記憶 第1話(下) 初期段階


すずらん
(2016.04.24)

記憶 第1話(下) ADの初期段階

息子のジョンウがコンビニで焼酎を盗む場面がでます。

133_20160406220845937.jpg

さて翌日の朝のテソン(太善)法律事務所

チョン・ジン弁護士と秘書のポン・ソンファ

「何か言いたいことあるのか?」

「パク弁護士がこの資料に目を通しておくようにって…」

「何の訴訟なのか?」

「資料に書いてあるでしょう?」
133b_201604062208442f5.jpg

太善法律事務所のイ・チャンム代表とテソクたちは夕食に招待されます。

「さすがパク弁護士だ、いつもの噂通りだな。
 しかし、どうやってキム博士の気持が変わったのかな?」

「キム博士は家族のことで感動することがあったからです」

「そう言うのだったら、そう信じよう。
 この件が母親や会長に知れたら大変だと思っていた。
 ところで、チャ医師の父君はあの大臣のチャ議員だ」
133c_2016040622084387c.jpg

招待したのは韓国グループ(財閥)の副社長(3代目)

この3代目はスポーツ万能のようで、後継者でなかったらきっと野球選手になっていただろうと話をしています。

「俺が野球ファンだから、
 アボジが野球チームを買ったんだ」

「12歳の誕生日のプレゼントでしたよね」

「さすがに凄い人だ」

「この会社の超極秘があるんだが、
 この件はパク先生にお任せするからな」

「どのようなことでしょうか?」

「詳しくは後日、担当から聞いてくれ。
 今日はお祝いだからな。
 チャ先生の父君やイ代表の母上はお元気ですか?
 とても凄い人たちだよな」
133d_20160406220842c1a.jpg

宴席にはチュ・ジェミン脳神経外科医からの電話が2度もかかり、テソクは途中で屋台に向かいます

…屋台の看板にはウナギとイカ…

チュ・ジェミンは、
「キム博士から連絡があった」

「…」

「知っているのは俺だけだと言ったはずだ!
 秘密は守れと言ったはずだ!
 なぜ脅したのか?!

「仕事だ」

「やあ、パク・テソク!
 仕事だとしてもやってはならんこともあるんだぞ!」

「…」

「お前がここまで、金もコネもなくて、
 出世するにはどれほどの苦労があったのかは分かっているが!」

「もういいだろう」

「成功は良いことだが、
 お前の母親はもっと喜んでいるかもしれないが、
 人は花ほどは美しくないが、
 しかし、俺たちは花を踏みにじってはいけないんだ!」

「さあ、帰ろう」

「お前は以前は良い男だったが…。
 長いこと友達でもあるけど、このところのお前は本当に怖い!
 本当にひどい奴だ!」

「俺のどこが悪いのか?!
 それに、今日のディナーがどれほどのものだったか分かっているのか?
 それを中座して来たんだぞ!」
133e_20160406220841156.jpg

ジェミンが焼酎を顔に引っ掛けるので、屋台の中でつかみ合いの喧嘩になります。
録画をとる記者

133f_20160406222604abd.jpg

事務所に戻り、辞表を書いて考え込むジン
(ハイソの人たちや、テソクの仕事のやり方が肌に合わないようです)

133h_2016040622260306a.jpg

韓国病院では悩むキム博士

133hh.jpg

翌朝になって

「昨夜は何があったの? スーツがくしゃくしゃだわ」

「何もないさ。 子供たちはどうしてるのか?」

「もう学校だわよ。 ジョンウとは話をしたの?」

「なぜ?」

「このところ落ち込んでいるわ。
 口もきかないから、何があったのかも分からないわ。
 父親とは話をするかもしれないわ」
133k_20160406222602495.jpg

「あいつは今、思春期だからだ。
 俺もあの頃はそうだった」

「顔には出さないけど、
 あなたには失望しているかもしれないわ」

「誰が? ジョンウが?」

「子供たちだわよ。
 誕生日だって帰りが遅かったわ」

「分かった。電話する」

「今夜も遅くなるの?」

「仕事次第だ」

「あなた(ヨボ)…」

「どうしたのか?」

「気を付けて…」

「ああ」
133m_20160406222601db0.jpg

事務所では代表から車のキーが渡されます

「シム会長(韓国グループ)からだ」
133n_2016040622260066c.jpg

辞表をテソクのデスクの上に置いて出ていくジン

134_20160406223355505.jpg

キム博士の執務室に入るアシスタントの看護師
(窓が開いています)

「!」
134a_201604062233541a8.jpg

飛び降り自殺でした。
134b.jpg

(# ここで最初のスタジオのシーンに戻ります)

134c.jpg

ジェミンからの電話
テソクの携帯での登録名
(知ったかぶり:Know-it-all)

「これから録画だ」

…とにかく病院に来てくれ。

「まだ話があるのか?」

…とにかく来い! MRIの結果が出た。

「脳溢血のことか?
 良く聞こえないから…。
 はっきり言ってくれ」

「アルツハイマーだ。
 トップ弁護士のパク・テソクが…」

「冗談だろう? 切るぞ!」
134d.jpg

「録画を開始しても良いですか?」

「…」
134f.jpg

…財布を靴箱の上に置いた記憶が戻ります…。
 前妻のウンソンの家に行ったことも思い出して…。
 自分の危機に直面するテソクでした。

「やあ!冗談を言うと殺すぞ」

「まだ初期段階だから、気を落とすな」

「やあ、パク・テソク!」
134e.jpg

TVニュース

…今朝9時15分頃、韓国病院のキム・スンホ博士が、病院の庭で死体で発見されました。
 警察によりますと自殺のようで、その原因を調査中です。

キム博士の言葉が思い出されます。

…人生の不幸というものは、
 何の前触れもなくやって来るものだ、しかも静かに…。
 一切準備する時間は与えられない。

「俺にはそんなことはない。 一切…」
134h.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ドラマでパク・テソク弁護士の言動に出てくるアルツハイマー病(AD)の症状。
いくつかの知識を得るために、ウィキペデイアで調べた点をピックアップし、コピペしておきます。

アルツハイマー病(AD)①

アルツハイマー病(Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。
日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。
以前はアルツハイマー型認知症(Dementia of Alzheimer's type、DAT、Alzheimer's dementia、AD)とも呼ばれていた。
症状は進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、視空間認知障害や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。
重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose