華政 第40話(上) 清国からの使者



土曜日のバラ
rose in tokyo

華政 第40話(上) 清国からの使者

明との全ての関係を断ち切るよう、また朝鮮軍は清国軍配下にするという
清国からの公文書に怒る仁祖

「野蛮人どもめ!」

清国は正式な使節を派遣するという皇帝からのものでした。

4000_20151011223445ef5.jpg

使者への挨拶には出向かないという仁祖

「しかし、使節団が帰ってしまうと、
 宣戦布告するようなものです、チョナ!」

既に首都に入り、宮中の近くまで来ている使節団が引き返さないよう、
「自分が出向く!」

「しかし、アバママが…」(ポンリム大君)

「チョナの意に反してでも、私が出向く!」

結局はソヒョン世子が引き受けざるを得なくなります。

4000b_201510112234438cc.jpg

ホン・ヨンとチョンミョンたち

世子の決断を聞いて、
「いけません。
 こんなことでは父と息子の対立になります」

「しかし、何もしないわけにはいきません、媽媽」
(ミョンギル)
4000a_201510112234444b3.jpg

ヨジョン(淑嬪・スグォン)がピングン(嬪宮・世子の妻)を訪問

「何とか私もチョナをなだめます」と。

4000e_20151011223440b3a.jpg

仁祖と世子

「お前が王のつもりなのか? 
 私でなくて! 王にでもなるつもりか?!」

「アバママ、どうしてそんな質問をするのですか?
 そんな気があるわけはありません」

「いや、私は追い返せと言ったはずだ。
 なぜあんな蛮人に挨拶したのか?!」

「アバママ。私は現実的な対応をしたのです。
 朝鮮が清国に対抗できるわけはありません」

「ではこの私が無能だから、
 犠牲になるとでも言うのか?!」

「どうか私の誠意を理解して下さい」

過去に土地と人々を奪われた時のことは忘れたのかと仁祖は言い出します。
「私だって
 罪もない百姓たちが連れて行かれたことは忘れません。
 あんな侮辱を受けて一番辛かったのは、
 アバママではありませんか?!
 もう二度とこの地で争いは起したくはないのです!」

そして、
「私は自分の行動の責任はとります。
 どんな罰も受けます!」

「…」

仁祖は何も反論できませんでした。

4000f_20151011223833ede.jpg

外で待っていたポンリムに、
「私のことが心配だったのか?」

「ご心配なく世子。
 アバママは誰よりも世子を信頼しています」

「だからこそ、心が痛いのだ」
4000g_20151011223832699.jpg

チョンミョンは、
「そのような人徳を持つ世子なのです」

「しかし、媽媽。
 これまで王室も朝廷も、“徳”よりも秩序だけでした
 これが通じるのか…?」(ミョンギル)
4000h_2015101122383177b.jpg

カン・ジュソンはキム・リュに大陸の情勢を説明します。

「すでにモンゴルを制圧したように、
 ホンタイジになってからの清国の勢いは止まらない。
 大きなうねりがやって来ています」

「では朝鮮も…?」

「そんな中で我々は生きていく道を探さないといけない。
 大きな波には乗るしかありません」

「あ~。しかし、彼らの要求を受入れることは、
 私の口からチョナには言えないでしょう?
 波が来る前に首が飛ぶ…」

「何事も一人で行動する必要はありません。
 代表は代理を使えば良いのです」
4000k_20151011223830b5c.jpg

淑媛・趙氏(ヨジョン)は、仁祖に、
「そもそも彼らを城内に入れたのは世子ですから、
 供応も世子にやらせればよいのです。
 前々から言っているように
 世子は公主に操られているのです。
 彼らは戦争を避けることだけが目的ですから」
4000m_2015101122382896d.jpg

他方、ジュウォンは後金との過去のパイプを利用して、光海との接点だった男と会います。

4000n_201510112238280f1.jpg

ヨンゴルテとどのように対応をなすべきか、まずは性格を聞くために公主が会います。

4000p_20151011224201d89.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

深圳駅
shinsen2.jpg
(photo by nao)

naoさんからのお便りです。
(絵と文 by nao)

香港は1997年にイギリスから中国に変換されましたが、以降50年間は特別行政自治区となりました。
中国と香港2本立ての政権なのです。
マカオも同じですね。

香港ー中国
香港ーマカオ
もちろん
香港ー深圳もパスポート必要です。

イミグレーション(通関:正面)
sinsen1.jpg

# 「ワン拍手」さんへ
毎朝、いつもワン拍手ありがとうございます。
PCの向こうからのお付き合いを感じています。
読んで頂き、嬉しいです。
いよいよ『華政』の後半の山場となる「三田渡の屈辱」が近づいています。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose