色彩放つ『華政』の脚本

リアルタイムでの視聴の方々への、第40話までの“情報と今後”のコメントです。

1.宮殿を出るチョンミョン

クーデターで1623年に即位した綾陽君(ヌンヤングン)でした。
しかし、政治は安定せず、第37~38話では“イ・グァルの乱(1624年~)”が起き、ヌンヤングンと王室、西人派はそくさくと避難(宮殿放棄)しました

ドラマでは貞明(チョンミョン)公主とジュウォンと、その仲間たちは宮中に残り、内乱・戦争の後に鎮圧します。
ここでも火器都監の支援の下、精鋭の銃砲隊が奮戦し、同国軍同士の被害を最小限に留めます。

そして、第38話の終わりにチョンミョンは宮中を離れます。
理由は、“ジュウォンとの結婚”、さらには“ヌンヤングンとの内政・外交路線の違い”でした。

2.10年後の新しい展開

第39話は飛んで、“およそ10年後”の国境地帯から始まります。
イ・グァルの乱が1624年ころからだったので、1634~1635年頃の計算となります。

この間に後金の3万の兵の侵入を受けるなど、後金との国境紛争が絶えず、捕虜となっていた農民たちが後金から脱走する事件です。
ドラマでは出ませんが、この際にもヌンヤングンは江華島に避難しました。

大陸ではすでに女真族のヌルハチが1616年に、後金を建国
第2代・ホンタイジ(1626年即位)が明をほぼ征服し、“新しく国号を清(1636年)”としました。

第39話と第40話はそのちょっと前の頃のことで、明との条約を破棄し、後金と盟約を結べと脅された話

歴史の今後は、盟約を守らないことを事由に1637年、清国12万の大軍が朝鮮半島に本格的に侵攻。
首都・漢陽への侵攻後、翌年(1637年)には仁祖・ヌンヤングンが服従を誓約させられることになります。

nunnyann_2015082708595213e.jpg

3.世子夫婦とジュウォン夫婦の出産のこと

仁祖(ヌンヤングン)には最初の正室から4人の大君がいました。
しかし、仁祖から疎んじられる正室(中殿)は、むしろインモク大妃やチョンミョンと仲良しだったので、子供たちもジュウォンやチョンミョンのことを慕っていました。
時を経て昭顕(ソヒョン)世子に長男が誕生(仁祖にとっては初孫)。

同時にチョンミョンは第4子を出産します。
歴史ではチョンミョンとジュウォン夫婦は、7人の男の子と1人の娘に恵まれます

seja.jpg
(チョンミョンとソヒョン世子)

ドラマでは悲しいシーンも回顧で流れます。

「この国をお願いします、公主」とインモク大妃の死(1632年)
「みんな苦難を耐えてくれ。先に逝く私を許してくれ」とイ・ウォンイク元領議政の死(1634年)

4.これからの二つの流れ

(1)正殿では

放送では第40話を終えています。
残すところはあと10話なので1636年の清国の侵攻が目前に迫っているようです。
この間の仁祖の間違いは何なのでしょうか?

世子のソヒョンには弟のポンリム(鳳林)大君がいて、ポンリムの方が1649年から第17代王・孝宗となります。
ドラマでは、キングメーカーのカン・ジュソン(実在しません)がポンリムに接近します。

なお歴史では、兄弟共に清国の大侵入の際に人質となって、清での生活を強いられます。

mino.jpg
(チョンミョンとポンリム大君)

(2)後宮では

歴史的にも“悪女”とされるのが、側室のヨジョン(貴人・チョ氏)。
時間が経つにつれて仁祖の寵愛が薄れていく中、最後は従1品まで品階を上ります。
第39話ではスグォン(淑媛:従四品)ですが、どんな手を使うのでしょうか?

歴史では“毒アワビ事件”などがあります。
後宮のそのまた裏で、反チョンミョン勢力として暗躍しそうです。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

キム・イヨン作家は成均館大学の歴史学科卒業。
『華政』の脚本も史実をしっかり踏まえた上なので、今後の展開も年号を辿って先の予測をすることができます。
しかし、キングメーカーを自負するカン・ジュソンと、その息子のカン・イヌの2人を“フィクション”として挿入するなど、「さすがプロだな~」とうならせます。
ジュウォンの架空の親友とはいえ、イヌも父親とは違う道を軍人として歩みはじめ、清々しくなります。
他方では、“後宮の悪女”たちがどのように描かれているのか、嫌ですが楽しみたいです。

やはり、世子とチョンミョンたちが「国民・農民のため」の政治に尽力する姿など、史実とフィクションが交錯してキラキラと輝くようです。

# これから『華政』をフォローする方々のために

さかのぼってKJSをご覧になるのは億劫だと思います。
(昨日のコメント欄のコメ返をご参考)

『華政』は23話くらいからの、東アジアの情勢や第30話でのクーデターでの光海君の退位の話が面白いです。
その後は仁祖のことを飛ばして、今週放送された40話頃に緊迫感があります。
揺れる中国大陸も含め、視野を東アジアに広げています。
振り返るのは億劫でしょうから、先を楽しみにぼちぼち来てください。

私も気に入っている<王朝絵巻>は、シーズン3まで完成させようと思います。
シーズン1で中期以降の朝鮮王朝を調べ、裏で糸を引いていた半島の女性たちのこと、そして日清戦争までの日本との良好な関係を概観しました。
ドラマは『ホジュン』で、昨年の冬から今年の春のことです。

シーズン2では『チャン・オクチョン』や『光海』がなぜ悪者にされているのかと人物像に興味を持ちました。
まさに夏の暑さの中での“熱中症”でしょうか?

そして、これからシーズン3で東アジアの国際関係を調べているところです。
『華政』とは長い付き合いになっていますし、秋は真っ盛りでしょうか…。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose