信義/神醫 ウダルチ(23)作家との対話(12)

page 12
page12-a.jpg

Q71.視聴率が伸びなかった(the low ratings)が
    どう感じたか?
    最初の企画からストーリーがなぜ変わったのか?
    放映を見た後の感想は?

 A;hmm…、低視聴率については
   まず俳優に申し訳ないと思う。また、
   スタッフの
   メンブン(モチベーションの低下)を心配した。
   (メンブン:# ご存知ですか?
    この言葉の意味は最後に書いています)
   視聴率によるのではなく、
   放送が始まってから制作事情の違いに気づいて
   脚本を変更せざるをえなかった。
  “ショーは少なくとも放送が肝心”と
   気持ちを切り替えた。
  (脚本・計画の変更について、)
   実のところ、まだ分からない。
   プロとして
   脚本の変更をすべて受け入れるべきなのか、
   あるいは私のレベルの職人では
   ドラマが見合っていないのか、分からない。
   どのような理由であれ、
   自分がやるべき何かがあった。
   それはとにかく脚本を書くということであり、
   言われているように脚本は影響を受けた。
   言い訳はできない。
   どのような状況であっても、
   ベストの解決法を見いだすまでの技術は私にはない。
   これまで、
   年齢を飴玉と引き換えにして
   甘く過ごしてきたことを深く悲しんでいる。

# これまでの回答もそうですけど、ソン・ジナさんは
 とても控えめ。かつ、一歩引いた感じ。しかし、
 彼女の経歴は相当なもので(人名のリンクは右下)、
 芯もあり、自分の世界を持った人だと感じています。
 だから、
 脚本が勝手にアレンジされてしまったことを
 むしろ梃子・バネにして「小説」執筆のエネルギーに!
 そんな強い方だと思います。

Q.72.このQ&Aは以前にもあったもので
     第1話では雨が降っていなかったこと。

   # scatterd joonniのコメントは
   作家が最終第24話のエピローグで、
  “雨は降っていないある日、ヨンはケープを着て、
   王と王妃を高麗へと警護していた”と
   当初書いた脚本および公開された
  “雨が降っていない時のスチール写真(第1話)”
   のことに関するもの。
  
   私にはイマジネーションがないのですが、
   コメントでは
   ウンスの過去の過去(1251年)の旅からの帰還
   との関係で、
   当初作家は違った時間の流れを考えていたのではないか、
   との推測をしています。
   また他方では、同じ高麗への旅の
   別の晴れた日なのかもしれないと。
   そして、
   やはり本の出版を待って明らかにしましょうとのこと。
   放送では、
   ウンスは1251年から再会の1355年
  (最初の出会いから4年後)に帰る。
   もしも、エピローグが再度第1話のシーンであれば、
   ウンスは同じ1351年のある日に帰るが、
   この時のヨンはまだウンスの存在を知らない。
   したがって、
   また新しいラブストーリーが始まりますよ…。
   といったエンディングとなると思います。しかし、
   1351年の苦労が
   ちょっともったいない感じになりませんか?

12-3.jpg
(このスチールカット)

12-2.jpg
(放送時)

# 近年はCG時代ですから晴れの日に撮影して
 雨を合成するのも簡単では?
 もちろん
 馬車がぬかるみにはまるシーンだって…。

12-1.jpg

Q.73.どこでチェ・ヨンの
     キャラクターのインスピレーションを得たのか?
     ウンスは最近にないタイプで常に賢く行動する。
     もう少し静かでシリアスの方が視聴者には前向きに
    (現実味ある?)受けるのではないか?

 A;チェ・ヨンのキャラクターは、少なくとも
   一生に一度は出会いたい人として書いた。
   そしてキャラクターを完成したのがイ・ミンホ。
   ウンスは、私は好き。
   もしも静かでシリアスだったら
   ヨンとの組み合わせがあまりにも重くなる。

 # まったく同感なんです。
 以前、『発酵家族』ではパク・ジニと
 ソン・イルグクの組み合わせに「違和感」を覚え、
「動」と「動」が打ち消し合うと書きました。
 たとえば、『同伊』のトンイの「動」と
 スクチョンの「静」。
 あるいは『会いたい』でもスヨンの「静」を
 ジョンウの「動」が引っ張って行く。
 こうした組み合わせの方が良いと思っています。
 とくに、ジョイとハリーの「静」と「静」では
 暗く重苦しくなると思いませんか?

Q.74.ストーリーは当初の企画通りに流れたのか?

 A;第1話から第8話までは最初の脚本に沿っていた。
   しかし、それ以降は(なぜそうなったか?)
   本当に知らない。そこを明らかにしたい。

(以上:http://joonni.com/2012/12/14/faith-qa-part-5/)

# メンブン:メンタルと崩壊の合成新語のこと。
 メンタル+分裂でメン・ブンと発音でしょうか?
 日本では若い人たちが何かとヤバイといいますが、
 同様に韓国でもメンブーン、メンブンは流行り言葉。
 精神崩壊=パニックになった感じの状況の言葉です。
 表現がオーバーな人たちですからね。

そして、最終話のヨンとの会話。

そこでノックの大きな音!

「!」
3323d.jpg

ここからは次の動画
ヨンの登場!

# ふたりが抱き合う前の会話…

「ケンチャンスミカ?」

「んん」

「どこかケガは?」

「…」

「では今…、
 回復に向かっているのですか?」

「んん、ええ…」

「では、今…、これから、
 私と一緒にいますよね?」

「ええ…」

ようやく
寝床に就くことができたふたり

「明日でしょう?
 天の岩戸が開く日は?」

「ええ」
3323e.jpg

「それでもいいのですか?」

「…」

「あの岩戸の反対側には、
 別れの挨拶をしなくてはならない人たちは
 いないのですか…?」

「そうしてもいいかしら?」

「一緒に護衛して行きます」

「プオン宮も来るわ」

「知っています」

「彼と戦って負かすことができるの?」

「たぶん、私が勝ちます」
3323f.jpg

「どうしたの?」
3323g.jpg

「記憶に留めるためです。
 これからは、もう忘れる必要はない」
3323h.jpg

「…」

「休んでください」
3323k.jpg

「…」
3323m.jpg
# 手にキス。
 先ほどの抱き合うシーンでは、
 脚本ではキスです。抱き合った後はキス、
 そしてその夜なので、
 次のステージに進んでもいいんじゃない?

# 先日は第16話での疑問で、
 以下のように書きました。

「…いつか、
 あなたは遠くに行きます。
 しかし、その夜に誰かがあなたを探します。
 そして、あの人があなたに頼みます。
 あの人の願いを
 決して断ってはいけません。お願いですよ。
 その日(# の高麗)に
 あなたは帰らなくてはなりません


 これはおそらく最終話のことでは?
 キ・チョルに誘拐されたウンスを探してヨン!
 最後の対決の夜ではないでしょうか?
 ウダルチのみなさんはどう思いますか?」

私へのAPBコメ返は次のとおりでした。
が、特にこだわることもないのかも…。
それにしても分かりません。

APBも、ななさんと同意見だったんですが、
ユーモンさんの
#「これはおそらく最終話のことでは?」に、あ~なるほど!

台本翻訳のサイトです。アップがとても遅いのですが、
その分、訳は吟味されているようです。
(WITH S2 English Subtitles for Korean Dramas)

That day, you will have gone to some distant place.
That night, someone will come looking for you.
He will ask something of you.
You must not refuse his request.
You must not.
That day, you must return.
Only that way, can he live on.

 その日、あなたは遠くに行ってしまいます。
 その夜、誰かがあなたを探してやって来ます。
 彼はあなたに頼みます。
 彼の願いを 決して断ってはなりません。
 断ってはなりません。
 その日 あなたは帰らなくてはなりません。
 そうしてこそ、彼は生き続けるのです。
「あの人」が、「彼」になっていました。
 最後の1行は初見です。

# APBさん
 昨日scattered joonniを開きましたが、
 まだpart6は掲載されていないですね。
 これかれもウダルチ情報係りをよろしく!

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『信義/神醫』ウダルチ:
This page is brought to you by the Team Woodalchi.


ウンスが「あの日に帰る」とはどの日?
などとセリフから探そうとすると、たぶん。
①逃避行で岩場でフィルムケースを見つけた日、
または
②ヨンがキ・チョルの内功で大きな木の下でダウンする日、
あるいは、
③もっと違う高麗のある日。
このどちらでも筋は通ると思います。

しかし、1251年に間違ってスリップしたものの、
ヨンとのふれあいは全部覚えているので、彼女は
“He”が一番危険な日。
彼のクリティカルな日に帰らないといけない
と思うのではないでしょうか?

もしも私が未来のウンスなら、
1251年の過去の過去の日記にはこう書きます。

あの日、毒からの回復に向かうあなたは
 騙されて誘拐されます。
 そして
 
 その日、あなたは遠くに行ってしまいます。
 その夜、誰かがあなたを探してやって来ます。
 だから、信じて待ちなさい。
 あの人は「ケンチャナヨ」を知っています。
 宿場の柱に書きなさい。

 彼はあなたに頼みます。
 彼の願いを 決して断ってはなりません。
 高麗に残るのです。
 断ってはなりません。
 翌日にはあの人が宿敵と対決します。
 麻薬で内功を増強した敵に彼は傷つくでしょう。

 その日 あなたはソウルに帰らなくてはなりません。
 彼にはアスピリンtabletも持って行きなさい。
 そうしてこそ、彼は生き続けるのです。
 ウンスや、サランへ。
 ファイティン!

 あなたの未来より
 @高麗1251


projector_20130202094038.jpg

# 今夕は『会いたい』の第20話です。
「会いたい」での
 ジョンウはミッチントッキ(狂ったウサギ)。

 以下はmakomakoさんからのお便りです。

 韓国語で「トライ또라이」というのが
 狂った奴とかいう意味です。
 その人「トライだからきにしない!」
 と言うように使います。
 この数日で一気に全16話をみた、
 パクシフとムングニョンの
 청담동앨리스(チョンダムドンエリス)という
 先週末に終わったラブコメのドラマで出てくる言葉です。

 ちなみにこのドラマ、
 すごく聞きやすいし、内容もシンプルだし、
 普段からよく聞く会話や表現が満載で、
 私、このドラマで日常用語を勉強することに決めました。
 時間があればぜひみてください。

 パクシフの演技のうまさと、ムングニョンの独特の雰囲気。
 よかったです。
 パクシフは前から何個かドラマ見てましたが、
 別に好みではなかったのに、今回で心臓撃ち抜かれました。
 私、なんか最近イミンホ、ユチョン、パクシフ…と
 次々に恋に落ちてます。

# 私はパク・シフでは『刑事プリンセス』見ました。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『信義/神醫』ウダルチ:
This page is brought to you by the Team Woodalchi.
Special thanks for makomako.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な衣装

ユーモン兄さん ウダルチ隊のみなさん おばんです

思えば衣裳について 出ませんでしたね
naoさん 詳しいのですか? 
私は 綺麗! 言葉が続かず・・・ 刺繍が素敵~~
っでおわちゃうかも~~

意外とチャンビン医師 最初の頃 素敵でしたよ~
王と王妃も ペアールックだったし! その頃は裕福?

ひとつ聞いても良いでしょうか?
プロポーズしてから着ていた 最後の衣装
紫 それとも紺色? CGで色チェンジなのでしょうか?
毎度 余談 脱線して聞いてしまう ななです!

細やかな 縁取りステッチ衣裳
下に着ている衣裳も 模様が綺麗ですよ~
時代ドラマのたのしみでもあり!ですね

 

No title

ユーモン兄さん、ウダルチ隊の皆さま アンニョンハセヨ

何度見ても、ヨンのケープ姿は格好いいですね!
まるでタロットカードの絵柄の"隠者"の様です。

Q71のA;を読んで改めて、脚本家の苦悩が尋常では無かった事に胸が痛みます。
低視聴率や脚本の変更によるスタッフのモチベーション低下まで心配しながらの執筆・・・
そんな中で最後まで力を尽くされ、こんな素敵な作品を視聴者に届けて下さった事に感謝と畏敬の気持ちで一杯です。

Q.73.ウンスはもう少し静かでシリアスの方が視聴者には前向きに(現実味ある?)受けるのではないか?

実は最初、現代的であっけらかんとしたウンスのキャラクターに「ん~?」と言う感じで違和感を抱きました。
でも物語が進むに連れ、その違和感はどんどん薄れて行きましたよ。
キチョルと堂々と渡り合う勇気や度胸を持ち合わせていて、ヨンを呆れさせるほど明るくて楽観的で・・・

ユーモン兄さんやAPBさんのおっしゃる通り、ヨンの「静」に対してウンスの「動」の部分がすごく活き活きと描かれていました。
そして最初の濃いメークから段々素顔っぽくなり、返って美しくなって行くウンスに、最後は大ファンになっていた私です。

naoさん、衣装を作成されるお仕事をなさっているんですね!
私はウンスがキチョルから着る様に指示された衣装、豪華で好きでした。
素材とかは見ただけでは解らないので、発色が綺麗とか顔映りがいいなあ~等での趣向ですが・・・
ヨンが終盤で王に謁見する時着た衣装(唯一戦闘服以外?)もすごくカッコ良かったです♪












信義DVD発売!

オッパ、皆様 アンニョンハセヨ
4月24日「信義」DVD BOX1発売するんですって!
ご存知でしたか~?

でも、私、買えない~?

日本にいないし・・・。

BOX1は8話/24話までらしいです。
BOX3までとは!なんてこと!

でも、予約しておこうかしら・・・。高いけど・・・。
欲しい・・・。

寄り道

ちょっとだけ…。

「대박デバク…これは元々大当りの意味らしいですけど、
 すごい、とっても、なんて意味で使われてますよ」

mako思いだしました。テバクは大きなヒョウタンですよね。
次です。

「ノルブとフンブ兄弟の話」

昔々のこと、
「家族を養う金はない」と追い出された貧しいフンブ(弟)は、
足をおったツバメを救ってあげました。
その渡り鳥のツバメはお礼にヒョウタンの種を
フンブの家の藁葺き屋根に落とします。
そして、大きく実ったヒョウタンからは宝物が出て来て、
フンブはお金持ちになりました。
それを聞いた兄のノルブも、
ツバメを捕まえて、わざと足を折って、治療します。
次の季節に返ってきたツバメも同様に
ノルブの屋根にヒョウタンの種を落とします。
しかし、成ったヒョウタンの中からは「鬼」が出てくる。

オッパ
   ps 今、「会いたい」ですが、
      広場に寄り道したところです。

こんにちは

こんにちは。

信義は最初からDr.ジンともめてましたよね。タイトルにしても、神医の予定が、信義になったと言われてますよね。タイミングがわるかったようですね。タイトル変更にともない、おそらく内容も変更が必要だったと思うと残念ですね。

ちなみにメンプンは、 こちらでよく聞きますよ。멘붕(멘틀붕괴メンタル崩壊)あと、대박デバクとか。これは元々大当りの意味らしいですけど、すごい、とっても、なんて意味で使われてますよ。

ジュンスの歌に載せてのMV

オッパ APBさん 皆様 アンニョンハセヨ

APBさん ノムノム コマオヨ~

himeparkさんの
http://www.youtube.com/watch?v=qEFczQFKbnE
をどうぞ! 全画面表示で見ると、ヨンもウンスもおめめキラキラ。
1:40あたりからQ.76.の
“His eyes when he is looking at a woman…”の目です。
このMV、お勧めです。

こちら、見る事ができました。
いや~「さすがジュンス」 のバラードに載せてのMV。曲と映像マッチしてましたね。

私は、ジュンス、ジェジュン、OST参加してくれないかな?と願っていたんですが、「信義」制作費なかったのかなぁ~。
残念ながら、参加ありませんでした。

"Love is like a snowflake (사랑은 눈꽃처럼)"この曲は「優しい男」のOSTだとか・・・・。(
でも「信義」のOSTとしてもイケてますね。(でも冬のお話の歌ですから、そこはちょっと違うかな)

そして、衣装

そうですね、衣服を作成する私としては、チェックしていました!っと言いたいのですが、何分画像悪くて・・・。質感などもっとよく見たいのですが、とっても残念です。しかし、あえて物申すなら、王妃の衣装、「あちゃ~、安っぽい」っというのが1つ。ブルーのラメ!あれは、いただけなかった。他はよかったです。

それから、ウンスが王宮に来て、白いパンツを切ってしまい、その後、初めて高麗の服に着替えるシーン。
白の上下(高麗では下着)あれはシルクでしたね。その上に着た上着はシルクではなく、麻となにかの混合。でも綿ぽくなかったから、麻とシルク混合だったのかも。?
1350年代の高麗でもシルクがあったのか?あったでしょうが、高貴な人しか着れなかったでしょうね。
あと、衣装で気になったことが一つ。
先王(少年王)が亡くなり、ウンスがヨンに
「キョンチャン王には
 絹の服は着せられないと言うから、
 私が埋葬のための服を着せて、
 送り出したわ」

ここです。現代ドラマで韓国のお葬式シーンを見ると、喪主はなんだか麻の服を着て面白い帽子までかぶったものがありますよね。葬儀ではシルクは着ないのですか?
それとも、先王は流刑されていた身分だったので、シルクはダメ。と言ったのか。
すごく気になってました。

オモ、もう一度MVを見ました。APBさんの言われたとおり、衣装の質感わかりました。
絣(かすり)のような少し荒く、糸も太めなもので、無地ですが織りで風合いを出していて素敵です。ウンスの羽織ものは光沢があり、ヨンはマットな仕上がり。男性的で武士(ムサ)であるヨンに似合っていますよね。基本、綿かな?と思うのですが、麻も入ってるかしら?
私の勝手な意見ですので、違うんじゃない?と思われる方、是非是非お知らせ下さい。衣装の話で盛り上がるのも楽しそう。
ヨンの髪型とともに、この時の衣装が好き!ってありますよね。

「宮」(love in palace)
このドラマは「会いたい」のユン・ウネ(22歳当時)の初ヒットドラマです。
私は、この時の衣装があまりにも素敵で、初めてDVDを買ってしまいました。(内容も良かったのですが、)韓国に王室が残っていたら?と架空のお話です。
現代の服と韓服を融合させて作った衣装が本当に美しく、かわいくって。韓国の服ってこんなに美しいんだ!と気づかせてくれたドラマです。


そして、そして
未来のウンス(またの名ユーモン)による、
1251年の過去の過去の日記。
さすが、オッパ。深く読み込んでいるからこそですね。










情報係APBです。

ユーモンさん、みなさん、アンヨンハセヨ。

未来のウンス(またの名ユーモン)による、
1251年の過去の過去の日記、
最高です! うまい! 拍手喝采! 
なんてわかりやすい日記でしょう。
太字の追加部分、すばらしいです。 
ところで、こんな名文をいつお考えになるんですか?

プラス、あらっ!
「ようやく
寝床に就くことができたふたり」←この一行も太字だ!

Q71.ユーモンさんの訳と解説で、
ソン・ジナ作家の信義に込めた情熱と脚本家としてのプロ根性が
よくわかります。ありがとうございます。

Q.73.私も作家の描くウンスに賛成です。
彼女の「鈴をころがすような明るい声」が大好きです。
外科医としての力量はすばらしいけれど、
すこしおっちょこちょいで、食べることが大好きで
感情表現が豊かで、美人だし。まさしく「静」と「動」のベストマッチです。
19話の最初で、ヨンがウンスにピンクの風呂敷を背負わせるシーン。
あたりまえのようにヨンに身支度してもらうウンスがとても可愛いです。

以前お勧めのホラーパロディー、気の抜けたビールになりますが、
ミュートにしてご覧になってみてはどうでしょう。
編集の妙、つなぎ方でどうとでもなる例です。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=FC1w_Mx5iLs
このあと、同じくhimeparkさんの
http://www.youtube.com/watch?v=qEFczQFKbnE
をどうぞ! 全画面表示で見ると、ヨンもウンスもおめめキラキラ。
1:40あたりからQ.76.の
“His eyes when he is looking at a woman…”の目です。
このMV、お勧めです。

これから回が進むにつれて、sia3さんのscript tidbitsが増えますね。
Soompiのrecap season2 が2月16日に19話から再開です。
追加のtidbitsがあればお知らせします。

Joonniさんちを毎日チェックしていますが、更新がありません。
Faith Q&A Part 5 / December 14, 2012が最新記事のままです。
記事“Keeping the Faith 6” は
コメント欄がすでに8ページ目になっています。
12月30日付でjoonniさん自身が「とっても忙しい」と書き込んでますが、
以後は音沙汰ありません。 
Part6をずっと待っています、早く見たいです。

soompiでsia3さんもQ&A to writer Song Ji Naをアップしてます。
ユーモンさんにワード文書でお知らせした分です。
che-cheh.com さんの記事の一番下にある
Here are some links to Faith scripts tidbits and Q&A to writer Song Ji Na. Enjoy!: の1~6で直接soompiに飛べます。
興味のある方はどうぞ。
この2つを照らし合わせると
joonniさんの未掲載分がわかると思いますが、
膨大な量で手をつけていません。Too much for me!

himeparkさんの動画は画面が鮮明で、衣装の細部まで質感も
よくわかります。これも楽しみの一つです。
まだ the team woodalchi では話題にのぼっていませんが、
ドラマの衣装チームはいい仕事をしています。
きらびやかな衣装はもちろん、ヨンやウダルチ隊の紺色を基調にした
衣装、ウンスの衣装などについてもみなさんの感想など伺いたいです。

食べ物の話は はずせないAPBです。
日本の巻きずしと韓流の金巻(キンパ)の違い、
酢飯を使うかと具の味付けではないでしょうか。
ソウルに行ったとき、コンビニのレジの近くで、
ビニールの手袋をしてキンパを巻いている店員さんを見ました。
日本では調理もするコンビニ店員さんはいませんね。
今夜は塩いわしを焼きました。
大根おろしとポン酢をかけていただきました。
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose