信義/神醫 ウダルチ(8) ウンスの時間の旅



#  明朝の第2部・第10話を前に、
  今月14日のマハさんのコメント。
 「ななさん、私もこの第9話大好きです!
  ダイアリーに自分の名前を見付けてウンスが驚愕する  
  ラストの場面では、私も一緒になって震えて、
  鳥肌さえ立ちましたよ~。
  made in KOREAのメスが出てきた時は、
  ウンスではなく華佗の弟子(タイムトラベラー)が
  本当に存在したのかな?
  くらいにしか考えなかったのですが。。。
  この第9話から
  ど~んと迷宮へ足を踏み入れました

 マハさんのコメントにあったように、
 私もここいらから迷宮。
 ソウルにいたウンスの先輩のことなども含めて、
「誰かが先にワープ」したと思い込みました。
 他方では寝ても覚めても会社でもグルグルめまい…。
 こんな発想しかできなかったものの、ここらから
 たくさんのウダルチ隊の方々も参戦!
 さまざまな意見を聞くことができて、本当に良かったし、
 みんなで視聴する楽しさを実感しました。
 チョンマル コマスミダ!

 11月19日の「信義/神醫 第2部 (5) タイムスリップの謎
 (左下←のコラム)まで、
 タイムスリップの謎への結論が出ませんでしたが、
 この(5)で、作家と制作陣の意図と合致しています。

 さらにマハさんのコメントは続きます。
「ウンス個人の時間は常に前にしか進んでないので、
 1351年も1251年も、
 2012年のウンスにとっては未来なんだと思います。
 そして通常と違うのは、
 1351年のウンスは自分の未来(1251年の体験)を
 少し垣間見ることができたので
 未来を変えるために(# 間違えないように)
 自分の行動を修正し選択できたのかなと…。
 ただ、
 大きな歴史の流れの時間はそれとは別にあるので
 判らなくなっちゃうんですけどねw」

私もそう思います。
ウンスの数時間の旅はウンス自身です。
ヨンに連れられて、高麗に行った。
そして1351年のある日にヨンを置いて岩戸に入り、
ソウルに帰った。
しかしヨンを助けるために
また数時間滞在して手術器具を持って再度岩戸に入る。

そんなウンスは数時間未来のウンスだから
1351年のある日の自分は未来を知らない。
そして
ソウル滞在時間が長すぎたのか、間違って
高麗の
1251年という100年も過去に紛れ込んだ。
そのためにヨンがいない寂しい過去で1年も過ごした。
しかし、
ヨンへの愛と信頼に天の扉が答えてくれて、
いったんソウルに数秒戻るものの、
その滞在時間が短かかったために1355年という
1351年から数えて4年の後の
ヨンが待つ高麗であった。


1251年のウンスは1351年を体験したからこそ、
手帳に書き残すことができるのですが、
1351年においては未来のウンスであり、
ウンス自身も知らない。
こんな複雑な脚本を書いたソン・ジナさんは
本当に聡明な作家だと思います。すごい!

明日からの第10話はウンスとヨンの内面の物語。
そのためにも訳本の構成を再度振り返ります。

1.ウンスの旅
(by nao)

# このドラマの想定は
 高麗という国が1351年のコンミン王即位の前後は
 非常に不安定であった事実が基本だと思います。
 2012年の私たちから見れば、単に歴史の一部ですが、
 そこにレーザー光線のように焦点を当てることで、
『信義/神醫』が完成したと思います。
「#」がユーモンの加筆です。

(1)タイムスリップ

このドラマ上のウンスは1人。
第1話を中心にウンスが1351年に行った。
そして、1351年のウンスが経験したことを基準に、
良かった事や後悔も含めてすべてを踏まえたうえで、
ストーリーが展開している。

タイムトラベルについて…、
難しいです。
図に書いたほうが私自身も理解しやすいのかしら?
オッパ、考えてくれませんか?
ウンスを基準にしたタイムトラベル。
単純に考えたら、
2012年→1351年→2012年(24話記者のバックを拝借)
→1251年(一年間滞在)→2012年(一瞬)→1355年。

でも1351年(ドラマ最終話中盤まで)の中で、
といいますか、
1話で1351年に飛んだ時点ですでに
1251年のウンス日記が
キチョルの手元にあったわけですよね。(←ポイント)

# ここです!私も含めて
 たくさんの人が
 迷路に入った錯覚のところです。
 そこで、書いていた図をお見せします。
 私は何度も書きましたが、
 タイムスリップの謎(5)で
 結論を出したころの図です。

ウンスの旅
2012年からの視点

現在から
見れば、
時系列の
歴史は下↓のとおり。






1355年


1351年



1251年






 ドラマの流れは
 ①~⑤までのタイムスリップです。
 しかし、
 2012年のわずかな時間から歴史を振り返れば、
 1251年→1351年→1355年→2012年と、
 単純に歴史が流れているだけで、
 ウンスが2012年に出発して、最後は
 1355年からヨンと愛し合う生涯を送る…。
 これでいいのだと思います。
 また、
 1251年のアイテムを1351年に見る。
 あるいは見ることを想定して「未来のウンス」
 という名前で書き残したのだと思います。

(2)歴史を変えるな

2012年現在での歴史は私たちの知っての通りのもの。
(ヨンは72歳まで生きるとか、
お父さんの家訓が伝わっているとか)

このドラマではウンスが辿ったタイムトラベルを含めて、
今の2012年なのではないかと考えました。
ウンスが1351年や、
1251年にタイムトラベルしたからこその
現在の2012年!という意味です。

# まったくその通りですね。
 同感。

(3)手帳(アイテム)

もう一つ、気になる点。
手帳…。
くだらないことですが、
記者のバックに入っていたと思われるのでしょうか。
もし記者の手帳と考えるならば、
女の子チックだな…。と。

# 紫色ですから女性っぽい色ですね。
 画像ではウンスが失敬した記者のカバンから
 見つけて、使ったのだと見えます。

菊の花の下の英語が気になる…オッパ談でしたが、
日本の手帳には
やたらと横文字(英語)が書いてあるので、
そのへんは、問題ないかと思うのですが。

# だろうね!

ウンスが2012年以前に自分で購入していたとすれば、
1351年で見たとき知っているはずですものね。

(4)謎の文体

手紙の内容をもっとストレートに書いていたら
もっとわかりやすかったのだろうに…オッパ談
そうですよね!
でもあえて、
「あの人」と書いていたのはなぜか?
もちろん、
高麗人はハングルを知らないわけですから、
ストレートに書いてもよかったのでは?
と思ってしまいました。

私たち視聴者への謎解きという意味と、
名前をはっきり書くことで、
何かしらの影響が(ヨンへの)
起きることを恐れたためなのか?
などと想像してしまいました。

# これも大きなポイントだと思います。
 ハングル(1443年に完成)は、
 1418年即位の世宗の時代に完成するので、
 ドラマから100年近い後。
 慎重なウンスが、
 他のトラベラーに情報が漏れないように、
 わざとぼかしたのか?
 あるいは
 正確な日時を知ることができなかったのか?
 これは不明です。
 でも、あんな書き方しかできないほどに、
 歴史を変えないようにとか(ややこじつけ)、
 危険な高麗に生活していたので
 細かな配慮があったと、
 前向きに受け止めたいです。

hair9.jpg

2.APB流 タイムトラベル手引書 
(by APB)

用意するもの クッキングシート、マジックペン

  横軸 時間の流れ(左から右に過去→現在→未来)
     *フリーハンドで アバウトです。
  縦軸 2012年のウンスがタイムトラベルした日の
     午後6時から数時間
     ドラマ視聴の流れでもあります。
     (上から下に時間経過)

①ウンス、ヨンに誘拐される。
  A 1351年、1話~24話(中)まで

②キチョルを置いて一人現代に
  ヨンの治療用具、ミニプロジェクターをバッグに詰めて…
   
③間違って1251年にタイムスリップ
  B 時代の人々を治療しながら、
    天の扉に日参して開くのを待つ。
    手帳に書き込み。

④天の扉が開くとすぐに現代に。

⑤2012年に着くと同時に、ヨンへの思い100%で瞬時に引き返す
  
  C 1355年 ヨンの待つ、大きな木の下へ

以上を書き込むとちょっと歪んでいますが…。

APB1.jpg

AとBの間で、山折りして、屏風たたみにすると、
透けてAとBが同じ線上に並びます。

Aの1351年、Cの1355年は、
横軸、時間のの流れのとおり左から右へとなってますが、

AとB
は、横軸(時間)を逆流するので、混乱するんですよね。

APB2.jpg

山折りしてギュッと押さえると、鏡文字になりますが
Aの左となり(過去)に、うっすらとBが見えます。

APB3.jpg

*つるつるすべるクッキングシートは書き込みにくいし、
 折りにくかったです。

無題uda6

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『信義/神醫』:This page is brought you by the Team Woodalchi
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ユーモン兄さん、皆さま アンニョンハセヨ

ななさん、私もです~!!
こちらを訪れる度、いつも新しい発見をさせてもらえるのが楽しくって仕方ないです♪

OSTに入っていない曲があったのですね?!(2曲も!)
私ったら・・・全く気づけてなかったです~(*_*;
今度は曲をメインにおさらいしないと!

今ネットでThe Best Korean Drama of 2012(http://www.koreandrama.org/?p=23799)と言うのが開催されていますが。。。
予選で「シンイ」が1位になり、今本選中でまたトップです。
(2位は屋根裏の皇太子、3位は優しい男)

私達以外にも、たくさんのウダルチ隊が存在してるんだ~と思うと、何だかすごく嬉しくなってしまいます(*^_^*)

さて・・・今夜は「謎の文体」について考えながら眠る事にします。
皆さま、おやすみなさい☆





ウンスと私の迷宮の旅

ユーモン兄さん 
そして ウダルチ隊のみなさん アンヨンハセヨ~

毎晩 ここに来て読んで 
動画をまた 見直すのが 楽しみになってます・・・

1355年の高麗 赤いハート いつ見ても ムフフ・・・
本当に スッキリ 一直線で
APBさんの うすぼんやり 透けてみえる 1251年 リアルです

何て楽しい ユーモン兄さんのブログなんでしょう

もう一度確認してからだと 気が付かなかったこと 
気づいたりして~ 11話 12話・・・今おさらい中です

APBさん~
見てきましたよ~ ツべ・・・
ヒソンssi 歌 上手なんですね 

私 今 OSTに 入ってない 歌曲の動画探ししています
皆さんも 知ってるとは思いますが

代表的なのは
「Teardrop」  Faity ost Yhunha 

英語 ローマ字 ハングル で歌詞も出てます
この歌は 12話の最後に 流れてます!

もう一曲 代表的なのがあるとか・・・
それは ただ今 捜索中です 
まだ 後半おさらいできたないので・・・・ 

もしかして APBさん マハさん 知ってますか?

私も 見取り図 見てみたい
12話で パートナーになりましょう・・・と話す裏庭?
そこから ウダルチ宿舎が見えるシーンがありましたよ

では 10話 おさらいして
会いたいも もう一度 おさらいしてきます~ 


 
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose