクです。
既に執刀医のライセンスを取得しているのにもかかわらず、これまでも積極的に動きません。
彼はリスクを避ける言動を時々みせますから、変わって欲しいです。

1722b_20160819042134b99.jpg

スーニ・ハワイ

「暇だから手伝っている」というヘジョン

「ホン先生!」
(スニ)

「冷たいビールをお願い!」

「了解です!」
1722c_20160819042134daf.jpg

「嬉しそうですね?」

「お土産があるからだ」

「もしかして(ホクシ)…」

「ああ、きっとだ(ヨクシ)」

ついにジホンは「麻酔開始からの“13年前の手術の記録”」を入手しました。

驚くヘジョンに、
「ここまでが俺の手が届く範囲だ」

「カムサへヨ…」

「これでハルモニの(医療ミス)件ではきっと君も気持ちが晴れるさ。
 その気持ち分かち合うことこそが、
 俺がこれまで待っていた君からの最大のプレゼントなんだ」
1722d_20160819042133074.jpg

手術を前にガンス

「お前はハンサムだ!」
1722e_2016081904213293c.jpg

そう言いながら自分の頭髪を切るガンスに…。
涙…。

「脳神経外科医、チェ・ガンス! 
 これからやるぞ!」
1722f_2016081904213100d.jpg
# アイゴ~!
泣きながら頭髪にバリカンを入れるガンスの顔に、私も涙が…。

13年前のハルモニの胃癌手術の記録を持って、ヘジョンは一般外科のスタッフ医のチョン・パランに相談に行きます

細かくチェックするというパラン。

「手術の最中に静脈が破裂した。
 12時30分に腹部の切開が行われた。
 12時50分頃に心臓の機能が停止した。
 そして、
 13時20分に手術台の上で亡くなったことになる」

「…」

「出血多量が原因で心肺機能の停止だった」

「私もそこまでは理解できます」
1722h_20160819042130550.jpg

「では内臓の外科として、ユ先生が知らないことを話す。
 内視鏡を使った胃癌の手術をするかどうかは、
 執刀医のそれまでの体験での判断だ。
 2003年当時はまだまだ内視鏡だけでの手術は一般的ではなかった」

「私も聞いたことはありませんでした」

「ちょっと不思議なのは次の点なんだ。
 執刀医は、静脈が破裂して出血が激しい右上の腹部を切開しなかったことなんだ」

「医者としての見解はどうですか?」

「これは実際に執刀した医者の判断を聴くしかない。
 しかし、私の見解は、
 執刀医が手術の際に大静脈を傷つけて
 異常な出血を起こしたことが原因だと推測できる。
 すぐにでも多量出血の部分を切開するべきだった」

「では、執刀医の判断が間違っていたと言うのですか?
 確かでしょうか…?」

「…」
1722k_20160819043356ce7.jpg

院長は玄関で出会ったヘジョンに、
今日は停職中では?」

「ええ、院長から戴いている宿題の答えを求めて来ていました」

「…?」

「覚えていますか?
 私は13年前のカン・マルスン患者の保護者でした」

「…」

ミョンフンとヘジョン

「これまで私のことを知らない振りをしていたのですか?」

そして、院長としての態度に、
「私に対しては、そんなに気楽な言葉を使わないで下さい。
 気楽な関係ではありません」

「…」

「13年前に言いましたよね?
 “証拠があれば罰は受ける”と」

「それが? いいや、それで…は?」

「これが証拠です」
1722p_201608190433550e8.jpg
# ヘジョンの宣戦布告です。

「それでは私がベストを尽くさなかったということにはならないだろう?」

「ではそれを私のハルモニに説明できますか?
 内視鏡での手術のことです。
 私たちは新しい手術の方法については聞かされていませんでした」

「しかし内視鏡での手術は大きな切開が不要な素晴らしい技術だ。
 当時最新の技術だった」

「それは保険ではカバーされていない手術方法でした。
 お金のためにその手法を選んだのですか?」

「そんなことだと話が通じないな」

「胃癌の手術くらいで死亡に至るのでしょうか?
 あなたは明らかに医療ミスを犯しましたね」

「誰だってミスは起こすものだ。
 解るだろう?」

「ベストを尽くしたと言いましたよね?」

「では、これまでユ・ヘジョン先生に対して、
 私が何もして来なかったと言うのか?」

「私がこれまで脅迫もせずに黙っていたからです。
 公訴時効が過ぎていたからです」

「解っているようだな。
 我々外科医には執刀の間違いもある。
 君だって脳神経外科として成長したのだから、
 まさか女子高生みたいなセンチメントはないだろう?」

「…」

「ユ先生の過去を追及するのではなくて、
 君にはチャンスを与えているではないか?」

「何も悪いことはしなかったと言うのですか?」

「ミスはしたが、ベストは尽くしたから、
 君がこだわるような罰を受けるようなことは無い」

「…」

「しかし、謝りたい。
 私は間違いを犯すべきではなかった」

「…」

「これで貸し借りはないよな?」

「ご自分自身のための発言でしょうか?」
1722n_20160819043356117.jpg

「ミスに対してのお詫びだ」

「…」

「ところで、ホン・ジホン先生と付き合っているそうだな?」

「…」

「それは良いことだ」

「…」

「人生は短いから、前向きに考えることだな」

「私はどうも子供じみていて、
 院長のことを甘く見ていたようです。
 凄い人ですね。
 私はお詫びして戴くことだけを考えていましたが、
 そのお詫びを聞いて、ますます怒りを覚えました」

「…」

「私は院長の患者に対しての真心からの謝罪を期待していました。
 しかし、私が間違っていたと解りました」

「ホン先生にも聞いてみるんだな。
 我々はこんな人生を送っているんだ」

「今日はこれで帰ります」

「この件ではもう来ないでくれ。
 それに、この病院には2度と来ないことを祈っている

「…」

「この病院で私と共に働きたくはないだろう?」
1722m_2016081904335464c.jpg

怒りが溢れるヘジョン(トイレで)

「いいわ、あんたが法を汚すなら、私は法で答えてやるわ」
1723_20160819043353da2.jpg

ヘジョンはジホンに、
「いい弁護士を知っていますか?」

「どうして弁護士なのか?」

「訴訟に必要だからです」

「院長は謝罪しなかったのか?」

「不誠実に謝りました。あの人を潰してやりたくなりました」

「あの麻酔外科の報告ですべてが終わると思ったが…」

「私はすべての証拠集めをして戦います」

「ここまでにしないのか?」

「…。
 チン院長は言いました。
 “ホン先生も我々と一緒だ”と」

「…」

「それに、世の中の仕組みを知っている人は誰もが同じだとも言いました。
 私がハルモニの真実を暴くだけの未成熟な人間だと思っていますか?」
1723a_201608190454463a1.jpg

「これまで築いて来た今の君の地位を崩すことだけが俺は悲しいと思っているからだ」

「問題点を逸らさないで下さい。
 あなたはチン院長の考え方に同意するのですか?」

「なぜそんなに攻撃的になるのか?
 俺はいつだって味方だ。 
 俺とは喧嘩するな」

「私は怒っているんです。
 今の私は、私を理解してくれる人は誰もいないような気分です。
 先生も同じだからです」

「…。
 良い弁護士を紹介する」

「…」

「君の思うようにしろ」
1723b_20160819045445bca.jpg


にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

13年前のこと。

ネットに書き込んでジホンとヘジョンの人生に悪影響を与えたソウ。
彼女には悪意がありました。

胃癌の手術でミスしたソウの父親のチン・ミョンフン。
動機はないといえ、彼は誠意を持って、謝罪をしなかった。

そして13年後のこと。
ジホンの父親のドゥシクの感情を刺激して、脳卒中に陥れたチン・ソンジョン。
殺意の動機はないにしろ、知らない振り。

人とは怖いもので、知らず知らずとはいえ、平気で他人を傷つける…。

一つ1つ取り上げると枚挙にいとまがないのですが、本来は“相手にする人たちではない”と思います。
しかし、何かしらの制裁を与えなくてはなりません
彼らは次第に”正義の川”に流されていきます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

癒してくれるドクターたち

naoさん みなさま いつも応援ありがとうございます
今回は『ドクターズ』のファンが多いんだな~と思っています。

私にとっては、naoさんの“チョア”が本当に「温かい一言」です。
また、作品のテーマでもある“傷ついた治癒者”のドクターたちの言葉に、
さらに私も癒されていようと思っています。

自分の感動をうまく表現しないと、
皆様には解ってもらえないと思いつつ、
しっかり最後までKJSを支えたいと思います。

正義の川

オッパ 皆様 アンニョンハセヨ

お久しぶりです。
あっという間に8月も終わりですね。

因果応報と言いますか、「『正義の川』に流される」
とても綺麗な表現。チョア。

心の成長を観ることが出来るドラマは良いものです。
私は、主役二人の演技力に感心しつつ、ソウの成長を見守っています。

台風も去り、今日は暑くなりそうです。
オッパ、ラストまで楽しみにしています。
皆様もどうぞご自愛下さい。
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose