『華政』 史実とフィクションの終わり


『華政』史実の終わりとフィクションの終わり

今朝のKJS、ドラマ第30話をご覧になったでしょうか?
クーデターで光海君が廃位されて、第16代王・仁祖の時代(1623年~)に入ります。
そして、この記事は今週の放送のこと。
ドラマの第48話では仁祖が亡くなる時のことが描かれました。

1.史実上の終わり

先週の土曜日は“ラストファイト”への突入を書きました。
最後の戦いは、チョンミョン(貞明)公主とホン・ジュウォン夫妻、ポンリム世子、ジュウォンの父親のホン・ヨン、チェ・ミョンギルたちがキム・ミョンギル(副総理)とカン・ジュウォン(大監)という、いわば二匹の猛獣“竜と虎”にたった“一本の矢”で戦うということでした。

今週の第47~48話の放送では、このドラマ『華政』の中でのラストファイトが“竜虎合い戦わせる”作戦での勝利が明確になります。
さらには西人派の反逆罪が暴かれます。

ドラマは1645年から1651年にかけて進みます。
西人派の領袖のキム・リュ(総理)以下の反逆者たちはキム・ジャジョムと共謀して、側室・趙氏(ヨジョン)の長男・崇善君を擁立するために、仁祖が指名した次男のポンリム世子を廃位させようとしました。
しかし、これは世子を守ろうとする仁祖の最後の決断で反転させました。
つまり、“史実”はほぼ終ったと思います。

1649 nen

2.罪深き人たち

そういうことで今日は反逆者(主に西人派)たちの歴史上の罪状と終焉をまとめて列挙しておきます。

・キム・リュ(領議政:総理)・反逆罪(1648年処刑)

・キム・ジャジョム(副領議政:副総理)・反逆罪(1651年処刑)

・貴人・趙氏(ヨジョン:側室)・反逆罪(およびソヒョン世子毒殺容疑)(1651年処刑)

・キム・ギョンジン(リュの長男)(1637年没)(ギョンジンは1636年の清国侵攻の際に王室を裏切って逃亡を図ったからだと思われます。ただし、ドラマではまだ生きていることになっています)

なお、キム・リュはキム・ジャジョムよりも先に処罰されていますので、1651年当時はキム・ジャジョムが領議政(総理)です。

また、チョンミョン・ジュウォン夫妻の仲間(味方)のチェ・ミョンギル(崔鳴吉)は1647年に亡くなっています。
作家が上記のキム・ギョンジンと同様にキャラクターを最後まで残したのだと思います。

以上のように処罰は仁祖(1649年没)およびポンリム世子(第17代王・孝宗)によって行われたために、亡くなった年代にそれぞれの差異があります。
つまり脚本は、1645年から1651年をまとめて描いているということが解かります。

ep-48.jpg
(1649年、仁祖はチョンミョンに懺悔し、死期を迎えます
 ドラマの第48話)

3.フィクションの終わり

そして来週の最終話のこと。
第48話では、「清国」の軍を動かそうとするカン・ジュソン(架空の人物)が逃亡したことから、来週はドラマの最終回に向かって“フィクション”の部分の終わりです。
そのフィクションとは、ポンリムが廃位しない限り、清国軍を侵攻させるという策略。
加えて、カン・ジュウォンは清国でさえ手玉に取ろうとする野望があり、これが裏目に出ると思います。

ただ、心配な点があります。
今週の連休の際に、気になる「二人の男」、カン・イヌ(ジュソンの息子・庶子)と黒騎士・チャギョンについて書きましたが、この二人が身を挺して、おとり作戦を行うことにしたので、フィクションとはいえ結末が心配です。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

次の写真と上の仁祖の写真は第48話からです。
(Kstyleエンタメニュースから拝借しています)
この仁祖と公主との最後の会話の場面はとても感動的でした。

「今でも憎い。しかし、自分を憎めないから、公主のことを憎んだ」と、仁祖は苦しい中でもチョンミョンを呼び出して詫びます。

一方のチョンミョンは、
「王の座がこんなにも重いものとは解かりませんでした。これまでのことをお許しください」と、許しを請う場面です。

とくに、仁祖を演じたキム・ジェウォンの名演技でした。

ep-488.jpg

次の写真は今月13日からの済州島旅行で撮影したものです。
ここ“恋北亭”という海風の東屋(あずまや)に、光海君や他の流刑者(政治犯)が集い、海を隔てた半島の首都・漢陽を偲んだといわれる場所です。

koi3_201509250055043b8.jpg

光海君はここから北の海を眺め、残して托した「華政」と妹の公主のことを思ったに違いありません。
光海君は1641年に、ラストファイトを前にして66歳で亡くなりました。

koi 1
(2015.09撮影)
来週も済州島の歴史や文化などを写真と動画で紹介します。
(すでにYouTubeでも、一部をアップしています)

光海が見た海
https://youtu.be/4zdeIyyD8sk

そして月への願い。
今日から秋夕(チュソク)休暇

東アジアでは、今日から明日の秋夕(チュソク)を挟んで、明後日までは3連休(土日が重なっていますね)が一般的では?
ご家族・親族が集まる中で、主婦の皆様は家事で大変だとは思いますが、みんなの苦労はお月様がご覧になっていることと思います。

花より団子…、月より御餅でしょうか…?
香港、関西からも甘い写真が届いています。

10cmくらいでしょうか。
家族で分け合って食べる。
そもそも月餅とは五穀豊穣と家族の和を祈って食するものだとか。

(文&写真左上:by nao)
geppeimoti.jpg

泉州名物元祖“村雨”
粒あんも好きですが、
村雨の上品なあずきの風味と
もっちりした口当たりも良いです。

(文&写真左:by APB)
k shiga

月も太陽も(陰も陽も)みんなを平等に照らしてくれますよね。
友情への願いを込めて、ハッピーチュソク

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose