華政 第33話(中) オクジュとウンソル


華政 第33話(中) オクジュとウンソル

「公主がいる限り王座も国も揺らぐと思わないか?
 私がしたことは国のためだと思わないか?」と、
 内官に問うヌンヤンですが、

「?!」との内官(#)

「答えないのか、尚膳?」

「…。 当然のことだと思います」
3322_20150921031637b70.jpg
# ヌンヤングンは内官のことを、尚膳 (サンソン:상선)と呼んでいます。
彼は、従二品で内侍の最高官職です。
実際の仕事は、王の食事や身の回りの世話係の総括責任者です。

ヨジョンは、
「この機会に始末をつけるべきです」

「完全に膝を付かせてやる」

「その後は殺すべきです」

「ああ、死罪でないと罪は拭えないと思わないか?」

「ええ」
3322a_20150921031635d6d.jpg

やはり内官(内侍)はヌンヤンには好感を持っていません
部屋から下がると、「いったいこんな罠は誰が掛けたのか…?」とつぶやきます。

「静かに…、
 聴かれますよ、令監(ヨンガム)」(御付の尚宮)

「公主にあんなことをするなんて、
 気が変になりそうなんだ」(内官)
3322b_201509210316361d7.jpg

ジュウォンは火器都監の仲間を集めて、作戦会議

土の採取の資格を持つ者(スドク)は宮中であろうがどこでも出入りできるので、何か物証が得られないかと、捜索するようです。

「危険を伴うぞ」

「いいえ、命を懸けてやります」と一丸となってウンソル親娘とチョンミョンを救う道を探ろうとします。

3322c_201509210316344f6.jpg

キム・ジャジョム

彼はもともと賢く守備堅い男なので、自分を通すことなく王室からダイレクトに捕盗庁への指示で行われた為に、どこかにミスが生じると思っています。
長官には、「この件からは一歩引いておく。私はこうした工作は好みでもない」と。

3322d_201509210316331e9.jpg
# この捕盗庁官は「イ・グァル」といい、1624年に反乱を首謀します。
史実での反乱の事由は、ヌンヤングンのクーデターの際に活躍したのですが、報奨金に不満。
ドラマではこの事件が明るみに出て、北方の守備に左遷されたからです。

オクジュとウンソル親娘の苦痛を思い、悩むチョンミョン

3322e_20150921031632e2c.jpg

他方ウンソルは母に、決して嘘の自白はしないと。

「私は十分生きてきたからいいけど、
 あんたが死ぬのは見たくないわ」

「私たちは身分が低いから役に立たないけど、
 公主媽媽には生きていてもらわないといけないのよ」
3322f_201509210351219ae.jpg
# ウンソルはオクジェ(母親)のことを「オムニ」と呼んでいます。
“オンニ”と聞こえるのですが、「オモニ」の方言(なまり)で“オムニ”です。

キム・ギョンジン、イ・シベクの会話を聞きながら、“あの手紙”の宛先は自分であったと気付いたチェ・ミョンギルはシベクに、「話を聞いてくれ」と…。

3322g_20150921035120e34.jpg
# イ・シベクは西人派の重鎮のイ・クィの長男

今度はヨジョンに取り入るカン・ジュソンのユン夫人

「すぐにでも嬪(正一品)ですよ」

「公主がいなくなれば、
 誰も阻むことはできないと思っています。
 カン・ジュソン大監だって重用されるようになるでしょう。
 早く公主の泣き顔が見たいわ」
3322h_2015092103511912c.jpg

さて、チェ・ミョンギルがイ・シベクに依頼したのは、チョンミョンの尋問の係りとなることでした。
お互いには初顔合わせでしたが、仲介はもとよりジュウォンが行ったこと。
周りを遠ざけて、「安心してください、媽媽。私は何か手助けできないかと思って、この尋問の係りを申し出たのです。今回の件では、媽媽もカン・ジュウォン校理も静かにしておいて下さい」

「あなたの身が危険になるというですよ」

「ええ、分かっています。
 危険がない戦いは本当の戦いではありません」

ミョンギルは自分への信頼を得るために、尽力することを誓います
チョンミョンはウンソル親娘のことが気掛かりなのですが、ミョンギルは、ジュウォン、イ・ウォンイクが共に動いていることも知らせて、
「私が宮中外で行われていることはお伝えしますので、
 軽々しい行動は避けてください」
3322k_20150921035118251.jpg

イ・ウォンイクはヌンヤンに

「十分な調査が済まされていないから、自白だけでは禍根が残る」と、尋問(=拷問)の引き伸ばしを求めます。

3322m_2015092103511778b.jpg

キム・ジャジョムはミョンギルを引き止めて、
「そなたがチョナの男であることが分かれば、
 私も安心できる」と釘を刺します。
3322n_201509210351168a3.jpg

さらに今度はイヌがやって来て、「チョナに許しを請うように説得しろ」というのですが、
ジュウォンは、
「もう私たちの間には、あまり言葉は残っていない。
 しかし、
 お前だって媽媽の性格は分かっているだろう。
 はっきり言うが、
 お前は自分のためにしか媽媽のことを考えていない。
 私は媽媽を守ることだけを考えている」
3322p_20150921035559b83.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

済州島はハルラ山を中心に楕円形に広がる島。
北から南の海岸まではハルラ山の麓を通り、バスで約1時間かかります。

大きな港や空港があるのは北部で、南部が有名なホテルが並ぶリゾートです。
今回の9月の旅では光海君が流刑になった北部を中心にバスとタクシーを使って、後は徒歩。
この10月からは日本からの直行便が停止されたのが残念です。

jeju air
(2015.09.13 成田空港から大韓航空にて直行)

ホテルは空港から約10分の“ハワイホテル”でした。
よく見かけるオブジェがフロントの傍に。

yougan 1

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose