グッドモーニング プレジデント (5) 離婚


次期大統領はレディ

最高裁判所を経て、
法務大臣になったハン長官が候補。

「緊張の瞬間です!国民の選択!
 信頼度は95%です」
a222e_20120805175331.jpg

…出口調査の結果を発表します。
 ハン・ギョンジャ候補が58.3%の得票率で
 当選確実とみられます」

「支持率57.1%で当選いたしました」

「わ~!」
a222d_20120805175332.jpg

就任1年後

「なぜ誕生日にダンスなのか?」

「覚えておけば海外訪問の時に役に立つわ」
a222f.jpg

「今日の日程は?」

「はい、午前は“愛の家”という施設訪問、
 午後は主婦の日のイベントに…」

「俺のスケジュールじゃなくて、家内のだ。
 なぜ俺が主婦の日のイベントに出るのか?」
a222g.jpg

「あなた家内とは呼ばないでと言ったわよ。
 もう1年も経つのに慣れないの?」

「お前は家内だ。旦那じゃないぞ」

「…。この件は後で話しましょう」
a222h.jpg

“愛の家”

a222k.jpg

「…、ああこっちはつまらん。
 あと4年も任期が残っている。
 弾劾でもされれば別だがな!」
a222m.jpg

青瓦台

「国会では思ったより野党の反対が強いです。
 特に財源の話になると、
 思想問題まで持ち出す始末で…」
a222n.jpg

「増税の話になると左翼扱いするの?!
 増税は現政権の重点課題だわよ。
 国会を通過しないと
 大韓民国は10年も発展ができないわ。
 押し通しなさい!
 問題点は残る2日以内に解決するように!」
a222p.jpg

夜も…、

a223b.jpg

「寝ないのか?忙しかったんだろう?」

「明日発表する国民談話の原稿よ。
 頭に入れておかなくては…」
a223a.jpg

翌日の夜は禁じられた遊び

「3次会はお前の家だ!酒を用意させろ!」

「そんなことをしたら警官に捕まるぞ!
 閣下に…」
a223c.jpg

「いやいやこれから俺が電話する。
 家で飲もう!」
a223d.jpg



「おい!俺の家内に出て来いと伝えろ!」

「こいつらは警護か?」

「ああ、こいつは警護ワン。それに警護ツーだ。
 あれ?警護スリーがいないな…」
a223e.jpg

「銃や手榴弾を持っているのか?」

「仕方ない。
 大統領に知らせろ!」
a223f.jpg

大宴会

a223g.jpg

「もう手遅れだわ」
a223h.jpg

反省の朝

「私はもう二度と酒は飲みません」

「閣下には野菜スープとコンチネンタルの朝食です。
 先生には良い鯛が手に入ったので、
 野菜と一緒にスープにしました。
 二日酔いには良いですよ」
a223k.jpg

「あなたの胸ポケットの携帯が鳴っていたわよ。
 初めて見る携帯だったわ。
“チェ・チャンミンの携帯”って出て来たわ。
“お急ぎの借り入れが必要でしたらいつでもどうぞ”ってね。
 大韓民国の大統領の夫が朝からサラ金なのね」

「向こうからかかって来たんだ。宣伝だ。
 1か月は利息が付かないってな。
 何度かかかってきたが、悪い奴らだ」

「そんなことは聞いていないわ。
 あなたは約束を破って、嘘ついたのよ。
 青瓦台では個人の携帯はあなただけよ。
 使わないのが規則なのよ」
a223m.jpg

「ミアネ…。官邸の電話は使えないだろう?」

「解約したわ」

「え?」

「解約したから、そのつもりで…」

「よくやった」
a223n.jpg

老後のために牧場を…

a223p.jpg

ジウクは久しぶりに
父親の友人でもあり、自身も仲が良かった
元大統領の家に遊びに行きます。
もちろんイヨンも待っています。


「アンニョンハセヨ~」

「大きくなったな」
a224.jpg

「お付もなく一人で来ているのか?」

「ええ。気持ちいいですよ」
a225.jpg

釣り

a227.jpg

「私邸の提供を受ければ良かったのに…」

「いいや、年金だけでいい。
 家まで建てる必要はない」

「アイゴ、頑固者だ」
a226a.jpg

「政策研究所の準備は進んでいるのか?」

「やめました。まだ早い気がして…」

「ああ、退任後すぐに何かをやると、
 力自慢に見えるからな」

「また勉強することにしました」

「それはいい。
 ヘルスクラブでも始めるかと心配だった。
 ところで男ヤモメは大変じゃないか?」
a226b.jpg

「…」
a228.jpg

夕食

「これは?」

「チャン料理長よ。たまに送って来るわ」
a229a.jpg

「学区制度があるので、親御さんは困ります…」
a230.jpg

「…」
a229b.jpg

「あの髪型は何だ…?
 女は政治家になると髪を上げる。
 やれやれ、服は消防士みたいに真っ赤だ」
a231a.jpg

「肌は良くなった。美容師がついているからな…」

「肌の管理も頼んだのか?」

「ええ、2日に1度は受けましたよ」

「俺は受けてないぞ」
a231b.jpg

「私の代からですかね…」

「私も受けたわよ!」

「え?なぜだ?
 秘書室長め!」

「テレビを見ましょうよ!
 ふたりは政治に無関心過ぎるわよ。
 年金に感謝しなくちゃいけないわ」
a231c.jpg

「!」
a231d.jpg

野党

「その話は確かなのか?」

「これが真実ならば弾劾に値する」

「とても正気だとは思えない」

「私は野党最高の刺客だと言われていますからね。
 今こそ攻撃の時だ。
 明日の朝刊には間に合います」

「楽しみだ。明日は大統領の誕生日だ。
 ハッピーバースディ トゥー プレジデント!」
a231e.jpg

青瓦台の朝

「みんなは準備できたか?」
a231f.jpg

ワカメスープもOK

a231g.jpg

しかし、

「信じられないわ!」

a231h.jpg

「何てことなの!!」
a231k.jpg

…不動産特別法は大統領から夫への贈り物…

a231m.jpg

「地域格差の是正のために
 首都圏を拡大するという
 ハン政権の目的は、大統領の投機なのか…」
a231n.jpg

「国民の皆様!今こそ審判を下すのです!」
a231p.jpg

イノセント

「本当に知らなかった。
 ブタや牛を飼うつもりだったんだ…。
 あそこに何を建てるのか?あ~、チクショウ!
 アイゴ~、なんてことだ…」
a232a.jpg

「夫は?」

「散歩に出かけて…」

「これに参加するわけ?」

「こういう時こそ平常通りに執務すべきです。
 先に諦めたら、さらに喰いつかれます」

「まるで闘犬場ね」
a232b.jpg

「年を取ると、誕生日の宴席も
 楽しいことばかりではありません。
 ご多忙の中をお越しいただいた皆様に
 感謝申し上げます。
 今朝突然表面化した件で私だけでなく、
 多くの皆様が驚かれたことと思います。
 申し訳ありません。
 大統領としての落ち度に責任を感じております。
 本来ならば、今日はこの場に夫も参加し、
 夫も一緒になってワルツを踊る予定でしたが、
 体調を崩しており…」
a232c.jpg

「…」
a232e.jpg

「私の夫の、チェ・チャンミョンです」
a232d.jpg

「遅れてすみません。
 今日は妻であり、皆様の大統領の誕生日です。
 本来は楽しいはずの今日を、
 愚かな亭主のために辛苦をなめたでしょう。
 田舎者の私が老後に妻と田舎暮らしがしたくて
 貯金をはたいて牧場を買ったのです。
 それがこんなことになってしまうとは、
 まったく知らなかったことです。
 ですから全部を売って今来たところです。
 国家の安寧と未来を担う妻を助けられず、
 心配ばかりを掛けてきたこれまでを、
 とてもすまなくて、悔やまれます。
 そして悟りました。
 私という人間はこれからも改善されないでしょう」
a232g.jpg

「そこで、小さな決心をして、
 気が変わらないうちに
 申し上げようと思って来ました。
 来るときに若かった時の妻のことを思い出し、
 胸が詰まりました。今も昔も変わらなく美しく、
 ありがたい女性だ。
 キョンジャや!俺たちは離婚しよう」

「…」

「お前の傍で大統領の夫を務めることは、
 とうてい不可能だ。すまない。
 それに誕生日おめでとう」

「…」
a232m.jpg

「何て言っているのか?」

「私もアメリカ人よ」
a232k.jpg

「非常事態…、あ!
 いや緊急の…いや、緊急でもない」
a232n.jpg

「建国以来、異例のことです。
 大統領が離婚の危機です。任期中に離婚するかも…」
a232p.jpg

「これはどういうことか?
 我々が批判されている」
a233a.jpg

「チェ議員、いったい誰を狙ったのか?
 大統領なのか?それとも夫の方か?」

「今が攻撃の格好の機会ですよ!
 家庭の危機を迎えた大統領ですから…」

「世論調査では逆じゃないか!」

「俺たちが責められている。
 大統領ハン・ギョンジャは国民の母で妻で嫁だと…。
 ジャンヌ・ダルク、ファン・ジニだ!」
 
「ファン・ジニ?」

「あ!そう言ったか?」
a233b.jpg

青瓦台・補佐官たち

「向こう側も恐れているのか?」

「弾劾にはならない」

「本当に離婚するのですか?
 国民と国民のために離婚する大統領…。
 あ~、話はできるな。
 いってみればチェ先生は歩く時限爆弾だったから、
 この際、パッ離婚して国政に専念した方が…」
a233c.jpg

「君は離婚の経験は?」

「いや、幸せです」

「私は2回だ」

「え?1回じゃあ?」

「最初のは籍を入れなかったから、記録は1回だけどな。
 離婚したからって集中はできない」

「これは人事担当首席の仕事だな!」

「いや僕じゃない。
 これは国政と外交の管轄、いや、外交は関係ない」

「統一外交は関係ない」
a233d.jpg



「アッパの性格は分かっていたでしょう?」
a233f.jpg

「私のせいなの?
 …、わざとアッパを苦しめたと良いたいの?!」

「アッパには無理だったのよ!」

「私は大統領なのよ!この国の大統領よ!
 個人的なことにはかかわっていられないわ!
 男のくせに軟弱すぎるわ!」
a233e.jpg

「オモニム!(義母:お母様)」

「行くところまで行ってやるわ!
 あいつが帰って来ても許さないわ!」
a233g.jpg

「勝手にどうぞ!閣下!」
a233h.jpg

離婚の釈明?

「私は本当に夫を愛していました。
 しかし、大統領になってからは、
 自分のためだけの愛に辛いと思うようになりました。
 それで今日は勇気を出して
 国民の皆様に私の決意をお伝えします」
a233k.jpg

「私は一人の夫の妻ではなく、
 大韓民国の大統領として一人になることに…、
 は~、やってられないわ!」

「…」

「何よこれ!媚をうるような原稿だわ!
 国のために離婚すると許しを請うわけ?
 それに、何“涙”?ここで涙を流せというの?」
a233m.jpg

「あ~、私は大韓民国の大統領として…、
 こんな風に演じろと言うの?」
a233n.jpg

「すみません。我々も
 このようなケースは経験がないものですから…」

「ところで、
 大統領が離婚する時には裁判所に行くの?」

「ええ、慰謝料の問題も必要ですから」
a233p.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。

# 「国民の皆さん!今こそ審判を下すのです!」と
 騒いでいた野党議員は
 『大物~レディプレジデント』では、ハ・ドヤ検事の
 故郷の有力なヤクザ。ハ検事を裏から支援します。

イ・ドンベ

「ということは、
 干拓地の住民が強制退去と戦っているのか?」

「ああ、ヤクザだって、人間味はあるさ。
 ナムソンは第2の故郷だ。
 開発の最初からだが、土地の所有者のために
 開発会社がボウフラで蚊を大発生させた」

「開発計画に参加できずに、
 美味しいところが食べられない。
 だから住民を助けているなんて、不満を垂れるなよ」

「ハハハ、そんなことじゃあない。
 誰が開発で儲かるか知っていますか?ハ検事?」

「そんなこと俺に聞くな」

「干拓地の開発で一番に儲かるのは誰か?
 最初に土地を安く買い始めた奴ですよ。
 開発計画を先に知るのは政治家だ」

「…」

「周辺地区も含めて、
 買い占めているのは高い地位の政治家だとの噂だぞ。
 他の人の名義を借りて
 早くから土地を買い占めているようだ」
無題1011

# ワン女史はソ・ヘリムを支援しました。

ヘリムの事務所

無題1013

「忙しいですね。すこし食べてください。
監査委員会も終わりましたので、
これからは、
 選挙区のことにも目を配って下さいよ」

「ワン女史!
 今度ナムヘ道に行く時には、
 干拓地の住民移転の責任者との
 会議をセットしてください」
無題1012

「理由は?」

「干拓地の開発の前に
理解しておきたいの。

 周辺地域の土地の購入者についてもね。
 少し疑問があるから、
 お願いします」

「分かりました」

# さて、

『大物~レディプレジデント』でも
 カン・テサン夫婦の離婚話がでましたが、
 党首クラスともなれば
 離婚というのはどうもマイナスが大きいようです。
 大統領が宝くじに当たったならば?
 大統領の臓器移植は?
 3代目の大統領のエピソードは離婚。

 なのですが、良し悪しだけでなく、
 ストーリー全体に流れるテーマは、
「国民を愛する大統領」と「個人を愛する大統領」
 の両立の問題。
『大物』のソ・ヘリム大統領候補は選挙戦での
 ネガティブキャンペーン(ハ・ドヤとの恋愛)に
 堂々と「プロポーズされています。
 しかし、任期中は国民の皆様を愛することを優先する」
 として、対立候補を退けました。
 そして、むしろ女性票を集めるという展開になり、
 現職大統領からも
「世紀に残る名演説」と褒められました。
 明日のジウクの大学での特別講義の際に
 彼らの答えがでます。

雨のカフェ(『紳士の品格』第1話)
GD1000_20120806103354.jpg

つづきは明日の朝です

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
クリックありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose