ドクターズ 第10話(中) 待つ人たち


summer16.jpg
(2016.08.01)

ドクターズ 第10話(中) 待つ身の辛さ

手術を前にして、チン・ソンジョンとドゥシクがクッキーをもって見舞い。

「好きだろうから、手術が終わったら食べてくれ」

「大丈夫か?」

「ああ、パンチくらいでは倒れない」

「お前の極秘資金のことを知らないとでも思っているのか?」

「だからどうだと言うのか?」

「ミョンフン(院長)にはそんなことから身を引いてほしかったが、
 自分からその機会を失ったようだな」

「分かった。 好きなようにしてくれ。
 その代わりに持っている資金の情報を渡してくれ。
 俺たちは旧友だし、これまでの歴史を共に歩いて来た」
1012d_2016072608320011e.jpg

別の手術の前のジホンとソウ

「挨拶もしないのか?」

「…」

「今でも俺はお前の先生なんだぞ」
1012f_20160726083159536.jpg

ユンドはヘジョンと初めて二人だけのカフェテリアでの昼食

「あ~、ようやく!」
1012g_20160726083158da7.jpg

「ここでランチするまで長い道のりだった」

「…」

ヘジョンはお付き合いなので、口数もありません。

1012h_2016072608315835d.jpg

「俺は君を“女として見ている”と言った。
 その意味が正確に伝わっているか?」

「馬鹿じゃないから、分かっていますよ」

「ではどうしてそんなにガードが高いのか?
 ホン先生のためなのか?」

「先生。 ここは食事するところです。
 話題が重すぎます」

「何が重いのか?
 食事と愛とはお互いに…。
 ああ、そうだな。
 食事する時は別の話をすべきだな」

「先生。 カムサへヨ(感謝します)」

「どうして突然感謝なのか?」

「…」

「あ~、気分が悪くなった。
 良くないことを言い出す前に、
 人はあえてお礼を言うんだよな」

「ふ~、私はロマンティックな恋愛は信じてはいません。
 ここまでにしますか?」
ep-10.jpg

「いいや、続けてくれ。 聞かせてくれ」

「もしも私が恋に落ちるとすれば、誰かといえば、
 相手に選ぶのはホン先生です」

「…」

「ミアネヨ」

「謝るようなことではないさ。
 その言葉を聞いて、逆に理解できた。
 君は、俺に対して悪い感情は持っていないってことだ」
1012k_2016072608315703e.jpg

監査部がヘジョンを呼び出すので、問題に気付いたスジン

1012m_20160726083156c8a.jpg

監査チームから呼ばれて

「採用時の雇用規約では患者からの贈答品は禁止です。
 コン・ビョンド患者から輸入車を貰いましたよね」

「いいえ、彼が勝手に置いて行ったのです。
 私もどうしたらいいのか分からずに、時間が経過しました」

事故の後のスポーツカーの写真を提示されて、
「既に運転しているじゃないですか?」
1012p_20160726083441de3.jpg

「いいえ、それは事故後の写真ですが、
 私はこの自分の車で休暇中に出かけていた時の事故です」
1012pp.jpg

チン親子

副理事長は、院長(息子)の退官と引き換えに極秘資金の資料を得たと…

1022_201607260834397c0.jpg

「しかし、ホン・ドゥシクが手術で回復するまでに時間はある。
 それまでにすべての証拠を隠滅させる」

「手術はチョン・ユンドにとっても難しいはずだから、
 失敗することを祈ります。
 そうすれば、何も手を汚すことはありません」

「お前はそこまで言うのか?!
 医者として言い過ぎだ!」
1022a_20160726083438de7.jpg

ホン理事長は手術を前にして、ジホンには条件付きで、一切訴訟しない確約書(DNR:Do Not Resuscitate)を作成させます。

1013_201607260834401ca.jpg

「アボジはもっと自分の健康を大切にすべきだったんだ」

「ここに講義に来たのか?」

「血糖値が高いからだ」

「DNRは、もしもの時のためだがアボジは死なない」
1022b_2016072608371463a.jpg

「引退することにした」

「良い決断だな」

「無職になっても良いと言うのか?」

「俺が生活の面倒は見るから、人生を楽しんで養生しろ」

「気をつけるさ。
 どれくらい月給をくれるか?」

「好きなだけ使ってくれ」

「その言葉に後悔はするなよ!」
1022c_201607260837134cc.jpg

手術の前にジホンとドゥシクが指示を徹底するので、笑うヘジョン

1022d_20160726083712b60.jpg

「なぜ笑うのか?」
(ドゥシク)

「すみません。
 あまりにもお二人が完璧主義だからです」
1022ee.jpg

「ははは~、
 外科医にはストレスには打ち勝つだけの心の力強さが必要だからな。
 頭をクリアにして、手先は柔らかくだ! どうだ?
 素晴らしい言葉だろう?」

「ええ」

「全部先生が書いた本に書いてあります」

「ははは~、手術はチョン先生に任せる」
1022f_201607260837113db.jpg

キム・テホも来ます

「笑っているようですね!」
1022g_20160726083710e2e.jpg

ということで、理事長はテホに、「歌でも歌って、私を笑わせてみろ」と言うので、テホは歌を歌い出します。

1022gg_201607260839325f6.jpg

さて手術

1022h_20160726083931124.jpg

気が気ではないテホは外野からの指示

しかし、ユンドはモニター画面からのテホの指示に反論

1022k_201607260839302ba.jpg

「こんな不自由な環境では手術を続けられません!」

「…」

「…」

「ミアナダ」
1022m_2016072608392916a.jpg

手術室の外で時計を気にしながら待つジホン

「…」
1022n_20160726083929807.jpg

手術は完璧でした

1023_20160726083928fd1.jpg

ヘジョンが出てきて

「待つのは大変だったでしょうね?」

「…、時間が経つのは遅いもんだな」

「私にもその気持ちが分かります」

「…」

「では、手術の経過を話しますね!」
1023a_20160726084126b1d.jpg

「その顔ですべてが解るさ!」
1023b_20160726084125f23.jpg

執刀医のユンドも出てきます

「お疲れ様だったな!」

「…」
1023c_20160726084124225.jpg

さっそく、ジホンは夕食に誘います

「俺は?」
(キム・テホ)

「先生はダメです」
(ジホン)

「何でなのか?!」

「あ~、待つ身は辛いものですね!」
1023cc.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

愛する人の手術を待つ立場の辛さ…。

助手をしたヘジョンが笑って手術室から出てきました。
しかし13年前にハルモニを待っていたヘジョンはハルモ二を失いました。
同じ待つ身の辛さでしたが、ベストの医者ユンドが父親の手術を成功させました。
ジホンにはヘジョンのショックの大きさが実感できないはずです。

ハルモニの医療ミスの“真相と謝罪”はドラマの終盤まで待つことになりそうです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose