歴史の要衝ハンバンド 2

# この1年ほど『亀巌ホジュン』から始まって歴史を年代を追って調べていましたが、結論としては“東アジアの大陸と半島は、島国の日本と比べて50年程度遅れてしまった(過去形)”と考えています。
この遅れは、一部の政治家・官僚たちの私利私欲により、経済力と庶民・市民生活が犠牲にされたということです。
“冊封制度”にその大きな要因があって、大陸と半島は欧米・日本の列強から見れば、歯がゆくもある共倒れ現象だっと考えています。

fuyou_20150919065445b3c.jpg

<王朝絵巻 シーズン3>
歴史の要衝ハンバンド 2

「冊封制度とは?」①


前回は“いわば安全保障条約”と呼びましたが、その「冊封体制」をウィキペディアで調べると以下。

「後漢」滅亡後、中国は長い分裂時代を迎えるものの、
日本列島に於いては、邪馬台国の卑弥呼が魏に対して使者を送り親魏倭王の爵号を受け、また朝鮮半島に於いては、4世紀半ばに百済・新羅が興るなど周辺諸国の成熟が進み、冊封体制の完成へと進んでいく。

五胡十六国時代には「高句麗」が前燕により征服されて冊封を受けるようになり、前燕を滅ぼした前秦に対しても朝貢した。
「新羅」もまた高句麗にしたがって前秦に対して朝貢した。
一方、二国への対抗上、百済は東晋に対して朝貢し、冊封を受けている。

南北朝時代に入ると、朝鮮三国は南朝から冊封を受けた。
この時期、百済は倭の影響下、新羅は倭の支配下にあり、中華秩序下での支配権のお墨付きを得ようと南朝の宋から承認を得るため自ら冊封を受けた。
新羅については承認されたが、百済は既に宋の冊封国であり倭の百済支配が承認される事はなかった。
高句麗は北朝の北魏に対しても入朝し冊封を受け、百済に対抗する姿勢を見せた。
一方百済もまた高句麗に対抗して北魏に朝貢している。

この後、北朝・南朝それぞれを頂点とする二元的な冊封体制が成立し、この時代が東アジア世界および冊封体制の完成期と見られる。

「冊封制度とは?」②

ドラマ『華政』の頃の日本の江戸時代(1603年から)の人口はせいぜい2千万人台(江戸末期は3千万人台)。
韓国半島では多くて5百万人程度です。
他方の大陸では、「清国」になると人口が数千万人から数億人にまで達しようとする頃です。
まだ小国の朝鮮王朝や江戸幕府ですから、大陸の人口=軍事力に対抗するには、欧州の“産業革命(18世紀末)”による近代化を導入するしか道はなかったようです。

何も知らない韓国半島が引き続き「明」からも、その後の「清」からも冊封制度を受入れて、いわば属国扱いにされることも止むを得なかったと思います。
そんな時ですが、光海君の“大きな夢”は冊封制度から脱出し、真の独立を獲得する為には軍事力を強化する。
そうした政策は当時は実に先進主義で正しかったと思います。

大陸では「後金」が1616年に建国されます。

「冊封制度とは?」③

ドラマ『華政』では、後金と明との戦争(サルフの戦い)に派兵させられた1619年に、光海君は捕虜を帰国させる為に、やむなく以前の明国と同様に、冊封体制を受入れる約束をします。
明が衰退し「後金」から「清(1636年)」に変っても冊封体制には変わりがないのですが、“漢民族とは?”で触れてきたように、しょせん大陸は内部抗争であったわけで、大陸内での政権が変わったとしても同化していく民族なので、漢民族の大きな国には違いがありません。
当時の島国日本の江戸幕府は、その地勢的な有利さから海外の侵略は受けてはいませんが、その17世紀と18世紀は、江戸と朝鮮王朝と清国との交易は続き、東アジアの3つの国は、安定した国際関係の中にあったと思われます。

豊臣秀吉の時代から江戸幕府に変わり、日本は“壬辰倭乱(イムジンウェラン:文禄・慶長の役)”で連れてきた捕虜たちを「朝鮮通信使」を通じて帰国させ、対馬(鍋島藩)を通じた
貿易を行うという正式な国交を始めました。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

昨年頃から済州島に向かう日本からの観光客は20%以上減少しているらしく、来月10月からは日本からの直行便は全ての空港で停止されるそうです。
採算がとれず赤字が続いているからとのこと。
先週は成田から大韓航空で済州(Jeju)に飛びました。
すでに少しずつ写真をアップしていますが、済州・ハルラ山から紹介します。

ハルラ山①

ハルラ山は1950mで、韓国で一番の高さ。
済州島はこの火山の爆発で形成されたので、円形(楕円形)。
そのハルラ山(現在は休火山)には、東西南北の四方からの登山ルートがあります。

ENBOU.jpg
(空港からの遠望がハルラ山:2015.09.14 漢拏山 한라산①)

今回の旅行は、光海君が流刑となった北側の現在の済州市辺りを散策するのが目的でもありましたので、北からの登山ルートでした。
ただし、どこから登山しても、登山口からは片道だけで4時間は必要です。
山全体がユネスコの世界遺産でもあり、まったく封鎖されたように環境(自然の生態系)が保護されているので、麓から歩いて登るしかありません。

FUMOTO.jpg
(麓の駐車場から見たハルラ山の反対側の山です:2015.09.14 漢拏山 한라산②)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose