結婚の女神 第36話 (中) 「結婚の女神」の出版

# 私用により遅くなっていた『結婚の女神』最終話です。
『結婚の女神』ファンの皆様には、
 いつもながらのマイペースKJをご容赦いただきたいです。

# 今週日曜日の空です…が、どこでしょう?

indnesian sky
(Indnesia バリ(bali)のbig sky; photo by nao)

こちらは2013年の冬のソウルの空でしょう…。

<1年後のこと>

3608.jpg

ジヘの出版記念サイン会

3609.jpg

「カムサ~ムニダ」
3610.jpg

テウクもサインを貰いにやって来ました。

3611.jpg

「…」
3693.jpg

「これは何がテーマなのか?」
3694.jpg

「結婚した女性のことよ。
 だれが一番いい結婚をしたのかっていうことだわ。
 誰が“結婚の女神”なのかだわ。
 いくつもも疑問に答えて
 選択をしていく女性たちのことを本にしたのよ。
 おそらく、こんな私を皮肉っぽくとらえた作品だわ」

「ははは、面白そうだ」

「なぜこのサイン会を知ったの?」

「実は君のことを、人を使って見張らせていたからだ」

「あ~、なんて下品なことなの…」

「まだ、男はいないようだな」

「…」

「ははは」
3611a.jpg

「あなたには女性はいないのかしら…?」

「まだいない。君と同じだ」

「…」

「実は今日は見合いなんだ。以前は断っていたが、 
 アボジが勧めるから従った。オモニも推薦している」

「じゃあ、行かないと…」

「嫌なんだ」

「なぜ?」

「彼女はフルートの奏者だ。
 俺はフルートの音色が嫌いなんだ。わずらわしい」

テウクは今でもジヘには戻ってきて欲しいと、
未練に思っていると告げ、
ジヘは「すまなかった」と言いますが、

「ははは、冗談だ。
 俺には君を引き止める勇気がなかったからだ」
3611b.jpg

それに、テウクは検事を辞めて、
グループの役員として
父親を支援することになったと告げます。

ジヘは、

「これまでに出会った男の中では一番クールだった。
 私の不満はあなたではなかった」と…。

今夜はフルート奏者には会いたくないから、
一緒に夕食をしたいと誘うテウクですが、
ジヘはチェジュドに行くからと断ります。

3611c.jpg

インチョン空港

3611d.jpg

イタリアから帰ったヒョヌ

旧事務所の後輩のナヨンが迎えます。

3611e.jpg

こちらはジョンスク

慢性の病気だということで、予定よりも早く出所。

3611f.jpg

ヘジョンとテジン

「アイゴ~、
 なんで俺がこのままでオンマが先に出所したのか?」

「あなたには義母と違って慢性の病気がないからよ」

「そんなものは見せかけだろう?」

「ええ、家族も大韓民国の全部も知っているわ。
 でも私たちにはお金があるからできるのよ」
3611h.jpg

そう言って
ヘジョンは“結婚の女神”の本を見舞いに差し出します。

「私も読んだけど、なかなか面白かったわ」
3611k.jpg

# 帰るヘジョン
 振り向いて見た刑務所の入り口の掲示です。

 夢があれば またやり直せる
(If you have a dream, you can begin again.)

テウクに挨拶して、
自分の車で帰るジヘに電話が入ります
ジョンスクからです。

「あんた!ソン・ジヘ!」

「どなたですか?」

「この本に出ているのは
 以前のあんたのシオモニのことじゃないの? 
 私がいない間にいつの間にか息子を離婚させたわね! 
 私が黙っているとでも思っているの?!
 今は病気で刑務所を出ているから、会いましょう!
 それよりも、
 うちの家族にはこれまで離婚はありえなかったのに、
 その上にこんな本を書くなんて、この本を全部読んで、
 もしも一行でもうちの家族に触れるようなことがあったら、
 訴えるから!
 刑務所で豆のご飯を食べれば正気に戻るわ!」
3611m.jpg

「…」
3611n.jpg

ジヘは電話を切り、
ハンガンに架かる橋のたもとで車を止めて、

3611p.jpg

携帯電話を川に投げ捨てます。

3612.jpg

「…」
3612a.jpg

後輩が後を経営しているミンホ建築・設計事務所

残ったミンホ事務所のスタッフで
新しい図書館の設計・建築を行ったと、案内。

「ここは私たちの会社の図書館にもなっています。
 先人は亡くなったのですが、
 たくさんの建築関係の本や資料を残したんです。
 うちのエンジニアもよくここで勉強していますよ」
3612b.jpg

電話が入ってきたので後輩は出て行きます。

その際に新聞を読んで待っているヒョヌは、
記事の中に、
ジヘが睡眠薬の飲みすぎで昏睡状態になったとの、
あのスクープ記事に目が留まります。

ジヘの意図とは違って、新聞記事は、
…シニョングループの義娘がクスリで自殺未遂!

また他の記事では、
…シニョングループの義理の娘は、結局は離婚…

3612c.jpg

ヒョヌはまずSBCに電話します。
しかし、ジヘの後輩のスタッフは、

「オンニは携帯に出ないのですか?」

「ええ、
“この番号は使われていません”としか返答はありません」

「それはないわ。
 オンニの新作の本の発表サイン会の時の前後には
 通じていましたよ…」

「では、もしもジヘさんから電話があったら、
 私の電話番号もお伝えください。
 私も電話番号を変えたばかりです」
3612d.jpg

出版記念を開いた書店でも
ソン・ジヘ作家とは連絡がとれないとのことでした。

3612e.jpg

親友のヨンスとその夫のテヒョンの娘の
テスクの1歳の誕生パーティです


3612g.jpg

「今日はこの私たちの
 カフェへの道を見つけて来た人たちに、
 ミニコンサートを開き、心より感謝を申し上げます。
 私ことチョン・テヒョンはミュージシャンとして、
 またこのカフェのオーナーとしてだけではなくて、
 父親として、今日はとても大切な日なんです。
 うちの娘のテスクが1歳の誕生日なんです! 
 皆さん!」
3612f.jpg

「お~!!」

「ロックンローラーには子供はいらないと、
 そんな考えでしたが、私たちのテスクが生まれてからは、
 私の人生はまったく変わり、
 そしてまた一段と成長したような気がします。
 このチョン・テヒョンの娘の名前は
 チョン・テスクなんですよ!みなさん!」

「ははは~」

「すみませんでした。
 ともかく、この1歳の誕生日に歌います!
 拍手を!」
3612k.jpg

♪ 私たちのことは すぐに消え去る
 一瞬のきらめきのようだと思っていたけど
 あなたを見た時 私の心はときめいた
 そして 私は密かにあなたを見つめていた
 きっと私はこんな愛をずっと待っていた
 分かりますか?
 どんなに隠そうとしても 心がときめきます
 あなたは私の心の中に入り そして花になります
 嘘だと 知らない振りしても 心を隠しても
 私の心はいつの間にか あなたへと向かいます
 My love あなたは私の夢のようにあらわれて
 Always あなたは私の運命のように living my life
 In my heart!

♪ チャルジャラ ウリ アガ~
(眠れよ 我が娘よ~)
 大きな草原を前に 大きな山陰で
 星と子羊たちと一緒に みんなで眠ろう
 月と星が きらめく光を…

<OSTと子守唄です>

[広告] VPS


にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

「にほんブログ村」 ランキング
『結婚の女神』
결혼의 여신
キョロネ ヨシン


最終話では、「1年後」と、よくあるパターンのエピローグ。
ジヘは作家としてデビューし、初版本のサイン会でした。
その本のタイトルは『結婚の女神

イ・ジュンソプ画伯のチェジュドでの妻との愛の人生と
素朴な暮らしを綴った本から始まり、
ジヘの「結婚の女神」と、
2冊の本がプロローグとエピローグです。

「結婚の女神」にはモデルがいるのでしょうか?
もちろん、作家が登場人物の中の誰をモデルにして、
このドラマを書いたのかということですが…。
ジヘはどうも結婚で成功した女性のことのようです。
先に書いたように、
ヒョヌの母、
そしてジヘの姉(ジソン)の存在が大きかったと思います。
もちろん女神と言うのは架空の神様なのでしょうが…。

昨年3月のこと。
朝日新聞の週刊「アエラ」には次のような記事がありました。

“「結婚」で幸せになれるのか”
 それは人生のリスクかセーフティーネットか…
(2013.3.11 「アエラ」朝日新聞出版)

ドラマが終わったら引用してみます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

にほんブログ村 ランキング
(いよいよ明日の最終話のラストシーンより)

これまでの皆様からの応援のクリックに感謝申しあげます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose