六龍が飛ぶ 第7話(中) ハムジュへようこそ


高雄の空②
taiwan2.jpg
(photo by nao @kaohsiung, Taiwan)

六龍が飛ぶ 第7話(中) ハムジュへようこそ

イ・シンジョクが外出した際にバンウォンは幕舎に忍び込んで、資料を読みます。
これは東北地方のハムジュを基点に、国民皆兵制度(100人単位で一つの部隊を編成し、イ・ソンゲの元で軍を拡充する)により、外国および中央の腐敗に対抗しようとする、また、地方だけで税を徴収して軍費に充てるという、地方独立の革命思想でした。

711b_201511072258503c6.jpg

ヨンギュは「そんなことは不可能」と、テントから「早く出ましょう」

711a_20151107224946a05.jpg

しかしバンウォンは「邦と非邦域(国と、そうではない地域)」という文字をドジョンの洞窟で読んだことの意味を理解することになります。
…まずは北方の国境地帯を安定化させる…

「そんな事を都堂が認めるはずがない」

「いや、そのためにはまず、
 アボジのところにこの書簡を届けたのだろう」

「逆にイ・ソンゲ将軍には負担ですよ…」

だからこそ俺がいるんだ
711c_201511080052283bc.jpg

幕舎から出ていたイ・シンジョクとプニ

シンジョクはプニが木彫りの像を持っていることで、部下に命じて連れ出したのでした。
プニは木彫りの兵士の像の件で夜中に森の中に連れられて来たことで、直感します。

「私には時間がありません。
 あの方に連絡を取りたいだけです」

「!」
711d_20151108005227cfd.jpg

「あなたも木彫りの像を持っているのではないでしょうか?」

「!」

プニはシンジョクの胸から木彫りの像を引きちぎります。
そして既に暗号を解読しているので、
「私には連絡することがあります。
 “7つの基地をたたんで、全員ハムジュに集まれ。
 そしてイ・ソンゲの百姓(配下)になれ”です」

「…。 ハムジュへようこそ」
711e_20151108005226857.jpg

イ・シンジョクの後をつけていたので、バンウォンとヨンギュはプニとシンジョクの会話を聞きます。
「俺もあいつらと一緒に大切な事を実行しないといけない」
711f_20151108005225121.jpg

ただし、批国寺から来た二人の仏僧兵にもシンジョクとプニは発見されます。

711g_20151108005225619.jpg

批国寺のチョクリョンがファサ(花事)団のチョヨンを訪ねてきています

ペク・ユンを殺害した者を捜しているから「情報を買いたい」と。
チョヨンは逆にその情報を買いたいと。
「ホン・インバンがペク・ユンを殺したという噂を聞いたわ。
 ペク・ユンが死んで一番儲かるのがホン・インバンだわ。
 しかし、ホン・インバンが批国寺に行って、
 そしてあなたが情報を買おうということは…?」

「知らないのか?残念だ。
 開京で起きた事をファサ団が知らないというのか?」

「むしろ私の方がその情報を買うわ。
 ペク・ユンの死で何が起きたのかしら?」

「分かった。
 何らかの組織があるようなんだ。
 これまでに見たことがないような腕の立つ剣士が侵入したんだ」

「どんな組織なの?」

「それが分からない。
 ただ背後にいる奴が誰なのかを考えている」

「どんな?」

チョン・ドジョンだ」
711h_20151108005224a2b.jpg

チョヨンは早速私兵たち(女剣士たち)に情報収集を命じます。

711k_20151108005552800.jpg

今度はホン・インバンがファサ団にやって来ます。
ウ・ハクジュがキル・テミも合わせて招待したようです。

キル・テミは、
「チェ・ヨン将軍が来て税率の件で怒鳴っていたんだ」

「心配はいらない。
 今度は税率を7割に引き下げることで交渉は成立するさ」
711m_2015110800555195a.jpg

イ・インギョムはチェ・ヨンからホン・インバンたちが勢力を拡大していると聞かされて、悩み始めます。

…イ・ソンゲを使うか…?

711n_2015110800555067e.jpg

「イ・ソンゲを利用してみるのも代案だな…」

西国から星占いがやってきているとの話を聞いてインギョムは相談

「私は午年の12月生まれだが…、
 今ちょっと悩みがある」

「では、生まれは大熊座(北斗七星)を意味します。
 しかし、
 今は火の力が強く木を包み込んでいますから、
 金星は木星に近づけません。
 つまり、今は道が残されていません」

「道がないと言うのか? 
 ははは、そうして人を迷わしているのか?
 ははは…」

「…。 いいえ、道は天にあります」

「?!」

現れた星占い師はヨニでした
(タンセの初恋のヨニ)

711p_20151108005550e54.jpg

「北の方角です。
 魚座が北斗七星に入る時に幸運がやって来ます。
 お心に従うのが良いでしょう」

「魚座?」

「北の大地を守る星です。
 ここからは北東の方角です」

「…」

「お顔を見ていると既に結論は出ているようですね。
 心のままに従うと、
 羊を守る牧羊犬(star of shepard)の星が幸運をもたらします」
# 魚座のα星(formalhaut:秋の南の空の魚座の星)

「羊…、牧羊犬…、北東の星…、
 姓に“木”の文字が入っていると…?」

そこでイ・インギョムは木の字が“李に入っているので、
「イ・ソンゲのことか…」
712_20151108005549476.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

火の鳥・朱雀

作家はヒロインのプニに「焚伊(プンイ)」という“焚き火”の字を充てています。

5000zz.jpg

また、『華政』のチョンミョンには「火伊(ファイ)」の仮名を使いました。

“火”の含意は“風水”での方角では南で、昼の太陽が真上にある方角です。
また“陽=男”なので、二人の女性にある強い面を象徴したような名前だと思います。
さらには、朱雀の門というように、朱雀=赤=火です。

fai_20151101100338f0f.jpg


1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose