華政 第29話(上) 約束の白い珠

華政 第29話(上) 約束の白い珠

チャギョンに救出されて漢陽に帰って来たジュウォン
驚きの顔の光海。

2900_2015090420510357f.jpg

彼は彼で後金との外交交渉をまとめ、捕虜の兵士たちを帰還させる手はずが整ったところ。
ただし、チョンミョンとカン・イヌの婚儀を条件に、親明派のカン・ジュウォンと西人派を巻き込んで賛成に引き込んでの外交文書発出でした。
後金との交渉を進めた光海は称賛。
その後に、私人としても婚儀への反対を表明。
しかし、ホ・ギュンとカン・ジュウォンの謀反計画を理由に逮捕に踏み切ったことから、西人派を逆撫でしたことは確かなようです。

「ホン校理…」

「チョナ…」

「生きていたんだな! お前が…」

「とても帰国が遅くなってしまいました。 すみません。
 チョナのことも公主媽媽のこともお守りできませんでした」

光海はジュウォンの手を離すことができませんでした。

2900a_20150904205102ec2.jpg

イ・イチョムとキム尚宮の策略で一端は結婚が許されたイヌと公主なのですが、彼らの計画は光海の“人間に戻る”宣言で婚儀は破綻

他方で手先に使っていたチョ・ヨジョンは姿をくらましたようです。
このチョ・ヨジョンはキム・ジャジョムの配下の女官でした。

「チョナ!全てが私の間違いでした。
 宮廷に引き入れたあの女官は、
 チョナの戦争での将軍に授けた戦略を知っていました。
 誰かの間者です」

「ゲシや…。 そなたの間違いではない」

「チョナ…」

「もういいさ。
 そなたは私のために、
 十分過ぎる痛みを背負ってしまったのだ。
 全てを、自分すらも失ってしまったのだ」

「チョナ…」
2900b_201509042051011cb.jpg

母親の代わりをしていた元尚宮は、
「誰だって犯す間違いだわ」

しかし、キム尚宮は言います。
「私の欲望がチョナを傷つけました。
 お傍お助けする振りをしていただけです。
 結局は私の欲望がこんな結果になりました」
2900c_2015090420510038a.jpg

光海とジュウォン

「そなたが帰って来たというのに、
 私は何の良い報告もない。
 そなたに会いたい公主だって失いかけた」

「いいえ、それは、
 私が義務を完全に果たせなかったためです」

「そなたの言葉が重過ぎる」

「チョナ…」

「そなたらしいな。
 以前のイ・ドクヒョンを思い出す」

「…」

「しかし、決して自分を責めてはいけない。
 ホン校理。
 どんなに辛い状況でも、そなたらしくやってくれ」

「“どんなに辛い状況”とはどういう意味ですか?」
2900d_20150904205059953.jpg

ヌンヤングン

「よく見てくれ」と、光海が将軍に宛てた“臨機応変”に対応しろという指示書を見せて、最初からの作戦だったと非難を始めます。
西人派はそれに乗じて、謀反への連判状に署名することになります。

2900e_20150904205057f18.jpg

光海はジュウォンに
「謀反を止めることはできない。
 彼らに名文を与えてしまった。
 しかも、彼らは公主を利用しようとしている」

キム・ジャジョムに拉致されているチョンミョンは命が危険です。
しかし、「簡単に諦めることはしない」と光海には公主を救出する計画があります。

「私は公主を取り返し、この国民とこの国を守る」

「…」

「私は王だ。 この朝鮮の王だからだ」
2900f_20150904205438dd2.jpg

宮中を出るジュウォン

…私は私の最善策を実行します。チョナと公主を守るためです。

行き先は火器都監

喜ぶ職員たちは父親も呼んできます。

2900g_201509042054376ac.jpg

「ジュウォンな…」

「アボジ…」

二人は光海と公主を守る為に一緒に行動することにします。

2900h_20150904205436c4d.jpg

光海はイヌに会いに出かけます
公主を守ることを依頼するためです。

2900k_2015090420543533d.jpg

火器都監では避難の準備が進められます。

そしてチョンミョンを思うジュウォン。

2900n_201509042054336aa.jpg
# 白い数珠が二人のキズナ

時間は翌日の夕刻と…。

2900pp.jpg

謀反の準備が進むヌンヤングンとキム・ジャジョム

2900p_201509042100560ad.jpg

ヨジョンはジャジョムにチョンミョンの衣服の紐を剥ぎ取っています。

2900m_201509042054349a9.jpg

西人派は全て宮中から出て、ただ怒る大北派でした。

2900r.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ハルラ山④

結局2時間も登って、中腹の避難所まで。
それは良きにせよ、今度は帰りもあります。
岩ばかりの登山道を下るのも、雨でも降ればちょっと危険です。

rock4.jpg

rock2.jpg
(2015.09.14 漢拏山 한라산⑧)

頂上制覇を目差す人達ばかりなので、午前中に下る人、他方では11時頃に登り始める人は多くありません。

午前11時ころの静かな下山で、やや淋しく思っていたのですが、思いもよらず、2つのことに感動しました。
まずは、鹿に出合ったこと。
がさがさと葉っぱの音がするので、目を凝らすと、木の葉を食べている野生の鹿が見えました。
角がなかったので雌でしょうか?
次いで、ウェディングドレスをたくし上げて、新郎と一緒に登る花嫁に出合いました。
カメラの係りも大変だとは思いますが、きっと“つり橋”の上での撮影ではなかったのでしょうか?
登山口からの最初の頃はなだらかな坂道ですから、そこまではヒールでも何とかなるでしょうが、それ以上は絶対に無理。

bridge.jpg

でも、素敵な企画です。
こんな時には、コングラチュレーションだけでなく、チュカトリョムニダ!
こんな言葉が思わず笑って出てきました。
返答も、サンキュー! カムサハムニダ! でした。

wedding.jpg
(2015.09.14 漢拏山 한라산⑨)

YouTube
https://youtu.be/equyq7OXXQc

こちらでは彼岸花(曼珠沙華:マンジュシャゲ)が咲いています。
higann.jpg
(昨日の横浜公園)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose