信義/神醫 ウダルチ (19) 作家との対話(8)



Q&A page8
page8.jpg
(photo by nana)

45.もしフィリップ・リーがケガしなかったら、
   ドラマの展開はどうなっていたのか?

 A;チャン・ビン先生のキャラクターは
   最初からオリジナルの脚本とは違っていた。
   私は医術の先生として
   ウンスに薬草のことなどを教えて欲しかったが、
   盗作問題などなどで放送局側は、
   医学関係の話とは違った方向に持って行った。
   いくつかの理由により、脚本から大幅に削られた。
   この点、私は悲しくもあり怒りもした。

   削られても、ドラマに熱心だった
   フィリップ・リーの名誉のためにも、
   たくさんの医術の話を期待したが、
   なぜかいつの間にか
   徐々に活躍の場が減っていったことが残念だ。
   華佗のアニメーションを先に作ってしまい、
   それを無駄にしたくなかったので、
   後にストーリーを変えざるを得なくなったのではないかと思う
  (アニメの制作に3か月もかけたそうだ)。
   でなければ、ドラマの後半とは関係のない
   華佗の伝説アニメに時間とエネルギーを
   かけすぎただけということになる。

46.視聴者へのメッセージは?

 A;それを話し始めると、3泊4日もかかる。

47.『信義』で、もっとも後悔した(または欠如した)点は?
   また、その後悔を本や映画で明らかにしないのか?

 A;本を書くことに勇気づけられているので、
   昨日までに9ページ書いた。
   どうも、私はとても悲しくもある
  (死にそうなくらいに)ようだ。

(以上joonni.com/2012/11/22 パート3より)
SINI 1

1.by maha

Q43.(ソウルの占い師に関する質問)に対する
   脚本家様の解答、目からうろこでした!

「過去に出逢った男」と言うのは、どうしても
 2012年のウンスを基準に考えてしまいがちでしたが・・・
 1251年に間違ってタイムスリップしたウンスにとって、
 1351年に出逢ったヨンは「過去に出逢った男」で解決!!
(by maha)

# そうですね。
 過去に出会った男に再会するから、そのことを
「Try to Remember!」との占いが的を得ていた。
 ちなみに、Q43は次のとおり。

Q43.(ある人の質問)
    ソウルの占い師は、
    ウンスが遠くに1年ほど旅をするとした。
    しかし、現在(2012年)では
    時間が経過していない。
    占い師が意味するところは何か?

 A;占い師は正しくもあり間違ってもいる。
   ウンスは過去の過去(1251年)に迷い込み、
   1年を過ごしている。そして、ヨンに再会する。
   私にはこれ以上何も言えない。
son jina
# 作家ソン・ジナさんとのサイン会

2.by APB
昨夜の妄想新年会の酔い覚ましに新春レポート。

紀の川のほとり
慈尊院、真田庵


女人高野 慈尊院にお参り。
ぜんざいのお接待を受けました。
小さな白玉団子が一つ入って、
ああ、おいしい!
食べることばかりです。
案内はYOUtubeにおまかせ。
http://www.youtube.com/watch?v=BoBgx48HcpU

次に真田庵に向かいました。
http://www.town.kudoyama.wakayama.jp/dd.aspx?menuid=1401
お隣のお蕎麦屋さんがとっても良い雰囲気なのですが、
お正月休みでした。残念!
真田庵のあたり、車一台がやっと通れる道幅で、
そこから更に細い路地が縦横に続きます。
散策にもってこいの風情のある小路です。
真田庵で見つけた額の一枚。

APB6.jpg
いつどこで 
だれとだれが 
どんな出逢いをするか
どういう
めぐり逢いをするか 
それが大事なんだなあ

時空を超えて出逢った 
チェ・ヨンとユ・ウンス。
ドラマ「信義」を通して
KJ Sky High に集った私達。

女人高野

初めての参詣で、慈尊院が乳がんのお守りで有名だと知りました。
華岡 青洲の春林軒(青洲の里)も近くにあります。
ウィキペディア華岡青洲(1760-1835) によると、

華岡 青洲(はなおか せいしゅう)は、江戸時代の外科医。
記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。
…青洲の医術
前述の通り、文化元年10月13日(1804年11月14日)、全身麻酔手術に成功している。
これは、1846年にアメリカで行われた、ウィリアム・T・G・モートンによるジエチルエーテルを用いた麻酔の手術よりも40年以上前のことであった。
それ以前にも、中国・三国時代の医師・華佗や、インカ帝国でコカを使った麻酔手術が行われたという伝承がある。
康熙28年(元禄2年)11月20日(1689年12月31日)に、王世孫であった後の尚益王の兎唇形成手術を成功させたという琉球国の高嶺徳明も、一説によれば全身麻酔を用いたという。
しかしいずれも詳細は不明であり、実例として証明されている全身麻酔手術は青洲の物が最古となる。
ただ、青洲が華佗の医術を意識していたのは事実であり、通仙散の別名・麻沸散とは、華佗が使ったとされる麻酔薬の名である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%B2%A1%E9%9D%92%E6%B4%B2

わあ、「華佗」につながる! この偶然に驚きました。

APB7.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『信義/神醫』ウダルチ


「現代の韓国と高麗時代がまったく違うのは、
 街中の仏教寺院の有無です…
 李 成桂(ソンゲ)は仏教寺院が政治に介入することを警戒し、
 国教を仏教から儒教に変えました。
 その方針転換により、仏教寺院は…山中に…」

高麗時代と現代韓国との文化の違い。
<カン・ヒボン『古代朝鮮の歴史と英雄』
実業之日本社、2011年10月20日>

「赤唐辛子のキムチが好き…」(ウンス)

昨日、
唐辛子の伝来は16世紀末の朝鮮王朝であったと、
新しい発見に触れました。

「肉を食べない、キムチが辛くない」
と。


9日のキャンパス
Oberlin.jpg






そして
11日の
新年会。
new year pp
イスラム圏のアルジェリア、
旧社会主義圏のチェコ。
それに日本、韓国の学生と友人の社会人との宴会でしたが、

同じイスラム圏でも、
日が沈んだら「豚肉」(テジカルビ)だって平気だとか…。
ビールとマッコリ、焼酎もみんなで楽しみました。

文化の“呪縛”から開放された仲間たちでした。

そして旧正月がきます(2月10日)。
その後の『アイリスⅡ』の豪華キャスト。
2月13日からです。
とくに、私の好きなチャン・ヒョク
それに彼を尊敬するイ・ダへとの
息のあった演技を楽しみにしています。
この二人は義兄弟みたいな仲です。

カンボジア・アンコールワット
iris101.jpg

ハンガリー・ブタペスト
iris102.jpg

ニューヨーク・ブルックリン
iris100.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『信義/神醫』ウダルチ:
This page is brought to you by the Team Woodalchi.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose