華政 第11話(下) あの人が…

『華政』 第11話(下) あの男…光海

硫黄精錬のために木炭を注入するファイ

この技術を知らない官吏は驚きますが、マイペースで硫黄の精錬を続けるファイ。

1128_2015071313120289c.jpg

宮中の会議ではカン・ジュソンが、いまだに硝石や硫黄の精錬技術も無い朝鮮にとっては、明国の力を頼るしかないと意見を言います。

「これが現実的な道です」

「では、皆に、
 我が朝鮮の軍事開発の現状を皆に公開する!」
1127_20150713130842721.jpg

火器都監

ファイにも光海が来ることが知らされます。

…あの人が…。

1133_20150713135146f46.jpg

いよいよ公開の時

光海が重鎮たちを連れて現れます。
しかし、それでも信じない重臣たちに火薬庫を見せます。

「これまで空だった硫黄倉庫にも、
 毎年24万斤の硫黄が日本から届く」

…光海がいつの間にか…

と驚くカン・ジュソンはジュウォンの日本での働きを想像します。

1133b_201507131351448a2.jpg

光海はジュウォンに火薬開発の書を持ってこさせて、

1133c_20150713135143199.jpg

「まだこれからだが、
 もう朝鮮では火薬を明国に頼る必要はない。
 独自の力で軍備を整えることができる!」
1133a_20150713135145d12.jpg

さすがにファイ(チョンミョン)も、光海のこの雄姿に感動します。

1133d_20150713135143958.jpg

「…」
1133e_20150713135142dea.jpg

イチョムとキム尚宮

「最近は私を避けているのではないか?」
とイチョム

しかし、キム尚宮は国防大臣の名誉を貰った以上は黙って王に使えるべきだと冷たく突き放します。

1133f_2015071313554813a.jpg

イ・ウォンイクは南人派

光海は独走していると訴える西人派の重臣

1133g_201507131355471bc.jpg

怒っているのはカン・ジュソンも同じ
ユン・ドハを殴ります

「もっとジュウォンを見張っていろ!」
1133h_20150713135547d34.jpg

光海はジュウォンの江戸での活躍を労います

1133k_201507131355463ee.jpg

「…」
1133m_2015071313554528c.jpg

しかし、ここで、硫黄の精錬で問題が起きたようです。

蒸気が充満

ファイはいません。

1133n_20150713135544a16.jpg

ファイは今日の光海君のことで考え込んでいました。

1133p_20150713135908ec7.jpg

火器都監の警備がファイのことを怪しむところ…。

1134_20150713135908b0d.jpg

光海君とファイの再会の場面で第11話のおわり。

1144_20150713135907dae.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

<王朝絵巻 シーズン3>
“紅衣将軍”郭再祐①


壬辰倭乱(日本では文禄の役)の戦局を転じたのは、李舜臣(イ・スンシン)将軍が率いる海軍であった話は<王朝絵巻 シーズン1>で紹介しています。
その李舜臣の活躍を聞いて各地で義勇兵たちが立ち上がります。
彼らは土地を知っている有利さを生かし、ゲリラ戦に持ち込んで豊臣秀吉軍をかく乱しました。
ドラマでも、壬辰倭乱の際に共に戦い、光海君を尊敬していた義勇兵が登場しました。

義勇兵たちの軍団のリーダーの中でも特に有名なのが郭再祐(クァク・ジェウ)。
彼はもとより武官ではなく、33歳で科挙の文官試験に合格したものの、答案内容の一部が王の怒りに触れ、合格を取り消されたという過去を持ちます。
官僚の道を諦めた郭再祐は、地方に帰ってのどかに生活していたのですが、壬辰倭乱での朝鮮王朝軍の苦戦に歯がゆい思いだったに違いありません。
義勇兵を募り立ち上がります。
 (つづく)

横浜山手

次の写真はフランス山、イギリス山から、外国人墓地の坂を下る途中にあるアメリカ山庭園。
広い敷地が整備されて公園として管理されています。

america_20150722144909932.jpg

amerika yama 2

amerika yama3


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose