華政 第37話(中) 無意味な男


昨日の香港の空
hongkong.jpg
(photo by nao)

華政 第37話(中) 無意味な男

カン・ジュソンとイヌの親子

「それはなりません、アボジ」

「いいや、すぐにでも武器を集めろ。
 これは我々のためだ。
 先のことは分からないが、今は最善の策だ、
 イヌや…」
3711n_201509281025146d1.jpg

チョンミョンはイ・グァルに示した条件への回答を待っています。
彼女が出した条件は国境地帯に精鋭軍の半数を戻すということでした。

「この機会をとらえて、
 後金は朝鮮に侵入するはずです」

「それでは、
 逃げ出したヌンヤングンたちとは対抗できません」

「では後金が素直に、
 あなたに政権を認めるとでも思っているのですか、将軍?!」

「…」

「まずは国境を守るのです。
 そうすれば国民も理解してくれるはずです。
 まずは国を守ることが先決です」

イ・グァルと配下たちの議論は、これは公主の罠だと…。

3722_201509281947506e1.jpg

結局、イ・グァルはチョンミョンの条件はのめないとの結論。
無条件に協力しない限り、まずはジュウォンから殺していくと…。

3722a_20150928194749663.jpg

大妃はチョンミョンに「人が殺されていきます。抵抗はしないように…」と。
イ・グァルが出した条件は半時間の内に「抵抗せずに、協力すること」でした。

3722b_2015092819474877d.jpg

ジュウォンが連れ出されてむしろの上に正座させられます。
ジュウォンはチョンミョンに、「とにかく生きて朝鮮王朝の家系の血を残して下さい」と気持ちを残しているものの、

3722d_20150928194746e97.jpg

チョンミョンにとっては愛する夫です

3722c_20150928194747284.jpg

悩むチョンミョンは、イ・グァルに

3722e_20150928194745991.jpg


「民には何の力もありません。
 しかし、
 あなたのような人のことを決して尊敬はできないでしょう」

3722ee.jpg

「何を言い出すのですか、媽媽」


「だから言うのです。
 誰も尊敬はしないでしょうが、
 人が殺されるのは見てはおられません。
 あなたが欲しい物はすべて差し出します

「ほう…」

# ふと思い出したのがタイ(タイ王国)のこと。
一般には静かな人々だといわれる、仏教の国のタイなのに、反政府デモなどで未だに揺れます。
1980年代の頃に聞いた話では、タイの王族と仏教界、それに軍部という三大勢力があり、国民は王室と仏教界への信任と尊敬が厚い。
しかし、政治を正すとのことで軍によるクーデターがしばしばありました。
それでも軍部は、王室と仏教界から名文を得ることができない限り国を統治することはできないために、すぐにでも民主選挙を実施していました。
とにかく無血のクーデターでないと国民の信任を得ることができないということは常識になっていたので、外から見守る私たちも“有事”だとは感じませんでした。
「またか…」でした。
これからの問題はやはり人の命を顧みないテロですね。

チョンミョンの判断は投獄された者たちをすべて解放することが最終の条件でした。

ジュウォンとチョンミョン

「ナウリ!」

「媽媽…」

「宮殿を放棄した者と、宮殿を占拠した者とは同じです。
 なので、こんな決断をしました。
 これ以上の戦いは避けたいからです」

「…」

「心配なのはあなたの心だけです」

「媽媽、私は媽媽に従います。
 あなたの気持ちは理解しています」
3722g.jpg

さて、ヌンヤングン

反乱軍を制圧するとの、キム・ジャジョムたちの交戦論に従わざるを得ません。

3722k.jpg

残った政府軍に王命を出します。

3722h.jpg

キム・リュの息子のキム・ギョンジンが足を骨折したとの言い訳で戦争には参加できないとの兵役逃れの様子。

3722m.jpg

政府軍の司令官はチャン・マン将軍

漢陽には夜戦を挑むとのこと。

3722n.jpg

ヌンヤンは内戦に持ち込むことしか方法はなかったのだろうかと…。

3722p.jpg

お前は無意味な男だ
 私の唯一の間違いは
 資質がないお前に王座を明け渡すことだ」
3724.jpg

光海君から言われた言葉を回想するだけでした。

「…」

3725.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

<長崎のおくんち ②>

もとよりこの「おくんち」は17世紀の江戸時代に、長崎の氏神様の諏訪神社に「遊女」たちが踊りを奉納したことがお祭りの初めです。
江戸の吉原では高級な遊女のことを「花魁(おいらん)」と呼んだそうで、同じく長崎でも「花魁」とか「太夫」と呼びます。
子供の頃から芸だけでなく学問も学びました。
一般にランクによっては単に「遊女」と呼ぶこともあります。

遊女2

遊女の舞
https://www.youtube.com/watch?v=qH_-4vtAW_Y

そしてその遊女の御付の10歳くらいの少女たちには「禿」の当て字で、「かむろ」と言います。
遊女たちが可愛がり育てたのが「かむろ」です。
その遊女とかむろの踊りをお楽しみください。

https://youtu.be/stiLTbYkxDw

遊女 3
(2015.10.08)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose