華政 第23話(上) 扇動される民衆


アンコールワットの朝
aw am6-2
(photo by nao at Angkor Wat②)

華政 第23話(上) 扇動される民衆

2311_20150817100655c2b.jpg

ヌンヤン(綾陽)君の前に出てきた光海君

「ヌンヤン君! 久しぶりだ」

「そうです、チョナ。
 罪もない弟が亡くなってからです」

「何だと? “罪もない”と言うのか? 
 私をここに引き出してみたとして、
 何の得があるのか?」
2311a_20150817100656b88.jpg

漢陽の町は“明が戦争を仕掛けてくる”との噂で持ちきりです。

2311aa_20150817100655216.jpg

庶民たちの動揺にチョンミョンもジュウォンも心配。

2311b_20150817100654b96.jpg

ヌンヤン君を呼んで

「この正殿に来るのは初めてなのか?」

「ええ。子供の頃から私宅で育ちました。
 それにしても昌徳宮は素晴らしいですね」

「ではここを見物するのも良い。
 そのために今日は来たのか?」

「どういう意味ですか?」

正殿に呼ばれたヌンヤン君は、愛国心があるのは自分だけではない。
国民を守るために、陛下の間違いを正す為に来ていると主張しています。

「そなたが“この国の国民”という言葉を使うのか?」

「…」

「いや。そなたは
 “自分の民”だと思っているのではないか?」

「チョナ…」

「ヌンチャン君(ヌンヤンの弟)の死罪には、
 不正義はなかったことも知っているはずだ。
 それなのに公然とその死を利用している」

「私を軽んずるのですか?」

「ヌンヤン君。
 私が何も知らないとでも思っているのか?
 今も、過去も、
 なぜ私がそなたを軽んじてきたのか?」

「…」

「そなたには何もないからだ。
 もとよりそなたは、
 王の器ではないことを誰もが知っている」

「何を言い出すのですか?」
2311c_201508171006532c5.jpg

カン・ジュソンは、
「犬が門の前で吠えた後は私の番だ。
 ヌンヤン君にはたいしたお金もないはずだ。
 金の力を見せ付けてやれ」
と配下に指示します。

2311d_2015081710100381b.jpg

ヌンヤン君とその父親の過去

ヌンヤン君は「新しい王を立てる時が来た」と父親に言うのですが、周囲は相手にしませんでした。
自分自身が王座に就こうとしていた当時、他の官僚たちが、弟のヌンチャン君を支持していたシーンが出ます。

「そなたはこの時勢が分かっていないようだ。
 イェへの8000の兵が
 後金に合流しようとしているのだ。
 こんな時勢の中で、
 そなたはことさら民の心を騒がせている。
 何をしているのか分かっているのか?!」

2311e_20150817101058784.jpg

恨みに思うヌンヤン君

「何もない。
 私は無用だと思うのですか?!
 私が…」
2311f_2015081710105759a.jpg

城下では戦争に備えて買占めに急ぐ庶民たち。
チョンミョンが割って入って、“王はまだ緊急事態とは思ってはいない”ということを強調しますが、“どうせ官僚たちは先に逃げ出すだけだ”と庶民は“先王・宣祖”を引き合いに出します。

「チョナ…」
2311g_20150817101056735.jpg

光海、ホン・ヨンそれにジュウォン

光海は情勢を完全に把握したようで、
「今の明国には後金を倒す勢いにない。
 そんな戦争に朝鮮から出兵させるのは無意味だ。
 その前に敦光(ホンファ)門(正門)を開いて、
 国民たちに実情を知らせたい」
2311h_20150817101056b9f.jpg

ほくそ笑んでいるのはカン・ジュソン

2311n_20150817101348b79.jpg

蘭の葉の手入れをしています。
そこにイ・イチョム
「大監。
 もしかしてヌンヤングンの背後に…?」
2311k_20150817101055403.jpg

知らぬ振りのジュソンですが、ばら撒いたお金で多くの両班と庶民がヌンヤンの家に集結。
“明国への出兵は見せ掛けだ”と、光海君は明を裏切り、実は裏で“蛮人”の後金に加担したとの名文を掲げて、ヌンヤンは行動を開始します。

2311m_20150817101054439.jpg

# いよいよ1623年…。
 綾陽(ヌンヤン)君によるクーデター計画が始まります。
 ドラマですので、陰の首謀者はカン・ジュソン。
 ヌンヤンを利用して半島を手に入れるのが彼の野望。
 背後には“明国”がついています。
 ただし、この“明国”は風前の灯です。
 “後金”から→“清国”へと大陸は政権+歴史が変わっている途上です。
 光海君とホン・ジュウォン以外には知る人は少ない…。

イヌが町の中の異変を見ながら、“反対運動”の大きさに驚きます

2311p_2015081710134866b.jpg

光海にも、明への出兵を求める庶民たちの反政府運動が伝えられます。
こうして光海は“派兵”をやむなくされます。

# 何とも訳しがたい言葉がたくさん出てきますが、
 今では反政府のソウル市庁舎前の“ロウソク集会”。
 当時の言葉では、いわゆる“聖火リレー”。
 このような反政府運動で、“出兵”こそが国を救うと…。
 聖火は国境地帯の義州(ウィジュ)に向かいます。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

<王朝絵巻 シーズン3>

「冊封制度とは?」②


ドラマ『華政』の頃の日本の江戸時代(1603年から)の人口はせいぜい2千万人台(江戸末期は3千万人台)。
韓国半島では多くて5百万人程度(王朝末期は2千万人弱)です。
他方の大陸では、「清国」になると人口が数千万人から2億人にまで達しようとする頃です(清の末期は4億人程度)。
まだ小国の朝鮮王朝や江戸幕府ですから、大陸の人口=軍事力に対抗するには、欧州の“産業革命(18世紀末)”による近代化を導入するしか道はなかったようです。

何も知らない韓国半島が引き続き「明」からも、その後の「清」からも冊封制度を受入れて、いわば属国扱いにされることも止むを得なかったと思います。
そんな時ですが、光海君の“大きな夢”は冊封制度から脱出し、真の独立を獲得する為にはまずは軍事力を強化する。
そうした政策は当時は実に先進主義で正しかったと思います。

大陸ではヌルハチにより「後金」(1616年~)が建国されます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose