記憶 第6話(中) 頑張って、キャプテン


shiroi.jpg
(2016.04.28)

記憶 第6話(中) ヒムネセヨ キャプテン

イ・チャンム代表と息子のイ・スンホ

スンホは罪の意識で、辛いために自首を考えているようです。

「いったい何を考えていたのか? 
 どうしてなのか?!」

「…」
623n_20160416061915436.jpg

「研修所を休学してしばらくオンマのところ(米国)に行け」

「あの時、僕は自首すべきでした。
 すべきだった…、こんな生き方は生き方ではありません」

「誰だって過去はあるんだ」

「僕には過去しかありません。
 現在も未来もありません。過去だけです」

「お前が済んだことを掘り返すからだ」
633_201604160840362c3.jpg

チャンムは何とかするから耐えて生きろと、そして、「アボジがお前の人生を守る!アボジが不条理なことをするからと言って、落胆はするな。お前も自分を責めるな」と言い残します。
さらには、どこかに電話。

「すべての証拠を消してくれ」
633a_201604160840356cb.jpg

カン・ユビンに目撃情報

ユビンは、ウンソンにもコンビニのCCTVに容疑者が移っていると伝えます。

633c_2016041608403341b.jpg

オフィス

「キム・スジの担任の先生に会って来ました。
 彼女の成績は高校ではトップだったそうです」

「…」

「ハルモニが病気になってから、
 彼女の生活も変わったので、
 その点をアピールしたいと思います。
 そうすれば罪は軽くなります」

「いいや、とにかく
 目標は彼女が罰を受けないようにすることだ」
633d_20160416084033533.jpg

罪は罪だと言うジン。
しかし、「窃盗は罪だが、あの子はきっと、店長や同僚のことで何かを隠している」と、いつもの直観を伝え、それを探るようにと指示。

彼女を叱っていたテソクだったので、ジンはテソクの変わり様に、
「それって禁断症状ですか?」

「禁断症状で同僚に対して殺人を犯した例もあるから気を付けろ!」

「では気を付けます」

「早く仕事に戻れ!」

微笑み合うパートナーたちでした。

633dd_20160416084032ed2.jpg

CCTVを見たいとウンソン、ユビン、そして記者

633e_20160416084557556.jpg

しかし、ハッキングによりウィルスが入ってワークしません。

「高等地検のカン・ユビンだが!」
633f_20160416084557b12.jpg

テソクとスンホ

「どうした?深刻な話なのか?」

「…」

「話してみろ」

「…、あの時…、
 勇気がありませんでした」

「…。
 どうしたのか何でもいいから言え」

「…、すみませんでした」

「大丈夫さ。
 男も涙を流すことがあるから…」
633g_201604160845567e4.jpg

そこにウンソンからテソクに電話が入り、スンホが自白する前に中断

633h_2016041608455588c.jpg

ウンソンとテソク

ウンソンは、
「ハッキングだなんて偶然ではないわ。
 こんなタイミングの良いことはあり得ない。
 誰かが完全に映像を消しているわ」

「…」

「記事を書いてもらったりしたから、犯人も動いたんだわ。
 “ひき逃げ”はきっと意図的な犯罪だったんだわ」

「まさか?」

「あなたに恨みを持っていた人に心当たりはないの?」

「俺は当時は法定弁護士だったから、無名だった。
 それに恨まれるような事件はなかった」

「でも良く考えてみてよ!
 目撃者が言うには、若い人だったそうよ。
 帽子で顔が見えにくかったようだけど、
 20代後半から30代初めくらいだったそうよ」

「変じゃないか? 
 では15年前は10代だったということになる」
633k_20160416084554cc8.jpg

「目撃者が間違っているなら、
 年代は無視して、あなたの記憶に頼ってよ」

「ドンウ オンマ!」

「とにかくどんな小さなことでも何でも良いから、
 記憶を辿ってよ!」

「…」

「…。
 何万回も私は考えたけど、
 何の心あたりもないからなのよ。
 思い出すのはドンウの顔だけ…」

「…」

「法廷判事のためだけど、
 あの時は私は勉強しているべきではなかった」

「君の責任じゃない。
 誰の責任でもない

「いいえ、私たちの責任だわ

ウンソンはあの時の自分とテソンとの間で行き違いがあってドンウが一人になったから事故に遭ったと、二人がドンウを殺したようなものだと言います。

633m_20160416084553d96.jpg

デジュン建設との面談をすっぽがしてしまったテソク

「チョ社長は1時間も待たされて、お前のことを非難していた」

「私が直接謝りに行きます」

「ドンウのことで何かと頭が痛いようだが、
 公私を混同するな」
634a_20160416085346c96.jpg

気づかうのはソンファ

634b_20160416085345837.jpg

「私の好みのお茶です」

「可愛いな…」
634x.jpg

「すみませんでした。
 スケジュールのリマインダー(メール)は、
 毎時間ごとに送付する約束でしたよね…」

「俺の失態だから、謝る必要はないさ」

「…。
 今日のスケジュールはこれで終わりですから、
 帰って、どうぞお休みください」

ヒムネセヨ キャプテン(頑張って下さい。キャプテン)

634c_20160416085804d05.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

とても素敵なティーパックですね。

# 昨日気付いたのですが、朝早くから拍手が入っていました。
ありがとうございます。
勝手な想像ですが、同じくチニssiのファンの、
“ワン拍手さん”または“ひなママさん”では?
と想像していたところです。
おそらく、
韓国での放送とほぼ同時に視聴されていると思います。

私の理解のスピードはスローなので、
どうしてもKJSではアップが遅くなってしまいます。
でも、せっかくの良いドラマなので、
脚本を完全に理解したいと思う一方、
訪問の方々にも満足して戴くように心がけます。

『記憶』では謎解きを楽しんでいます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose