華政 第48話(中) 懺悔と許し


昨日の空に浮かんでいたのは飛行船
昨日の空
(2015.11.19)

華政 第48話(中) 懺悔と許し

キム・ジャジョムとチョンミョン

「カン・ジュソンの奈落の底には清国軍がいます。
 媽媽は未だ勝ったとは言えません」
4811h_20151016005713420.jpg

カン・ジュソンは国境の近くでユン夫人と合流

「大監、軍がもうすぐ河を越えて来ます」と清国からの手紙を手渡しますが…?

4811k_201510160057122c7.jpg

寝殿では、手を取るポンリムと危篤の仁祖

「セジャ プタッギ イッタ(世子、頼みがある)」

「アバママ…」

仁祖は最後にチョンミョンに会いたいと告げます。

4811m_2015101602054310a.jpg

そして世子だけでなく内官も退けて、仁祖と公主の二人だけになります

4822_20151016020542b8f.jpg

「チョナ…」

「ああ、良い」
4822a_20151016020541174.jpg

「チョナ…」

「我々は良い関係ではなかった」

「私は公主が嫌いだった。
 しかし、そなただけを嫌ったわけではない。
 殺したいくらいに憎んだ。
 その気持ちは今でも変らないが…」

「…?!」

「今でも心地よくないと思っている。
 公主が近くにいるからだ…」

「…」

「しかし、こうして死神(reaper)を前にして悟った。
 私が公主を憎んだ理由は公主ではなかった。
 それは私自身を憎んでいたからだ」
4822b_2015101602054098b.jpg

「チョナ…」

「ああ、そうだったのだ。
 公主が悪かったのではなくて、私が悪かったからだ。
 自分を嫌うことができなくて、公主に責任を求めたのだ」

「いいえ、そうではありませんチョナ。
 私はまだ未熟で弱い者でしたから、
 チョナが背負っていた王座の重みが理解できませんでしたから、
 チョナに反抗ばかりしていました」

「…」
4822c.jpg

「いつもチョナを責めてばかりでした。
 いつも…、いつもチョナを悪者にしていました。
 どうか、私の愚かさを許して下さい。
 チョナの責任ではなくて、私の不徳の成す結果です」

「…。 許しを求めるというのか?
 …。公主が私に…?
 最後になってのことだが、
 公主にこのようなことを言おうとしていたのではない」

「…」

「しかし、公主が私に許しを請うのか…?」
4822d.jpg

ポンリム世子とジュウォン

「私はこの王座の重さに耐えることができるのか不安だ。
 私ができることは私の仲間たちと、
 この国の民・百姓たちの一人ひとりの守ることだけだ」

「その運命を理解して、
 忘れないでいるだけで十分だと思います、チョハ」
4822e.jpg

「その座の権力と栄光だけを求めて、
 権力を振り回す者もいますが、
 その権力の使い方と責任を知っている者もいます。
 これはとてつもない大きな恐怖でもあります。
 どうかその恐れをいつまでも忘れないでください、チョハ」

「大監…」

「どうか民・百姓への恐れを忘れない王であって下さい、チョハ」
4822f.jpg

そこに来た仁祖(これはポンリムの幻想です)

4822g.jpg

「そうだ世子。
 お前は私とは違った王になるのだ。
 このような悲しい王になってはならない…」
4822h.jpg

1649年 仁祖が亡くなります
(享年 54歳)

4822k.jpg

別造応

「結局、こういうことになったのね、可哀想に…」
(オクジュ)

「なぜ可哀想なの?
 王のお陰で私たちは辛い思いをしたのに!」
(ウンソル)

しかし、イ班長は言います。

「まだ若いからそう言うが、長生きしていると、
 恨みほど心が痛むことはないことが解かるさ」

「?」

「我々は結局は人間なんだ」
4822m.jpg

チョンミョン

…どうか安楽の旅路を、チョナ…。
 私はチョナの最後の遺志を決して忘れはしません。
 どうか、もう重い肩の荷を降ろしてください。

4822n.jpg

第17代王・孝宗(ヒョジョン:ポンリム世子)

4822p.jpg

「この座に初めて就くが、最初から過酷な言葉を伝えたい」

「…」

「清国の軍がまた我が国の国境に迫っている」
4823.jpg

国境地帯

4824.jpg

そして執務室では、
「これがカン・ジュソンの最後の仕業なのか?!」
4825_20151016021251ba8.jpg

カン・ジュソン

カン・ジュソンが清国軍に朝鮮からは幾万もの兵士と軍馬を提供すると…。

「ええ、私は皇帝への誓いを申し上げます」
4833.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

Kstyle Newsでは次のように報じていました。

仁祖(キム・ジェウォン役)が最後の懺悔をした

仁祖は、
「これまでそなたが憎かった。今も憎い。しかし、死を前にして考えてみたら、憎かったのは自分自身であることを知った。自分が間違ったことをしても、自分自身を憎むことができないから、そなたを憎んでいた」と、涙を流した。
チョンミョンは、
「そんなことありません。今までのことを申し訳なく思います。王の座の重さがわからず、チョナを責めてばかりでした。許してください」
「そなたが私に許しを求めているのか…。最期になって、こんなことを言われるのか…」

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

許すこと

Naoさん みなさん そしてウダルチの仲間のみんな
アンニョンハシムニカ?

「あなたは私を惨めにさせる…だから嫌いだ」…。
自分が一番かわいいから、
人は他人を責めるのでしょうね。

「自分を責めてはいけない」という、勇気を与えるセリフもありますが、
それは弱い者・弱った時への掛け言葉のようにも思います。
ただし、他人にはそんな言葉が言えるくらいに、
いつもそれくらいに自分が元気でありたいです。

今日の『華政』では、
あの『相続者たち』の
「王冠を被るもの、その重みに耐えよ」のサブタイトルを思い出します。

Naoさん コメントありがとうございます。

やっぱり『信義』~『相続者たち』などでの、
イ・ミノは良かったと(素直に)認めます。

『六龍が飛ぶ』の歴史を調べていると、
あの『信義(シンイ)』からの滑らかな繋がりを感じています。
あのウダルチの隊員トルべが、
チェ・ヨン隊長(テジャン)の後継者となる日まで、
みんなで50話を楽しめれば幸いです。

憎しみ

オッパ 皆様 アンニョンハセヨ

憎悪
自分には向けられないので人を嫌い、恨むのでしょうか。
自分には無いものを持っていたり(物質的なものではなく)、行動する人への憧れと自己嫌悪の現れ。
あるドラマでも「あなたは私を惨めにさせる…だから嫌いだ」と言うセリフだありました。
本当は自分の過ちを分かっているが、そう出来ない自分がいる。
一歩踏み出す事が出来ない。

人生って難しい。
死ぬ間際ではなく、元気なうちに踏み出せると良いですね。

華政ももう少しで終わり
総まとめも気になります。
引き継ぎ、歴史ドラマ『六龍が飛ぶ」も期待します。


プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose