映画『技術者たち』 その(3)

in may
(アジサイ…、様々な色合いが楽しめますね)

『技術者たち』(index)
<その1>
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-2890.html
<その2>
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-2891.html

映画『技術者たち』 その(3) 仁川(インチョン)税関に眠る政治資金

ウナが電話してもジヒョクは電話に出られません。

「どうして突然連絡が取れないの…?
 見た目よりも簡単じゃないようだわ…。
 まったく…」
212d_20160529044940c0e.jpg

チョ社長に拉致された3人

「あ~腹減った。
 食事も差し出さない奴らだ…。
 これは不公平な契約だろうな。
 ハンコを押すとすぐに奴隷生活になるぞ。
 絶対に引き受けたらダメだ。
 口裏を合わせた通りに話をしろよ、分かったか?」

「分かった。
 アラッスニッカ しばらく黙っていろよ」

「お前が一番心配だ。
 すぐに嘘をつくからな。 あ~、腹減った」
212e_20160529051746442.jpg

チョ社長

「では私の下では仕事はしないと言うんだな?」

「ええ、仕事してはいけないからです。
 日ごろから尊敬している社長だから言うのですが、
 今年の運勢は最悪なので、
 何をしても上手く行かないからです」

「…」

「でなければ、偶然に押し入った宝石店が社長の店なわけはない」

「…」

「あれは運が良かっただけで、
 俺たちには本当の実力もないです、度胸も…。
 そうだろうみんな?!
 今回の件では社長に心からお詫び申し上げます」
212f_2016052905174563f.jpg

「そうだな。事業というものは本当に頭が痛い。
 部下が多ければ中には、怖いもの知らずの裏切者もいる。
 ちょっと前までは、その席には会計士がいたが、
 今はセメントの中で眠っている。
 お前たちがそうなることを望んではいない」

「私もそう思います」

「脅迫ですか?」

「そうではない」

今度は秘書が写真を出して来ます

「妹だろう?」

「!」
(グイン)

「アボ二ムだろう?」

「!」
(ジョンべ)

「…」

「私は情に厚いが、
 ビジネスは情けだけでは成り立たないんだ」

「…。
 いくら稼ぐためにここまでやるのですか?」

「多くはないが、
 500億ウォンに1000億ウォンがプラスされる」

「この国で1500億も稼げる場所はないだろうに」

「もしも、あるとしたら?」

「どこに?」

仁川(インチョン)税関だ」
212h_20160529051744f13.jpg

「俺たちの取り分は?」

「お前たちが盗んだダイアモンドは返してやる。
 それと配当はそれぞれ5%ずつだ」

「…」

「…」

「…」

「ハゲッスムニダ(やります)」
212g_2016052905174495a.jpg

「…」
212k_20160529052129d59.jpg

「人を付けます」

「イ・ジヒョンは逃げだすような男じゃないだろう」
212kk.jpg

帰りの車

「怒ったのか?」

「お前は本当のパートナーなのか?」

「俺が何か言ったか?」

「“言ったか?”じゃないだろう。
 断ると言っていたはずだ。
 すぐに手の裏を返しやがって…。
 それに、あの写真の女は誰なのか?!」

「俺には会っている女性がいるって言ったじゃないか」

「わ~、10億ウォンの女詐欺師だぞ!
 お前は正気なのか?」

「ヒョン。
 俺が何の考えもなく、あいつの下で働くとでも思っているのか?」

「お前はチョ社長がどんな奴なのか知っているのか?」

「知らないが、後で考える」

「後だと?!」

「…」

「ああ、解ったから、問題は起こさないでくれよ」
212m_201605290524466df.jpg

警察

「これは現場の宝石店の近所のレストランです。
 13時50分まで持っていたカバンが14時40分には消えています。
 つまり、この間に宝石店に入り、
 発火物が入ったカバンを宝石店に隠したと考えられます」

「でもこれだけの情報では…」

「レストランだ。
 レストランの駐車場のCCTVだ。記録はあるか?」

「あります」

ベンツのナンバーが拡大されます。

「ストップ!この車だ。
 ライセンスナンバーから所有者をあたれ!」
212n_201605290524451b5.jpg

チョ社長の作業場

「グイン。
 仁川税関を説明してくれ」

「すべての貿易品が必ず通過しなければなりません。
 韓国最初の関門で、
 大韓民国への密輸品の摘発率、保安システム、電子統制設備、
 警備体制はアジアでも最高クラスです」
212p_20160529052444712.jpg

「そうだな。
 では税関の中にある1500億ウォンの正体は何か?」
222_20160529052443b52.jpg

「5年前のJグループの800億の秘密資金の事件を知っているだろう?
 似たようなものだ。
 10年前から民主国民党が税関長を重任して、
 数年前からこの秘密政治資金を税関の中に隠すようになった。
 保安が安全でひっそりと誰も知らない場所だからだ。
 その中に5万ウォン札が300万枚ある。
 つまり、1500億ウォンだ」

「!」

「一般市民でも1000億の資金を稼ぎ出す時代だから、
 1500億は大したことは無いが、急がないといけない。
 資金が移動されると言う情報が入ってきたからだ」
222a_20160529052443215.jpg

「お前が開ける金庫のモデルだ」

「イスラエル製のLシリーズだ」
(ジヒョク)

「外壁に穴を空けるには爆発性の高い溶液の機械を使わないと…」

「!」

「努力します」
(グイン)
222b_20160529052442cb6.jpg

「税関平面図、保安設計図、配線図、下水道配置図です」
(チョ社長の秘書)

「1500億をどうやって下水口から運ぶのか?
 ここはヨーロッパじゃない。
 韓国の下水は狭い」

「使える税関職員名簿と税関の通行証を一式用意した。
 車両の通行証と保安会社のサーバの設計、資料図…」

「…」

「2人一組の巡回警備体制、
 中の管轄区域には50人以上の武装警官が配置されている」

「…」

「それに加えて2地区からSATが急行するのには、
 10分もかかりません」

「つまり金庫を開けて10分以内に1500億ウォンを運び出さないといけない。
 可能か?」

「…」

「50億が100kgだから、1500億ウォンならば3トンもある…。
 10分では無理だろう?」
222c_201605290529558bf.jpg

「無理だと? 
 カメラと赤外線センサーはどうか?」

「外部の最初の区域はハッキング可能ですが、
 保安区域は中に入って見ないとわかりません」

「もっと大きな問題があります」

「言ってみろ」

「監視カメラ、赤外線センサー、管理システム、
 巡回の警備員と武装警官に見つからないように潜入することは可能ですが、
 運よく1500億を運び出したとしても、これはどうしますか?」

「…」

「検問所のシステムにハッキングできるか?」

「最初からウィルスを注入しておいて、
 1か月くらい経てば平気だけど…」

「作戦は半月後です。
 この問題をどうしますか?」
(ジヒョク)

「的確な指摘だ!
 しかし、私が解決すると言えばどうするか?」
222d_201605290529546ec.jpg

そして、
「1年前からペーパーカンパニーを作って、
 一枚当たり1ウォンで中国で作って、
 定期的に輸入しておいた。
 それに半月後には330万枚が税関に入る。
 この(ゲームに使う)クーポン紙幣ならば合法的に通関ができる。
 これならば支障なく検問所も通過ができる」

「…」

「つまり税関に入ってから1ウォンの原価のクーポン紙幣を、
 5万ウォンに変換するという計画を考えていた」
222e_20160529052953f91.jpg

チョ社長の部屋に秘書がジョンベを連れて来ます

「来たか?」

「何の用ですか?」

「隠しカメラで裏切ろうとしていたことが分かっている。
 仲間が知ったらどうすると思うか?」

「! 
 何のことか意味が分かりません」
300_20160529073000a69.jpg

「私はお前のような者が好きなんだ。
 小賢いくせに、ハイエナのようにしつこい奴だ」

「…」

「契約金だ。 これからはお前は私の部下だ」
(カバン一杯の現金が出されます)

「…」

「私の目となり耳となれ」
300a_201605290730005b2.jpg

<ジヒョンのオ院長との過去の思い出>

ジヒョンはビルの屋上に焼酎を捧げます

300b_201605290729591ab.jpg

「完全に泥棒だな。 足音がしない」

「!」

「何でまた来たのか?」

「先生と一杯飲もうと思ってます」

「いつまで泥棒を続けるのか?」

「アイゴ~。
 一度は大勝負してから引退ですね」
300d_201605290729576e6.jpg

「馬鹿な奴だ」

「…」

「泥棒には最後はない。
 いつも最後の一回だ。
 そうやって、寄付していこうなんて考えは捨てろ。
 所詮、泥棒は泥棒だ」

「…」

「あの爺さんには、
 今日に限ってメチャ会いたくなった…」

「…」
300c_20160529072958b77.jpg

その娘 オ・ウナ

「忙しかったのですか?
 何度電話しても連絡が付かなかったわ」

「すみません。 仕事のことで頭が一杯で…」

「いいえ、こうして連絡できたから良いんです」

「ウナさん」

「はい」

「いえ、お休みなさい。
 明日の午後に会いましょう」

「ええ、シュムセヨ(お休みなさい)」
300e_201605290729570c8.jpg

ジヒョクとウナ

「これが私たちと一緒に仕事することになった
 アブダビのベリタ美術館です」

「…」

「新人作家を両国で紹介し合って、
 共同で創作活動を支援する予定ですが、
 ジヒョクさんからの資金はそこで活用します」

「…」

「またビジネスの悩みなの…?」

「ウナさん…、ちょっと…」
300f_20160529073745eb7.jpg

コン刑事が来ます

「広域捜査隊 
 知的犯罪捜査チームのコン・ドゥシク班長です」

「…」

「イ・ジヒョクさん。 
 ちょっと同行願えますか?」
300g_2016052907374453d.jpg

警察での取り調べ

「イ・ジヒョク。
 お前は事件の時間にはホテルにいたことになっているな?」

「…」

「ホテルからの出入りには目撃者はいないし、
 CCTVの記録は期限切れで残っていない。
 宝石店の監視カメラの記録は皆無だ」

「ふ~」

「楽しいだろう?
 世界がお前を中心に回っているようだ」

「…」

「これで今まで前科を作らずに何回やってきたのか?」

「さっきから言っていますが、
 まったく身に覚えがありません」

「覚えてはいない?!
 どうだ、監視カメラに写っているカバンは?」

「犯行現場が写っていたとでも言うのですか?
 状況証拠だけでは不足でしょう?」

「チョ・テジンを知っているだろう?」

「任意同行だと聞いていたのですが、
 もう6時間が過ぎました
 これ以降は不法監禁に相当します」

「お前!
 必ず俺が逮捕する。
 墓穴を掘ったようだな」
300h_20160529073743b60.jpg

警察から出て、ウナに電話してもウナは電話にでませんでした

300k_201605290737425c3.jpg

ジヒョクが財布から取り出したのはオ院長とウナの写真

300m_2016052907374272b.jpg

ジヒョクからの、
「私です。
 税関で1ウォンを5万ウォンに替える計画が出来ました」

との電話で、ホテルに来たチョ社長

「ホテルには警察だらけだな」

「すみませんでした。状況を調べます」

「イ・ジヒョクを連れ出して来い」
300n_20160529073741dc4.jpg

「あの警官はどうしてか?」

「宝石店のことで奴らが押しかけてきたんだ」

「…」

「どうした? 不安なのか?」

「5分以内で我々に繋がるすべての資料を処分して、
 ここを出る」
300p_20160529074325b32.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

オ・ウナの父親のオ院長はジヒョクにとっては“その道”の師匠でもある“技術者”でした。
チョ・テジンの配下でいくつかの金庫破りをやっていたようです。
そのために、(ウナが成人してからは)ウナとは一緒に暮らすことができなくなっていました。

さて、ジョンべはチョ社長の目と耳になれと「裏切り」をそそのかされます。
ここもポイントです。
ジョンべは実はそんな男ではありませんでした。

g100x.jpg

(また来週です)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose