『3days』 最終話 (下) 青瓦台大統領府警護室



『3days』のアップはいよいよ最後となりました。
まずはKstyle drama Newsからの記事の前半です。

「Three Days」3ヶ月間に渡って描かれた
“9日間の物語”…視聴者に提示したものとは?


SBS水木ドラマ「Three Days」(脚本:キム・ウニ、演出:シン・ギョンス)が1日、第16話の放送を最後に幕を閉じた。
16年前の自身の過ちを振り返り、最後まで責任を取ろうとする、現実の世界ではなかなか見つけることのできない大統領イ・ドンフィ(ソン・ヒョンジュ)と人より多くのものを持っているも、自身の私利私欲を満たすために底知れぬ欲を出し続ける財閥キム・ドジン(チェ・ウォニョン)の対決は結局イ・ドンフィを微笑ませ、正義は勝利するという結末となった。

韓国で3月5日に放送スタートした「Three Days」は、タイトルからも分かるように「限定された時間」が届ける圧迫やスリルで視聴者の関心を引きつけた。
放送前、実際に視聴者たちは計3日間の物語を描くのかと思ったが、実際には「戦争の序幕」「決戦」「審判」というサブタイトルのもとでそれぞれ決められた72時間ずつ、計9日間の物語を盛り込んだ。
専用の別荘に休暇に行った大統領が失踪し、消えた大統領を探して事件を追跡する警護員と大統領の緊迫した内容を描くことでスタートしたこのドラマは劇中で多くの人の死が与える痛み、今の時代を皮肉るような核心をつく台詞で平均視聴率11.8%(ニールセン・コリア、全国基準)の視聴率を記録した。

計16話の中に盛り込まれた制限された9日間という時間、相次いでしりとりをするように続く事件とその中の大統領、彼を守らなければならない大統領府の警護員、そして彼らの向こう側に立つ勢力との対決。
「Three Days」の3ヶ月間を振り返ってみた。

◆ 大統領と大統領を守る者、大統領を殺そうとする者
始まりは大統領への3回の銃声の後に消えた大統領を探すストーリーであった。
結局ドラマの最後では正義の象徴である大統領が勝利し、お金よりは正義が生きていることを描いた。
当初視聴者たちは大統領イ・ドンフィ(ソン・ヒョンジュ)と彼を守る大統領府警護室の物語だと思っていたが、実際のドラマは最高の権力者になるも自身の過ちを認め、それを是正しようとする大統領と莫大な富を手にするも欲を捨てることができない財閥キム・ドジンの対決が柱となっていた。

緊張感溢れる展開は大統領イ・ドンフィというキャラクターを中心に描かれた。
そして大統領の座に上ってからもひたすら国を思う国民の大統領であったイ・ドンフィはソン・ヒョンジュの演技力から誕生した。
視線一つ、仕草一つまでもイ・ドンフィになりきっていたソン・ヒョンジュのおかげで、劇中の大統領の危機には緊張感が、正義を貫こうとする真っ直ぐな行動には信頼が与えられ、視聴者を虜にした。

一方、キム・ドジンは礼儀正しく丁寧な姿勢とは対照的な野心や黒い本音を露わにし、大統領を圧迫した。
キム・ドジン役のチェ・ウォニョンはソン・ヒョンジュと対面する場でも決して彼に圧倒されないカリスマ性を披露し、自身のキャラクターを確固たるものにした。
しかし、残念さもあった。
当初イ・ドンフィと「Three Days」を率いると予想されていたハン・テギョン(JYJ ユチョン)はイ・ドンフィとキム・ドジンの強烈な対決で居場所を見つけることができず、存在感がやや薄くなった。
ヒロインのユン・ボウォン(パク・ハソン)、イ・チャヨン(ソ・イヒョン)の物語にも歯痒さが残った。
結局1日に放送された最終話で急いで物語を片付けるように二人の過去から現在の姿を描いた。

(以下の2つのフレーズは明日、感想に使わせて貰います)

◆ 本当にたくさん死んだ…死なないと生きれないドラマ?
◆ 3ヶ月間に渡って描かれた“9日間の物語”

VIP tegyon
元記事配信日時 : 2014年05月02日08時00分
記者 : チョ・ヘリョン

第16話(最終)

ソウル

水のデリバリーをするテギョン

2240_20140505040806570.jpg

オーストラリアからの首相を迎えるためのチェックをする警護室

2241_201405050408051b3.jpg

ブルーコップという名前の警備会社

「以前、大統領警護室で働いていた警護官です」

「アンニョンハシムニカ。何かありましたら仰ってください」
2242_201405050408045e9.jpg

警察

「ソジョ分署、
 ソジョリ駐在のユン・ボウォン巡査に勲章を授与します。
 巡査は3月11日のテロ事件では、
 義務を果たすだけでなく特別の功績を残しました。
 警察と市民の誇りです」
2242a.jpg

「…」
2242b.jpg

「あれどうしてあなたがここに?」

「人事異動ですよ」
2243a.jpg

「これを私に?」

「残念ながら私ではなくて、頼まれたんです」

「誰が…?」

「分かりませんが、おめでとう!」
2243b.jpg

…職場復帰おめでとう

2243c.jpg

「やあ、誰あてなのか?」

「何が?」

「あの花束さ~」
2243d.jpg

「知り合いさ」

「女か?」

「知り合いだ」

「あの巡査か?」

「やあ、その巡査だ。それでいいか?」
2243e.jpg

「おい、じゃあ、あの彼女だ。待ってくれ~」

取調室

「こんな形でまた会うとは思わなかった。
 君は私の法学校時代は優秀な生徒だった。
 理由は何なのか?」

「栄光、正義、義務感。それで何ができると言うのですか?
 正義では家は買えません」
2250_20140505041035b5b.jpg

「いつからジェシン・グループから金を貰っていたのか?」

「ジェシンではありません」

「ジェシンに重要な情報を漏洩していた証拠がある」

「私はこの国に尽くしてきた。
 あなたにとっての国家とは何ですか?」

「…」

「これが国家のためになると思いますか?」

「…」

「私はジェシンに仕えたことはない。国家に仕えたんだ」
2251_20140505041035be9.jpg

「キム・ドジン会長が死んだからといって
 全てが終わったと思いますか?」
2251a.jpg

「いいえ、また誰かが後釜に挿げ替えられます。
 ファルコンも社も同じで、地区の局長を入れ替えました」

「…」

「お金が世界を制します。そしてそれは続きます」
2251b.jpg

「大丈夫だ。
 誰が後釜になろうとも、我々はまた次の者を逮捕して、
 法の審判を仰ぐことにする。
 私が退いても次のものが後を継ぐんだ」

「…」

「それが私が望む生きる場所だ。
 お金のためではなく、正義のための人が出てくる国だ。
 それは“希望”と呼ばれるものだ。チェ検事のような人だ」
2251c.jpg

ボウォン

2255_20140505041432bb1.jpg

彼女は携帯で洋食レストランを探しています。

2255a.jpg

そこにチェ検事

「今、何をやっていたんですか?」
2255b_20140505041431c4b.jpg

「ああ、こんにちは。
 レストランを探していたところです」

「約束? デート?」

「いいえ、デートではありませんよ」

「きっと最高の日になりそうですね」
2255c_20140505041902bdc.jpg

「…。ところで、体調は?」

「ご覧のとおりで。もう良いようだな。
 ただし、刺されたから、検事としてはまだ公職は無理だけどね」

「裁判の準備はできているんですか?」

「は~、あまりにも規模が大きな裁判だから、準備が大変だ。
 忙しい」

「忙しいのに倫理委員会では助けてもらってありがとうございます」

「そうなんだけど、結論はどうなったのかな?」
2255d_20140505041901c36.jpg

「復帰しましたよ」
2255e.jpg

「お~。ソウルのチョンノ署の巡査長ですか?」
2255f.jpg

「ええ、これからはもっとお会いできますよ。
 良い警官になりますように働きます」
2255g.jpg

テギョンに会いに来たボウォンです。

2255h.jpg

しかし先にテギョンの親友(パク・サンギュ)に出くわします。

「ユン巡査!」

「あ~、お久しぶりですね」

「テギョンに会いに来たのですか?」

「あ! ええ~」

テギョンも気付きます

2255k.jpg

「何かついています」

「…」

「待っている間にコーヒーでもいかがかな?」
2255m.jpg

「はい」
2255n.jpg

テギョンが追い払います

「やあ、パク・サンギュ」

「おおテギョン」

「仕事はいいのか? 
 サボっていると納税者が怒って給料を出してくれないぞ」

「え? 俺が?」

「ああ。課長が探していたぞ。早く行け!」

「俺を? なぜ?」

「知らないけど、早く行け!」

「どうしてこんな時間に…? ア~ッシ」
2255p.jpg

そしてふたり

「ソウルに転勤なのか?」

「んん」

「チョンノだったら、いつでも会えるな」

「そうなのよ…。また青瓦台に戻ったの?」

「そうなんだ。明日はイベントがあるから今は忙しい」

「そうなんだ…」(# 残念そうなボウォンでした)
2256.jpg

「ソウルでの住むところは見つけたのか?」

「いいえ、今探しているのよ」

「俺の家はダメだぞ」

「そんなことは言っていません」

「もう…守ってやるのは疲れるからな」

「…」

「仕事があるから出よう。
 新しいところが見つかったら連絡してくれ」

「…」

「それに…、他の男には微笑みを見せないでくれ」

「…」
2257.jpg

テギョンはそう言って席を離れます。

2259.jpg

チャヨンとテギョン

「今度は何かとありがとう」

「昇進と海外研修を受けるために、何をやったのか?」

「ここの誰かさんとは違って、
 命令と規則をすべて破らなかったからよ」
2333_2014050504323301e.jpg

「お前は大丈夫なのか?」

「あんたは大丈夫なの?」

「彼のところには行ったのか?」

「いいえ。海外に出るまえには行くわ。行かないとね」
2333a_20140505043232f1c.jpg

2人は握手して別れます。

2333b_20140505043232d30.jpg

たくさんの回顧のシーンが流れますが、
いくつかこれまでに映像になかったセリフです。

「警護室長は、
 あれはダメとかこれはダメだというけど、
 どう思いますか?」
2333c_20140505044945c28.jpg

「警護室長の言うとおりです」

「では私が間違っているのですか?
 私と警護室長のどちらが正しいと思いますか?」

「…?」

「ははは、私は夜間だけ外出するのは
 君のことを信頼しているからです」

「…」

「君が警護してくれ」

「!」

「分かったかな?」
2333d_20140505044944c4a.jpg

…ありがとう。君が私を守ってくれた。

「…」
2333e_20140505044943e2e.jpg

休養中の大統領

「君なのか…?」
2333f_20140505044943ff2.jpg

「はい」

「ハン・テギョン警護官は約束を守りましたね」

「…」
2333g_20140505044942e13.jpg

「あの時私は、
 キム・ドジン会長と一緒に死ぬつもりでした。
 あれしか彼を止める方策はないと思いました。」
2333h_20140505044941e22.jpg

「大統領!」

「…」

「大丈夫でしょうか?!」

「…」

目を開く大統領

「すみませんでした。遅くなってすみませんでした」
2333k_201405050454090c9.jpg

「あの時、
 私のことを目覚めさせてくれたのが警護官たちでした」

「…」

「私のために亡くなった警護官たちのためにも、
 何があっても私は生きようと思いました。
 それだけは少なくとも私がやるべきことだと思いました」
2333m_20140505045408f74.jpg

…私を守る一方では、あなたは自分の考えと戦っていました。
 私も自分の立場と戦っていました。

「やあ、ハン・テギョン! 何やっているのか?! 
 仕事時間中だぞ!」
2333n_20140505045407e88.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

ランキング@「にほんブログ村」
<3days>


弁護士の資格をもった犯人は「正義で家は買えません」と。
正義とお金を一つのベースラインにしたドラマでもありました。

人の心の重きの置き方が正義かお金か…どちらか?
それによって社会全体のありようも変わると思います。

<ドラマのスタッフよりの終わりの字幕>


(上段)ドラマの放送日程のために
 セウォル号の悲しみを一緒に共感することができませんでした。
 これからは視聴者の立場にもどって
 その悲しみ(痛み)を一緒に分かち合います。

(中段)応援してくださいました視聴者のみなさま愛しています。
 ご遺族のご家族の皆さま“元気をだしてください!
 (強くなってください!)”
 スリーデイズ制作陣(俳優陣)一同より

(下段)(ここは次週からのドラマも宜しく…です)

40000.jpg

最終話も良かったです。感想は明日にまとめます。

この制作陣の言葉にありますように、
全羅南道沖、珍島(チンド)近海での海難事故は
まだまだ終わっていません。
そんな中での放送ですから、ブログでもどうしたらいいのか…?
迷いつつでのアップでした。

(翻訳(英文字幕)は“ドラマフィーバーチーム”でした)
Thank you very much for the "Drama Fever Team".

明日の感想の前に私からもボウォンに先に一言。

Your gentle eyes..., please smile only for me.

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

これまで『3days』とKJを応援していただきました。
カムサ~ムニダ! そして“強くなりましょう!”

ランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose