第4回 オ・チヌファンの写真集より…

第4回 オ・チヌファンの写真集より…

『門司港レトロ』の風景

2005年、福岡県は、北九州市にある『門司港レトロ』なるものに出かけた。
『門司港レトロ』とは、前時代的な風景を基調として開発・保存された門司区中心部の観光スポット名であるが、完成は、平成7年(1995)であるから、比較的新しい観光スポットと言えるだろう。

国土交通省の都市景観100選にも選ばれているが、その中心は、大正3年(1914)に出来た鹿児島本線の門司港駅である。
そしてその周囲には、大正から昭和初期に作られた古い建物が点在しており、かつ横浜や神戸に比べて、狭い地域に集中しているので、点と点をつなぐ観光ではなく、一つの面に沿って前時代的風景を味わえるのも特徴の一つだ。
ちょっと健脚に自信ありの人なら、中心部を歩いて回ることも出来るだろう。

その意味でも前回のテーマ、『日本の街並みに息づく古き西洋』を一泊二日で堪能出来るスポットであり、九州北部の旅のワンステップとしては格好なポイントかも知れない。
さらに対岸は、下関市唐戸であり、巌流島などの周遊ルートも隣接している。
しかし、まずこの地の魅力は、『今を生きるレトロ』であろう。
実際に街中を散策すると、門司港駅を中心に展開する『大正レトロ』を随所に観ることが出来る。
旧大阪商船や三井倶楽部などの古い建物がそれであるが、他にもオルゴールミュージアムや赤煉瓦ガラス美術館など、『門司港レトロ』のために新設された設備も少なくない。

また、古い時代の石造りの銀行が洒落た土産物店になっていたり、ブルーウイングと呼ばれる国内唯一の歩行者用の跳ね橋など、観光客から新鮮さを奪わない工夫も見え隠れする。
加えてウォーターフロントや門司港ホテル周辺には、本物の『大正レトロ』と現代に新しく作った『大正レトロ仕様』とが絶妙に溶け合う独特の美しさがあり、横浜や神戸にはない雰囲気がある。

この『本物のレトロ』と計算されつくされた『レトロ風』とが混在するコンパクトな街並みは、私を魅了し、好印象を残した。
2005年以来、まだ一度も再訪出来てはいないが、チャンスがあれば、もう一度訪れたい場所である。

ちなみに、我々も一泊二日で『門司港レトロ』を後にし、山口県の秋吉洞に寄ってから帰阪したのであるが、この日の夕餉は、もちろんのこと、『フク料理』を選んだ。
門司と言えば、ふぐ料理だが、この辺りでは、ふぐのことを幸福の福にちなんで、フクと呼ぶのである。

繁華街には幾つものフク料理店が並び、予備知識もないので、ええいままよ!と入ったのが、栄町にある『まんねん亀』と言う何とも縁起の良い名の店だった。
九州の地酒と供に、テッサだのテッチリだのと美味しく、また楽しく食したのを覚えているが、よく古い映画などで見かける、あの『バナナの叩き売り』の発祥の地が、この門司であると知ったのも、この時である。

福岡県門司区に関する補足

門司とは、北九州市の北東端にある行政区であり、三方を海に囲まれ、西と北は関門海峡、東は周防灘(すおうなだ)に面する。
明治32年、北九州地方で最初に市制が施行されたが、昭和38年に小倉、若松、八幡、戸畑の4市と合併して北九州市門司区となった。
面積は72km。人口は約12万人。
関門海峡に面した「表門司」とよばれる西側には、海岸から山腹まで市街地がつづき、門司港から大里(だいり)にいたる臨海部には金属、機械、セメント関連の工場の他、製粉、精糖、ビールなど食品工業の工場がならぶ。
また、「裏門司」とよばれる周防灘沿いでは、新門司港の整備が進み、大阪や東京との間にフェリーが就航し、コンテナ基地も建設されている。

門司港駅 

鹿児島本線・門司港駅 当初は明治24年(1891)、門司駅として建造されたが、その後、大正3年(1914)に移転し、門司港駅に改称された。
左右対称・ネオルネッサンス様式。
昭和63年(1988)、駅舎としては全国で初めての重要文化財に指定された。
貴婦人のような優美な様は、いかにも明治の雰囲気だ。
偶然だが、左下に人力車が写っているのが風情を増す。

門司港駅B

三井倶楽部

正式名称は、北九州市旧門司三井倶楽部。
大正10年(1921)築。重要文化財。
大正11年(1922)にアインシュタインが宿泊しており、2階にあるその部屋は、今でもアインシュタイン・メモリアルルームとして、当時のままに保存され、展示もされている。
また、同じ2階には、林 扶美子資料室がある。

三井倶楽部①B

大阪商船ビル 

正式名称は、北九州市旧大阪商船。
大正6年(1917)築。
旧大阪商船・門司支店のビルとして使われていた。
国の登録有形文化財。
この写真だけを見ていると、どこか欧州にでもいるようだ。

大阪商船B

門司港ホテルの周辺①

ウォーターフロントに建つ代表的なホテルが、門司港ホテルであるが、その周辺の一角を夜間に撮影したもの。
人影がないのは、深夜だからだが、若い頃に行ったポルトガルの街角を思い出す。

門司港ホテル周辺①

門司港ホテルの周辺②

同じく門司港ホテルの周辺であるが、翌朝に撮影したもの。
このように『本物のレトロ』と『レトロ仕様』とが共存している。
こんな街角の風景は、他にあるようでない。
『門司港レトロ』ゆえである。

門司港ホテルの周辺②

ウォーターフロント

海峡プラザから、ウォーターフロントを望む。
正面は、旧大阪商船ビル。

ウォーターフロント

旧山口銀行 門司支店

こちらは、現役である。
いや建物としては、『原液のまま』と書いた方が伝わるかも…。

山口銀行B

旧福岡銀行 門司支店

現在では、港街二番館と言う名の土産物店になっているが、内部の造りもほぼ当時のままである。

福岡銀行門司支店B

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

ランキング@「にほんブログ村」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose